若き詩人の作品情報・感想・評価

若き詩人2014年製作の映画)

Un Jeune Poète

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:71分

3.7

あらすじ

「若き詩人」に投稿された感想・評価

わかる。
わかるー。

という、若き芸術家の
どうしようもない
あがき。
『犬を連れた女』のレミ少年が18歳になり、海辺の街で詩を作り恋をする。

詩人を目指す若い男子のほろ苦さと痛さと切なさと愉しさが折々に挟み込まれた、良質な映画。
好きな彼女の電話番号も聞けなくて、話しかけるのもワンテンポ遅くなって、これは恥ずかしながら誰もが経験したことがあるんじゃないかな。
「アニスの香りが…」とか気恥ずかしくも陳腐で詩的な言葉が出てくる辺り言葉に深みがないのだけど、彼の真っ直ぐさは十分に伝わってくる。
海を望む丘上の墓場はとても画になり、あそこでまったりと思索に老けこみたくなる気持ちがよくわかる。最小限のセリフと軽やかな演出は、この語りすぎる詩人の良さを十分に伝えている。
ausnichts

ausnichtsの感想・評価

4.0
レミを演じるレミ・タファネル本人が南仏のリゾート地セットという街を歩き回り、淡い恋をし、失敗し、酒を飲み酔っ払い、夜の街で路上にもどしながら、ときどきノートに詩を書き記し、ポール・ヴァレリーの墓の前で反省する(笑)という話です。

ぷっと吹き出しそうになるところもあり、語られない物語が浮かび上がってくる映画です。

「ダミアン・マニヴェル監督特集 若き詩人、犬を連れた女、パーク、日曜日の朝」
https://www.movieimpressions.com/entry/Damien-Manivel
Jaya

Jayaの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

恐らくは南仏の美しい風景。画が美しいというより風景が美しい、という感じで、その点では余り印象に残りませんでした。
カメラは覚えてる限り全て固定。余韻を持たせずバシバシ切っているように思いましたが、何か起こりそうで肩透かしされる感もあり、それが作品に合っていて、雰囲気を高めているように感じました。

とにかく若いお話。しかし青臭さがなかったのは、どこか一歩引いた目線だからでしょうか。単に若さに没入するだけの話は個人的に鼻白んでしまうのですが、微笑ましく観れました。レミは詩人として詩作に耽るというよりもただ「詩人」に憧れるという雰囲気が自然に醸し出され、純粋に上手いと思いました。とはいえ、大詩人も最初はそうだったのかも。
そしていかにも若さゆえというフラれ方。直後の老人とのカットはクスリとさせられる感じもあり、最高でした。

若々しさに溢れまくる作品ですが、ありがちな痛々しさは全くなく、といって道化を観ている感もなく、淡々と若さの微笑ましさを見せてくれる映画でした。
ダミアン・マニヴェル監督特集
犬を連れた少年から年を重ねたレミくん
少年から青年へ。
あどけなさはちょっと抜けてなんだか寂しい(連続して観たから余計感じた)
海辺の街をうろついて、色んな物を見たり、話したり
ペンとノート片手に物思いにふける姿は美しいのに動くと残念と言うか。
カフェテリアで手タレして、撮影してた女の子が礼を言って去ろうとしてるのを何度も遮って繋ぎ止めるしつこさには荷が割。
そりゃあ顔はいいけどあまりのしつこさでは減点に次ぐ減点ですよ。
ポエマーを否定するわけじゃないが少年期に好意的だったレミくんに気持ち悪さを感じてしまった。
何事も引き際が肝心だよ。
mat9215

mat9215の感想・評価

3.0
2019/07/06 たんたんと詩作を続ける『パターソン』のバス運転手と違って、この少年の詩作は自分探しの手がかり。それにしてもこの少年、夜はどこで過ごしているのだろうか。『幸福なラザロ』に負けないくらい、いつも同じ服を着ている。
T

Tの感想・評価

3.7
南フランスのセートという街が舞台なのか。主人公の立場でヴァカンスしている気分になれる。
ずっと主人公のレミが外出中のシーンしか映していないから、どういう所で宿泊しているのか、どこから来たのか、家族構成は・・と少し思った。
意中の女性に振られて心を乱し、詩人を目指すことに対して迷いが出ていたが、無事詩人になれたかな?
ギョーム・ブラックを彷彿させるストーリー。主人公はヴァンサン・マケーニュとかぶるな。と思ったら、そうだ、ギョーム・ブラックセレクトのヴァカンス映画特集だったんだ。
レミと友だちになりたい。一緒に飲んであげたい。詩はつまんないんだろうけど、応援するし(ダメ出しするし)、もちろんおごってあげたい。
前半退屈すぎるけど、女に振られてからがクソメン全開で面白い。
花火を1人で見る哀愁と、動かない女に卑猥な言葉を浴びせて逃げるシーンで笑った
yuling

yulingの感想・評価

-
やり方がわからないの、かわいい

ことばを選ぶようになったら詩人になれる?
>|