20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • 20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

takumist

takumistの感想・評価

4.0
映画に出てくる色んなキャラクターのそれぞれに共感して、凝り固まってきてる自分に気付く。
信頼すること、新しいものを受け入れて変化していくことがいくつになっても大事だな。
あとアビー役の女の子大好き。
よっ

よっの感想・評価

3.9
今思うと、特別な夏ってゆーのが良かったな〜✌🏻️
emo

emoの感想・評価

3.0
あ、これ70年代が舞台だったんだ…アメリカン〜でモダン〜でカジュアルな日常のお話、この雰囲気なら現代が舞台でもよかったと思うけどな〜
評価高いようだけど、わたしはピンと来なかった。自由な発想力のキャラクターたちは印象的だけれど、少年の成長物語ということで子育てと絡めて進行するせいか、どうもセリフが説教くさい感じがしました。これなら映画というより短編を読んでいた方がしっくりくるな…
構成も後半が間延びしてしまった感があり退屈。前半のトントン拍子の展開のまま、スマートにフィニッシュして余韻を味わいたかったなと。
でも、わたしが好きな、海外独特の暗黙の了解的なスマートさは今の時代は伝わりづらいのかもしれないし、だからこそこうしたダイレクトでシンプルなメッセージが大衆受けするのかもしれない(というと明らかにわたしは感性が違うのよ感が出てしまって嫌なのだけど、決してそういうことではない。どちらの立場も、現代だからこそ平等に尊重するべきだと信じている、本当に)。
登場人物たちの発想や人生哲学もろもろは、やはり自由爽快で見ていて気持ちがよいので、良い映画、であることは間違いないのだろう。
ゆりな

ゆりなの感想・評価

4.0
小悪魔なエル・ファニング可愛い〜って思ってたらそうでもなくて、その不器用さがまた堪らなかった。
絵が綺麗。セリフも良い。家族以上に家族なのだけど、別の道を行くラストも良い。誰かの人生を覗いている気分になる良い映画で、音楽も全部良かった。
70年代のファッション、全部今の日本の古着ブームぽくて見てて飽きなかった。おすすめっす。
ハコ

ハコの感想・評価

4.0

なんだか周りのお友達が絶賛!✨

上映館が少なくて時間も微妙で
観れてなかったんですが

確実にUPLINKさんが上映してくれると
信じてました。裏切らないですね…大好き。(告白)


セリフ一つ一つ
すごく身に染みて
書き留めながらもう一度観たい…。

エルファニングの言ってた言葉
ぜーんぶ心に刻んでおきたい。

ちょいちょいドキュメンタリーみたいになるとこや、独特の雰囲気、曲がすき。

女性として、どう生きようか。


・2017ずっと観たかった映画シリーズ
熱海

熱海の感想・評価

4.2
めっちゃ良かった!!!
パンクの時代にはトーキング・ヘッズは軟弱だったんだなあ。
ギャル

ギャルの感想・評価

4.4
2017/08/09
服とインテリアと家と植物と海と車がすごくよかった