ハドソン川の奇跡の作品情報・感想・評価・動画配信

ハドソン川の奇跡2016年製作の映画)

Sully

上映日:2016年09月24日

製作国:

上映時間:96分

3.9

あらすじ

「ハドソン川の奇跡」に投稿された感想・評価

asuka

asukaの感想・評価

4.0
雑談しながら観たから序盤はちょいふわっと観てしまった…😭

けどどんどん引き込まれたしトムハンクスかっこいい〜!!
またちゃんと観なおしたい!
Yangping

Yangpingの感想・評価

3.8
「パイロットは何回練習したのですか?」
「17回よ」

17回!?!?
えりお

えりおの感想・評価

4.0
面白かった!

あんな緊張感の中冷静に即座に判断する機長も笑顔で皆んなを落ち着かせるCAたちも着水後駆けつける人たちもかっこいい…

パイロットになるために生まれてきたような、これだけひとつのことにdedicateし続ける人生素敵だぁ
kazuu

kazuuの感想・評価

3.9
国際線であれ国内線であれ、いつも搭乗の時に落ちたら最後、無事到着してくれます様に、と思ってしまう。飛行機に乗る回数が少ない事もあるだろうけど…

実話という事で、知らないところでこういう事実があったのかと。
日本でも報道されていたから、この事故は覚えていた。アメリカでは、連日連夜報道されていたんだろうな。

映画としては、単なるドキュメンタリーにならず、ストーリー構成の順序の良さや実際に墜落(不時着と言わないと怒られますね😅)を再現しており、トムハンクスの演技もあって、最後までダレる事なく見れた。
しかも最後の最後まで、もしかしたらパイロットに問題があったのでは、というサスペンス的な要素も見ている側をハラハラさせる。
イーストウッド監督の守備範囲の広さを思う事ができる。

エンディングに実際のサリーや実在のこの事故に不運にも出会った方々が映る。
トムハンクスより細身の体型だったけど、優しそうなパイロット。
次に飛行機に乗る時は、是非サリーの様なパイロットが操縦する便に乗りたいよな。
Eyeco

Eyecoの感想・評価

3.0
有名なバードアタックによるエンジン停止からハドソン川着水にて全乗客乗務員が生還した事件のその後の話。事件そのものは知っていましたが、その後機長達の判断についてこんな査問会が開かれていたとは知りませんでした。面白かったですが、繰り返して観るものではないかな。
あ

あの感想・評価

4.2
主人公の人間性にはとても尊敬しました。155人の命を救い、容疑者になった男。このキャッチコピー通りの映画。
トムハンクスが出てる映画で良くないやつってあるの?って思ってしまうぐらいやっぱりよかった。パイロットっていう華やかな仕事の重い部分を見た気がした。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

-
実際に起こったこととは思えないほど素晴らしい。原題に、機長のSULLYの名前を使ってるのも彼を英雄として称えてて素晴らしい。
とっさの判断とタイミングと40年の経験と、副機長とのチームワークでハドソン川不時着にも関わらず生還するの本当に偉大。しかも、救出された後も乗客が155人全員無事かを確認することが最優先でパイロットとしての責務を果たしてるのも尊敬。さらには機長の自分の力ではなく、クルーから乗客の方まで含めて全員のおかげと言えるのすごい。
注目浴びても妻や娘たち家族が1番大切っていうのも人間性が出てる。
普段から確認に確認を重ね、過去のあらゆる事故事例を知識として蓄え、常に複数のオプションを用意していたらしく、自分も見習いたいと思った。
Hinanoxxi

Hinanoxxiの感想・評価

4.2
誰におすすめしても、
面白くなかったとは言われない映画
だと思う。

事実を映画にしているというのはもちろん、
機内での緊張感や、家族の愛、仲間との絆
壮大な演出、2時間にも満たない映画にも関わらずぎゅっと素敵な瞬間が何度も詰まってて、久々に映画を観たあといい気分。
takahiro

takahiroの感想・評価

3.7
予期せぬトラブル。
最善を尽くしたが、
本当に判断が正しかったのだろうか。
たまたま結果が良かっただけかもしれない。
正しい判断だったんだよ。問題ない。と終始強く願いってしまう映画だった。
>|