湯を沸かすほどの熱い愛の作品情報・感想・評価

湯を沸かすほどの熱い愛2016年製作の映画)

上映日:2016年10月29日

製作国:

上映時間:125分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「湯を沸かすほどの熱い愛」に投稿された感想・評価

群青

群青の感想・評価

3.0
評価高いんで鑑賞しました。


確かに泣いた。泣く場面あったよ。
うん、あそこ良かったよあそこ。あそこは宮沢りえのキャラの一旦決めたらいくら年月が経とうと貫くっていう姿勢と、それが実ったからこそのカタルシスだと思う。

でもね。
それ以上にぶっ飛んでる!何がって脚本が。
感動するに感動しきれないというか。
いやーそんなことされてもなぁって思ってしまう。

だって明らかに笑っちゃうよ。具体的にそう感じたシーンは2つあるんだけど、それ書いちゃうとネタバレになっちゃう。だから書けない。でも大方の人がえっ…って置いてけぼりされるところが絶対2つか3つはあると思う。
多分、見せ方とか意図的でわざとそうさせてるんと思う。
それこそ湯を沸かすほどなんだよ。ちょうど良いとかじゃない。一気に湯を沸かすんだよ。観客のエモーションを一気にそうさせるんだよ。それを熱っちいなこれ!無理!って反射的に手を離すか、受け止めて泣くかのどっちかなんだけど、僕は一般人なんで普通に手を離しました。いや熱いよこれ笑 無理だよ笑


教育方針がどうとか、オダギリジョーこの野郎てめーとかあるかもしんないけど、そんなのどうでも良くなるくらい熱いです。熱いとどうでも良くなるでしょ?だって熱いもん(何回言わせる)。

僕はぬるま湯よりちょっと暖かい温度でフーって言いながら浸かりたいです、はい。愛もそれくらいで良いです。じゃないと長続きしない(話が逸れてる)
ema

emaの感想・評価

3.1
ちゃんと見たら泣けてたのかもしれない
Yuumi

Yuumiの感想・評価

3.0
最後衝撃的だったかもしれない
Shiori

Shioriの感想・評価

2.0
2019. 77作目
邦画自体が苦手なのかもしれない
神なのかな?と思うお母さんの話。とても良かったです。
ピラミッドみせてあげるシーンとかもよかったけどやっぱりラストカットが描きたかったんだろうな。ただ銭湯への愛情とかはもう少し描いてもよいのかもと思いました。
きいろ

きいろの感想・評価

4.7
何回も泣けた。
宮沢りえの最期の表情が忘れられない。
もう主人公がすごい。俺にはできねえ生き方だ。

あと、きのこ帝国の愛のゆくえが、めっちゃマッチして良い。
あー熱い。熱くて切なくて熱い。

欲望とかエゴとか承認欲求とか、そういうのがどろどろ混じった愛もいいんだけど。

親が子を思うこういう愛って、幸せになってほしいっていう気持ちって、辛くなるほど真っ直ぐで強い。

なんか、自分のお母さんの、おせっかいとか厳しいのとか心配性とか、色々思い出して、くすぐったくなった。母ってすごいよ。

それにしても最後のシーン、ほんとに好きだ。ほんといいよ。思い出しても泣けるなぁ。
>|