20センチュリー・ウーマンの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

20センチュリー・ウーマン2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:

上映時間:119分

3.8

あらすじ

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、…

1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

ひろ

ひろの感想・評価

3.8
思春期の息子を理解したい母のアネットベニング うまい
息子の周りの人間はなかなか刺激的

大人と子供の間は 眩しい
エルファニングの小悪魔ぶりは ここでも充分に発揮されてます

私も トーキングヘッズ好きの軟弱アート野郎
まさ

まさの感想・評価

3.5
今日もTSUTAYAに行ってきました。バーフバリを返却し、また違うの借りてきましたよ(新作半額👍)。

本作はエル・ファニングを観たくて借りたようなもの。私はソフィア・コッポラ監督の「SOMEWHERE」を観てからもうエル・ファニングの大ファンなんです。

観てみたら中々面白いですね。主演のアネット・ベニングの演技はかなり良くて、人生経験が豊富で自由人であり、葛藤を抱える優しい母を演じていました。

1979年が舞台であり、パンクな世界も垣間見える。

当時どんな時代だったのか?

興味深いですね〜。あと、もちろんエル・ファニングは最高でした。もはや天使ですね、間違いない。でもさ、ベッドの中にエル・ファニングが一緒に眠るために潜りにくるんですけど、それで肉体関係がないなんて…。しかも毎日のように何回もですよ。いやいやいや……笑
親子関係、一度はこじれたりする。でも親子っていつか解りあえる。親孝行したいときに親は居ず
aiueooooo

aiueoooooの感想・評価

4.5
衣裳の色合いとか、美術、グレーディングのカラー、エル・ファニングは最高だったのだけど・・・。
でも、あの気候は気持ち良さそうだった。もう一度観たい。
ねこぜ

ねこぜの感想・評価

3.5
ストーリーは擬似家族の生活を淡々と進めていくだけではあるけど、キャラクターそれぞれの葛藤や苦悩、他人・家族との関係性、性への目覚め、色々なことが描かれていた。
観る人によって感じ方とか誰に共感できるかっていうのが分かれそう。
面白いヒューマンドラマだった
かる

かるの感想・評価

5.0
アートかぶれの軟弱野郎から観ればかなりよかったと思います!
サントラも合ってて最高。
内容は言葉にするのが難しいので省略しますが、
この映画独自の言葉や表現が個人的にツボでした!
人生はビギナーズで父親との関係性を描いたマイクミルズ監督。今回は母親との物語。母親との関係性を描くと言えばグザヴィエドランが浮かぶんだけど、マイクミルズが描く今作は中途半端に生易しくてストーリー的にはやはり彼を超えないんだけど、兎にも角にも素敵な音楽と超どタイプなファッションに釘付け。グレタガーウィグの赤い髪もアネットベニングのパンツスタイルも左腕につけてる細いバングルもマジで可愛くて…キュンキュンキュンキュン。私も髪の毛少し切りたくなーるーよー。赤い髪にはできないけどねww

それにしても私はほんとなーんもアメリカの歴史知らないんだなあと痛感したし、かなり興味を持ちました。あとやっぱりパンクよりジャズ。私もやはりold tasteなのよね。みんなでジャズ聞きながら狭い部屋の中踊るシーンよかったなあ。そんな人生歩めたらいいなあ。幸せなんてそれくらいの小ささでいいんだよなあ。もう一回見たいかもな。うん、見よう。

書き忘れてたけど、やっぱりビリークラダップは歳を取ってもイケメン。汚いおっさんなってもイケメン。抱いてくれ←
11

11の感想・評価

3.0
映像は綺麗。1970年代のフェミニズム
ルーカスジェイドズマンが可愛い
思春期の少年と、彼に人生指南をする女性たちの物語。

「女の子にとってオーガズムってどんなもの?」何とも捉えようがなく、どこに行き着くか分からない話運びに少し興味が離れてしまった。元ネタがあって詳細な設定が織り込まれているのかは不明だが、各キャラクターの捌き方にも疑問が残る。象徴性を感じるモチーフだった“タバコ”の扱いもやや中途半端。

でも、この時代に男が理想とするような女性像を破壊する映画が作られる意味は決して小さくないと思うし、不要な台詞を極力削ぎながら役者の細やかな演技で魅せる会話シーン、透明感を湛えた画面は眺めていてとても気持ち良かった。違うタイミングで観ればまた印象も違うかも。
少年の周りに流されない強さを垣間感じた、
15歳やらそこらの人間は普通周りに流されるものだがこの少年は自分がどうしたいか、ちゃんとわかっていた、
また、母親は凝り固まった人間だったが映画が進むにつれ今の時代がどういうものかを学ぼうとする

と、ここまで楽しい要素はなさげとおまうかもしれないが終始普通におもしろい映画だった