20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

雑誌ginzaの特別試写会にて鑑賞。2017.03.30
マイク・ミルズ監督と、安藤桃子監督の対談付き。
奥さまであるミランダ・ジュライとの結婚生活や恋愛観について語ってらして、映画の理解を深められて嬉しい&楽しかった!

BGMが最高で、上映後の帰り道は、エンディングのthe buzzcocks "why can't I touch it?"をずっと聴いてました。
その後もお気に入りの曲に。
かめら

かめらの感想・評価

3.8
人生は予想とは違う方向に進んでいく。

恋と愛は違う。

好きな人の言いなりにならないで、欲しいものを伝える。

男のセックス自論は否定しない。

断片的に記憶に残るセリフが多かった。

映像アート作品って感じですかね。
一花

一花の感想・評価

4.0
20センチュリーウーマン のファッションがツボすぎて今年の春夏はカラフルな服を買い集めてしまいそうな予感…

「男は大抵、解決に躍起になるか、何もしない
解決できない時に寄り添うってことが下手なのよね」

just be there
ただ、寄り添う

良い映画だった。
ラストシーンまで待たなくても、いちいち、じーーーんという瞬間がやってきて、いちいち感動する。
とてもいい映画。なぜか懐かしい映画。周りにいる人を思い返す映画。
りま

りまの感想・評価

4.0
誰がエルファニングに勝てるのか

フェミニズムがとかって簡単に片付けられない映画


26
たまにはアカデミー賞。アビーが言ってた、若い頃はいつも怒っていて、自己中心的で、それでいて幸せていうのわかる。
Kazusa

Kazusaの感想・評価

4.2
60〜70年代の女性像を鮮烈かつ洗練された構図で描く良作。

あまり考えずに鑑賞しても良し、
深読みしてみるも良し。
ひたすら観者に寛容な映画。

この映画が面白いのは、
いかにも意味ありげな小ネタの数々だ。

たとえば、劇中ライブハウスにて
文学者ボードレールの肖像画が映るのが気になる。

そういえば、彼は現代性(モダンという言葉は20世紀のキーワード)を定義していた。

彼の言うモダンとは、明瞭と不明瞭を行き来するような「両義的ななにか」である。

この映画で描かれる「女性的ななにか」
とはそういう、両義的なものではないか。

独立と和解の狭間を生きねばならない苦労。
強さと弱さの内包。
若さと老いへの悩み。

そういった生きることの難しさに
答えてくれるのは、時間だけ。

鑑賞し終えた私たちが得られるのは、
明日を生きたいと思わせる
優しき女性の諭しだ。
温かな雰囲気のポスターが印象的だったため見てみることに。
結果、私にはまだ早かったのか、何がいいんだかさっぱり…な感じでした。たまーにありません?まわりの人がハマっているのに自分だけうまくハマれないときって。
多分、見るタイミングとか、それまでの人生経験とかによるのだと思います。ですが人の価値観なんて日々変化しているものですし、いずれ見たらしっくりきた、なんて日もくるかもしれません。
とりあえずエル・ファニングが可愛かったです。
oikawa

oikawaの感想・評価

3.9
あぁ〜!!
なんか好きな映画だ!!

高齢出産のシングルマザーと、その一人息子15歳の童貞パンク少年。のベッドに夜な夜な他の男とヤッてから「寝に来るだけ」の女友達。下宿人のサブカルカメラお姉さん。と関係を持ったりシングルマザーと付き合ってるのか微妙な感じの元ヒッピーおじさん…そんな5人の間にあった一夏のお話。

観なくてもわかる好きなヤツやん。

人と人との関係性だけが推進力になっている映画は元より好きだし、それに加えて時代背景、音楽、そして何より画面画面の色彩が本当に綺麗。初っ端から、タバコを咥えて自転車を漕ぐエル・ファニングの画が素敵すぎて。

特別なように思えたあの夏で何かが劇的に変わったワケではない。でもあの夏の出来事が無意味だったワケでもない。人生に特別な瞬間なんてなくて、特別じゃない瞬間なんてない。

『20センチュリーウーマン』は、偶然そうだっただけ。好きな映画。
“age is a bourgeois construct”