ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫るの作品情報・感想・評価

「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」に投稿された感想・評価

娯楽映画では無いので、観るのにちょっぴり根気がいります。唯一のエンタメパートはおじいちゃん先生がフガフガすぎて日本語に日本語字幕つく所くらい。

それくらいお堅い映画だけど、多角的に物事を捉えて、偏った情報に振り回されない見識を育てる上で、とても為になるドキュメンタリー映画。

the COVEという、伝統的な生業として捕鯨している日本のとある港町の漁に対して、外から来た反捕鯨団体がイルカさんを虐めるな!といちゃもんつけまくるドキュメンタリー映画がありまして、それがアカデミー賞を獲りまして、有名になった事でその港町の合法的な産業が批判されたり、反捕鯨団体が度々活動に来る事になりました。

という事がありました。

それに対して、は?ちょっとその映画、事実と違うところあるよね。ほんならこっちも言わしてもらいますという映画。

COVEの作者、シーシェパードの皆さん、太地町の皆さん、捕鯨問題の当事者達に満遍なく話を聞くという体裁で撮られています。カウンターパンチの映画だけど公平なスタンスを大切にしているように感じました。

シーシェパードを筆頭とした、環境テロリストがいかにして生まれたのか、その出自も含めて分かりやすく説明してくれる。

彼らは、世界に山ほど、自分の地元にも環境問題あったとしても、ウミガメが環境破壊で死んでても、同情を誘い資金の援助が見込めるイルカやクジラの保護を謳います。めっちゃビジネス団体です。地元の人からしたら迷惑なだけ。屁理屈かましても、儲かるし、日本人大人しいからやり易くて来てるだけだなと感じた。

一神教からくる不寛容さ、自分の考えが正しいからあなたもそうしなさいという、傲慢さ、自分の人種が高位にあるという潜在意識のもとに、他の国の国民が生きるための天の恵みとしての敬意を持った伝統的な鯨漁を否定してかかる。

他者や他文化を理解し、受け入れ、尊敬し、自分の考えと折り合いつけて共存しようとしないのは、野蛮だし、賢い人間の振る舞いじゃねぇなと思わせてくれて、自分はマシな人間になれるよう頑張ろうという気持ちにさせてくれる名作。
ゲン太

ゲン太の感想・評価

3.0
☆7
映画「ザ・コーヴ」の中でのやらせやウソを指摘したり、太地町のその後を観れたところは非常に良かったが、監督が素人で構成がヘタだなーというのが正直な感想。
捕鯨の議論も結局浅いところで終わってしまっているし、この問題に関しての新しい発見とかも無かった。しかし自主制作でここまで作ったのは凄いと思う。
「ザ・コーヴ」、「おクジラ様」に続いて「ビハインド・ザ・コーヴ」を見ました。
印象に残ったのは、「アングロサクソン人の中での順列はアングロサクソン、アングロサクソン以外の白人、アングロサクソンが評価する動物、その次が有色人種」という意見。
The Coveとともに、こちらも観たほう視野が広がる。ザ・コーヴは大半の人が見たことのない捕鯨の残酷なシーン(現実)を伝え、人々に問題意識を呼び覚ました点で画期的。こちらは、内外の多くの人の意見が紹介されている点で、よりバランスが取れている。
監督自ら撮影したインタビューをぶつ切りにして繋げているのだが、その編集がちぐはぐで下手くそ。時折り関連性のない話題が繋がれるため、話手の主旨がよくわからなくなる。
また、文字や映像を挿入する演出もまるでパワーポイントの切り貼りのようで稚拙。
予算に大きな差があるのだろうけど、マイケルムーアってやっぱり見せ方が上手いんだなぁと感じた。

