群青色の、とおり道の作品情報・感想・評価

群青色の、とおり道2015年製作の映画)

上映日:2015年07月11日

製作国:

上映時間:105分

3.2

あらすじ

「群青色の、とおり道」に投稿された感想・評価

ペン

ペンの感想・評価

5.0
群馬県太田市を舞台に、夢半ばで10年振りに帰郷した売れないミュージシャンの青年とその家族、友人たちの物語。

どこにでもいる青年、どこにでもいる家族、ごく普通の田舎町。観る誰もが自分の経験、自分の故郷と重なる部分があるはずだ。
特に大きな事件は起きないが、家族愛、友情、恋愛…人と人との心のつながりを描き、温かな気持ちにさせてくれる。

主演の桐山漣が素晴らしい。仮面ライダー出身の正統派のイケメンだが、一切それを感じさせず、ごく普通の青年を見事に演じきった。28歳にして定職に就かず、結婚したり仕事をしている友人たちに引け目を感じている心情が表情や仕草など細かい演技からよく伝わってくる。

クライマックスの桐山の弾き語りは必見。桐山の歌声から主人公の気持ちが痛いほど伝わってくる名シーンだ。涙が止まらなかった。

私にとって生涯大切にしたい作品の1本だ。
この作品、過去に映画館で観ました。
10年振りに帰る故郷。
周りの人達は10年前と同じく接してくれる。
友達もいろいろな環境、置かれる立場も違うけど、あの頃と同じく接してくれる。
心温まる作品でした。

劇中に出てくるお祭りの『ねぷた』は群馬県太田市ではなく青森県弘前市が本元。
りんご

りんごの感想・評価

3.8
家族、友人、周りの人に感謝を伝えたくなるような映画でした
まぁ

まぁの感想・評価

3.7
時間の流れとともに…
変わっていくものもあれば、
変わらないものもある…。

幼馴染、家族…良いもんだな…と…す〜っと入ってきた作品…☆

…10年間…離れたからこそ分かるのかな…って…

劇中の音楽が…全て良かった…♪

「帰る場所」があって…「温かく迎えてくれる人がいる」…幸せな事だね…(o^^o)
アヒコ

アヒコの感想・評価

2.0
学校の道徳の一環として鑑賞。価値項目は【郷土愛】でした◎
伝えたかったのは何か、皆がもやもやしていた、、(笑)
f

fの感想・評価

3.1
ツッコミ始めたらキリないけど嫌いじゃない。back numberのPV。
なかぴ

なかぴの感想・評価

1.6
28にもなって10年も好きなら自分から動くか諦めるわってのと
最後の最後で夢投げて好きな人取るような男と私は付き合いたくないです。
backnumberの挿入歌と桐山くん目当てでした、ごちそうさまです。
ミュージシャン目指して、
東京に出た青年の帰郷のお話。

嘘みたいなB級感。
辺り一面にフラグが立ちっぱなしで、
ツッコミが追いつかない。
B級パラレルワールドに迷い込んだ感覚。

こんな映画を作って配給してしまう、
この国が愛おしくなる、
正真正銘のお笑いネタ映画。
a

aの感想・評価

5.0
焼きまんじゅう〜〜〜〜〜
2年経つの早すぎ怖い
スコアは完全に、えこひいきです
Miiii

Miiiiの感想・評価

3.0
back number「電車の窓から」が主題歌の太田市で作られた映画。
大好きな人たちの 大好きな曲が 大好きな地元で映画になった。ありがとう。
華はないけどあったかい。
>|