ハッピーエンドの作品情報・感想・評価

ハッピーエンド2017年製作の映画)

Happy End

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:107分

3.6

あらすじ

ロラン家は建設会社を経営し、瀟洒な邸宅に3世代で暮らしている。両親の離婚のため離れて暮らしていた孫娘エヴは、ある事件をきっかけに、父親トマと一緒に暮らすため祖父ジョルジュたちの住むフランス北部のカレーに呼び寄せらせる。85歳のジョルジュと13歳のエヴには、誰にも言えない”秘密”をそれぞれに抱えていた‥‥

「ハッピーエンド」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

ただし、要再見
自然かつ客観的に見せかける固定カメラがあざとい、ホラー映画みたいな押し付けがましさがある
建前を取っ払って祖父と孫がふっきれるラストはパワフルでかつ明るさを持っていて良かった、スマホのビュー画面越しで捉えるのは悪意あり過ぎるとは思うけど
早稲田松竹にて鑑賞 冒頭のハムスターショックに気を取られすぎて途中意識飛んでた... ミヒャエルハネケ監督の映画を見るのはファニーゲームUSAから数えて2本目
むーた

むーたの感想・評価

3.5
会社のゴタゴタも解決したし、イザベルユペールも再婚できたし、良かった良かった、ハッピーエンド。。って全然ちがーう😂

雲ひとつなく真白な空と透き通る海、海辺に建てられたモダンなレストラン。
そこで粛々と執り行われる結婚式(婚約式?)。

一見何不自由ない幸せな風景なんだけど、それまでのいきさつを観てきたから、その整った空間に、無機質でからっぽな虚しさを感じる。

愛を持って接すること、オープンで誠実でいることって、自分で思ってる以上に周囲に影響を与えるんだろうな、と感じた。

なんだけど、家族といえども個の集まりなわけで、考え方も性格もそれぞれ。家族だからって分かり合えるわけじゃない。フランス人ならなおさらそんな感じ😅
その人が望むなら、自分の進退も自己責任でいいじゃない、とも思う。


周囲にこそ言いづらいこともあるし、SNSで見ず知らずの人にむけて吐露する方が何倍も簡単。SNSでストレス発散できたり、救われてる人って沢山いると思う。(もちろんその逆も。)昔から、人は日記をつけ、手紙を書いてきた。やってる根本は同じことなんじゃないかな。


この家族はちょっとぶっ飛んでるけど😅でも、家族とは、多かれ少なかれ形骸化してしまうもので、それでいいんじゃないかなと少し思った。


この映画は、私みたいな人間への批判なのかもしれない😂もしくは、全然違うメッセージなのかも。

と、見終わった後にぐるぐると考え込んでしまう映画でした。
ずっとめっちゃ眠くなる感じなのに最後だけ超面白いのずるくねぇ〜?ずるだわ〜
クロ

クロの感想・評価

4.2
今までハネケ作品では、愛アムールが一番好きだったので、ラストシーンは辛いのと画が美しすぎて涙が止まらず。
子役の子が綺麗でずっと見ていられる。
Hana

Hanaの感想・評価

3.8
なにが、誰にとっての、などハッピーエンドの意味を深く考えてしまいました。ただただ皮肉。
ところどころにあるエヴがスマホで撮影した動画の画は、映画の映像よりも距離があるように観えて、ネット社会に日々淡々と貼られる動画の1つを観ているような気分になった。この作品はSNS世代に響くのかな。
子役の子がとても綺麗で可愛い!
ハッピーエンド なのか…皮肉なのか…。

いつもの解釈自由なハネケ節。

人への無関心がなんちゃらみたいなのがテーマらしいが、あまり違和感なかったのは、もうこれが普通になってるからなのだろうか。もはや本音はネット上にしかないのか…。

ジョルジュとエヴのシーンは唯一本音を語り合ってるっぽいシーンだけど結局エヴは母ちゃんの事はネットにしかあげてないしな。

ジョルジュが黒人グループに何かお願いしてるシーンとピエールがどこぞの住宅に行ってぶん殴られるとこがとてもハネケっぽくていいなと思いました。
フランス北部の町、カレー。建設会社を経営し、大きな邸宅を構えるロラン家に生まれたエヴは、両親の離婚をきっかけに家族と距離を置いていた。だが父親のトマと暮らすことになり、祖父ジョルジュのいるカレーの屋敷に呼び出される。やがて、家族3世代の秘密が少しずつ明らかになっていく——。

「白いリボン」「愛、アムール」で2年連続カンヌ国際映画祭の最高賞パルムドールを受賞しているミヒャエル・ハネケ監督の最新作。

あまり書くとネタバレになるが、「愛、アムール」と同じく、家族殺しがストーリーの中心になっている。

ただ、とこしえの愛を描いた「愛、アムール」とは違い、本作の家族は愛失われていたり、歪んでたりと、何かと問題をかかえている。

ジョルジュとエヴの対比が見事。スマホやネットが、問題の原因になっているようにも描かれている。

ジャン=ルイ・トランティニャンも両作で重要な役で出演しているし、2つを比較するとなかなか面白い。
何がハッピーエンドだよ、ふざけたタイトルつけるよね全く、ファニーゲームといいコレといい、この監督のセンスほんと疑うわ。大好きです。笑
愛アムール、観ておけば良かった。
71フラグメンツとか、初期作品を連想する淡々とした感じ。ずっと観ていられる。
>|