20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

20th Century Women

上映日:2017年06月03日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:119分
    監督
    マイク・ミルズ
    脚本
    マイク・ミルズ
    キャスト
    アネット・ベニング
    エル・ファニング
    グレタ・ガーウィグ
    ビリー・クラダップ
    ルーカス・ジェイド・ズマン
    アリソン・エリオット
    テア・ギル
    ビタリー・アンドリュー・ルボー
    ワリード・ズエイター
    ダレル・ブリット・ギブソン
    アリア・ショウカット
    ナタリー・ラブ
    キャメロン・プロッツマン
    あらすじ
    1979年、サンタバーバラ。シングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、思春期を迎える息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に悩んでいた。ある日ドロシアはルームシェアで暮らすパンクな写真家アビー (グレタ・ガーウィグ)と、近所に住む幼馴染みで友達以上恋人末満の関係ジュリー (エル・ファニング)「複雑な時代を生きるのは難しい。彼を助けてやって」とお願いする。15歳のジェイミーと、彼女たちの特別な夏がはじまった。

    「20センチュリー・ウーマン」に投稿された感想・評価

    映画であれ何であれ、それを作った人のセンスと自分の感性がうまくマッチしていると、最初の瞬間からなんとなくそのことを察せると思う(少なくとも自分はそう)。初めの30秒で、今回がその種の幸福な出会いであることがすぐに分かった。映画とは斯くあるべきという自分のなかのひとつの答え。
    軽やかな快作。
    79年という特別な時代を舞台にしながら、登場人物の葛藤には普遍性がある(当然)。
    ママがジミーカーターの演説を擁護するシーンは、時代ならではの笑いどころ。ところがこれ、いまに通じる話になっちゃってるから、こわい。
    アビーのフェミニズムへの想いは、当時ならではの真剣味が見てとれるかな。なにしろオリジナル ライオットガールその時にいるわけで。
    しかしジュリーに言わせるセックス観、あれは監督の書いたものなのでしょうか。わかっていても、まさかエル・ファニングに言わせようとは思わないです。

    キャラクター、関係、音楽、衣装と、構成要素がいちいち胸を撃つ。
    映像が好みに走ってるきらいがあるが、まあ許容範囲だろう。

    the clashのin hammersmith palaisが使われている作品が駄作であるわけがないのだが、なにゆえサントラ未収録なのか。理解できない。

    と、カタカナだと微妙になってしまうからだろうが、20センチュリーウーマンではほんとーーーーーに意味わかんない。
    20th century womenでないと、複数形でないと意味が通らない。
    基本的にフェミニンな考え方は苦手だったけど、この映画で少し歩み寄れたかなと思ったり。

    男女関係だけが全て、なのではくて恋やら愛が人生の重要なファクターの一つとしてピックアップされて映画が出来ていた気がする。

    エマストーンの言っていた
    強さが備わっていればあらゆる感情を抑え込める
    という趣旨のセリフがグッと来た。

    その通りだと思う。
    強くなろう。

    メモまでに。
    シャツとタバコがおしゃれ
    男の子の顔がめっちゃかわいい
    最初は一方的に始まった関係が互いが互いのことを想い助け合っていて、きっとばらばらになって別々の人生を歩んでもみんなで過ごしたあの時間は懐かしくあたたかいものになったと思う。
    本当は存在だけで十分なのに理解しようとするあまり苦しんで見失ってしまう、それが親子なんだろうな
    母さんがいればそれでいいってジェイミーが言った後のお母さんの返事の仕方がよかった
    アネット・ベニングはかっこいい母さん役がよく似合う!

    みんな悩んでるけど、キラキラしてるな
    青春だったなぁ、と思うのでしょうか

    主役の少年がなんとも言えない美少年でした
    頻出する被写体への緩やかなトラックアップに必然性を感じず乗れない。早回しも同様。もっと決定的な、1発で映画の出来を左右するようなショットを観たい。
    自分の親の、変わってるな〜って子供ながらに思う部分が案外、自分の親の尊敬する部分であったりするなって気付いた🙄
    ウィリアムを観た瞬間、ラッセル?!(ペニーレインの)って思っちゃうほど、髪型&ヒゲが一緒で、歳を取ったラッセルを見れた気がした😂💕