ダウンサイズの作品情報・感想・評価 - 60ページ目

ダウンサイズ2017年製作の映画)

Downsizing

上映日:2018年03月02日

製作国:

上映時間:135分

3.1

あらすじ

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリ…

人口が増え続け、住みづらくなってしまった地球。物語はノルウェーの科学者によって、なんと人間の体のサイズを13cmに縮小する方法が発見されるところから始まる。今や地球規模の社会問題として人類を悩ます人口過多問題が一気に解決する「全人類縮小200年計画」が持ち上がるのだった。ネブラスカ州オマハでストレスフルな生活を送るどこにでもいる平凡な男ポール・サフラネック(マット・デイモン)と妻オードリー(クリステン・ウィグ)。彼らは少しの蓄えでも裕福になれ、幸せな生活が約束される縮小された世界に希望を抱き、13cmの身体で生きていくことを決意するのだったが-。

「ダウンサイズ」に投稿された感想・評価

もっとコメディ入ってた方が面白かったかも?
最初の方は面白かったです

このレビューはネタバレを含みます

起承転結ならぬ、起承転転転点々/(^o^)\オーマイゴー
なんとも言えない、迷作感!
(ボロクソ言ってるけど嫌いじゃない)
※120%全力ネタバレ
※評価いまいちなくせにかつてなく長いレビュー

人口過密の社会で、人類を小さくする技術、ダウンサイズが生まれて。
小さくなれば少ない食料で済む、ドールハウス料金で豪邸にも住める。
地球環境の為に生まれた技術とはいえ、個人のメリットでダウンサイズを選ぶ人が少数派ながら現れる。
ただし、一度小さくなることを選んだら戻れない。

この、設定がもう秀逸!
加えて、主演マットデイモンという安心感!
と思って劇場に足を運んだ人は私だけじゃないと思う。
やー、裏切られた笑
(繰り返すけど、嫌いじゃない)

【起・承】主人公が、妻の喜ぶ素敵な家に住むため妻と共にダウンサイズの手術を受ける決意して、実際に手術を受けるあたりまで。
(うわこれ普通に期待通りだ大当たりだ、て思って見てた)
とこで、
【転】小さくなった主人公が手術終えて無事目覚めたら、奥さんはいなくて。直前で怖くなり手術を受けなかったと衝撃の告白電話が入り。
(ここでもまだ、コメディタッチでありつつ夫婦の絆とかを描く感じかなーなんて、見てた)
が、甘くない。
【転2】まさかの、そのままあっさり離婚。
離婚のシーンすら、通常サイズの離婚届に、主人公が必死にサインする感じだったから、
その後妻の姿をスクリーンで見ることはついにありませんでした。笑
(ここでもまだ信じてた)
【点から点々その先へ】ダウンサイズの世界も現実世界も生活してみれば大差なく、ただ愛する妻がいなくなった現実を受け止めきれずに空虚に日々を過ごす主人公。
ここで!
謎のクレイジーパリピの隣人登場!
(彼がなぜあんなに主人公を好いてたのかほんと不明だけど彼はいい味出てた)
すったもんだで隣人の開くパーリーに参加し、主人公、薬やっちゃうし泥酔するし
(この辺でちらっと、様子が変だぞと思いつつ見ないふり)

二日酔いで目覚めてから、実寸サイズでニュースにもなってた有名な革命家ベトナム人女性と出会う。
(前半でこのニュースやってた伏線回収感はいいよね)
ベトナム人女性のペースに巻き込まれ、
すったもんだで、いろいろあり、

主人公は、ベトナム人女性、パリピ隣人とその友人と共に、
ダウンサイズ始まりの土地を求めて旅に出る。

(………!?!?!?!?!?)

気付けば、みんなでホビット村みたいなとこ行ってて、
結局ダウンサイズの浸透が追いつかなかったから地球はもうだめだ→ダウンサイズ発明した人が現れ、我々で人類の種を残そう!小さくなったから入れる地下隔離施設?を実は作ってたんだ!
みたいなこと言って、ノアの箱舟的な人類存続計画の話になる。

(いつの間に私はこんなとこまで来てしまったんだ。と言うのが正直な感想。驚くほどナチュラルに、様子がおかしくなっていったこの展開、ある意味すごい。)

が、まぁ結果主人公は、旅の仲間に説得され?かは怪しいけどとにかく、箱舟には乗らないことを選ぶ。

【大切なのは、箱舟の中の人類の未来よりも、今周りにいる人々だ!革命家女性の居住スペースで貧困や病気に苦しむ人がたくさんいるのを見てた主人公、この人たちを助けながら、限りある時を精一杯生きていこう!これが俺の生きがいだ!】

的な感じでえんど。
思わずこんなに長くストーリー展開を記載してしまうほど、謎展開だった笑
私はこの壮大な謎映画について、簡潔には語れない。

一般受けは絶対しないだろうなと思うんだけど、
もう振り切ってていいと思う。
なんとも言えないB級映画感、嫌いじゃない!

