コード・アンノウンの作品情報・感想・評価

「コード・アンノウン」に投稿された感想・評価

観たよ


それぞれの登場人物からなる群像劇

ジュリエット ビノッシュに「自然体で!」な演技指導は個人的に大いに納得w

暗証番号変えたのは良くやったよ!
向き合おうとしない相手と向き合おうとして生きていくのは難しいし、それは向こうのエゴだ

「71フラグメンツ」同様流石にぶつ切り過ぎるのと観客側への配慮がなさすぎる作りはテーマは分かれども映画としての面白さに欠けるのが残念
群像です。『21g』くらい目まぐるしいので、覚悟して見てください。
一つの行動が勘違いを生んで悪くなることもあるし、何もしなくても肩書きだけで良く見えたりするし、平坦な人生なのにトラブルに巻き込まれたりと僕らの日常をそのまま描写したかのような映画でした。
あの夫婦がとっても可愛いんですよね〜。お固そうなおっさんでもあんなキュンキュンも作れるですね。
さすがハネケの一言。誰しもの日常に存在する 虚しさに似た 怒りとも悲しみとも取れるやり場の無い感情。それは爆発できるほど大きな問題ではなく 生きていく中で誰しもが経験する小さな不条理。しかしそれは確かに心を蝕んでいく。虚構と現実の境界があやふやな為 鑑賞者すら登場人物にしてしまう。コード・アンノウン。天才。
雪ん子

雪ん子の感想・評価

3.0
冒頭を見て、この監督らしいと思う。でも後は普通な感じ。センスの良い変態とセンスの悪い変態があるならば、ハネケは前者だと思う。後者はきっと他人のオナニーを見て興奮するタイプ。ハネケには雪月花や流れる雲で悦になって頂きたい。映画の中で私の苦手なジュリエットビノシュに「もっと自然体で!」のセリフ。同感。
今この現実が、分かり合えているのか分かり合えてないのか、それは理想なのか、叶っていないのか、あーやだ、
結局?人間なんて分かり合えないよ、そんなことわかりきってるよ、それなのに何で関わるんだろうね、生きるため?生きがい?何のために私たちは生きているの?仕事とか人間関係とか良いこともあるけれど、嫌なことばっかりなのかわかんないけど、そういう中で、何で生きていくの?
っていう感じを全面的に押してきて辛くなった、現実から目を背けていきたい、理想だけ観てたい、そんなわがままなこと言ってられたら良いのにね
シゲ

シゲの感想・評価

2.0
はい、来ました
この展開からの、この終わり方
毎度ながら、目が点…
様々なアイデンティティを持った人物たちがあるかないか微妙な作用・反作用を引き起こしていく様を見せつけられるんだけど、全く話が繋がっていく様子がない。おそらく、ビノシュ演じる主人公格の女優には実際そういう風に自分に関係のないこととして思われているんだろうし、状況があってそれに対する心理的・情動的な反応が沸き起こって行動に移る、という古典的な物語の図式からはとてつもなくズレている。物語と言えるほどの全体的なまとまりを与えず、ひたすら断片を提示していくスタイル自体が、ハネケの現実認識を示している。
これぞ変態ハネケである。アフレコの流れではちびりそうになった。
Yamachan

Yamachanの感想・評価

3.6
非常にざく切り、いろんなメッセージがてんこ盛りでした。
ただ71フラグメンツのインタビューでハネケが言ってた、人は会話の一部しか聞かないし、その中のさらに一部しか理解してないっていうのを痛感させられました。
今まで見てきた映画の中で一番内容は難解だった気がしますが、なんとなく伝えたい事はぼんやりと見えたかもしれません
u

uの感想・評価

3.5

一回じゃ全くわかりません…!
二回観て理解できる気もしないのですが、
ハネケ作品の雰囲気が好きなのでよくわからなくても満足してしまうんだなぁ。笑
>|