映画 聲の形の作品情報・感想・評価・動画配信 - 4ページ目

映画 聲の形2016年製作の映画)

上映日:2016年09月17日

製作国:

上映時間:129分

ジャンル:

3.8

あらすじ

「映画 聲の形」に投稿された感想・評価

Moe

Moeの感想・評価

-
手話勉強してみたくなる!
小学生の頃からキャラ変しすぎじゃない?と思ったけど(笑)
聴覚障害という問答無用のお涙設定ではあるけれども。

そこだけに頼らず、
いじめていた側の人間の立ち直っていく姿をきちんと描いていて、感情移入しやすい。
障害側を弱者とするステレオタイプではなく、いじめていた側をむしろ弱者として描かれているのが良かった。

だからこのキャッチコピーなのだろう。
「君に生きるのを手伝ってほしい」

漫画だからアニメにしたのだろうか。
アニメならではファンタジーの部分はなく、実写でもいけるんじゃないかと思った。
こてつ

こてつの感想・評価

3.0
聲の形に関しては漫画版の方をお勧めします。
周りの人達との関わりとかがね...突然出てきて...って感じだったし...何をしたの?ってなるから、...漫画をぜひ。
陽

陽の感想・評価

4.0
見終わって、「うわーよかったー。すっごい良かった!」とはならなくて、そっかぁ…とつめてた息を吐き出すような感じでした。
金ロー後も〇〇さん許せない、みたいなタグが流行ってて、たしかに自分だけ安全圏にいて、そこから勝手に他人を判断して批判する姿はムカつくとは思うけど、実際いるよねこういう人…ってなった。勧善懲悪なんてなくて、完全な善も悪もないんじゃないのかとなんとなく思いました。ただ、小学校でのイジメの件はダメだけどね。

みんなバラバラでちょうどよくハマることなんてないパズルのピースだけど、会話を重ねて丸くなったり、互いの形をしったり…
そうやって互いを知って生きていくのかなぁと思いました
こーじ

こーじの感想・評価

4.0
最後、泣いてしまった。こんな心の描写は、ほんとにつらい体験をした人でないとできない。いじめとは。友だちとは。学校の道徳でぜひ観てほしい。きっと優しくなれる。
まむ

まむの感想・評価

3.4
こんな最低な奴いる?!ってなってもやもやしちゃうところが、、

ストーリーとかキャラクターは好き!
鴉天狗

鴉天狗の感想・評価

3.0
観てないと思ったら観てました。
いつ観たんだろう…(^^;

ただ楽しいお話ではない、ですね。そっち側にはなりたくないと強く思いましたが、そうじゃなかったかと問われると正直なところ返事ができないというか…(-""-;)
今更かもしれないですが、我が身を振り返るというか…言葉の持つ力の強さをちゃんと考えて話したいものです…。
たた

たたの感想・評価

3.5
元いじめっこの贖罪がテーマ。
…って言い切っちゃうと多分浅いんだろうなあ

感情移入できる人物や、共感できる要素があんまりなかったので、
深く心に刺さるようなものではなかったんだけど、
それでも、罪悪感と劣等感のかたまりのような石田くんが必死にもがいてあがいて、
友達や家族や自分の罪や弱さと向き合って哲学する姿には、いろいろと考えさせられました。
いじめとは。友達とは。生きるとは。

「君に生きるのを手伝って欲しい」
この台詞にいろんなことが詰まってる、ような気がする。

・・・

21世紀の日本アニメ観てると、作画のクオリティ(と言うより手間かけ過ぎな点)はあんまり必要ないと思うこともあるんですが、
ここまで突き抜けてるともう、素晴らしいとしか言えないですね…
これほどの技術を培ってきた、情熱ある人たちがあんなことになるとは…去年の事件が本当に残念です。

・・・

ところで主人公が三白眼なアニメもなかなかないのでは。髪型もいまいちだし、観る側が石田くんを好きになりにくいようにしてるのかな?
彼の自己否定感を表しているのかも知れない。

おもに写実的なキャラ造形のなかで唯一まんがまんがしてる永束くんの癒し効果が心地よかったです。
ジェットコースターで手を離せる佐原と、離せない将也。

呪いとも呼べるような過去を共有し、繋がりを持ってしまった同級生たち。それぞれが大事なことに気付くとき、空気がピリッとなる感じが好き。

言葉なくとも感情が行き交うので、凝った描写が多い。簡単に楽にはなれない展開も、すぐ縮こまってしまう主人公も等身大で、愛おしいと思った。
MAH

MAHの感想・評価

4.2
めちゃくちゃ泣きました

この映画の感想はわたしの語彙力では表現できません。本読んで人生経験つんでから出直します、

長塚くんのような友達、大切にしたい

とてもよかったです