新・荒野の七人/馬上の決闘の作品情報・感想・評価

「新・荒野の七人/馬上の決闘」に投稿された感想・評価

三四郎

三四郎の感想・評価

1.0
誇りを失わずに死ねるのはただ勇者のみ!
今回はあまり面白くなかったなぁ。
ジョージ・ケネディの表情はいいが、体が重そうで、動きにキレがない…。
まあ続編(3作目)と考えると可もなく不可もなしといったところか。
ぽち

ぽちの感想・評価

2.0
元々が盗作と言われてもしょうがない「荒野の七人」。
(東宝はイタリアの無名の映画会社から別作品のリメイク許諾を求める手紙を黒澤サイドに伝えることなく無視する。この会社は「無視=勝手にしろ」と判断し、リメイクする)
そのシリーズで劣化して3作目ともなればこの程度だろうと言う内容だ。

楽曲だけはバーンスタインの名曲なので良いのだが、それ以外は平凡で特に観る所は無い。

ただ、ワンシーンだけ凄くカッコいい所があった。元南軍の片腕ガンマンの登場シーン。野次を飛ばした客との決闘で、相手に対して斜めに構え背中に腕を回して撃つ。
まんま次元大介。と言うか絶対モンキーパンチはこのシーン観てるだろう。

7人集める所がもっと盛り上がらなければいけないのだが平坦だし、主人公のクリスが善人過ぎるのが興醒め。
ケーブルテレビの録画で。まあ続編ってこんな感じか…。それにしても、このシリーズを貫く音楽はよい。
続編作んなくてよかとよ。
でもこういうわかりやすいのは好きになってきたけど。はあー年取ったのか。一作めに叶うものなんて作れるはずもない。
ジョージケネディは好きです。
つよ

つよの感想・評価

3.0
刑務所の仲間を救う。
3作目だけどキャストが変わったのか、主役がカッコよくないオジサンになっちゃった。
ミヤビ

ミヤビの感想・評価

3.2
皆さま...
今日はもう、夏でしたね!すっごく暑かったです。今の時間でやっと涼しくなってきましたゎ(´-ω-`)


さて、今作は黒沢監督の「7人の侍」をリメイクした「荒野の7人」の続編3作目との事。

メキシコの反政府のリーダーの男が「ネズミの巣」と呼ばれる刑務所に入れられてしまった。

7人集めて、そのリーダーを救いに行く話。

何が続編何だか...^_^;

続編というより、二番煎じや3番煎じだよね(ー ー;)

「馬上の決闘」というのもわからん(・・?) 決闘もしてなかったし〜(・・?)


日本の、「七人の侍」も全員は生き残らないのかな?
メキシコの革命派のリーダーがとある砦に収容されてしまった‼︎
仲間たちは凄腕のガンマン七人を雇って救出に行くことにするが・・・・。

ジョージ・ケネディがクリスを演じた荒野の七人シリーズ第三弾‼︎
典型的なあまり出来の良くない続編ものといった感じで正直そんなに面白くなかった💦
マックイーンやブルンナーがもう出演していないのによく続編を作ろうと思ったな笑
アクションシーン自体はそこそこよくできていた。
悪玉との対決があまりにもあっさりしていたのは正直微妙だけど全体的には良くて普通の映画だった。
maco

macoの感想・評価

-
このクリスは役者が変わっているけれど同じクリスなのだということをようやく理解した。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
荒野の七人シリーズ第3弾。今作では、前作から引き続きのキャラクターはクリスのみ。メキシコの反政府組織指導者を救出するために、雇われ、いつも通り7人のグループを作って、戦いに挑む。主人公クリスが、前作までのカリスマ性抜群のユルブリンナーから、普通のオヤジっぽいジョージケネディに変わり、残念。
>|