スイッチ・オフ/森へ 少女ネルの日記の作品情報・感想・評価

スイッチ・オフ/森へ 少女ネルの日記2015年製作の映画)

Into the Forest

上映日:2017年03月04日

製作国:

上映時間:101分

2.9

あらすじ

カリフォルニア北部の森のなかで、少女ネルは姉のエバと父親と共に自然に囲まれた生活を送っていた。しかし、ある日突然世界中の電力が無くなり生活が一変する。

「スイッチ・オフ/森へ 少女ネルの日記」に投稿された感想・評価

てっきりホラー&サスペンス系の映画と思ったら、大停電をきっかけとした姉妹サバイバル映画でした。
でもいくら大停電っていってもおよそ1年以上も停電って。お父さんもあっけなく死んじゃうし、最後には家に火をつけちゃうし、?でした。冒頭に流れていた音楽がよかったかな。
エレン・ペイジってだけで観た。

突如電力が途絶えた世界で支え合い生きて行く姉妹の物語。終末モノではあるけど人里離れた森の家に住む彼女らにのみスポットを当ててるので派手さはなく動きは少なめ、けど結構シリアスな内容でした。ただ要所要所の心の動きがアッサリ描かれてるので行動に対する想いが汲み取り難いかな〜

少し未来の話みたいやけど、ほぼ美しい森に囲まれた世界だけで展開していくのでSF感は全くないし、エレンの溢れる逞しさもそんなに危機感が伝わっては来ないんやけど美しい自然での美しい姉妹によるサバイバル、何でも本から学んでいく頼りになる妹エレンの魅力にファンとしては満足です。可愛いからオッケー!

ピョンピョン流れる月日の割にそんなに過酷さが目に見えなかったので切羽詰まった感じがもう少しあっても良かったかな〜
まあこういう淡々とした終末映画も嫌いじゃないけどね!
ぶん

ぶんの感想・評価

2.5
ハラハラドキドキ怖いものを想像してたけど、思ってたのと違ってたなぁ~。

別荘ではなくて、あの家で育ったってことなのかな?
お父さんが居る時はお姉さんシッカリしてたけど、居なくなったら妹の方が活躍振り発揮。子供の第一子、二子の性質よく表してる。

緊急の時のガソリンって言ってたけど、今がその緊急の時なんじゃないの?って思ってしまったし、なにも家燃やさなくてもねー。あとでアレ必要だった!とか後悔しそう。

色々突っ込めたところもあったし、いろんな事が起こりそうで起こらない思わせ振りにはテンション下がった。
め

めの感想・評価

3.1
驚かされることしばしば。

ラストの衝撃が半端じゃなくて、エンドロール唖然としながら過ごしてしまった。

エレン・ペイジが最高に可愛くて、胸まで拝めました。(え)
姉も美人だし、父もハンサムだし、なかなかビジュアルは整っている。
家も山も素敵だし。

でもエレンが出ていなかったら観ていなかったこと間違いなし。
う〜ん。エレン!
レズビアンのエレンがもっと欲しい今日この頃です。(エレンエレンうるさい)
百合

百合の感想・評価

2.9
・エレンペイジきゃわいい
・サバイバル
・姉妹愛

・詳細はボカす
・多くを語らない
・不思議なスリラー

・次女は色々大変ね
・次女の皆さんに同情する
m

mの感想・評価

3.5
姉、踊ってないでもっと協力しなよ。生みたい!ってのもわがまま。妹に全部やらせてんじゃん!とイラつきましたが、野草の本を見ながら実をつんでジャムにしたり、肉を塩漬けしたりするシーンは好きだった。いずれ我々もこうなる時がくるかもしれないから。
123

123の感想・評価

2.0

このレビューはネタバレを含みます

20180618
何が、というわけではないけど見た後気持ち悪くなった
ライフラインが断絶してるのにまったり生活。矢口監督の「サバイバル・ファミリー」のようなサバイバル感が全くなくて吃驚。姉ちゃん何暢気に踊ってるのさ。皆、もっとがむしゃらに生きようよ。後、大黒柱のお父ちゃんが怪我でアッサリ退場して更に吃驚。
なんだこのトンチキ邦題は!やや近未来っぽいカナダの山奥で、いきなり訪れた終末をサヴァイバルする姉妹。マッドマックス寸前らしき状況とは裏腹に、ダンスや森を捉えた美しい映像にマックス・リヒターの音楽が繊細なムード。っていうか、森の中の小洒落た家で電力はなく食料もガソリンも乏しいのにあまりにノープラン。あっという間に月日だけが経ち、おいおい森で野草とかキノコとか採ろうよ魚釣ろうよイノシシ狩ろうよ保存食作って冬に備えようよ!と困惑しまくり。
だが終盤、ようやくこの映画の本質が見えてくる。なるほど、これはシスターフッド&フェミニズムの寓話なのだ。姉妹がエヴァン・レイチェル・ウッドとエレン・ペイジなのも納得。父、彼氏(マックス・ミンゲラ!)、店主の3人の男は与える者、愛する者、奪う者であり、彼らの展開と朽ちていく家やその結末も非常に寓意的なので面白い。
ただ、必然の意図なんだろうけど、やっぱり前半のサヴァイバル能力(やればできるのに)の欠如がやたら気になってしまうのは惜しい。
矢口史靖監督の『サバイバル・ファミリー』は大停電でパニックになったとき、食料を求めて町に飛び出しましたが、この映画のファミリーは自宅に留まることを選択します。

とは言っても、家は奥深い山の中。買い物するにも車で相当な時間乗らなきゃいけない、とか、山の中である程度の食料は調達できるとか自宅に留まるべき要因はあるんですが。

都会での大停電で、という設定の「サバイバル・ファミリー」とはそこが大きく違うところ。

家族はお父さんと娘二人。当初は停電がそんなに長く続くと思ってないので、電気なしの生活にブーブー言いながら暮らします。

ところが、いつまでたっても電気が通じる気配はなく。その内に家族にとって大事件が起こりますが。。。ってお話。

山の中でのサバイバル生活はやることはあるけど、そう派手な出来事が頻繁に起こるわけでなく、淡々と日々を過ごします。

もちろん、出口のない生活にだんだんと姉妹は精神的に危うくなったりもするんですが。。。

淡々としながらも先が読めない展開で、飽きずに最後まで。いろいろ疑問点もあるけれど、まあ精神的に参ってるから彼女たちの理解不能な行動もあり、なのかな。

しかし、あのファミリーはなんであんな山奥に住んでたんですかね。特にお姉ちゃんは都会的好きな感じでしたが。

姉妹ともにちょい脱ぎあり(←どーでもいい情報ですね(笑))

WOWOWの録画で観たんですが、まあまあ掘り出し物作品でした。嫌いじゃないです(^^)

★★★以下ちょいネタバレ★★★
















お父さんがわりと早い段階で死んじゃうんですが、その死に方。
なんかあっけないというか、あれで死んじゃうの???
まあ、姉妹のお話にしたかったから、父はいらない、ってのはわかるけれど、それならもうちょっとドラマつくってあげても良かったんじゃないかなぁ。


>|