20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ジェイミー(ღ˘⌣˘ღ)カワイイ!!
音楽が(・∀・)イイ!!

キッチンの黄色、
ジュリーのスカートの青、
アビーの赤毛、
映画全体の色使いもステキでした∀⌒☆

赤毛にしてセーラム吸いたくなった๑•ᴗ•๑

アビーのミックステープ、私も欲しい!!


「確かなのは 人生は予想と違うものになるってこと」
Shioley

Shioleyの感想・評価

3.7
主人公の男の子が魅力的。


ファッションがかわいかったーー
まめら

まめらの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

 2歳年上幼馴染のエル・ファニングに生殺しにされる黒髪巻き毛の美少年になりたいし、開始7分の太ももがピーク。途中飽きちゃったの……へへ。まあ人生ってそういうものでしょ感。
Taki

Takiの感想・評価

3.5
1979年15歳の少年と母親と、お姉さん的な二人の女性との思春期成長物語。皆んな、それぞれ物語があるんだなぁと思わせる、心温まる物語。
ひでG

ひでGの感想・評価

3.4
ほぼ同じ時期に公開された「スウィート17モンスター」と何となく混同していた。

そして、あらすじを読んで勝手にイメージしてた。

母親と息子の自立ドラマを。

まあ、母親と息子のドラマには違いないが、イメージとは随分違ってたな。

もちろん、「スウィート17モンスター」とはまるっきり違う😊

この映画は、「ウーマン」ではなく、
「women」なのがミソ。

アネット・ベニングかすっかり老けたお顔でシングルマザーを演じている。

ひとり息子のジェイミーとうまくいかなくなってきている。

お母さんのところには下宿人かいて、ご近所の女子高生ジュリーもいる。

彼女らの今までの人生がアメリカの20世紀の歴史とともに、本人のナレーションで語られる。

その生き方が横軸になり、母親と息子の関係のドラマの縦軸とともに展開していくのだが、、、

正直、最後まで、とちらを主眼に観たらいいのかが分からなかった。

母の日常も、あの美しかったアネットが老いをさらけ出して演じていることにはすごいと思ったが、やはりここはアメリカ。
我が国の母の姿とは違うのて、共感はちょっとしにくかったな。

それに幼馴染のジュリー。年下のジェイミーのベットに入ってきて、彼とのセックスなとを打ち明ける。
そして、「あなたとはやらない関係のままいましょ。」って。
それはないっしょ!(・_・;
年下の男にとっては飼い殺しだよ。罰ゲームだよ。

演じているエル・ファニングが可愛くて、魅力的なだけに余計そう思っちゃうよね。

なんてことも気になって、いいシーンもあるし、語り口の良さも随所にあるのに、全体としては、もやっとした印象しか残らなかったなあ、
ron

ronの感想・評価

4.3
エルファニングが最初っから可愛い

私にはちょっと難しかった映画
あんまり母親が好きになれない💧
アメリカの青春に憧れる
BiBi

BiBiの感想・評価

3.7
半年以上前に見てたの、記録するのを忘れてた。

出てくる女性たちみんな個性的で楽しかったんだけども、他人の子育てに口出しするもんじゃないな、と。でもお母さんが息子のために考えられることは全部してあげたいと、その気持ちは素敵だなと思いました。愛情があふれてて良かった。正解かどうかはわからないけど、母親以外の女性たちの愛情も。
思春期の少年と、その子育てに悩む母を中心に、いくつかの登場人物と触れ合いながらお互いが理解しあっていく、青春と性のめざめを描いたドラマ。

エルファニングがすこぶるかわいい。
思春期にエルファニングが夜な夜なベッドに潜り込んでくるなんて、なかなかの拷問だと思った。

全体的に哲学的というか、文学的な作品で、尖ってる感じの映画なので、この手の作品に慣れてないと退屈に感じる作品かもしれない。玄人向けだと思う。
Eee

Eeeの感想・評価

4.4
煙草。
ひたすらもくもくしてた印象。

だけど、それさえもSanta Barbaraの風が爽やかに吹き飛ばしてしまう、そんな映画。

よく言えば爽やかで、悪く言えば取り留めのない人々が、おもいおもいに自分の問題と向き合って、其々が影響し合って、だけど結局大きく変化する訳じゃないし、すっごく強い絆で結ばれてハッピーになる訳でもない。
だけど随所に散りばめてある詩的な台詞なりカットなり、とてつもなくきらきらして魅力的な映像ばかり。

どのシーンを切り取ってもアーティスティック且つ自然な背景のオンパレード。凝ってるのにムダのないインテリアが全部真似したいくらい素晴らしかった。

付随してファッションも言うまでもなく。
とくに着飾っている訳じゃないのにみんなさらっと好きなオシャレを楽しんでる感じ、素敵でした。
グレタの少しくたっとしたシャツにパンツのスタイルが似合うこと似合うこと。

エルの強烈な存在感は言うまでもなく。透明感のカタマリでいて、ときどき強烈な毒々しさも感じる。見るたびにまんまと虜になってゆきます。

そして母と息子。
息子を持っている訳じゃないから全ては分からないけれど、あの10代半ばにさしかかる危うい時期の少年が、危うすぎる人間に囲まれて、でもしっかりと自分を見据えて 周りはこう。だけど僕はどうなんだ。って悩む過程はグッときた。

心配な息子を委ねる対象、完全に間違えてますが(笑)

#フェミニズム ってきっといま一番知らなきゃいけない単語で。
日本人にはかなり馴染みが薄くて 直接的な意味もきちんと理解出来ているひと、少ないんじゃないかと。そのフェミニズムを特に説明しているわけではないけど、20世紀から現代に繋がる様々な問題にそっと寄り添った脚本。考えてみるきっかけになりそうな一本です。
音楽、衣装、人間関係とか構成要素にいちいち胸を打たれる…

でも邦題もウーメンにしてください。