ある天文学者の恋文の作品情報・感想・評価

「ある天文学者の恋文」に投稿された感想・評価

燃え尽きた惑星が星になって人々を照らすように、エドは、亡くなってからもエイミーを照らし続けた
2人の関係性を理解するのに時間がかかったが、真っ直ぐな愛に溢れる映画
本当に魔法使いの様にタイミングよく送られてくるメッセージはロマンチックすぎる。途中からタイミングがずれていきもう、最後のメッセージが近いことを示唆してるようで悲しかった。愛ってすごい
好きな部類の作品。

エイミーの言いようもない哀しみ。
亡くなってもなお愛し続けるエド。
素敵だな。
rob

robの感想・評価

-
2018/10/14

全て都合の良いように出来た作品。
美しい言葉や美しい風景で飾り、それがさも美しい物語かのように錯覚させる。
臭い物に蓋をする。綺麗事。

ただ、私は好きです。
ここまで潔いとあれこれ突っ込むのも野暮というもの。

エドワードの愛がまっすぐ過ぎる。その言葉一つ一つが抽象的で難解ではあるけれど、どこか心地いい。エドワードの恋人、エイミーの手紙を読む表情や、動画を観る表情も美しい。
全てが愛に溢れている。

エドワードがエイミーの行動や考えを何故予測できたのか疑問が湧く事もあったけれど、人を想う気持ちが洗練されていくと、考え方くらいは分かるようになる…
こともあるかもしれない。

ある一つの愛の形として、受け入れることのできるロマンチストにこっそりお勧めする。
pappo

pappoの感想・評価

1.2
初老の男と若い女の不倫話を美化してるが、どうしても家族はどーなった?
と考えてしまう。
男が相手の女に執着すればするほど。イライラするし。人生を共に歩んできた家族への愛を蔑ろにして、愛を教えるとか、愛を伝えるとか、このおっさんも、この女もお互い一本ネジがゆるんでるのでは? と思ってしまう。
教授の愛の深さと、それを受け止めるエイミー。死を前にした3ケ月でこんなに用意周到に手配する愛。現実なら、ちょっと引くかも。
すごくしっとりした映画
不倫、なんだけどそんなにドロドロしてなくて結構好き
MiYA

MiYAの感想・評価

2.8
死んだ恋人から手紙が届くって設定は「P.S. アイラヴユー」という先例があり、新鮮さはなかったです(メールや動画が届くというのはきわまて現代的でしたが)。ヒロインの行動を先読みして完璧なタイミングで完璧な内容のメールを出す男。すげーなと思いつつ、こんな男はめんどくさいなと思います。まぁヒロイン(オルガ・キュリレンコ)も相当めんどくさい性格だからお似合いかもしれませんが。
らいと

らいとの感想・評価

3.3
良かった
でも感情移入とはいかなかった。
試験内容まで、、となるとねぇ。
Yumi

Yumiの感想・評価

3.5
境遇とかいろいろ無視して、
愛する人と死別したらって
考えたら涙止まらなかった。
でも、不倫は良くないね。
りよ

りよの感想・評価

3.0
死んでなお届き続けるメッセージ、好きだからこそ嬉しく感じこれも愛の形なのかも知れない、とは思いますが…感情移入はし辛かった。
音楽や風景はとても美しく、魅せられました。
>|