ゲットバッカーズの作品情報・感想・評価

「ゲットバッカーズ」に投稿された感想・評価

花紫

花紫の感想・評価

2.4
本の著者が顔出ししようがしまいが、どうでもいいと思うけど、アメリカでは違うのかな。
自己啓発本に興味がないせいか、とても薄っぺらい内容に思えた。
忍

忍の感想・評価

-
時間的な余裕がある時に落ち着いて観る
と良いのでは。

自己啓発本自体が嫌いな人には向かない

音楽好きです
risako

risakoの感想・評価

2.3
まあ面白いけど、なんか薄っぺらい。
全体的に薄っぺらい
でも見たことある人たくさん出てた
編集長がテディに話すところ、最初なんの話かと思ったら本の引用で深くて笑えた。
1冊の啓蒙本を巡るイザコザを描いた作品

スタローンがちゃっかり出てます。

色々な人の話を描く群像劇なのは『ラブアクチュアリー』『ニューイヤーズイブ』っぽいけど、こちらは微妙な感じです。
ry

ryの感想・評価

2.1
一冊の本に導かれる人たちの群像劇。きっとその本をきっかけに色々な登場人物の話がひとつにまとまる。

たぶん。。。

ただ、圧倒的につまらなすぎて途中で観るのやめてしまった…
マサ

マサの感想・評価

2.8
ドンパチやって何分かおきに車が爆破され、すごいムキムキの的敵が出てきて町中で銃撃戦という映画かと思ったらヒューマンドラマ的なやつだった!一冊の本に巡りあって人生が変わっていくなんて一度体験したいもんだね
げざん

げざんの感想・評価

2.0
終始そんなに面白くなかったかな。おじさんたち暴れまくってほいほいってやーつ。
backpacker

backpackerの感想・評価

3.0
人生を変えると話題の自己啓発本『REACH ME』により引き寄せられる、悩める人々の群像劇。

群像劇というと、まるで繋がりの無い人たちが、段階を踏むにつれ接点を持ち始め、最終的に一つのシチュエーションへと集束していく、それが醍醐味の映画です。
他の皆様のレビューでも散見されますが、この映画はちょっと甘いといいますか、脚本にひねりも特段ありませんし、キャラクターの掘り下げもイマイチなところが。
ですが、皆幸せになるラストの、鉄板ハッピーエンド作品でしたので、安心して見ていられました。
まぁ、だから面白かったというわけでもないのですが……笑
傍線部A

傍線部Aの感想・評価

3.0
群像劇苦手だったけど何とか最後まで見れた。ラストのビーグル犬ウケた。
やばい奴らがとある一冊の本のおかげで人生やり直しの大勝利をかける‼︎
シルベスター・スタローン、ダニー・トレホ、トム・ベレンジャーが出演した無駄に出演者が豪華なクライムコメディー映画。
ちょっと変わったテイストなのは良かったが、ぶっちゃけ出演者が豪華なだけでそこだけが見所な映画といった感じだった。
>|