J.S.バッハ G線上の幻想の作品情報・感想・評価

J.S.バッハ G線上の幻想1965年製作の映画)

Johann Sebastian Bach: Fantasia G-moll

製作国:

上映時間:10分

3.5

「J.S.バッハ G線上の幻想」に投稿された感想・評価

BON

BONの感想・評価

-
この閉塞されたモノクロの不気味な世界観、音楽といいめっっちゃ去年マリエンバートの雰囲気を醸し出してると思った……こういうの大好物
コディ

コディの感想・評価

3.3
イメージの連想。弾くまではかっこ良かったしその後もこういうの好きなんだねという具合。知り合いが撮ってたらべた褒めするだろう。なんか自分で撮ってみてもいいのかもしれないという勇気をもらえる。ポリゴンショックみたい頭痛えからやめて。
大木茂

大木茂の感想・評価

3.0
なんかこの世界観好きなのってプレステ初期の奇妙なCG具合とかSEの付け方似てるから凄い惹かれてんのかも



それにしても穴開いたり扉開けたりなんなんだ?

チカチカさせるのヤメロ
NFL

NFLの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

何が主題なのか判らず、難解な映画だとばかり思っていたが、物語性はないのね。
音楽と雰囲気を楽しむ映画と知っていればもう少し楽しめたかも。
世間はジョーカーで沸いてるようですが、何故か我が家はシュヴァンクマイエルです。

アパートの螺旋階段を一人の男が上っていく。一歩一歩、ゆっくりと。自宅のピアノの前でリンゴをひとかじりする。そこから始まる映像と音楽の大洪水。

壁、穴、鉄格子、石?コンクリート?

それは崩壊の旋律なのかな?

朽ちゆく無機質のG線上の質感

扉だと気づく間もなく開け放たれる扉、そして窓。やがてそれらを突き抜けて、演奏と幻想はクライマックスへと突入してゆく。

バッハの旋律に乗せて、踊るように目まぐるしく映り変わるインパクト。まるで映像のワルツを観ているようだった。

シュヴァンクマイエル、なんとなく分かってきたんじゃない?自分で勝手に解釈すれば、これはこれで楽しいんじゃない?
これは悪くないのでは。丸や四角、要するに枠の映画か。
扉を開けると闇があるカットがひたすら続いたと思ったら、扉から外につながりカメラが一気に加速前進するシーンの気持ち良さ。
TS

TSの感想・評価

-
短文感想 採点不能
もう笑うくらい意味がわからない。流石。他の方も書いていましたが「観る音楽」という言い方が正しいかもしれません。音楽と映像のシンクロ。いや、そういうのは他の映画でも普通にされていますが、音楽に合わせて幾何学的模様を作り出していくというところに今作の芸術性が垣間見えます。まあでもよくわからない。しかし、不思議と嫌いにはなれないヤン・シュヴァンクマイエルの作品なのであります。
階段をどんどん登っていく男。冷たく響く靴音。もうそれだけで画になる。しかし画になるのはそこじゃなかった。

突然催眠術をかけられたかのように広がる丹光チックな世界。リンクするパイプオルガン。画になる謎の10分は嫌いじゃないけれど理解するには時期尚早であった。
や

やの感想・評価

3.5
過去鑑賞
下ネタ的な意味の映像だと私は思ったが、どうなんでしょう
この人の無機物を使った作品好き
みぽち

みぽちの感想・評価

3.5
相変わらずヤン独特のカオスな世界観と音楽がすごいマッチしてた。
意味不明でも見入ってしまうんだよなあ〜
>|