パディントン 2の作品情報・感想・評価 - 2ページ目

パディントン 22017年製作の映画)

Paddington 2

上映日:2018年01月19日

製作国:

上映時間:104分

ジャンル:

4.1

あらすじ

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれ…

ウィンザーガーデンでブラウン一家と幸せに暮らしているパディントン。彼はどこに行っても元気とマーマレードを振りまき、コミュニティの人気メンバーになっていた。大好きなルーシーおばさんの100歳の誕生日のために完璧なプレゼントを探していたパディントンは、グルーバーさんの骨董品屋でユニークな飛び出す絵本を見つける。 その絵本を買うために様々な雑用仕事を始めたパディントンだったが、ある時その絵本が盗まれてしまう。犯人の正体を暴けるかどうかはパディントンとブラウン一家の手にかかっている・・・・・・!

「パディントン 2」に投稿された感想・評価

娘と鑑賞

パディントンのドジっぷりにはイライラしましたが

最後はパディントンの町の人やおばさんへの想いに暖かい気持ちになりました

娘も面白かったみたい(^^)

マーマレード食べたくなる

だから、セブンのトーストパンで我慢しよ(笑)
畝音

畝音の感想・評価

4.2

このレビューはネタバレを含みます

構成は前作と一緒だけど、パディントンよりもブラウン一家の活躍が光ってた。一人ひとりのパディントンに対する愛情を感じられて、なんかいいなって。
予想はつく展開ながらも感動。
潔く終わるラストは好印象。
ヒュー・グラントは自虐ネタで完全に楽しんでたよね。
左に

左にの感想・評価

3.5
やっぱり女の人がなんだかなぁってなる顔
そして熊が囚人かぁ、、ってとこでちょっと集中力がなくなった
最高!正直なところ期待せずにレンタルしました。ところが本当にイケてる映画でした。普通パート2は出来がイマイチな感があつたけど、このパディントン2は最高でした。
赤足

赤足の感想・評価

3.8
思いのほか、1でパディントンの持つ癒し効能効果にハマってしまい。続けて鑑賞!こんな性格のねじ曲がったワイに、世界中で愛された児童文学「パディントン」はまさに、コリをほぐしてくれるであろう、マッサージ師的作品で、見終わった後はピュア度とお肌のツヤ度がかなり増していたほど!

さて、今回は
ブラウン家の一員として、ロンドンの街にも溶け込んだパディントン。ルーシーおばさんへの誕生日プレゼントに珍しい絵本を買うために働くことになるのだが、一筋縄ではいかなく失敗続きの連続の中、絵本が盗まれ、一家と共に絵本の行方を追うパディントンなのだが

前作とはまたひと味違った、物語で前作の悪役はニコール・キッドマンであったのだが、今回はヒューグラントで役どころが、落ち目の俳優という少し自虐ネタを挟んでいるかのようなキャラクターは面白かった。

そして、今作で刑務所にぶち込まれてしまうパディントンなのだが、ここでも彼の純粋さと優しさと天然度とキュートさが爆発しており、お決まりなのだがコミカルな展開にはホッコリさせられた(笑)

前作でもそうであったのだが、一言でこの作品の魅力の一部は、パディントンの人柄ならぬ熊柄なんだろうと感じた。前作でブラウン一家に置手紙した内容の

「僕がいなくなって皆さんの毎日が少しでも平和になりますように。」

というパディントンの優しさや、今作でパディントンによって救われた街の人達との関係などを、ブラウン家パパの言葉は確信をえており

「パディントンは人のいい所を見ようとする。誰にでも分け隔てなくだ。だから、誰とでも友達になれる。パディントンが来てからウィンザーガーデンの皆はハッピーになった。パディントンが親切心を惜しまないからだ!」

忘れていた人間の本質的な部分や、忘れていた大切な気持ちを思い出させてくれたような気がする文学的でもあり、童心的に考えさせられる作品でもあると感じた。んで、相変わらず見終わった後はホッコリさせられる映画なのであった( ´灬` )
hasomo

hasomoの感想・評価

4.5
笑えて、ほっこりする映画だった!
ところどころのクスッとするところから、爆笑してしまうところまで、本当に楽しめた。そして、パディントンがたくさんの人を幸せにしていることがわかった!
親切を忘れず行動し、刑務所内を笑顔にしているところは流石だった 笑
パディントンがいないと街の人たちも寂しそうにしていたから、本当に沢山の人を笑顔にしているんだと感じた!
笑いあり、涙ありのほっこりする映画でした!
tomriki

tomrikiの感想・評価

4.2
パディントン1を見て好きになり、
パディントン2を見て大好きになりました。

個人的にお父さんの列車から列車への移動の際のヨガの活用の仕方にめちゃくちゃ笑いました!
カイト

カイトの感想・評価

4.0
今回のパディントンは1冊の絵本をめぐるストーリーです。
おばさんの為に絵本を手に入れようと働きだしますが失敗の繰り返しで、なかなか絵本は手に入りませんが必死な姿がかわいくたまりません!
なんと囚人(クマだけど?)になります。
見終わったあとほっこりした優しい気持ちになる映画でした。
そ

その感想・評価

4.5
インドアっぽいけど行動力ある母、堅物だけどユーモアのある父って最高だ
「何してるの」「ふてくされてる」
kei

keiの感想・評価

4.1
安定の面白さ。

色々なことが最後繋がっていくのがいい。

裁判官とか、、、さまざま。

足ペタペタさせてたのも可愛かったし。

そして、ヒューグラントが
汚れ役?ダメ男役が似合い過ぎてすごい。
コミカルな哀愁が漂い過ぎてる。