プリティ・リーグの作品情報・感想・評価

「プリティ・リーグ」に投稿された感想・評価

Qちゃん

Qちゃんの感想・評価

3.4
第二次世界大戦に男が駆り出されて、プロ野球閉鎖の危機!そこで結成されたのが、世界初の全米女子プロ野球リーグ“ピーチズ”。初めは差別や侮蔑の目で見られていたが、めげず野球を愛して必死に戦う彼らの姿に、やがて周りは変わり始める、という実話に基づいた物語。

キャスティングが。笑 トム・ハンクスが監督。次はピッチャー、マドンナ!
pongo007

pongo007の感想・評価

5.0
 まだ女性に対する差別が横行していた戦時中のアメリカに誕生した女子のプロ野球リーグのお話。アメリカ全土から野球女子が集められ、選考会が行われます。正式に選手になった女性たちは、4チームに分かれてリーグ戦を行います。主人公はピーチズに入団したジーナ・デイビスと、妹のロリ・ペティ。監督は元メジャーリーガーで大スターだったトム・ハンクス。姉妹は監督に会うのを楽しみにしていましたが、現れた監督は現役時代の面影も無く、アルコール中毒になっており、まるでやる気なし。試合中も酒を飲んで居眠りするような駄目中年で、キャプテンのジーナ・デイビスは自分でチームを指揮することに。それでもチームは結束して一生懸命頑張り勝ち星を重ねていきます。次第に、トム・ハンクスも昔の野球に対する情熱を取り戻していき、再生し、監督らしくなっていきます。チーム一丸となって闘う様子に、感情移入ができて、応援していました。心がホクホクする映画です。
 キャスト陣が豪華なのも見所です。
Lecnaoya

Lecnaoyaの感想・評価

3.7
個々の演技に見入ってしまう。
田舎町の長閑なアメリカの雰囲気も感じられます。
入団テストシーンなど結構プレイの演技レベルが高くてびっくり。
期待以上にマドンナの演技が上手いのと妹役のロリ・ペティが可愛く良いです😘
後でタンクガールで主演します😁
トム・ハンクスやジーナ・デイビスの主演陣も良く割と手堅い作りの女子プロ野球作品です😙
りえ

りえの感想・評価

2.0
ストーリー展開がひどい。監督がなぜ前向きになったのかさっぱりわからない。個人的には見る価値ないです、ユニフォーム姿の女の子は可愛いけれども
KAZUKI

KAZUKIの感想・評価

3.0
戦時中の女子野球リーグに纏わるストーリーでかなり無難な作りで感動できる系(しなかったが)のスポーツドラマ。この手の映画は見慣れてしまったからかな…既視感しかなかった。スポ根、姉妹愛、家族愛、チームワークや絆、などなど直球の青春ドラマ。監督をトムハンクスが演じてるが、相変わらずいい演技を魅せるな〜。
戦時中の女子プロ野球の話
姉妹愛にホロッとくる
マドンナの演技が光る
MEK

MEKの感想・評価

4.0
第二次世界大戦中、大リーグの選手達も徴兵されプロ野球の運営は困難に陥っていた…。そこで結成されたのが女子のプロ野球リーグだった。

ユニフォームがミニスカ!!!!!
かわいいけどスライディングとか痛そう…😵
野球をする女性たちがかっこよくて素敵!楽しそう!!


ドティの素手でキャッチと開脚しながらのキャッチがかっこよすぎる!美しい!
センバツ甲子園も始まりましたし、プロ野球も30日から始まるという事で〝野球〟の映画を観ようと本作をチョイス。

思っていたより良かったです。
第二次世界大戦のため男たちは戦地に行く。そのため女性たちが野球をしアメリカを盛り上げようとする物語。若い頃のメンバーには監督にトムハンクスであったり、選手でマドンナも出演しています。
「女に野球はできねぇ!」という偏見から、彼女たちなりの工夫と実力を見せつけ人気スポーツとなった女子プロ野球。ただ自分が良かったなと思うのは引退後の同窓会シーン。最初のシーンで見せ、最後のシーンで見せてくるサンドイッチ型の構成は最高。最初と最後のベティの視線は全く違うものと感じ取れます。もし、同窓会シーンが無ければ平凡な映画で終わっていたでしょう。言っちゃえば、その辺にいっぱいあるスポ根映画で終わっていましたよ。

マドンナの曲、それから楽曲を手がけるのはハンスジマー。最高ですね。(そういえばこないだ観た『ボス・ベイビー』もハンスジマーだった気がする。凄いなあ…。)
野球シーン見てるとワクワクするけど、たまに「あぁ、これ戦時中なんだよな…」って思わせるシーンがあって、いい。

「フォレスト・ガンプ」観た直後に観たから、トム・ハンクスの変貌に笑ってしまった…笑
>|