国際捕鯨委員会日本代表の方が一神教と多神教の話をしていたが、ここで言われている欧米社会との価値観の相違とせめぎ合いは『沈黙』を連想させた。
互いの主張は決して交わることがないし、異なる価値観(文化)を持つ相手に対して、自らの価値観(文化)を押し付けることは傲慢。
強引な価値観の押し付けは、侵略や支配にもなり得る。
rt

rtの感想・評価

3.0
『ザ・コーヴ』とはどれだけ酷かったのか?とこの映画だけを観ると思わされる。
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

4.0
特典に鯨の竜田揚げレシピが入っているのがいいですね。

「ザ・コーブ」へのアンサーと予告編では流されているが、「ザ・コーブ」は、受け答えをする値打ちもないインチキドキュメンタリーです。ただ、何らかの形で、太地町の方には、自分たちの町がどんな町なのか、どういう考えを持っているのか、を世界に訴えて欲しいと思っていました。

今でも活動家がウロウロする太地町の姿は異様です。
荒削りながら、よく頑張って作られた、と思います。一人の方が、現地で感じたこと、調べて追求したこと、自分の中に沸き起こる疑問の答えを、体当たりで集めて提示したという姿勢は、よく伝わります。
Ayane

Ayaneの感想・評価

2.5
日本は宗教で憎しみあったり罵り合ったりしない。

コミュニケーションの問題

どちらかというと日本の捕鯨を批判的に描いた「ザコーブ」に対して、日本目線で欧米を批判的に描いた映画。

これを見ると、欧米がすごく悪く見える。
傲慢で強引なアメリカ人。
感想川柳「結局は 政治の力が 関わってる」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

日本のイルカ漁を批判的に描き、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」への反論として製作されたドキュメンタリー。これが初監督作品となる八木景子が、「ザ・コーヴ」の舞台にもなった和歌山県太地町に長期滞在し、元捕鯨師や町長など現地の人々へインタビューを敢行。その一方で、「ザ・コーヴ」の監督ルイ・シホヨスや主演リック・オバリー、イルカ漁の時期に太地町に現れる反捕鯨活動家たちにも話を聞き、さまざまな立場の意見を取り入れながら、捕鯨に関する問題を掘り下げていく…というお話。

「ザ・コーヴ」は事実と異なるものが映像化されていると聞いていたので、胸糞悪くなると思って観る気が起きませんでした。( ´_ゝ`)それを反証する作品が日本人監督の手で作られたというのでこれは見ないといけないなと思って鑑賞。自分は鯨肉のクセが苦手ですが(´▽`;)ゞ

しかしこれでもだいぶ気分を害しますね(*_*)結局反捕鯨活動家は鯨やイルカだと金が集めやすいからやってるようなもの。もちろん本当に鯨やイルカを助けたいと思ってる人もいるでしょうけど、鯨の現状は何も知らないわけで((((;゜Д゜)))ザ・コーヴの監督も「理想は全人類が完全菜食になること」と言ってるけど、それならまず鯨より先に畜産止めろよと思ってしまう。(。´Д⊂)水銀なんて詭弁もいいとこ。

そもそもやり玉に挙げられたのも某国の政治の力。外圧に弱い日本もダメだけど、プロパガンダのために鯨を利用するのは姑息。シーシェパードなんか海に油撒き散らしながら捕鯨船の邪魔してんだから。(;゜∀゜)鯨が座礁するのも軍事ソナーの影響と言われても知らん顔。

何よりムカついたのはシーシェパードの本分が「その業を行う者を辱しめること」(# ゜Д゜)だからあんな不躾にカメラを向けてくるのか。

捕鯨如何に関わらず日本人なら見ておいた方がいいと思います。(-_-)特典映像も盛りだくさん。
cinemazo

cinemazoの感想・評価

4.0
所謂、学校では教えないこと、
が描かれていて面白かった!

凄く残念なことは、2つ。
⚫NETFLIX のせいか、英語の文献、資料等に日本語訳が付いていないのも、アメリカの思惑か?!
 いちいち、一時停止して観ないといけなかった。
⚫音声が不明瞭。文字でもっとフォローするとより良くなると思う。

次回作を待っています!
>|