20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

なな

ななの感想・評価

3.4
ジェイミー全然反抗期って感じじゃないし普通の15歳っぽいけど、そういう問題じゃないのかな。
maki

makiの感想・評価

3.9
マイクミルズ素晴らしい。

お母さんの
パジャマが最高好み。
ドライブシーンの映像最高。

もちろんストーリーも。
流れる時代の中で、もがき続けた、ワンダーウーマン達はずっと昔からそこにいた。女声賛歌からの人間賛歌、言葉にできない心の機微(アクション)映画。

計算された無駄のない脚本と美しい映像は、そこにあったであろう時代を見事に切りとり、輝かせた(音楽も、演出も、エルファニングも最高だった)。

男と女、過去と未来、親と子供、なしとある。1と0とが作り出す、時代の流れと葛藤こそが、僕らを生かし輝かせるのだ。
良くも悪くも世界は広げて人は成長する。ストンって入ってくる映画
老いた母と思春期の息子ジェイミーとの葛藤。母はジェイミーの育て方に悩む。幼馴染の女の子ジェリーと同居人の女性アビーに母は協力を頼む。ジェリーは自らの家族関係、アビー病気を患っていてそれぞれ悩んでいた。ジェイミーは2人の助言を聞きながら刺激を受けて成長していく。母はいつも息子を心配していた。ジェイミーが颯爽とスケボーを乗りこなす姿を見てると全ての悩みが消えそうな感じがした。今回はグレタガーウィグがいつもの身近にいる鈍臭い女性役ではなくて芯の強い個性的な女性だった。グレタガーウィグの自然な姿が良かった。この時代に流行したバンド名が多く登場していて時代を反映していた。
Hiro

Hiroの感想・評価

3.5
空気感がいい。思春期の少年に寄り添う「家族」との生活がステキだった。予告いいね
ゆた147

ゆた147の感想・評価

3.5
理解し、尊重し、愛し合う

今の変化もすごいけど、20世紀も同じくらいすごいよね。

いろんな個性が尊重される時代。生きたいように生きていける時代だな。

劇中フェミニズムをやたらと取り入れてたけど男性にも言えることだと思う。タイトルはウーマンだけど。
Seto

Setoの感想・評価

3.9
アメリカの歴史知ってたらもうすこし理解できたかな
いろんな視点からみるとおもしろい
・なんだか、こういう映画の方が観てる最中に眠くなくならないようになった。バリバリエンタメのアクションやSFなんかをいつまでも観ていたいと気持ちでは思っているけれども、そういうのは眠くなるようになった。映像だけでは集中力を持続することができず、やはりストーリーが流れていないといけないようだ。その退化は悲しくもあり必然でもある
Xavier

Xavierの感想・評価

3.7
個人的には、好きな感じの作品。ストーリーは、思春期を迎えた息子ジェイミーにどうやって接しようか悩むシングルマザーのドロシア。彼女は、ルームシェアで一緒に住んでるアビーと近所に住むジュリーに"彼の助けをして欲しい"と頼むのだが……っていう感じで進んでいきます。話の中心は、この親子の話なんだけど、サイドストーリーとしてアビー&ジュリーの話が描かれているのですが、コレが親子の話に絡みいいアクセントになっています。この作品の舞台は、1979年のアメリカでその時代の音楽もふんだんで良かった。