20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

粗健

粗健の感想・評価

4.3
内容は昔のことだけど、フェミニズムとか今の時代に重なることが出てきて考えさせられた。

あと、赤髪の姉さんとは趣味合いそうです。
過保護ゆえに子供と葛藤しつつも、親子仲良く暮らす人間ドラマだ。ちょっと退屈な映画だったが、古き良き時代を思わせる。
幼なじみの女の子と同じベッドに寝るのに手は出せない…

思春期の少年にとっては最大の拷問。
ur1ng

ur1ngの感想・評価

3.5
No.73

今年の中で割と考えた映画!
みんな弱いところがあってそこを突かれるといとも簡単に動揺してわかりやすいなあと、みんな人間なんだなあと

どの親も子供のことは心配なんですね、そういうとこがイライラしたりするけどそうであってほしいと思うとこもある
なんてね(笑)
misuzu06

misuzu06の感想・評価

3.3
よく分からなかったけど、家とか家具がかわいかった!!
まゆ

まゆの感想・評価

3.6
ポスターのエル・ファニングを見て、天真爛漫な女の子やってるんだと思ってたら全然違った。めっちゃ冷めてる。視線が冷めてる。
お母さんが、私のこと言ってるの?みたいに言うところが何か切なかった。
たくさん笑える、温かい作品。音楽(シンセのBGM)も素敵。エル・ファニングが可愛い。でもキャラとしては赤毛のお姉さんが好き。
mykr

mykrの感想・評価

4.0
『人生はビギナーズ』では父親がゲイだとカミングアウトされる主人公の話だったけど、今回はシングルマザーと息子と二人を取り巻く人たちの話。

劇中に出てくるマイク・ミルズの描いたイラストの本を買ったくらいに当時『人生はビギナーズ』が好きだったけど、今作もとても良かった。
お洒落なだけじゃない。
メインキャラクター5人のことをさらりと描き、流れもゴチャつかず見やすかった。

設定が70年代なので、当時ブームだったパンクがたくさん流れる。
だけど私はルイ・アームストロングと、最近ずっと聴いてるベニー・グッドマンにグッときた派。

アニット・ベニングがとにかく素晴らしかったし、 エル・ファニングもビッチだけどピュアな役を難なく演じていて超可愛かったけど、やっぱり我らが「フランシス・ハ」グレタ・ガーウィグ!!
またも持っていかれた…なんなんだこの人。
素晴らしすぎた…さすがハ。
こんなナチュラルに赤髪がかっこよく似合う女性、見たことない。やっぱり我らが、ハ。

テーブルとキッチンに座ってタバコ吸いながら瓶ビール飲みつつ語らいたい映画。
H

Hの感想・評価

3.5
インテリア、タバコ、音楽、すべてがさりげなくおしゃれ。
ところどころくすっとなるリアルな映画でした。
bnft

bnftの感想・評価

3.5
おかしなことを言うようだが、
ある部分、秒速5センチメートルを思わせる部分がある。
その意味で秒速が当然のようにフェミニズムの影響下にあることに気付くし、そこで、日米の近代、社会がどれだけ個人という人間を受け止めたのか、その異なる性格を曝されたりする。

そんな映画。