ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZORの作品情報・感想・評価

「ナイト・ウォッチ/NOCHNOI DOZOR」に投稿された感想・評価

面白い映画なのは間違いない!
ロシア映画侮れないね

でももう少し戦闘シーンがあっても
良かったのかなあ…
個々に能力がある説明はするけど
具体的にどんな能力かわからん
ストーリーもそうだけど
雑な部分が多めなのかもね

続編近々見てみたいと思いますぜ
もっと能力バトルを期待してた、ただ自分の期待に沿わなかったというだけ。
おやこれは…?
お話が難解過ぎた。
突如流れる雄叫びシーンにもついていけないところが何度か…。

この先どうなるんだという不安感とかハラハラとかは結構あった。
先が気になるという意味では面白かったけど、なんか何回か難解ななんかなんなんかなぁ。

とりあえず続編に期待した(そういう意味でも先が気になる)映画でした。
ナイトウォッチとデイウォッチの役割分担がなんともわかりづらく、入り込めませんでした…。

ストーリー展開が読みやすくってそこはわかりやすいです。

色々と、残念。
三部作かよ❗
続きも気にならないし自分の中でゎ完結しましたm(__)m
スパシーバとダーくらいですね理解できたのは。
あとは字幕頼り。
それにしてもこの手のロシア映画、侮れませんぞ。
まみむ

まみむの感想・評価

4.0
寝ましょ、とテレビを消そうとしたら、ちょっとスタイリッシュな画像が流れて…思わず最後まで鑑賞。よくわかんないところや、ツッコミどころも満載で、最後はそんなまとめ方かい!って終わり方で。だけどイヤじゃない。好きです。言語も英語じゃないのもこの映画の大きな要素になってると思う。続けてやってた続編は流石に録画して寝ました。まだ観てないけど。
abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
ストーリーも映像も勢い任せ。
異種の得意能力がどんなものかはほぼわからないし、ヴァンパイアばっかり出てくるし、主人公は普通に格闘していて強いわけでもない。
でも、なぜかおもしろかった。
満員電車の中で一人だけ強風に吹かれる悲愴感溢れる女性、よかったです。
「光」と「闇」の対立する二派に分かれた特殊能力者たちの休戦協定下での攻防を描く、ロシア産ダークファンタジー。


能力者社会のルールや能力そのものについての説明は冒頭のナレーション以外とくに無く…。

それでも容赦なくどんどん展開していくもんで、頭の中は「?」が飛び交う。


だから基本的には面白くない…はずなのに最後まで見てしまう。

時々面白くなるせいで、途中で止められない困った映画でした(^_^;)


ちなみにロシア映画ということでわざわざ見たものの、本作のティムール監督さんってアンジェリーナジョリー主演の『ウォンテッド』も監督してたようで、図らずも彼の映画は2本目になってしまいました(汗)
penpen

penpenの感想・評価

2.5
カラスが群がっているビルを見ると、不幸の巣窟かと思ってしまう。
>|