ただ、個人的に嫌いじゃないのにここまで評価下げた理由は
ダウンサイズならではの描写があまりに少なかったこと!
もっと要所要所で、対比的な大きい映像欲しかったな。

見終わった後の混迷した気持ちの整理として記録。完。
AK00

AK00の感想・評価

3.5
なにこれ、深い。

ただのコメディ(ジュマンジ的な)の想像してたのでめちゃくちゃ裏切られた、悪くなかったけどね!
ダウンサイズタウンに侵入してきた巨大昆虫(標準サイズ)との戦い!ペットボトルから水飲むのも命懸けだぜ!みたいな(脳内B級)。全然違った。

ヒロイン(後半)の声が凄く独特で慣れる頃には海賊の足だった(笑)
インフラ整備とかライフラインとかどうやったんだろうなぁとか色々気になってしょうがなかった。
あのダサスマホ?とか。約12センチの人が持つスマホサイズ(カメラ機能付き)?とか、どんなミクロの開発だ…とか、無駄なところモダモダ想像。

ノアの方舟の爆破の小ささに笑った。数千年お日様の無い世界とか嫌だけ、遅かれ早かれそーなる可能性も出てくるのかなぁ。
スコアそれほどなのは、CMがコメディ路線なのにラストすげぇシリアスなところ。スカッッッッと終る作品出はないので(軽い問題定義系映画)スカッッッッとしたいなら他を見た方がいいかも。ジュマンジとか(笑)

アリエッティ系シーンとかも期待してたんだけどね。そりゃ、ないよね。他の動物にやられて終わりだよね、人間なんて(笑)
まさに世界の縮図。人が縮んだらというより、世界が縮んだらどうなるかという話なのだ。
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

2.0
なんとも奇妙な映画ですね。作っているうちに、何やってんだかわかんなくなってしまったような…(笑)。

アレクサンダー・ペイン監督、これまでの印象としては、ベースはヒューマンドラマ、主役のキャラがユニーク、スタイルはロードムービー、味のある大人の映画、といった感じで悪くないのですが、今回はどうしちゃったんでしょう?

http://www.movieimpressions.com/entry/2018/03/14/204745
義元

義元の感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ぶっ飛んでて、

良い意味でシュールだった(*´•ω•`*)…(笑)

ベトナム人が良い意味でぶっ飛んでた( ̄▽ ̄)…

ちいさくなったかどうかあんま関係ないような気もするけど、
個人的に、虫とかに襲われたりするシーンがなくてなんかホッとしましたʅ(´⊙౪⊙`)ʃ
そういうのはいると多分チープさがましてた気がする(*´•ω•`*)…

愛のあるファック(笑) d(⌒ー⌒) イイネ!
どんな所にも貧富の差があるとはいえ、
自分らしく生きるのが大事なのかなーとか思いました😅
傑作とまではいかないけど、良作でした(´ω`)

人の土足にズケズケ入る感じ、アジア人の風刺も入ってるかな?(^ω^;);););)
所々くすりと笑えるブラックジョークがあり、さくっとみれました。
自分はダウンサイズするかしないか自問自答しながらみていたら、地球滅亡の話になり、コメディーかと思っていたのでびっくり。
ストーリーの組み立てはちょっと雑だったかな〜
boss

bossの感想・評価

4.2
めちゃくちゃ面白かった♪
「この話、身体ちっちゃくなった設定とか関係なくね?」的な低評価レビューがあるけど、うんまさにその通りw SF的な身体の大小は結局関係なく、物事の視野の大小が人生の豊かさを、人の生き方を変えることを描いた良質な人間ドラマだった♪

特に途中から出てくるベトナム人女性のキャラター、演じる女優さんの演技が素晴らしく、見事に今作のテーマを体現していた。チャラいクリストフ・ヴァルツの誘い笑いも最高だったw

大人向けのシニカルコメディなので、コメディ映画=ドッタンバッタンベロベロバーを期待している人にはつまらないかも…
猫

猫の感想・評価

3.6
コメディと思って見に行ったら違っていたショックー!の人達からの評価が低いのかな?
私は初っぱなから興味深く鑑賞しました。
のっけの研究所のシーンで、すでに釘付け。なんか電子レンジみたいじゃん!マウス可哀想だよー、と思った瞬間に映画に入り込んでいました(笑)

前半のコメディタッチ
から、どんどん話がアップサイズになってきて、地球規模に。
元々のミニマム理由もそれだったから当たり前かもですが……
『希望のかなた』にも繋がるような話かも?ただカウリスマキとは違って直接的な表現だから
どちらかというと『不都合な真実』??

人をダウンサイジングしたのは、誰でも小さいことからできるんじゃない?って言う監督の想いなのかも?とも思いました。
結構、笑わせてもくれました。
「チーン!」とか、コテを用いたりとか、会話の端々に。
少し要らないシーン(パーティーシーン)があるのも感じましたけど。

映画としては、まとまりがないかも知れないけれど
取り上げている内容は
未来に対して、私たちが考えなければいけない事じゃないかな?と
思います。

ダウンサイジングしていい家に住めたり、お金がそんなに必要じゃなくなるのは、元の大きさの人間がいるから。
そこんとこは、忘れちゃいけないよねー。(笑)

 2018.03.13 TOHOシネマズ名古屋ベイシティにて鑑賞
アレクサンダー・ペインなら、こんなセンセーショナルな設定にしなくても、同じ事を伝えられるのでは、と。
と言うか予告がね。コメディ期待しちゃうよね。前情報をいろいろ聞いていたので、私は普通に楽しめましたよ!