セメントの記憶の作品情報・感想・評価・動画配信

「セメントの記憶」に投稿された感想・評価

このエッセイ(随筆)が父親をしのぶ書き方であったり、それに、家族をシリアにおいて働きにきているシリアからの建築業の人々が故郷を案じている書き方であったりしている。いかに、個人のストーリーを淡々に語っていて、何ひとつ会話がないが、この表し方が、私の心を打つ。目がどうしても、字幕に行ってしまうのが常だが、監督は我々に、視覚で味わう時間を与えてくれている。ストーリーが途切れる間も、かえってこのエッセイの朗読を深く
感じさせてくれる。ゆったりとした低い声で語るエッセイ朗読の仕方が、ストーリーやスクリーンの過酷さとは真逆のイメージを与えるところがいい。青い空と海、そこに高層ビルの建築。ましてや、雑音や騒音をかなり消して、エッセイに趣をおいたのだろうか。視覚と聴覚に訴える映画だが、ふっとセメントの匂いを感じさせる映画だ。今までの見たことのないタイプのドキュメンタリーだ。ベイルートでシリアからの労働者はビルを建設しているが、シリアのアレッポやダマスカスではビルが崩壊されている。皮肉だ。

シリアからの労働者の人間扱いされていない生活や現場での扱い。彼らが、休むところは工事現場の地下、周りに雨水が溜まるところ。それに、手袋、マスクなしで、現場で働く。一人はヘルメットも被っていなかった。無くしてしまったのかもしれない。予備がないのかもしれない。なくしたら、高いお金を払わなければならないかもしれない。そのことはわからないが。この状況をみれば、なんとなく見当がつく。

ベイルートの高層ビルで働く労働者は地中海を臨める景色のよい素晴らしい地域が仕事場だ。ベイルートの高級地域だということは見るだけでわかる。エレベーターで現場まで行くが、12時間も過酷な太陽がギラギラする現場で、目の下に、広大な地中海の見ながら働くという皮肉な労働状態。こんな場所で、肉眼で(ガラスを通さず)肌に感じることができる。夜はレバノンのシリアからの労働者は七時以降は外に出られないと。テレビやスマホのスクリーンで、シリアの内戦(アサド政権によって、アレッポが攻撃され、破壊されているとか、ダマスカスでの同じことがおこっているとか、レバノンにシリアからの難民が流れ込み、差別が始まっているとか。)での様子を伝える。家族は大丈夫かどこにいるかと心配して、スクリーンに釘付けになる。視聴者は、この戦争が起こす悲惨な生活環境に同情するが、その反面、地中海に面している景色に目を奪われる。


Safというトルコ映画もシリアからの労働者の実態が窺える。
https://filmarks.com/movies/93518/reviews/99426935
油淋鶏

油淋鶏の感想・評価

3.5
内戦後レバノンの建設現場で働くシリア難民の姿を映す。「24時間、ベイルートは私達の上にある」という言葉が重い。

戦争で破壊されるシリアと、発展を遂げるレバノンの対比的なシーンが随所に散りばめられる。

上空と地下/クレーンと戦車/セメントと海/眠りと覚醒

これらを"瞳"を通して眼差す。
(瞳はときに窓、水溜りでもある)

シリアをひた走る戦車と、コンクリートミキサー越しに回転するベイルートの街の風景。

創造の裏にある破壊を突きつけられた一作。
KTNB

KTNBの感想・評価

4.0
「ラッカは静かに虐殺されている」と「ラジオコバニ」に次いでのシリアに関わるドキュメンタリー映画だった。

予告編の映像美!的な印象も確かにその通りなのだが、破壊と創造を永遠と繰り返す人間達、その復興という名の繁栄の下には、選択すら危うい環境に置かれた同じく人間達がいるという事実。ここは日本だから関係ないのか?と問いかける。

その「国」や「人種」などの違いからくる価値観の違いによって差別や戦争も起きる。恐らくそれらがあまりなかった縄文時代は1万年も戦争が起きていない。

重苦しいテーマではあるが、そこはさすがの映像美と詩的なナレーションが重なり、気がつけば引き込まれていた。

この手の映画を通して、人間としてとるべき行動をもう少し真剣に考えてもいいのではないか?と思う。
12/11/2019

ここ1ヶ月で一番頭使った

脳みそセメントの若造が気軽に観る映画ではなかったな

一回観ただけでは掴めなかったから何回か観よう。心の余裕があるときに。


目が語る映画
ひ

ひの感想・評価

3.7
セリフが少ない本作は、セリフ量に反して作品から得られる情報量はかなり多い。

この映画で最も印象深いのはベイルートで働くシリア人移民労働者の表情。
様々な表情ではなく、皆が揃って無表情に見える。
ドラマティックに描くなら、フィクション等では苦悩を思い浮かべるような表情をしているだろう。
だが、彼らは無表情。ここにドキュメンタリーの真髄を感じた。
人が苦痛を感じ、悲劇を経験した先に行き着くのは、「無」で間違い無い。
決して見せようとしていない。全てを奪われたから当然だ。その無表情から戦争の罪深さを再認識させられた。

タイトルの『セメントの記憶』が持つ意味を理解した時、より深い悲しみを感じる。同時に、戦争に対する強い憤りを覚えた。鑑賞し終えた今でも建設現場のあの重厚な音は頭にこびりついている。そして、その音に付随して表裏一体と言わんばかりに戦争の音も頭から離れない。無意味な破壊と建設をこの世から無くしたいと強く願う。
Sayoooo

Sayooooの感想・評価

-
映像がとにかく美しい。
戦争のあとにあるものを知ることができたのは良かった。
けど、ちょっと詩的すぎて眠くなる。
ひとり

ひとりの感想・評価

4.3
戦争は怖い
残すのは何か、何が生まれるのか
世界は思ったよりもハードで大きな事があっても知らない事の方が多い。
映画って何ができるんだろか〜、
Perfect camera work and critical message
美しい景色と音と共に存在する現実光景。
詩的すぎるきらいがあり、もうちょっとじっくり見たかった。
理不尽な環境は正にこの瞬間も存在している。レバノンの今を映画にすることは報道の道を進んだ人たちにとってある種の必然なのかも知れない。

映像も音も凄まじい。
特に中盤の「ある乗り物」に乗った視点でのシーンには思わず息を飲むだろう。
逆に言えばあの数分だけで、映画1本分鑑賞した価値を見出せる程の映像だと思う

しかし、それ故にアート的な魅せ方(?)と感じてしまう節も多く、もっと違う撮り方が有るんじゃないかと感じてしまった。

日本に住む自分達にも、もっとベイルートの問題を知る必要が有る。
>|