20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ともや

ともやの感想・評価

5.0
京都みなみ会館のオールナイト上映にて

画も音楽もめちゃめちゃ好みでした

色々な意味を込めたであろうラストのAs Time Goes Byが沁みた…

また観てえ
ryo

ryoの感想・評価

3.1
エルファニングが天使な容姿なので画面が美しい…。赤いリュック欲しくなった。

アビーが優しい。つらい気持ちを知ってる人は優しいし、不器用でも愛しいなぁ、と思える。「地球に落ちてきた男」をみて赤い髪にしたところもすき。

ウィリアムもすきだな。陶芸はちょっと意外だったけど。

少年とお姉さん、おにいさん、ママとのひと夏のお話でした。
okei

okeiの感想・評価

4.3
ドロシアは強い人だった。
完璧じゃないけど。

自分と、自分が大切にしてる人に、刹那的にでも関わってくれた人すべてにありがとうって思える映画でした。
自分の見たワンシーンワンシーンを大事に思い出したくなる。時代背景がわかりやすくて当時の政治、音楽、世界情勢とかをちょこちょこ説明してくれるから主人公達の状況も理解しやすい。
世界が変わっていく中で、女性が社会的地位や強さを獲得していく。それでも世間や家族とさえ理解し合えない時代はしばらく続いたんだ。主人公が男の子で、周りの女性陣は彼を鏡とするようにそれぞれの生き様を見せていく様子が面白かった。
gdbsdta

gdbsdtaの感想・評価

4.0
人生はビギナーズで父を題材にした話を。
今作では母を。 どちらも愛情溢れる家族と、その周りの人達を丁寧に描いた作品でした。
音楽や、写真、映像、洋服などで時代感を感じられ、会話や言葉が残る印象的な映画でした。
なんだろ、この雰囲気めっちゃ好き笑
すんごいおしゃれ

理解し合おうとするたびにすれ違って…
まあ親子ってそんなもんだよねー…
心が大人になって気づくこともたくさん

喧嘩の理由をママに言うところ笑った

そしてエル・ファニングかわいすぎ
2017/10/02月 アートフォーラム
Mariina

Mariinaの感想・評価

3.0
こちらもオールナイト企画で再度観たので、書き直し。

公開中に2回観に行って2回寝てしまって、今回も最後の方でまた寝てしまった。
ということはこれは私にとって、そこまでなんだなと思った。
(寝てるタイミング違うから、一応ぜんぶ観てはいる)

曲とか写し方は好きなのに、、たぶん登場人物の誰にも共感できないから入り込むことが出来ない。
oldmanSEEK

oldmanSEEKの感想・評価

5.0
【ネタバレなし】
名前は聞いてましたが自分にとって初のマイク・ミルズ作品。
面白かった!人物の描写が素晴らし過ぎました!

”親である前にひとりの人間”
”つまらない人なんていない”

分かっているつもりでも、こうして実際に明確に映像化して観せてくれたことに感服。

全ての登場人物が、ストーリー上振られた役だけでなく人として揺らぎまくり皆多面性をみせてくれます。
こんな映画は初めて観たように感じました。

特に母親のドロシアを演じたアネット・ベニングの、一瞬一瞬で母だったり女になったり少女のようになったりする、まさに万華鏡のような表情の変化は素晴らしかったです。

自分の既に亡くなった両親もよくよく思い出すと、ただの大人でも親だけでもなく、その前に人間として常にあんな感じで、揺れたり迷ったり立ち止まっていたりしていたことを、繰り替えし続けていたのかもしれない(…というかそうに違いなかった筈)。
そんな事を思い出させてもらいました。

この作品の中では、口数も少なく比較的影の薄かったウィリアムの立ち位置が、思い返すと実は父親独特の距離感だったりしてて、ちょっと懐かしい気分になりました。
ジェイミーからは「あんなつまらない奴」扱いでしたが、後に彼にも色々な事があった…と(笑)

登場人物たちの描写が、ひとりひとり本当に丁寧で、人間に相当興味があって観ている人だと分かります。そして優しさも凄く感じました。

冒頭の車が燃える”掴み”から、編集とか、映画としてのテクニックやセンスも凄く持っている人だなぁ〜と感じました。
お母さんが母子家庭やからって負い目感じて他人に世話頼んでたらそらいややわ、、お母さんいたら十分よ。