ある天文学者の恋文の作品情報・感想・評価・動画配信

「ある天文学者の恋文」に投稿された感想・評価

かいと

かいとの感想・評価

3.0
1.ジュレミーさんの喜怒哀楽
2.大切な人を失った時わ実際に体験しそうな現実と空想の世界
りら

りらの感想・評価

4.2
時間とか空間とか速度とか興味深い気分にさせてくれます!
"星が死に存在しなくなったあともその姿を見続ける"という一言がキーワード!
親子程年が離れているけど、愛する彼女に、星の存在と同じように人間の世界でもどれくらい生きていると思わせることができるかを実行していた教授の話。
死んで彼女の想い出に残るだけでなく、できることならいつまでも一緒に時を過ごしたいと願う気持ちが天文学者の教授の行動から伝ってきたよ。
実際死んでる人からいろいろな交信があるとサスペンスっぽくなっちゃうやろうけど。
この映画は題名通り天文学者の恋文ですね。
O

Oの感想・評価

2.5

不倫ということは置いておいて...切なくて胸がきゅっとなった。
ミステリー的な方向に行くのかなと思ったら割と切ないラブストーリーだった。
余りにも完璧過ぎる計画をたまにミスさせてたりしてちょっと現実味を出そうとしてましたね笑

犬かわいかったけどなんの意味があったんだろ。
あとマナーモードにせえよと思ってしまった。
森

森の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

良かった。いい話。オルガの雰囲気が話と合っててすごくいい。ジェレミーはオルガと並んでもも身長差あって、最初ののシーンホテルの廊下歩いてるときのジェレミーを見て改めて身長の高さを感じた。
そこまで映像にお金かけてなさそうだったけど町並みが綺麗。
不倫はおいといて…

残された方の気持ちになると心底つらくなる。
弱っていく自分を見せまいと編集前のビデオで格闘してるところが切ない。
愛だけではなく、生き方を説く辺りが年上愛人あるかるなのかな。

不倫はおいといて…
Ny

Nyの感想・評価

3.6
角度を変えてみると不倫も純愛に見えてくるのが恐ろしい

教授の愛が強い、、、
歳の差カップルで、不倫だけど、
周りの人たちや家族が責めないのは、文化の違いを感じた

こんなにも人を愛し人に愛されることはあるのだろうか、考えさせられました。
死んだ恋人から手紙やメールが届き続けるという内容に惹かれて観たのですが始まってすぐ歳の差凄いな~…あ、不倫か~と(苦笑)。どうしても残された家族の方のことが気になってしまい、純粋には楽しめなかったかも。それでも感動してしまったのは、こんなにも誰かに愛されたり、愛したりしたことがあるかなって思ったから。
koda

kodaの感想・評価

-
11人のAmy、11人のEd
赤い封筒をくれたの、全部で10人だったかな、11かな、難しい

永遠の命、ひとつの過ち
君に早く出会わなかったこと、
命が限りあるものになるには納得のいく理由

死か、難しいな
死にたいと消えたいは違うと思ってたけど、どうかな
愛か、
>|