20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Who

Whoの感想・評価

3.0
みんなこういう映画が好きなんだよ。
"LIFE" とか "アバウトタイム" とか "シングストリート" とかね。
オレにはただ甘いだけで、どうも空っぽに感じるんだよね。
ぱぴぷ

ぱぴぷの感想・評価

3.8
エルファニングとグレタに青春時代の過ごし方を教えてもらいたい人生
haruharu

haruharuの感想・評価

4.0
壊れかけのRadioみたいな映画。笑
落ち着いた雰囲気の映画だけど、作り手の情熱はメラメラ燃えてる。
どのシーンも見逃したくないと思えるような不思議な魅力がありました。

エルファニングの男のタバコの吸い方講座は必見。笑
年上の男性にこの映画を勧められて…その真意が聞きたい。アビーが好き!
elephantom

elephantomの感想・評価

3.8
個性豊かな女性たちと、彼女たちに囲まれ思春期を過ごすことになった少年の話

20世紀に生まれ、目まぐるしく変わる社会や文化の中でシングルマザーとして葛藤しながらも逞しく生きるドロシアがとても魅力的だった。
言葉にしないと伝わらないもの。
言葉にしない方がいいこと。
人それぞれ違う悩みがあって、きっと普通の人というジャンル分けは難しい。
僕が感じたのは人の感性なんてそれぞれで、皆が変人なんだってこと。
結構肉体関係の話が出てくるこのセンチュリーウーマンだが、その繋がりの意味は人によって異なってくる。
ああ、人間関係って難しい!って思わされる作品。
Suzuka

Suzukaの感想・評価

2.3
全く引き込まれなかった
多分こういうストーリー好きじゃないんだろうな、、
ただエルちゃんのタバコ吸うシーンとかレアな部分見れて良かった
おね

おねの感想・評価

-
男子的にはエル・ファニングだろうけど、女子的にはグレタ・ガーウィグが好きなはず。赤いショートカットにカラータイツで踊りまくるの最高!
ちょっとおかしくて愛のある人たちとの出会いは、人生の宝だな。
反抗期の息子と、女で1人でその息子を育てる母親、そのまわりをとりまくいろんな人たちとの交流おしゃれ映画←←
レディバード見て、そうだこの映画見てなかったと思いレンタル!
とちゅう画面がグワンてなるシーンが嫌だった←

自分のことを写真に収めるって面白い!!
akii

akiiの感想・評価

2.4
思っていたストーリーと違ったので少しがっかりでした。思春期のコミュニケーションは難しいですね。