ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

    人生うまくいかないねって話
    深くて考えさせられた
    切ない

    音楽がステキ
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    2人の演技が素晴らしい👏
    前のセッションも神作だったけど今回も素晴らしかった…
    夢を追いかける姿に感動です!
    はっきり言って、しばらく観たくない映画です。トラウマ映画です。

    しかし、気がついたら2回観てしまいました。

    オープニングの渋滞からのミュージカルシーンは迫力があり感動すると同時に、このテンションでミュージカルをされるのは厳しいなと一抹の不安を覚えました。

    私はミュージカル映画が苦手です。特に、関係のない人達がいきなり歌って踊り出したりすると、一気に冷めてしまって、ミュージカルシーンは一見すると物語が止まってしまう気がしてダメでした。許せるのは、あくまで抽象表現としてのミュージカルシーンです。500日のサマーのような、主人公の想像、妄想、感情の表現としてなら許せました。なのでこのオープニングのテンションで続けられたらキツイなーと思ってしまった訳です。

    しかし、このようなミュージカルシーンはオープニングのみで、あとはシームレスな飲み込みやすいミュージカルシーンで、【ふたりだけ】の世界をつくる監督の技とピッタリ合っていたと思う。

    ララランドという名前から想像して、ラブコメちっくなハッピー ドラマミュージカル映画かと思っていたら、全然違って、どちらかというと暗めの?印象。色彩は豊かですが暗いところはとことん黒く。

    音楽はそこまで多くないです。でも、全部耳に残るいい音楽ばかり。サントラは買わなきゃないでしょ。

    初見時は、ミアが映画館に行くところとエピローグでボロボロきましたが、2回目以降はオープニングシーンから終始耐えられませんでした。こんなに感情を揺さぶられ、心に刺さってしまった映画、そりゃオールタイムベストでしょ

    賛否あるようですが、私はこの映画が大好きです。
    原色でカラフルで、とにかく画が可愛かった
    ミア視点で観てたから鑑賞直後は、セブがいたからミアの夢が叶ったんだな、と思ったけど後から考えるとお互いそうなんだなー
    2人が出会わなければ2人の夢は叶わなかったけど、一緒にはいられなかったんだな

    このレビューはネタバレを含みます

    思っていたよりミュージカル要素が少なくて残念だった
    ラスト、その結末にするならあの踊って歌っての妄想シーンいる?!って感じ
    夢だなんだ言ってたのに結局別れるんかいと思ってしまった
    踊りたくなる映画、音楽はやっぱりいい
    ストーリーは普通
    This is エンターテイメント!
    音楽と演習が素晴らしい
    思ったよりミュージカル感が少ない。
    ライアンはカッコいいし、テンポもGood。
    最後は切なく…
    自分としては話題先行した感有。