20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.9

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

YUI

YUIの感想・評価

3.0
時を背景にした、親と子の物語。思春期の息子を持つ母親が悩み、母親なりに息子と向き合う。夜中に見たせいか、ちょっと難しく、長く感じた。
Scott

Scottの感想・評価

4.7
この映画は自分の中で色褪せることなく残り続けると思う
あんな

あんなの感想・評価

3.8
20世紀の混沌とした雰囲気が伝わってくる。
母と息子

すれ違いの話。

"私みたいにはなってほしくない"
ってセリフがあった。
息子傷つくわなぁ。

(・ω・)

寄ったり離れたり。
母ちゃんが、死ぬまで。

複雑。

でも所々愛があって良かった!
今年一番観たかった映画
「寄り添うこと、他人との違い、孤独、フェミニズム、70年代、音楽」
ささやかだけど愛情に満ちた登場人物たちへ注がれる眼差しが
終始光に溢れた映像と相まってじんわりと心に残った。
親が子を理解したいことに対し子の立場からすると分かってほしいけど分かってほしくない…素直になれない時期は誰にでもありますよね
よくある家庭とも言えないが
分かり合えてない親子。
そこに介入する幼馴染と同居人
なぜか親近感が湧いてしまう作品。
こんな家族になりたいと思わないがどこか惹かれる憧れてしまう。
xyuchanx

xyuchanxの感想・評価

4.3
大恐慌世代のシングルマザーとポストパンクな息子、幼馴染みの美少女、元ヒッピーと、サイケ〜パンク世代のカメラ女子な同居人たち。

みんな不器用で愛おしい。

この時代は音楽や若者文化のカンブリア紀のようなモノだった気がしてるけど、40歳で子供を授かった母親には、目まぐるし過ぎたのはわからなくない。そして世の中はまた、この直後にまた異質な80’sに変貌していく。

マイク・ミルズ監督の、淡々としつつ沁みる脚本。「人生はビギナーズ」も素晴らしかったもんな。

アネット・ベニングのリアルで知的な演技。

どちらも惚れました。

それに助演達もみんないい味。「君が生きた証」など変幻自在なビリー・クラダップもまた新たなキャラ。エル・ファニングはいつも少しいっちゃってる役やらされてるけど、今までより自然な感じ。グレタ・ガーウィグは「ローマでアモーレ」でジェシー・アイゼンバーグの同棲相手役やってた子か。

ラストシーンも象徴的でグッとくる。
あの飛行機で飛んでったんだね。
lilmaasa

lilmaasaの感想・評価

3.2
ドロシアかっこいい。
名言が沢山あった映画やったけどなんか流れが緩ーくて個人的には△。

You get to see him out in the world, as a person. I never will.

この台詞はグッときた。
mutuzo

mutuzoの感想・評価

3.6
アネット・ベニング主演の作品。

79年のLAを舞台に、性に目覚めた息子の子育てに悩むシングルマザーを演じています。

息子の女友達にエル・ファニング、間借りをしている女性にグレタ・ガーウィグが出演して脇を固めている。また、主人公の良き男友達をビリー・クラダップが演じる。

70年代の社会描写(車、音楽、
ファッション)が私自身の青春時代をも思い起こさせます。

物語は、思春期の息子の子育てがメインテーマでしょうが、これは母親であるドロシーの子離れの過程を描いたものです。

いつの時代も子育ては難しいものです。こどもは、「親が言う通りにはしませんが、親のする通りにするものです」。

我が身を振り返って、子育てに自信をなくした主人公が自分を取り戻していく、シングルマザーの自立の物語。そして、家族や支えてくれる人々の素晴らしさを教えてくれる映画です。

しかし、ドロシーはヘビースモーカー。画面を見ながら、思わず咳き込みそうになりました。

音楽は、トーキング・ヘッズ、デヴィッド・ボウイ、ディーヴォ、スージー&バンシーズなど当時のビッグネームがサントラに収録されているみたいです。

私は、鑑賞後に、ディーヴォのCDを探し出し、”Gut Feeling”を聴きました。懐かしかったなぁ。