二重生活の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

「二重生活」に投稿された感想・評価

こういう邦画は好きだな。
哲学を題材にしているのでとても深かったです。
実力派揃いの俳優陣の演技が映画の深みを増幅させくれる。
見終わってからさらっと流れた一つ一つのシーンの意味付けを考える。
けど結局答えはなく、起きている事象を受け入れるってことしか人間にはできないってことなんだろう。


「どうして一緒にいるんだろうね」
という問いに
「そんなのわかんないよ」
とイラついて答える。
このワンシーンがとっても印象的で象徴的。
・ジャケ借り。TSUTAYAのコメントに
 惹かれて借りました

・門脇麦さん初めてみました。
 かなり好きなタイプ。
 オドオド系で声がかわいい。
 スタイルもよくはないが
 ほどよい肉づきなんでしょうな。

・人はなぜ偽り、それを隠すのか。
 それをなぜ表出できないのか。
 しないのか。自らを空虚と表現する
 主人公を中心に、「尾行」という
 隠れた行為が触媒となり、登場人物全
 員の空虚さ、偽り、辛さが表現され
 る。なんだろう、もっと上手くいくと
 思うんだけどな。しっかり表出する
 方法を間違わなければ。あ、不倫は
 別だと思いますけど。
 そこを上手くできないのが人間で
 あり、「ああ、こう思ってたことあっ
 たなー。というかいまもか?」
 と答えのない考えが頭に浮かぶ。
nonda

nondaの感想・評価

4.2
気怠く冷たい世界観が好ましいなと思った
麒麟がくるでお馴染みの長谷川博己・門脇麦の2人がそれ以前にこんなに濃厚な演技をしていたとは知らなんだ
菅田将暉は思ったより出番が少ないけど、演技が発光していてつい目で追ってしまう
yuki

yukiの感想・評価

3.2
映画公開時のCMでずっと気になってて見たいなと思っていました。

主人公は大学院生なのに、辿々しく自信なさそうに人と接するのは何故だろう、と気になっていました。ストーリーが進むにつれて人格形成の根幹に触れていくので、納得できます。
門脇麦さん、最近の女優さんの中でもトップクラスに自然な演技で好きになりました。役者さん皆さん有名な方ですし、自然な演技で、誇張されたような演技の人が一人もいなくて良いです。
カメラワークなど工夫は感じられましたが、中途半端でした。もう少し没入感がほしかったです。
TANAKA

TANAKAの感想・評価

3.2
人間はみんな秘密を持って
生きている。

また、苦しみを
持たない人間もいない。

そして秘密を持つことが
その苦しみを和らげて
くれるのであれば、
人間には秘密も必要なんだろう。
自分の存在意義とは。

自分ではなく、他人の"秘密"を知ることで
埋まらない何かを埋め補い
少しだけでも救われる。

本人ではない第三者が客観的にその人の人生を擬似体験することによって本人とはまた違う本質が見えてくる。
そしてそれを垣間見た第三者自身の人生をも変えていく。

題材も面白いし、芝居も上手い。
変な押し付けもなく観た人が自分に置き換えて、沢山考えられる作品。
たまちゃん、もうちょっとうまく尾けようよって何度も思った。

最後までよくわからんかった

菅田将暉の髪型が好きでした。
neco

necoの感想・評価

2.4
特にうーん。特に。
特にだけど結構前に見たわりには何となくは思い出せる印象には残った内容だったかな。

何の意図も意味も興味もなく、好意があるとかのストーカーでもなくただ誰かを決めて尾行し続けるって…よくよく考えないでも怖い!普通にヤバい。。笑
絶対しないけどたとえ一瞬興味本位でしたとしてもほんの数分で飽きるだろうし、自分の時間が勿体無いからまずそういう発想にもならないけど、この主人公は最初にバレるかバレないかのスリルと若干の興味もっちゃったんだなー。
chitopoo

chitopooの感想・評価

3.4
他人を尾行して人間の存在意義を考察。
私が存在することの意味はあるか、深く考えることは恐いこと。
UU

UUの感想・評価

3.5
主人公が哲学研究の修士論文のため、全くの他人を尾行し、人間というものを観察するストーリー。
尾行し、その人を観察していくなかで、その人の実態とは当の本人、尾行する主人公、そして第3者のそれぞれの視点によって全く異なることに気づかされる。

「他人を知る」という行為が、ある1つの視点から見えるものであり、立場(視点)が異なればまた見えかたも違うことを認識させられた。
>|