20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マイク・ミルズ
    脚本
    マイク・ミルズ
    キャスト
    アネット・ベニング
    エル・ファニング
    グレタ・ガーウィグ
    ビリー・クラダップ
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    アリソン・エリオット
    テア・ギル
    ビタリー・アンドリュー・ルボー
    ワリード・ズエイター
    ダレル・ブリット・ギブソン
    アリア・ショウカット
    ナタリー・ラブ
    キャメロン・プロッツマン
    あらすじ
    1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

    「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

    記録
    M・ミルズの実話をベースにした作品第2弾。
    前作はゲイの父親と息子の物語『人生のビギナーズ』から7年ぐらい経っているけど、今作は監督のお母さんの話をベースにしている。

    自分も母親が年を取った時に生まれた子供なので、この経験はよく分かる。性の事は教えてもらえなかったけど…
    その母親と2人の女性から人生というべき教わる。自分もこういう人生を歩んでいきたかった。
    僕もこの主人公みたいに人生と性を学んだのはこのぐらいの年だったから、主人公を自分に置き換えて見てしまった。
    だけどこの主人公は幸せだと思う。反抗期に母親がいて、それに取り巻く人たちがいて羨ましい。
    ミルズ監督は殆ど実話にしていると思うけど、ちょっとは脚色していると思う。

    あとその時代の映画や音楽も出てくるので、3〜70年代が好きな僕にとって嬉しい作品でした!
    20170622@ミッドランドスクエアシネマ名駅
    人生のほんの一部の、とてもパーソナルな時間。いつかその時の感情なんて忘れてしまうかもしれない。その後の人生にどれくらい影響を与えたかなんて分からない。もう戻ってこない、そこに確かに存在していた愛と命の、とっても美しくて愛しい作品。

    このレビューはネタバレを含みます

    息子役の子がとてもとても可愛くて眼福でした。
    最後の、母さんだけいれば大丈夫だのとこでめっちゃ泣いた。ぶわってきた。
    それまでは淡々としてるな〜って思ってたけどよかった。最後がよかった。
    ジェイミーかわいい。
    撮り方とか表現の仕方とかすごく好き。映像綺麗。

    一気に説明をするだけで済ませる出来事と、詳細をゆっくりと示していく出来事の選び方が面白い。
    あ、そこ説明だけで済ませちゃうんだ。とか思うこともあって
    なんというか、不思議な気分になった。
    でもそういうとこがいいのかもしれないなって思った。
    恋愛かなと思ったらきちんと考えさせられる映画だった。
    学校も休み、女と寝てる高校生なんてそういないよなぁ。
    親子の喧嘩はわかる気がした。
    あのほっといて欲しい気持ちと構いたくなる気持ち。
    流行に流されやすく、流行に乗らなきゃいけないのはどの時代も変わらないのかもしれない。
    最後その後みたいなの男の人だけ離婚したって言ってるあたり納得した。
    皆が会話をし合う映画の世界は美しい
    可もなく不可もなく。
    全体的に中途半端さを感じた。

    きれいにまとめようとして、わたしの大好きな70〜80年代のパンクでロックで「クソ野郎ども草吸ってヒッピーに行こうぜ」精神が炸裂しきれてない感じ。
    むしろ全てが分散し多様化した21世紀、ネットの大海原をぼーっと彷徨う若者たち、そのクラゲのような透明感でまとめられていたイメージ。

    役者がみんな現代っ子すぎる。
    特に反抗期の息子が、もう本当にナイーブで純粋でいい子。あんなんで手に負えないとか、反抗期舐めてる。

    そしてエルファニングの役柄にはかなりイラッとしたが、女のわたしにはイラっとするほど彼女の気持ちがわかった。あーーあたしもあんなふうに振る舞う時あるわーってなったし、
    男がどんだけ振り回されてるかこれを見てわかった。
    まわかっても一筋縄ではいかないんだけど笑


    最初に言ったけど可もなく不可もなく、
    見て損はないけど映画館で見る必要なし
    15歳にして母親を一人の女性としてみるというのは、ジェイミーがすくすく育っている証拠なのだけど、そのすくすくがいかんせん、セックス、とりわけ女性目線に偏るから笑える!世代で分からないことをそのままにしないで、理解しようと歩みよる、優しいひと時の思い出