ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫るの作品情報・感想・評価

ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る2015年製作の映画)

上映日:2016年01月30日

製作国:

上映時間:107分

3.3

「ビハインド・ザ・コーヴ 捕鯨問題の謎に迫る」に投稿された感想・評価

rt

rtの感想・評価

3.0
『ザ・コーヴ』とはどれだけ酷かったのか?とこの映画だけを観ると思わされる。
TATSUYA

TATSUYAの感想・評価

4.0
特典に鯨の竜田揚げレシピが入っているのがいいですね。

「ザ・コーブ」へのアンサーと予告編では流されているが、「ザ・コーブ」は、受け答えをする値打ちもないインチキドキュメンタリーです。ただ、何らかの形で、太地町の方には、自分たちの町がどんな町なのか、どういう考えを持っているのか、を世界に訴えて欲しいと思っていました。

今でも活動家がウロウロする太地町の姿は異様です。
荒削りながら、よく頑張って作られた、と思います。一人の方が、現地で感じたこと、調べて追求したこと、自分の中に沸き起こる疑問の答えを、体当たりで集めて提示したという姿勢は、よく伝わります。
日本は宗教で憎しみあったり罵り合ったりしない。

コミュニケーションの問題

どちらかというと日本の捕鯨を批判的に描いた「ザコーブ」に対して、日本目線で欧米を批判的に描いた映画。

これを見ると、欧米がすごく悪く見える。
傲慢で強引なアメリカ人。
感想川柳「結局は 政治の力が 関わってる」

レンタル店でパッケージ借りでした。φ(..)

日本のイルカ漁を批判的に描き、アカデミー賞で長編ドキュメンタリー賞を受賞した「ザ・コーヴ」への反論として製作されたドキュメンタリー。これが初監督作品となる八木景子が、「ザ・コーヴ」の舞台にもなった和歌山県太地町に長期滞在し、元捕鯨師や町長など現地の人々へインタビューを敢行。その一方で、「ザ・コーヴ」の監督ルイ・シホヨスや主演リック・オバリー、イルカ漁の時期に太地町に現れる反捕鯨活動家たちにも話を聞き、さまざまな立場の意見を取り入れながら、捕鯨に関する問題を掘り下げていく…というお話。

「ザ・コーヴ」は事実と異なるものが映像化されていると聞いていたので、胸糞悪くなると思って観る気が起きませんでした。( ´_ゝ`)それを反証する作品が日本人監督の手で作られたというのでこれは見ないといけないなと思って鑑賞。自分は鯨肉のクセが苦手ですが(´▽`;)ゞ

しかしこれでもだいぶ気分を害しますね(*_*)結局反捕鯨活動家は鯨やイルカだと金が集めやすいからやってるようなもの。もちろん本当に鯨やイルカを助けたいと思ってる人もいるでしょうけど、鯨の現状は何も知らないわけで((((;゜Д゜)))ザ・コーヴの監督も「理想は全人類が完全菜食になること」と言ってるけど、それならまず鯨より先に畜産止めろよと思ってしまう。(。´Д⊂)水銀なんて詭弁もいいとこ。

そもそもやり玉に挙げられたのも某国の政治の力。外圧に弱い日本もダメだけど、プロパガンダのために鯨を利用するのは姑息。シーシェパードなんか海に油撒き散らしながら捕鯨船の邪魔してんだから。(;゜∀゜)鯨が座礁するのも軍事ソナーの影響と言われても知らん顔。

何よりムカついたのはシーシェパードの本分が「その業を行う者を辱しめること」(# ゜Д゜)だからあんな不躾にカメラを向けてくるのか。

捕鯨如何に関わらず日本人なら見ておいた方がいいと思います。(-_-)特典映像も盛りだくさん。
cinemazo

cinemazoの感想・評価

4.0
所謂、学校では教えないこと、
が描かれていて面白かった!

凄く残念なことは、2つ。
⚫NETFLIX のせいか、英語の文献、資料等に日本語訳が付いていないのも、アメリカの思惑か?!
 いちいち、一時停止して観ないといけなかった。
⚫音声が不明瞭。文字でもっとフォローするとより良くなると思う。

次回作を待っています!
bandnerd

bandnerdの感想・評価

5.0
We have many problems and conflicts, but we shall overcome, I think. Because, we can use language to communicate with people which have various thought.

