マンチェスター・バイ・ザ・シーの作品情報・感想・評価

マンチェスター・バイ・ザ・シー2016年製作の映画)

Manchester by the Sea

上映日:2017年05月13日

製作国:

上映時間:137分

ジャンル:

3.9

あらすじ

「マンチェスター・バイ・ザ・シー」に投稿された感想・評価

人の死は、残された人達に大きな試練を与える。

それを乗り越えるのは簡単ではない。
長い時間をかけて少しずつ乗り越えられる者もいれば、何年経っても抜け出せないまま身を滅ぼしてしまうことも。

大切な人の死を乗り越えることの厳しさ、過酷さを味わうことができる作品。
内容の底深さは感じるものの、濁っていて見通せないような感覚。
重いテーマの著しさは立派ですが、蛇足的描写も少なからず。

時系列がちょっと不親切。
2回目の鑑賞で完全に把握できる程度でしたが、この時系列が成功しているとは思えなかった。
アメリカ映画らしい派手な演出や大げさな演技もなく淡々と進むドラマ。しかし逆に登場人物それぞれの心の中の葛藤を想像をしたり、状況を考えさせられたりしたので、最後まで飽きることもなく楽しめた。ありふれた田舎町の日常の風景にリアリティを感じたのか、個人的には妙に魅力的に見えた。
短気な性格のリー(ケイリー・アフレック)は、兄の死を機に甥の後見人になる。過去に深い傷を負ったリーは甥と向き合えるのか不安になる────

ベン・アフレックの弟・ケイリー・アフレックが本作でアカデミー主演男優賞、監督のケネス・ローガンが脚本賞を受賞している。ちなみに製作にはマッド・デイモンも参加している。
脚本賞を受賞しているけど、脚本の存在を感じさせないほどにリアルな日常には身につまされる。それだけに、辛い。
特に、リーと甥のやり取りのヒリヒリとした空気感が半端じゃなく、役者の演技力の高さに度肝を抜かれた。それを引き出す演出もすごい。
ふゆか

ふゆかの感想・評価

4.0
責任も愛情も悲しみも周りに分配して、配ることも逃げることも葛藤がある。終始美しかったです。
Tiara

Tiaraの感想・評価

4.0
いつも少しunluckyな男
家全焼とか空焚きとか
妻のストレッチャーが
なかなか収まらないとか
何故か頭情緒不安定な人多目
甥との関わりで
彼の中の変化が美しい
Holly

Hollyの感想・評価

4.2
悲劇は変わることで乗り越えるのではなく、ただそこにあるものと受け入れるものなんだなと思った
emmy

emmyの感想・評価

3.6
繊細な物語がとても丁寧に描かれていたけど、それ故に途中観るの苦しかった……
2923

2923の感想・評価

4.0
陰鬱な映画。変わるって難しい。
WOWOW 録画鑑賞.

とても良い、人間ドラマでした。感情移入できるとこもあれば、そこは、ちゃんと向き合わないといけないよ、と思わせられたり、イギリスだと思って観てたら車が左ハンドルなのでアメリカの方かよ!ってなるし、感情の起伏を激しくさせられた良い映画でした。
toyosea

toyoseaの感想・評価

3.7
テンポがずれてしまうドラマーの子を助演男優賞にしたい
>|