ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

3.7

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

渡部亮

渡部亮の感想・評価

3.7
胸糞悪いのも分かるけどなかなか色んな教訓が散らばってて、僕はすごく勉強になった気分。

今や老若男女が1番共通して知ってるくらいの言葉『マクドナルド』がどうのし上がってきたかの話。

先ず言いたいのは、経営者に敵が居ない状況ってほぼ無いんだなって事。表面上、経営成績が良い企業でも絶対何かしら目を瞑りたくなる状況はあるんだね。

野心家ってお人好しの部分を削る事から始まってるのかなとも思いました。

周囲で観た人が居たら、話したくなる作品。
moimoi

moimoiの感想・評価

3.1
胸くそ悪くはあるけれど、勝つ人のお手本。
マイケル・キートンが店に来たら私なら厨房には入れない。
マクドナルドの原点となったマクドナルド兄弟と、マクドナルドを乗っ取り世界有数の企業へ成長させたレイ・クロックの物語

片手で食べやすいようにバーガーのサイズを小さくし、皿を無くして包み紙のみにし、無駄ウェイトレスを無くし、商品ライナップを主力商品のみに絞る等、徹底的な簡略化によってスピード全振りなハンバーガーショップを作ったマクドナルド兄弟。
その革新さに目をつけて、マクドナルド兄弟と契約を結びフランチャイズ化するレイ・クロック。
レイ・クロックはいかにしてマクドナルドの店舗を増やしていったか、いかにして収益を最大化していったか、いかにしてマクドナルド手中に収めたか。

マクドナルド兄弟は気の毒だがレイ・クロック派かなぁ。
有能なエンジニアも野心の無い経営者の元に居たら無駄だよねーなんてことを考えながら見ました。

ちなみに、作中レイ・クロックが聞いている「The Power of Positive Thinking(積極的考え方の力)」はドナルド・トランプやシェイプオブウォーターのストリックランドの愛読書でもあるそうな。
think

thinkの感想・評価

3.2
クソすぎる(´;ω;`)
マクドナルド兄弟可愛そすぎ
でもマックが全世界に広がった事実があるからレイにも少し共感してしまう…辛い。

こんな感じの話や映画が色々あるけどもうウンザリ!
もっと別の道を探す必要がある。
マクドナルド兄弟の方が勝った場合はビックアイズに近い話になるだろう。
あれもあれで世に広める執念にかられた夫の秀でた才能を潰してる。
著察権絡みのこうゆう話にハッピーエンドはない。
裁判以外の新しい解決方法があるはずだから大学で研究しよう…早く大学生になりたい…

最初この映画はマクドナルドが作ったのだと思った(だから店舗セットもクオリティ高く作れてるんだと思って見てた)
が、後半につれてどんどんマクドナルドが嫌いになっていったので、マクドナルドはこの映画にお金を出したのか気になった…逆にマクドナルドから妨害もなかったのかな?
特典映像の会見の質疑応答でもそうゆう話が一切出てこない。気になる。
マクダナルの創設からチェーン展開までのお話。知らなかった物語を知れました。いま何気なく食べることができているマクダナルは、いやらしさと執念のたまものなんだなと。

この映画は見終わって、どういう気持ちでいたらいいのか、かなり迷った〜。

レイ・クロックがいなければ、私たちがマクドナルドを知ることもなかったけど、マクドナルド兄弟の描いてたお店かと言われると、微妙なとこ…。

ここまでの巨大企業だから、綺麗事だけではないだろうなとは思ってたけど、ハッキリ見せられると、なんか複雑。


マイケル・キートンが見事に復活したのが嬉しい\(^o^)/
つるた

つるたの感想・評価

1.6
マクドナルドは好きだけどレイは死ぬほど嫌いになった!
執念はわからんでもないけどねー
奥さんもかわいそう
人の嫁も奪って
そんな会社でバイトしてたこともあるけど
なんかいややわ
manuca

manucaの感想・評価

3.0
虚業と実業。長らくお世話になってる馴染みのお店だけに。その歴史を興味深く鑑賞しました。鑑賞後マイケル・キートンの執着心溢れる演技にドッと疲れが…。バードマンの時みたいな…。
まこと

まことの感想・評価

4.3
「答えは一つ。"執念"だ」

みなさん、マック食べてますか?
私はたぶん年に一回食べるか食べないかくらい。
ピザーラとミスドも年一回あるかないか。
たこ焼きは…三年に一回くらいかな(何の話だ)



いやー、面白かった!!!
こりゃバリバリのビジネスマンは必見だわ。
毎日世界の人口の1%が口にするというマクドナルド
あの帝国が作られるのにこんな秘話があったとは。
実話嫌いな私でもめちゃくちゃハマった。
何より、私も経営者として頭を叩かれた気がする。
もっと事業展開したい、と心の奥底にしまっておいたマグマがフツフツと沸いてきた。


私には夢がある。
今は田舎で地域医療の一端を担っているだけに過ぎないが、いつか映画館を作りたいんだ。
映画館ビジネスは斜陽産業であり、収益を出すのが難しい。
資金も潤沢に用意して赤字でもいいから自分のために、自分が観たい映画を流す為だけに作ろうと、そう思っていた。


でも、やるからにはそれじゃダメだ。
成功には"執念"がいる。

50歳までには~…なんてノンビリ思っていたけど、映画館の開業に向けて、もう少し思考を広げよう。やるからにはもっと早く。


いつか、その時が来たら私とfilmarksで仲良くしてくださってる方は招待したいな。
あ、男性は半額ね。女性は無料。
私は、女性は土俵から降りろなんてヒドイことは言わないので安心してください。
賛否両論あるけど、私はこの出来過ぎストーリーを娯楽と捉えましたよ。あれだけ揃えば誰だってやるさって感じだから娯楽。実際はだいぶ違うと思うけど。フツーに面白かったです!