ジョン・ウィック:チャプター2の作品情報・感想・評価 - 303ページ目

ジョン・ウィック:チャプター22016年製作の映画)

John Wick: Chapter Two

上映日:2017年07月07日

製作国:

上映時間:122分

3.7

あらすじ

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し…

伝説の殺し屋ジョン・ウィックが繰り広げた壮絶なる復讐劇から五日後――。彼の元にイタリアン・マフィアのサンティーノが姉殺しの依頼にやってくる。しかし平穏な隠居生活を望むジョンは彼の依頼を一蹴、サンティーノの怒りを買い、想い出の詰まった家をバズーカで破壊されてしまう。愛犬と共に一命をとりとめたジョンはサンティーノへ復讐を開始するが、命の危機を感じたサンティーノに7億円の懸賞金を懸けられ、全世界の殺し屋に命を狙われることになる。

「ジョン・ウィック:チャプター2」に投稿された感想・評価

morisa

morisaの感想・評価

3.8
内容は1のほうがよかったけど、そんなこと気にならないくらいアクションが盛り沢山で満足。
距離を取って銃で撃ち合うんじゃなくて殴り合いながら近距離で銃を撃つガンアクションがグロいのに爽快感あっていい
毎回毎回、銃をリロードする作業が入るのも細かくて好き

続きやってほしい
こた

こたの感想・評価

4.0
激しいカーチェイスで車がダメになったらガンフー、銃がダメになったら見事な背負い投げでバッタバッタと敵を倒していく。そうそうこれこれ!形式ばりすぎているという意見もあるけど、この清々しいほどのテンポの良さが私は大好き。
でも冒頭のアクションシーンなんてまだまだ序の口で、敵のアジトに潜り込んでからが本番。脳天狙い撃ち全員絶対殺すマンことジョン・ウィックさんの真骨頂。
あと敵方に男勝りのクール系美人マフィアがいるんだけど、この人が最高。どう最高かは観れば分かる!だから観ろ
ZIMA

ZIMAの感想・評価

-
殺し屋専用のホテルに掃除屋、仕立屋さんに銃のソムリエ(笑)と今作も独自の社会やルールがある殺し屋の世界観はやっぱり引き込まれます。(コンチネンタルのサービスを受けたい)

アクションも「ジョン・ウィック無双」ってゲームができるんじゃないかってくらいに、気持ち良くかつ効率的に敵を殺しまくってましたね。(鏡の部屋で戦うシーンは気持ち悪くなりました)

どちらかというと前作の方が好きでしたが、次回作は絶対見ますし、エピソード0的なモノも見てみたくなるほど好きなシリーズになりました。


ワンちゃんはあまり活躍しませんでしたね…(残念)
字幕版にて鑑賞

2018.1.24 DVD購入 吹替版にて鑑賞
なや

なやの感想・評価

4.0
めっちゃジョンウィック
そこそこキャラがたってるやつも秒で殺すのは流石
り

りの感想・評価

5.0

このレビューはネタバレを含みます

ジョンからすべてを奪ってやる!という監督の性癖を感じた……

あの男について語られてるのはすべて控えめに言われてるんだーみたいな台詞めっちゃ面白かったです
メリーさんよりこわいジョン・ウィック

頭撃ってるのをみるのは平気なんだけど刃物は、い"ーー!!てなる
準備してるときはやっぱワクワクするね!!
ごりごりのアクションはやはり楽しかったです
Glautumnus

Glautumnusの感想・評価

4.3
月曜日午後の回で八割とはなかなかの人気。キレのよいアクションと世界観は健在。時々目にする字幕演出も妙な味があってよろしい。

冒頭ロシアマフィアの登場ですでにファンサービス満点!盗んだ車返せばいいじゃないですか、という部下の台詞に対してボス一言、ジョンウィックの車だ。そして部下のお、おうという応酬は最高。

次は裏社会のボス、主席たちとの全面戦争でしょうけど、わんちゃんどうなるのかな?

キレのよいアクション +0.5
面白い設定と演出の数々 +0.5
ファンサービスのよさ +0.1
利口なわんちゃんかわいい+0.2
脩

脩の感想・評価

4.0
前作に引き続き、音と光とスモークによる演出にこだわりが感じられました。
自身について決して多くは語らないジョンの代わりに、同業者の反応でどれだけ恐れられ、厄介者として見られているかがわかります。
ジョン・ウィックの名前を聞いただけで「あっ…」と察する同業者の皆さん。

今回はジョン・ウィックのフルコースといった感じで、ホテルのチェックインから、ガンソムリエ、オーダーメイドスーツ(裏地は実戦用)、潜入先の図面や鍵まで用意してくれるおじいちゃん、「現役」だった頃のジョン・ウィックはこうして仕事をこなしていたんだ、ということが垣間見れるので、前作ファンには嬉しいシーンの連続に違いありません。
中でもあの伝説の!鉛筆殺法をスクリーンで拝めるとは!隅々までファン心をくすぐりまくりです。

そして手話のみでコミュニケーションをとり、キビキビのアクションと(((ヒップ)))で見るもの全てを魅了するルビー・ローズもわたしのフェチシズムをこの上なく刺激してくれました。

ジョン・ウィックがこれ以上戦う理由はどこにあるのかといえば、もうワンちゃんを守ることくらいしか残されていない気がします。
それ以外に何故そうまでして生き抜いてやる、と思えるのか、本当に復讐にとりつかれ復讐中毒者になってしまったのか、続編ではそのあたりの内面も扱われるといいなと期待しています。

[投稿No.54]
そん

そんの感想・評価

-
7.10
俺しかお前を守れない?だっけ。あれ泣けた。まじ泣けた。
あの2人だったしネオさん、、ってなったよね。
まじキアヌ応援してます。
Dachiko

Dachikoの感想・評価

3.8
学校が3限で終わり、このまま家に帰って時間を過ごすのには耐えられそうになかったので、急遽今作を見に行くことに決めた。
急遽見に行けるくらいの安定の前評判を持つ今作だが、その前評判を悪い方で裏切られることはなかった。むしろめっちゃ良い!!と叫んでしまいそうになるくらい良かった。

アクション映画を映画館で見るのは本当に気持ちいい。
車のブレーキ音、銃声、呻き声、拳が鳴る音、そしてキアヌ・リーブスの低くセクシーな声。
どれを取っても、映画館で見るのと自宅のテレビで見るのとでは雲泥の差である。
その時点でまず見れて良かったと思えるからオススメ。

時間軸が前作とかなり近いのにも驚いた。前作から多くとも数日後、最短で数時間後の物語だ。
妻を失い、愛しい妻の形見である犬を失い、そして今作では多くの忘れがたい思い出が詰まった家を失う。文字通り、全てが灰と化す。

前作で過去を清算できたかのように思われたが、やはりそんな簡単にできるわけが無いらしい。それをどうにかしようと足掻くジョン・ウィックもとい、ジョナサン・ウィックにはひたすら痺れさせられた。

アクション映画を見ると、自分の意志を貫くには意志はもちろん、最低限の物理的腕力も必要になってくるよな、と思う。最近のヒョロっちい塩顔俳優にかまけてる皆さん、ぜひジョン・ウィックの背負い投げとヘッドショットを見て、目を覚ましてもらいたい。そして、ルビー・ローズ(今作の女殺し屋役)も必見。