「ザ・コーヴ」が巧みに『映像による印象』を使っていたのに対し、この作品は『言葉による力』が最大限に発揮されていた。言葉は神であり、沈黙は金ではない。様々な立場の言葉を引き出した、八木 景子監督の稀有な才能が《自分の頭》で考える必要を強く語りかける作品。特に最前線に放り込まれた太地の市民の国際感覚の鋭さや、アメリカ一般市民のニュートラルな考え方に驚かされる。

話を聞くことによって「善勝敵者不与」を実践する、様々な価値観が入り乱れる《グローバル社会》において、自分の土俵で戦うことのスゴさを感じました。多くの人に見てもらい、自分の頭で考えるきっかけにしてもらいたいと思います!
MovieBug

MovieBugの感想・評価

3.4
色々コメントを読んで、ネガティヴコメントを綴る人たちは、(あえて?)間違った記載をし、映画の評価を下げる目的を持っているように感じる。

映画そのものは、撮影や編集に監督が初めてカメラをまわしたことがわかる素人っぽさはある。しかし、ドキュメンタリーとは、ドラマ仕立てで役者が演じるものだろうか? この映画がつまらないと言う人は、そもそもドキュメンタリーをファンタジー映画と勘違いしているか、映画を観ないように工作しているようにさえ感じる。
監督が突撃インタビューした内容では、反捕鯨の集団がどのような思考で活動しているか、またその実態はどうなっているかを活動家だけでなく、反捕鯨プロパガンダ映画『ザ・コーヴ』監督や主演者からも率直な意見を引き出し、日本側からは政府関係者が本音をぶちまける。舞台である和歌山県太地町の人たちからも様々な意見を「滑舌が悪い」と批判するコメントもあるが、それが、ありのままのドキュメント味な訳だ。
例えば、水銀については昔からの反捕鯨の捏造主張であり、実際はーどのような状態かもインタビューで晒されている。
また、関係者では常識らしいが、意外と一般的に知られていない史実も所々に語られ、それだけでも観る価値がある。

根本的な反捕鯨活動家の考えが、日本の歴史と文化を蔑ろにする押し付けや様々な要因にて亡き者にしようとする事を、『食べて良い生き物を決めるのは誰?』という観点から追求し、最後には日本人ではない人たちのインタビューで示す、構成は見事なドキュメンタリー映画と言える。
『ザ コーヴ』の反論として作りたかったらしい映画だそうです。

しかし、残念ながら内容はかなりお粗末。
ドキュメンタリー映画であるはずなのに、いろいろ話が逸れてしまうため、結局この監督は、大地町の人は何が言いたかったのかが全くわかりませんでした。

捕鯨反対の話なのに、いつの間にか水銀や全く関係のないベトナム戦争の時のアメリカの批判に入ったり、と支離滅裂です。
『全ての人がベジタリアンになるべき』とかいう迷言が乱発する様は、怒りを通り越し笑ってしまいそうです。

終盤20分のアメリカ人へのインタビューが僕たちの言いたいことを全て代弁してくれているので、もうそこだけ観てるのみでいいような気がしてしまいました。

予算のなさとか制作技術が追いついていないとか、そういう根本的なことは差し置いても、流石にこれは反論としては弱すぎるし、映画としてもよろしくないのではないか、と八木監督に問いたいですね。
日本の捕鯨問題を扱った『ザ・コーヴ』を受けてのアンサー的なドキュメンタリー作品。

実は『ザ・コーヴ』は未見です。
とりあえず和歌山県太地町、日本の食文化を問題提起した作品だという認識程度です。

コレを見て『ザ・コーヴ』がかなりヤラセ感満載という事は分かりました。
もちろんどれが真実かは分かりませんが印象操作はしてるのはどの世界も同じだろうと思います。

アメリカ、オーストラリアは牛やら豚を食いまくってるだろうが!という水掛け論は抜きにしても、その土地の文化にあーだこーだ言ってくるのはどうかと思うねぇ。
ま、この作品でも言ってましたが戦勝国と敗戦国の違いなんだろうな。

日本の捕鯨問題をアメリカがぶち上げたのが“あの”戦争批判をごまかす為ってのは驚きました。
ホント、日本は舐められたもんです。

私が小学1年生までしか給食に出ませんでしたが…鯨の竜田揚げ懐かしいな〜。
ルネ

ルネの感想・評価

2.0
2016年。 監督は八木恵子。

日本の捕鯨を批判したドキュメンタリー、『ザ・コーヴ』に物申す作品。

下手すぎる編集と支離滅裂な内容で、クオリティーが相当低い。素人っぽさ全開。意味不明の映像も多いし、住民たちの滑舌も悪すぎる。

ちゃんと反論するのは大切だし、それを映画として完成させたのは素晴らしいと思うのだけれど、もっとちゃんと考えて作れなかったんだろうか。

結構面白い事も言ってるので、とても残念な仕上がりです。
>|