あなたの旅立ち、綴りますの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「あなたの旅立ち、綴ります」に投稿された感想・評価

偏屈婆さんではあるけど、口だけではなく
ちゃんと行動していた。
本物の一日を生きろと 耳を塞いだままじゃダメだと厳しくも愛のある言葉を残してくれた。
感想川柳「本物の 1日過ごして いきましょう」

予告が気になって観てみました。(。_。)φ

ビジネスで成功し、何不自由ない生活を送ってきた老婦人ハリエット・ローラーは、80代になって孤独と死への不安を抱くようになり、自身の訃報記事を生前に用意しておこうと考える。地元の若い新聞記者アン・シャーマンに記事執筆を依頼したハリエットだったが、わがままで自己中心的なハリエットを良く言う人は誰もおらず、出来上がった記事は理想とはほど遠い内容だった。そこでハリエットは「最高の訃報記事」ができるように自分を変えることを決意。愛され、尊敬される人物になるよう奮闘する。そんな何事にも強気なハリエットと正反対な性格のアンは、しばしば衝突するが……というお話。


『シャーリー・マクレーン』は『バーニー』でもイヤなお婆さん役でしたが、こっちはちょっといい人ですね。( ̄ー ̄)『ダイアン・キートン』もそうですが歳を重ねて輝く女性は素晴らしいです。( ´∀`)

『アマンダ・セイフライド』もいいですけどちょっと霞むくらいでした。( ̄¬ ̄)

『彼女を忘れたくてセラピーに通ってる』
『彼女が死ぬことはいいことだわ』
『人間の形をした黒い雲』
『怒りに燃えるヴァギナ』
こんな事言われるくらい"アンチ"がいるなら"ファン"もいるのが世の常。(。>д<)

才能がある人はない人から恐れられる。全くもって正論で、実力でねじ伏せられたら、出来ない人からしたらそんな惨めなことはないもんな。(;´д`)

こういう作品はセリフの1つ1つがジャブのように効いてくるんですよね。(*_*;ハリエットの言葉は『成功した人間の言葉』じゃなくて『失敗して学んだ人間の言葉』。

"謙虚"でいるのが"逃げ"のように思えてしまう。(゜ロ゜)自分に自信を持ち、リスクを承知で飛び込むことも必要。(。_。)若い頃の自分に聞かせてやりたいわ〜。(-""-;)

『結婚は妥協を学ぶこと』という言葉に『妥協っていうのは二人で不幸になること』というのは痺れたなぁ。( ; ゜Д゜)



何かを迷ってる人、失敗を恐れている人、自分に自信が持てない人、一歩を踏み出せないでいる人にとりあえず見ていただきたい。(*´ー`*)

最高の自分になるために"挑発"出来る人になりたいな〜。(゜_゜)言い方を間違えれば毒にしかならんが。

気になるセリフ
『いい1日を送らずに本物の1日を送って。自分に正直な1日を送るのよ。いい1日なんてみじめなだけ』『自信のなさが野心をダメにする』『失敗があなたを作るの。失敗があなたを賢くし、強くし、自立した人間にするのよ。』

んでまず(^_^)/~~
otone

otoneの感想・評価

3.9
泣いた、し、ほっこりした。
ああーいい映画だった、、、しばらく余韻に浸りたい
ハリエットかっこいいなぁ〜
あんなおばあちゃん、素敵すぎるよ✨
アマンダは俺の嫁

ってぐらいファンです(笑)

ぱいおつかいでーだし

内容は個人的には普通だったかなぁ

最近ばあちゃんが亡くなったけど、家族みんなを見守ってる

そんな気がします

この作品の故人が背中を押してくれてるっていうメッセージが印象に残りました
calvary

calvaryの感想・評価

3.5
2018 163本目
数々の名言。
良い作品だとは思うが。
自分的には....
人はいつか、最終的に死んでしまう
テレビドラマで聞いた「人は、記憶から消された時に二度死ぬんだ」という言葉を観賞後に思い出した

完璧主義の老婆・ハリエット・ローラーは自分の望み通りの訃報記事を書かせるために若い記者のアン・シャーマンを雇う
早速彼女の知人に聞き込みを始めるも、誰もローラーをよく言う人がいない。
業を煮やしたローラーは4つのテーマを決め、それを基にアンと共に記事の資料を作っていく…という話

訃報記事を生前に書かせるという内容もスゴいが、一番の見所はローラーとアン、そしてローラーがインターンとして連れるブレンダという少女との絆だろう
三人でモーテルに泊まって湖で遊び、昔ローラーをクビにした会社に復讐に行く…そしてそれぞれの信念や主張によってお互いに変化していく様子が丁寧に描かれていた
ローラーが疎まれていたのも、人の可能性を見出だして、それを引き立たせるために挑発する…どこか義悪的な一面も更に好感を持てた
そして男社会の中で成功を修めてきたローラーだからこそ言える人生の先輩としてのアドバイスが随所にちりばめられててハッとさせられる

「失敗しなさい。失敗があなたを賢くし、強く自立した人間にするの」
「失敗してこそ生きられる。派手に転びなさい」
「あなたの記事を書ける自信がない。私の人生よりよっぽど面白い」
「アンったら、あなたの人生は始まってもいないのよ」

「わたしが言いたいのは、彼女は忘れ去られない」

僕自身、春に曾祖母を亡くして、亡くなる前の数年間は寝たきりで、忙しいのを言い訳にずっと会いに行かなかった
亡くなった時にそれを物凄く後悔して、もっと会いに行ってたら、曾祖母から色んなことを教われたのかなってたまに考えます
葬儀のアンの言葉に涙が止まらなかったのは、それが遠因なんだろうな

昔の洋楽はあまり詳しくないけれど、物語を彩るロックの数々や温かい色彩(アマンダ・セイフライドのファッションが素敵すぎる)のお陰で楽しく観れる映画です
Iris

Irisの感想・評価

3.8
ずっと気になってた作品が見られました!
シャーリーマクレーンが素敵な役だった!
81歳で無料でもいいからDJやらせて
ってかっこいい!私もそんな人でありたい😊

自分の娘には言わなかったけど、
思いっきり失敗しなさいって
刺さったし、アマンダが恐怖乗り越えて自分に素直に生きるのがよかった
そして小さなインターンの子に導く人になってってLightを送るのがロマンチックだった

自分が死ぬ時、どんな死を遂げたいだろうと考えさせられました

自分に素直になるって誰かに告白するみたいにこわい。
私は今、恐怖に負けてるので
踏み出したくなりました

シャーリーマクレーン、
頑固だったし、嫌われ役だったけど
自分に正直で、本質ついてるし
愛に溢れた人だったと思う


私も人生の先輩から学びながら
後悔しない、自分がLightになるような
生き方をしたいです


英語のタイトルは
The last word

If I die, what messege am I gonna leave as the last word?
私がもし死ぬのならなんて言葉をみんなに残すだろう?

って考えさせられる映画です😊
tomone

tomoneの感想・評価

3.8
自分の死後、他者からどうやってみられるのかなって確かに気になる。

ああいうラジオあったら毎朝ききたいなあ
SeikiOdani

SeikiOdaniの感想・評価

3.8
ストーリー設定が面白いですね。
俳優さんと音楽も◎
自分に対する他人からの偽りの無い評価ってなかなか確認できるものでもないし、気にし過ぎるのもよろしくないかもね。難しいけど臆せず人生をもっともっと楽しもうと思った。
良かった〜

シャーリー・マクレーンは大好きな女優さん。おばあちゃんになっちゃったけど、貫禄あったな。

3人で湖に入る所涙出た・・・
>|