ワンダーウーマンの作品情報・感想・評価 - 9ページ目

ワンダーウーマン2017年製作の映画)

Wonder Woman

上映日:2017年08月25日

製作国:

上映時間:141分

3.7

あらすじ

主人公は人間社会から孤立した女性だけの一族のプリンセスとして生まれながら、圧倒的な強さを誇る美女戦士へと育ったワンダーウーマン。好奇心旺盛だが外の世界を一切知らず、男性を見たことすらない世間知らずの彼女の運命は、ある日、浜辺に不時着したパイロットを助けた事によって大きく動き出す─。故郷を離れ、プリンセスという身分を隠し、人間社会で暮らし始めるのだが・・・。

「ワンダーウーマン」に投稿された感想・評価

kurochi

kurochiの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

とにかくワンダーウーマンのかっこよさが半端ない!!
元々ワンダーウーマンの戦ってる時のかっこよさやスピード、足さばきや腕の交差攻撃とか好きだったんだけどさらに好きなった!!!
まさしく、美しくぶっ飛ばす!戦場の女神とはこの事かと。
あのダイアナのまっすぐさがとてもいい。
ガルガドットの綺麗さにウットリ。
そして今回とても重要なクリスパイン様。
スタートレックの時も好きだったけど今回のスティーブ…素敵だった…。
かっこいいのはもちろんなんだけど終盤あたりのダイアナにガス爆弾を止めにいこうと説得しているシーンでの演技に心をつかまれた。
そして極めつけは自らを犠牲にし、ダイアナに最後に想いを伝えるところ。
思わず泣いてしまった。
「僕は今日を救う。君は世界を救え。もっと時間が…愛してる」と言って時計を渡すシーン。
さらにパイン様に惚れました。
私こそ愛してます←
そして、毎度おなじみの気になる点は何で守られてるはずの島が見つかっちゃうのか、なぜドイツ軍があっさり入れちゃったのか、どうして1度出たら戻れないのか。
島から出れないなら元々アマゾネスは世界救えないじゃんって思いつつ。笑
母親や他のアマゾネスがダイアナに伝えなくてもいいの?という謎の心配。
ダイアナが神でゴッドキラーの何が心配なのか。
ダイアナとスティーブ以外は特に目立っていない周りのキャラの薄さ。
まぁでもそんな気になる点をはねのけちゃうワンダーウーマンのかっこよさとクリスパインのかっこよさ最高です。
2人のちょっとくっつきそうでくっつかないあのもどかしいかんじドキドキしました。
惹かれていってるなぁっていうのがすごい良かった。
それだけに、スティーブの死はとても悲しく最後の写真でバッドマンに「また彼に会えた」っていうダイアナの言葉にも涙してしまった。
どちらかというと、MARVELっぽいなと思うワンダーウーマンやけどDCではすごい好きなヒーローです。
強い女性はカッコイイ!!2も楽しみ!!
キャップとどうしても比べてしまうけどDCにはDCの、マーベルにはマーベルの良さがあるから良き
MCUは安定
DCEUは1本の映画の中に深くて面白いところと頭空っぽB級映画のところの差が激しいなと改めて感じた
戦闘描写は全体的にDCEUのが好き
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.0
ワンダーウーマンが闘う場面そこにあわせて流れるテーマに高まるのだけど世間知らずな剛腕姫君の英国入国と試着とアイスのくだりが1番好きかもしれません。是非スピンオフか特典でダイアナのぶらり旅気分を作って欲しいダイアナ散歩でもいいよ。え?

あのねダイアナがフードを取りエンブレムをつけ敵陣に挑むところも好きだよ。前半のロビン・ライト&コニー・ニールセン筆頭アマゾネス軍勢も格好良い。少々、敵や物語には難も感じるしラストカット好きじゃないけどそこ差し引いてもガル・ガドットの魅力が咲き誇ってるから満足。ライフワークになりそうだねきっと。

この後ジャスティスリーグでも彼女が観れるんだからお得な1年です。
saodllion

saodllionの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

女の人なのにかっこよかったに尽きる…

最後死んじゃってありきたりだとは思ったけど戦闘シーンが見応えあってよかった!
パティ・ジェンキンス監督作品。

ハリウッド映画。
アクションも操演もCGも全ての規模が違う。
戦闘シーンはマイティーソーの神の戦いといった感じ。

アメコミは単純に楽しめる。
ガルガドット相変わらずの美貌で、それだけでも観る価値あると思います(笑)

アクションも派手で充分楽しめました!
とりあえず女戦士カッコいい!
強い!パワフル!ワンダフル!

個人的にラストもとても素敵でした(^_^)♪
は

はの感想・評価

3.0
ガルガドット綺麗でした。

美人が敵をなぎ倒していく様は
爽快だな〜!
ギリシャ神話の絡んでくる
キャラクター設定が面白かった。
ワンダーウーマンが美しくてカッコいいだけじゃなくて普通の人と感覚がずれててちょっとかわいいww。
内容は、他のヒーロー映画と比べて可もなく不可もなく割りと普通でした。
ひよん

ひよんの感想・評価

3.3

評価高い割に、ふーんという感じ

ストーリーは丁寧だけど 全体的に暗すぎる


キャプテンアメリカとかもそうだけど、戦争に絡ませる系のアメコミは個人的にヒットしないなあ、、
面白くなかったわけじゃないんだけど、このシーンいる?というシーンが多くて飽きてしまった…

特にダイアナが成長するまでが長すぎる…半分でいいよね?
叔母とダイアナのからみが長いわりに重要か?となる…
急に挟まれるアイス美味しい!シーン。そんなのなくてもダイアナが可愛いことは十分わかってるよ!

全体的に古くさい、のかも。
女が戦場に行くなんてとか今更?行った上での差別を描くのが現代じゃないか?
愛で世界を救ってもちろんいいんだけど、なんか台詞回しが古い…

文句ばっかり言いましたが、ガルガドットの可愛さ美しさは見逃したら損です。