ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

3syaku

3syakuの感想・評価

3.5
巷でいうデザイン思考の先駆けですね。創業者がシステマチックかつ高速なトライエラーで世にないサービスを発明するシーンはものすごい躍動感で感動します。それを成長させる男との軋轢もなかなかでした
まあ、まあまあ。マクドにあんな過去があったなんて知らなかった。職人然とした兄弟、ビジネスに結び付けようとする主人公。なんか平たく言えば横取りしてる主人公より、兄弟の方に共感してしまうが、それでは今のマックは築けなかったのだろう。
Mari

Mariの感想・評価

3.6
後味悪い映画。当初マクドナルドのミルクシェイクを飲んでみたくなる。
YangYang

YangYangの感想・評価

4.1
野心のある人を見てて生命力が溢れてくる迫力だったり、手に入れたいもののために手段選ばない狡さだったり、全て嫌に感じないんだよね。全部、それこそパッション、それこそ立派な生き方。
綺麗事ぽいぽい、リアリティひょいひょい。何つって!😛
夏休み中の息子と二人でこの日ははしごシネマ。
息子は邦画のジョジョとか、東京喰種を所望していたのであるが、私が気乗りせずにこちらにしたのでした。
もう、マイケル・キートンがね、、とても楽しそうに悪どい乗っ取りを展開して、成り上がっていきます。

そもそも、マクドナルド兄弟が考えたファーストフードのシステム。あの、mっていう黄金のアーチのシンボルマークまで、奪いとっちゃうんだもんね。。
長年連れ添った古女房も、いい女でしたが、調子にのった、レイ・クロックは、あっさり捨てて、若くて美人で、ビジネスパートナーにもいい人妻をこれまた奪い取りました。悪どいにもほどがある。

せめて最後はいい死にかたをせずに終わってほしかったのに、、、レイ・クロックのひとり勝ちで終わっちゃうという。。
そこが、監督の狙いだし、実話だからアレなんだけど、ちょっと悔しい感じです(^^;
息子の感想は、"まがまがしかったわー。僕、当分マックとか食べんでいいわー"と。。(..)
せっかく午前中にグッドウィルハンティング観ていい気分やったのに。とか、言われてしまうという。。
残念な感想でしたが、私的にはこれはこれで結構面白かった‼️
社会に出ると、こういう人、いっぱい居るんだよ~。
っと、言うことで息子の記憶に残ればいいや。っていう、ファウンダーなのでした。
tatsutatsu

tatsutatsuの感想・評価

3.6
クロックさんは、
確かに凄い人だと思う。
まさに実業家でした。
ただ、ここまで情が無い、かつ執念で押し切るって、営業成績出ないのも納得いく。
映画自体は面白かったので、3.6です、、
aki

akiの感想・評価

-
映画としては凄い面白かった

ただとても考えさせられるというか、このコピーのフレーズがとても的を得ていると思った

「怪物」か「英雄」かなかなか悩ましい

でもエンドロール見たら本人の方がマイケルキートンより風貌は柔らかい?w

役者で言えばキングスオブサマーのお父さんとかのニックオファーマンさんがレイクロックにイライラしてる感じ凄い良かった笑

ある程度はバランスも大事なのかも?

レイクロックがあのマクドナルド兄弟にリスペクトや申し訳なさをもし持っているならまだいいんだけどもね..
日本各地どこへ行っても必ず1店舗は見つかるファーストフードの帝王マクドナルド。なぜそこまで大きく成長したのか。

それは、ディックとマックという兄弟がすばやくスムーズにお客さんに提供出来る流れ作業「スピードサービスシステム」という革新的なアイデアと家族が気軽に買いに行ける価格帯と清潔感溢れる店内とで、客が客を呼び大盛況というサクセスストーリー!ではありませんでした。

主人公はマクドナルド兄弟ではなく、レイ・クロックというシェイクミキサーの営業マン。レイは、営業マンからマクドナルドの創業者となる訳ですけどなぜ兄弟ではなく彼なのか…という実話に基づいた話です。

題材となった原作本を読んでませんが、よくここまで正直に書いたなってくらいレイは兄弟にエグい事をしてます。
とはいえ、今のマクドナルドがあるのは確実にレイ・クロックという敏腕ビジネスマンのおかげなので観た後ものすごく複雑な気持ちになりました。
ただ観て損はないです!
マクドナルドの世界で有名になった秘密、あのブランド力の秘密ロゴの秘密提供の速さの秘密の全てがこの映画に描かれている。
野望が凄すぎる!!!
kanamin555

kanamin555の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

才能があっても成功できる人、できない人がいるって写実的にわかる映画。マクドナルド兄弟がレイ・クロックに食われる感じが生々しい。