20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

Kate

Kateの感想・評価

3.6
“学ぶ”ということの難しさとはそれが学問であれ、文化的なこと、実生活におけることであれ変わらない。
息子のやってみることに対してそれを咎めなかった母が、世話を託すことでその全てに否定的になり始める。それは全て自分の手から離れたことによる不安と自分の知らない世界への不安から生み出されたものだと思う。
チャレンジングなことをしている自分に気づかないお母さん。向かってくる壁にぶつかるというよりか、壁に自らぶつかりに行っているよう。彼女なりの哲学はとても興味深く、何がそれを構築しているのかより詳しく知りたいと思った。
no

noの感想・評価

2.8
飛行機のシーンはすき
アネット・ベニングが時々幼くみえるところも良い。
思春期の危うさを魅せてくる感じ。エル・ファニングがかわいすぎてすごい。
景色と音楽が良かった。
tks

tksの感想・評価

3.8
子供も大人も、みんな色々抱えて生きてるんだよなぁ。
親子だから分かりきれないことも沢山あるし、簡単なことも伝わらなかったりすることもある。

人生からしたらほんの短い時間が、生涯のうちすごく大切になったりもする。

ジュリーの何故セックスをするのか論は本当その通りでございますと握手したくなった。

最終的にとても心が暖かくなる話。
そしてお酒飲んで踊りたくなる。
マチカ

マチカの感想・評価

3.4
あれ?なんだろ、母と子のドラマってとこに期待しすぎてたかな。というか、なまじ同じ高校生男子を持つ母として、思考回路が違いすぎてなー。
このお母さん役、アメリカンビューティーに出てた人かー!相変わらずどぎつい…
でも、4人が家族じゃないけど一緒にいる雰囲気は良かった。
登場人物みんな不器用。それぞれが悩みを抱えてたり、成長途中だったり、変わろうとしてる自分を受け入れられなかったり、自分の愚かさを嘆いて自暴自棄になったりしている。みんなそれぞれ、歪な形をしてるけど、互いが互いを補完しあってる。それは愛情なのか、同情なのか、はわかんないけど。
短いひと時の中で登場人物たちは互いが互いを必要としてした。どんな瞬間も人は一人では生きられないのかなと思った、そんな映画。
1970年代後半のサンタバーバラに生きる3人の女性を描いた物語。
女優陣も、アネット・ベニング、エル・ファニング、グレタ・ガーウィグが3人の女性を、それぞれ「等身大に演じている」からこそ、観ていて納得感が得られるのだと思った。

また、3人の女性を描くために、17歳の少年ジェイミーの視点を入れたあたりが、「物語の軸」になっていて良かった。
どうも、この少年ジェイミーは「17歳の頃のマイク・ミルズ監督」を描いたものであり、だからこそ少年視点が活きたようである。


さて、物語は、サンタバーバラで生活している母親(アネット・ベニング)と息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)がスーパーマーケットで買い物している時に、駐車場で彼らの車が燃えている場面から始まる。

この母親は離婚して息子と二人で生活しており、夜などは二人で映画『カサブランカ』を観たりしている。
この作品では「♪アズ・タイム・ゴーズ・バイ」が所々で流れてくる。

金髪女性ジュリー(エル・ファニング)は、ジェイミーと仲がいい。二人で布団で眠るほど。(それ以上はしないが…)

赤髪女性アビー(グレタ・ガーウィグ)は、パンク音楽を聴いて踊りまくったりしており、子宮の病で医者から「子供は産めないと思う」と言われたりしている。


その他、さまざまなエピソードも綴られていくが、マイク・ミルズ監督の眼から見た1970年代後半の風景が、この映画の中にある。
それらが、とても綺麗な映像で描かれている佳作。
グレダ・ガーウィグすき!
インテリアがすべてすき!
クラブのシーンが好き
 ミルズ監督の前2作(「サムサッカー」「ビギナーズ」)は大好きなんだけど、これはダメだった。youtubeで音楽を流しながら、とりあえず最後まで目を通す。エル・ファニングは不健康な色気があって良い。

 「選ばれし者の恍惚と不安」という言葉があるけど、本作だと「カリフォルニアにおける恍惚と不安」って感じ。まあまあ自由で進歩的、しかし自由すぎて何をすればいいのか分からない、みたいな。そういう雰囲気は良く出ている。
bluegy

bluegyの感想・評価

4.3
ここまでタイトル通りの内容の映画ってないんじゃないかと思った。一つ屋根の下に暮らす個々人の歴史に、女性史が織り込まれた作品。
淡々と進むストーリーだけど、音楽や映像の美しさ、丁寧な心理描写のおかげで見ていて飽きない。

トーキングヘッズが好きな人にとってはたまらない内容だろうなあ。