コード・アンノウンの作品情報・感想・評価

『コード・アンノウン』に投稿された感想・評価

Saki

Sakiの感想・評価

4.0
様々な人の辛さを断片的に並べた作品
最後は突然終わるので急に殴られた感覚
ハネキらしい作品

断片的に意味があるようでないシーンばかりで
映画としては全く面白くない。
けど解説を読むとそれが正解らしい

人間の行動。なぜその行動を取ろうとしたのかは本人にしか知り得ないし、言葉もそうだ

コミ…

>>続きを読む
たつ

たつの感想・評価

4.1

多文化・多様性、全ての人を受け入れるという言葉はどれほどまでに許容できるか。電車の中で移民の青年に軟派されしつこく絡まれる。

コミュニケーション、人と分かり合えることは酷く難しいという冷たさ。文脈…

>>続きを読む
leyla

leylaの感想・評価

3.9

この作品自体が観客に理解を求めていなくて、人間なんて通じ合うことができないものだ、という視点で描いているよう。移民問題、人種差別、虐待、無関心など、現代の問題を提起した冷淡でいて根は優しいハネケ監督…

>>続きを読む
とうじ

とうじの感想・評価

3.5

観客に対して物語をベビーフードみたいにスプーンですくって丁寧に口まで運んでくれるような映画が、そういう要素だけで「良い映画」とみなされることが多い気がする。そういう幼稚な価値観を大の大人が身につけな…

>>続きを読む
Shaw

Shawの感想・評価

4.7

08.13.2021
03.17.2022
11.08.2023

言葉は通じているはずなのに、わかり合っているはずなのに、繋がっているはずなのに...。結局真実はぶつ切りのまま分からずじまい。そん…

>>続きを読む
マ

マの感想・評価

4.4

正当に面白いけどオッサンがニヤニヤしながら作ってるのも丸わかりで面白い
ミヒャエル・ハネケもミシェル・フランコもリューベン・オストルンドも、先ずは自分と社会に絶望してから みたいなとこがある

目立…

>>続きを読む
Omizu

Omizuの感想・評価

3.7

【第53回カンヌ映画祭 エキュメニカル審査員賞】
『白いリボン』などの異才ミヒャエル・ハネケ監督作品。カンヌ映画祭で受賞、ジュリエット・ビノシュが出演しているのに日本では劇場公開されなかった。

見…

>>続きを読む
shinichiro

shinichiroの感想・評価

3.9

◎ パズルを少しずつ当てはめていくような微妙な感覚
最初から’断片的な未完の物語の旅〜’のような注釈があったし、聾唖の子どもたちが前で動作をする子供の指し示すものが誰も当てれなかった時点で、そういう…

>>続きを読む
あ

あの感想・評価

2.4
まったく乗れんかったけど、気が荒んでるから久々にハネケ摂取できてよかった
>|

あなたにおすすめの記事