ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェストの作品情報・感想・評価

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ザ・ウェスト」に投稿された感想・評価

いの

いのの感想・評価

5.0
私は、邦題「ウエスタン」のレビューで、この映画は、風に刻まれた文字のような映画だ、と書いた。それはいつものように、ただの直感で思い込みに過ぎないワケだけれど、今夜、最後に、タイトル「Once ~」の文字がくるくるっと回転しながら空に舞い上がり消えていった時、やっぱり私にとっては、そういう映画なんだと思った。(始まりの、踏切が降りるようなセルジオ・レオーネのクレジットも大好き)


時間は前に一直線に進むのではなく、きっとくるくると回転しながら前に進むのだと思う。蒸気機関車の車輪が、回転しながら前進していくように。過去への想いを、燃料にして。流した涙を、煙突から吹き出させて。銃声を、汽笛にして。ハーモニカを、見果てぬ夢にのせて。虫の音も、風の音も、きしむ音も、心の中に刻まれていく。風の歌を聴け。滅んでゆく西部の男たちは、永遠になる。永遠に、生き続ける。


これからも繰り返し観ていくのだろうと思う。そのたび新たな発見があり、何度でも出逢う。あの男の人、顔面についてるマーマレードジャムもバッチリ見えたよ。カメラが這い上がると見えてくる、敷き詰めた枕木(でいいのかな?)に圧倒される。こちら側からのカメラが、壁や屋根を這い上がると見えてくる、広々とした風景に、馬車で駆けるジル。
紅一点でありながら、心情を台詞では語らず、正論も吐かないジルは、この映画のなかの男たちが、求めてやまない女性なのだと思った。男たちにとっての終着駅であり、また、終着できない男たちにとっては、ジルも見果てぬ夢なのかもしれない。ジルにはなれそうもないから、次にうまれたらダスターコートの似合う男になろうという野望を、私はまだ捨てられないでいる。





(過去レビュー)
セルジオレオーネの紡ぎ出す映画の中での時間の流れは、本当に贅沢であると言わざるを得ない。そしてモリコーネの音楽がまたもや耳から離れない。映画館で観られて良かった。
 正直に告白するとかなり眠たくなってしまいました。ただ映画館で観ればまた違ったのかとも思います。
YM

YMの感想・評価

3.5
タランティーノのイチオシであっても、西部劇苦手病は克服出来ず…どうしても眠くなってしまう…
「オ〜」というカットは沢山あって映像的には楽しかったが、ハードボイルドさみたいなものに疲れてしまう
Riy

Riyの感想・評価

4.4
エンニオ・モリコーネに追悼の意味にもなった再上映ということで鑑賞。オープニングの映像、音楽に先ずは圧倒され、監督セルジオ・レオーネの『映画』そのものを満喫しました。素晴らしい! 
悪役ヘンリー・フォンダも美しいカルディナーレ、今まで観た中で一番カッコいいチャールズ、ブロンソン、キャスト全ても魅力満載です。かつてのウェスタン大ファン達にも改めて薦めたいと思いましたが、上映館、上映期間共に少なく本当に残念!
ウェスタンムービーは初めて観たけどそこまでハマらなかった
演出の仕方とかカッコよかったけど
タランティーノが映画監督になることを志すきっかけになった映画。
この映画を象徴するポスター、この構図がかっこいい、、、
視線だけで魅せる、静寂とぴったりな大音量音響の緩急、衣装も美術も細部へのこだわりが感じられるリアリズム。
タランティーノの映画への絶大な影響と、なぜか日本の時代劇にも通ずる空気を感じた。

西部劇、異常に眠くなるから倦厭しがちなのですが荒野の用心棒も、夕陽のガンマンもちゃんとみようと思った!
けど今回映画館でみる必然性高かったから映画館で観たいな🤧
mrhs

mrhsの感想・評価

4.0
全編3時間弱を見終えた時、確かな重々しい手応えが残るのは事実だが、一方で語り口がかなり重鈍だから尺が3時間近くに及んでしまったというのもまた事実か。

この映画はあと何分短く出来たみたいな話をする映画マニアは多いが、この映画は例えばドン・シーゲルなら120分前後には出来たのではないか。

最初のシークエンスからしてそうだが、とにかく場面の進み方が遅い。あそこでハエ、必要だったか?(しかし一方で話を唐突にぶった切るような省略もあるから不思議だ)

ローアングルを多用したり劇的な場面で劇伴が数拍止まったり、強引に場面を音で繋いだり、凝ろうとしているのはわかるのだが、こういうのはダサさと紙一重という感じがする。

あと凝っているようで肝心の構図や照明の美しさも微妙。そういう美しさが目当てならヴィルモス・スィグモンドが撮影をやったアルトマンの『ギャンブラー』を観た方がいい。

ちなみにベルトルッチとダリオ・アルジェント(!)が原案に関わっているのだが、クライマックスでチャールズ・ブロンソンに張り付いた(としか言いようのない)カメラは完全にベルトルッチ風だし、ゴダールというよりはモンテ・ヘルマンの西部劇のようなポストモダン性(なのか?)はダリオ・アルジェントによって、もたらされたもののような気がする。
いいだ

いいだの感想・評価

3.0
渋い男の映画。
西部劇もマカロニウエスタンもきちんと観たことがない身としても面白く観られた。
おじさまたちの心意気がかっこいい。
お話自体に飽きることはないけど、静かな場面はとても静かなので眠いときに観に行くと意識がワープする可能性がある。というか、ワープしかけた。
カズキ

カズキの感想・評価

4.3
渋い。
映画を年に400本以上見る人から
最初の15分、激渋だよ
と言われた。
ほんとにその通り。

間合いとか最高です。
衣装にも、ヨダレ
>|