ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

かい

かいの感想・評価

5.0
ミュージカル調の冒頭がとても楽しい。ララランドって名前通りの始まり。お話は大人向けだった。
過去最高のミュージカル映画。これまでのミュージカル映画への敬意に溢れた愛のある作品。
始まり方と終わり方はすごく引き込まれて良い感じだった。
ミュージカルみたいな感じが自分に合ってないのか中盤が長く感じてしまった。
Mioko

Miokoの感想・評価

5.0
大好き。歌、踊り、雰囲気、お話、服、、全てが素敵。歌は見た後何回も聴いちゃう。素敵すぎて言葉じゃ表せない!
tooooooo

toooooooの感想・評価

4.0
ただの恋愛ミュージカル映画だと思って観たら違った。
それぞれ夢があってそれを叶えるために諦めない2人に勇気をもらえた。
切ないけれど2人の通じあった気持ちが前向きな終わり方で感動した。
momoko

momokoの感想・評価

3.0
ハッピーエンドなのかと思いきや凄い切ない終わり方で驚き。
歌、ダンスの部分は凄く素敵。
ヒロインの浮気性が日本人の感覚では共感できないかも。
Barolo

Baroloの感想・評価

4.1
懐かしきハリウッドへのオマージュ。切なく物哀しく、そして楽しく。
Aris

Arisの感想・評価

3.5
やっと、話題の作品に追いつきましたw
これがあのラ・ラ・ランドなんですね🎶今年のアカデミー賞時期に話題持ちきりで色々断片的に映像を見ていた点の部分がやっと線になったけど、ラストは想像とは違う感じだった。そうなるのねぇって。でも、あの歌やダンス、映像美はすごいなぁ‼️キャスト・スタッフの努力の賜物だなぁと。いったい私はなに目線⁉︎w とにかく見てよかった😉
yk

ykの感想・評価

3.9
2016年、信じられないくらい大勢の人が熱狂し、映画のファッション、ストーリーテリングと同じくらい鮮やかなレビューを書いている人が多数いるため、リアルタイムで観ていないことを含め、こうやって記録するのを躊躇うほどである。

が、兎にも角にも、評判通りの良いミュージカル映画でした。

夢を追うことの素晴らしさ、同胞と巡り会った時の歓び、道を諦めることの悔しさ、口惜しさ。それでも捨てられない未来に何度も笑顔で"ジャンプ"すること。そして、「あの時こうしていれば違う結末もあったかも知れない」という感覚。

アカデミーを掻っ攫ったのも、世界中の人をとりこにしたのも、そんな感覚が全員の心の奥底に訴えかけたからじゃないだろうか。それを愉しい音楽とダンスでエンターテイメントとして魅せたデイミアン・チャゼルの手腕は見事としか言いようがない。

代役なしでピアノ演奏に挑んだライアン・ゴズリングと経験に裏づけられたエマ・ストーンのミュージカル演技。配役にも恵まれた作品だった。

ただ、4点台に乗らなかった、ただ1つの理由は、途中の一人芝居が、本当に面白くなさそうに見えたところ。もう少し何とかならなかったのかな…笑
とても可愛らしいミュージカル。楽曲、カメラワーク、二人の若さと未熟さ、主役の歌唱力(w もろもろがとても良いバランスで可愛らしい。

シカゴやレミゼに勝ってるかと言う話ではないけど、これはこれでとてもまとまった良いミュージカルでした。