フェアウェル さらば、哀しみのスパイの作品情報・感想・評価

「フェアウェル さらば、哀しみのスパイ」に投稿された感想・評価

ソ連を舞台とした実話のスパイ

家族にも影響を及ぼす危険なスパイ、実話だけあって淡々としたドラマなのでスリルはほぼ無い
mh

mhの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ソ連崩壊を招いたとされるフェアウェル事件を題材にしたスパイ映画。
スタイルのいい男女が小粋な会話を交わすド派手なアクション方向のスパイではなくあくまでリアル志向。
その証拠に主演はエミール・クストリッツァ。(キャストのみでスタッフは兼ねてない)ごつごつしたフェイスで子ども大好きキャラを演じてて好感しかない。
家政婦として入り込んでるスパイのおばちゃんとか、盗聴器が仕掛けられてるから話せない。音楽をずっとかけているとか、細部もいいね。
世界を変えるという大それたことをやってのけたいっぽうで、世界を変えられなかったフランス人側も描いている脚本も見事だった。
ラスト、ウィレムデフォーのところ、一回ツイストが入るんだけど、それがいかにもスパイものっぽくていい。
(メモ:奥さんはほくろと腐れ縁で不倫。その当てつけでエミール・クストリッツァも浮気するんだけど、その浮気相手がほくろの部下)
フランス人の奥さん安定を求めるあまり不穏になってしまうキャラやってて現実にもめちゃくちゃいそう。
クイーンのくだりもよかった。
とまあ、このようにいいところしかなかった。
西側の科学技術を盗んでいた東側スパイたちのことを「リストX」英語ではLINE Xというらしい。これがフェアウェル事件によって壊滅したことで、ソ連が崩壊したという展開でした。
戦争映画まわりの映画ってことでちょいちょいスパイものも見てるんですけど、スパイ映画もちゃんと見なきゃだね。
面白かった!
自身の監督作品でも役者として参加することの多いクストリッツァ監督が純粋に役者として参加した作品。
実話を元にした作品ということだったが。。。

正直この作品に描かれてる史実を知らなかったし、観終わってからググってもそこまで詳しい資料には当たれなかった。
史実としてのスパイ映画として見ると、色々雑すぎる情報の受け渡しとか些末なところが若干気になったが、1本の映画として観ると、クストリッツァ自らの監督作品のイメージとは真逆の、憂いある繊細な演技に引き込まれるなど。
しばしば描かれる、クストリッツァが夜中に息子を想って幼い頃のフィルムを見るシーンはとても切ない。

正論と現実、この映画のなかで終始描かれるテーマではあったけど、ウィレム・デフォーの役回りがまさにそれを印象付けるに余りあるラストでビックリ。
これも果たして史実なのか。。。

余談としては・・・レーガン、ミッテラン、ゴルバチョフ、激似とはいかない程度に微妙に似てる役者を配役したセンスが良い。
登場した瞬間に、あの人だろうな・・・と分かる程度に似てる。
のんchan

のんchanの感想・評価

3.7
この作品をclipした時の理由を忘れてしまったけど...
たぶん『世界でいちばん貧しい大統領 愛と闘争の男、ホセ・ムヒカ』の監督をしたエミール・クストリッツァを知りたくなり、主演作だと言う事。

そして彼の監督作品をこれから観ようと思っている事。

そして、キャストに魅力を感じたから。
ギョーム・カネ
アレクサンドラ・マリア・ララ
ウィレム・デフォー

ソ連崩壊のきっかけとなった『フェアウェル事件』を題材としている、アクション無しのスパイ物。

エミール演じるのがKGBの大物幹部。
ギョーム・カネ演じるモスクワ駐在のフランス家電メーカー技師と通じて、フランスのスパイに接触を図って行く...

静かに襲う恐怖がある。
ラストの一瞬でひっくり返る。

ミッテラン大統領、レーガン大統領、ゴルバチョフ最高指導者、それぞれの配役はソックリさんを起用していて解り易い。

ただ私は、KGBに興味が薄いというか、勉強不足だった分、今一つって感じだったかな?
どこの国にもスパイはいるのよね🕵️‍♂️
お〜怖っ😵
ソ連崩壊の引金となった「フェアウェル事件」ノンフィク、時代は違うがスノーデンなどと同じ類で「国益や国策とその代償」を諜報員という職業を通し映像化している。

80年代ソ連動乱前の経緯がよく判る内容になっており、ディテールや脚色なども良く、「赤い風船が飛んでいく」シーンなどロシヤオマージュも満載の作品。
ichita

ichitaの感想・評価

3.9
アクション無しのスパイもの。
家庭の問題なんかも織り交ぜなら、実話物らしく淡々と話しは進みます。
KGBか。怖いですね。淡々と怖いです。


エミールクストリッツァ、強面で男前とはいえない顔立ちなのに何だか色気あるなぁ。

間延びしたミッテランや頬が紅潮してないレーガンが何だかね。
実際の事件を描く。映画としてかなり面白いのに、そっくりでもない人が実在の政治家を演じたため、興が冷めてしまった。そこは、実際の映像や写真で済ませ、せいぜいウィリアム・デフォー程度で済ますべきではないかと・・・しかしグリゴリエフとピエール・フロマンの関係が面白い。最初は、いやがっていたのにピエールがだんだんグレゴリエフの信念に共鳴していく。市民を盾に東西冷戦の情報合戦が行われているのは、本当に映画のような話だ。グリゴリエフは、フランス人の考える市民革命を自分なりにやりたかったんではないかと感じる次第です。
いち麦

いち麦の感想・評価

4.0
険しいE.クストリッツァと柔和なG.カネの表情が対照的。米ソ冷戦時代の東西対決を背景にした、KGBの大佐と仏民間人男性との交流。諜報員の物語らしいスリリングな展開と意外な真相…だがそれ以上に二人の絆が強くなっていく過程に引き込まれた。
興味をそそる非娯楽のスパイ映画。意外とスパイって…。

ソ連崩壊のきっかけになった「フェアウェル事件」(81年?)をモデルにした話だそうで。

KGBがフランスにソ連の機密情報を流す、当時のフランス大統領ミッテラン、当時のアメリカ大統領レーガン、アメリカとソ連の対立

その辺の背景をうっすら知っていればついて行けるので大丈夫。

アクションシーンはまったくなく(非娯楽だし)スパイ活動しながら家庭問題に悩んだり、不倫に走ったりそんな話を地味に描いてるのだけど、やはり緊張感ある。

国家を背負った男たち、世界を動かす機密漏えい、命を狙われるなど、スパイといえばこういう状況下であるのは当たり前と思われるので、フツーにしてても、こんなところで話してて大丈夫?とか近くで命狙ってる人いるんじゃない?とかドキドキしちゃう。

最初のうちは細心の注意払っていたのにだんだんと雑になっていくのもある意味「意外とこういうもんなのかな?」って思ったり。

エンディングもしや?と思わせるなかなかニクーい終わり方だった。

調べてみたら諸説あるみたい。

生存確認もろくにできない、存在自体抹消されちゃうこともある世界だからそりゃいろいろ可能性は考えるよなぁ。

面白いというより、興味をそそる映画だった。

よかったです。
yukko846

yukko846の感想・評価

4.6
最後、ちゃんと観てなくて、「え?なになになに??」ってなっちゃってもう一回観た。Webで他の人のレビュー観ながらやっと腹に落ちた。うーん、これすごい映画かも!エミールクストリッツァ、ギヨームカネ、二人が素晴らしい!
>|

あなたにおすすめの記事