ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

  • Filmarksトップ
  • ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ2016年製作の映画)

The Founder

上映日:2017年07月29日

製作国:

上映時間:115分

あらすじ

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジ…

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックは、シェイクミキサーのセールスマンとして中西部を回っていた。ある日、ドライブインレストランから8台ものオーダーが入る。どんな店なのか興味を抱き向かうと、そこにはディック&マック兄弟が経営するハンバーガー店があった。合理的な流れ作の“スピード・サービス・システム”や、コスト削減・高品質という革新的なコンセプトに勝機を見出したレイは、壮大なフランチャイズビジネスを思いつき、兄弟を説得し、契約を交わす。次々にフランチャイズ化を成功させていくが、利益を追求するレイと、兄弟との関係は急速に悪化。やがてレイは、自分だけのハンバーガー帝国を創るために、兄弟との全面対決へと突き進んでいくーー。

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

マクドナルドがマクドナルドになった瞬間。

自分の周りに当たり前にあるもがどうやって出来たのか、という話は割と好きかもしれないです。

怪物か英雄か、というキャッチフレーズは、そういうものと言ったら元も子もないですが“どっちもだよ”ということですね。観る方がどちら側かということで。

マイケル・キートンが好演していた主役のレイ・クロックという男。主人公らしからぬこの男がマクドナルド兄弟から徐々に権力を奪いながらのし上がっていく過程において、実はべつに違法なことはしてないかったりする(ように自分には見えました)。
主人公レイは普通の映画なら悪役といっていい最低な人物、ただしこの映画の中に出てくる誰よりも努力をして誰よりも根気強く仕事をしたのもまた事実。そしてそれが企業家としは正しかったから結果的にマクドナルドは世界中にあるのも事実。

登場人物達の間で、倫理っぽいものを間に挟んで2つの考え方がわざわざセリフでぶつかって火花を散らす。
つまり、この映画を観ているお前はどちら側だ?と問われているような気がして刺激的でもあり、居心地が悪くもあり、後味の悪いエンドクレジットが流れた時に自分ならどっち側だろうとやはり考てしまうような、映画でした。
ひゴル

ひゴルの感想・評価

3.8
マクドナルドをフランチャイズ化していき最後は本家まで乗っ取る男の実話。

原題は創業者(THE FOUNDER )..皮肉たっぷりなのに邦題の余計なタイトルが残念!!

マイケルᆞキートン最近熱いな..😅
「鶏が先か、卵が先か」という映画のテーマを、主人公のセールスマン時代の口説き文句に使い、映画は、その問いの解釈と同じく誰かに自分の考えを語りたくなってしまう作りになっていて、感心。
poolroomer

poolroomerの感想・評価

3.6
観終わるとこの素っ気ないタイトルの意味深さに気づく構造。調性判断の付かない無調なテーマ曲が素晴らしかった。
よくもまあ、こういう地味な話を動的に見せるのがうまいよねえ、アメリカさすが、ってかんじ。
工場の組み立てのようにロジカルに構築されたハンバーガー作りの仕組みができるまでの絵作りも巧みで、そのシーンに象徴されるように、飽きない。
主人公であるレイ・クロックの、野心家ゆえに周りを省みないクズっぷりから逃れず、美談に仕立てないドライブ感には腹立ちながら感心。
amashin

amashinの感想・評価

4.0
観終わったら久しぶりにマック食べようかなくらいの気持ちで映画館に行ったら、そんな気が全く起きないくらい強烈な作品でした。

「目的のためならどんなことも厭わない、想像を絶するえげつないやり方で競争社会を生き抜いてきたんだ」

マクドナルド社の許可を取らずにこんな映画作れるアメリカってすごいな。
現代の外食産業は、食を一カ所で効率的に大量生産するだけじゃダメで最後にチェーン全体の徹底的な最適化をしないといけない。前者が兄弟、後者がレイ。
MotoYama

MotoYamaの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

溺れるライバルの口にホースを突っ込めるか?
まじめで善良なだけでは勝てない。
夢を実現するための力強さ。

どちらがいいのか?
わからないけれど、帰り道にマックに寄った。
woos

woosの感想・評価

4.0
角川シネマ新宿にて字幕版を鑑賞。
客席は満席。
テーマは「野心、根気と信念の対決」

[全体として]
マクドナルド兄弟が作り上げた効率的にハンバーガーを提供するシステムに起業家として未来を見出してフランチャイズ化し、うまい具合に経営コンサルタントをつけて、一代にして巨大帝国を築き上げた男の話。
得てして巨大企業を作り上げる人というのは人でなしなんだろう。目的のためには手段を選ばないし、自分をよく見せる方法を心得ている。そして自分の役に立たないものは平気で切り捨てる。
但し、根気だとか一旦やると決めたことはやり切るといったことを、この人達は持っている。スティーブ・ジョブズとかもこんな感じだろう。

[良かったところ]
ハウスオブカードのフランク的な感じで、ダークヒーローがのし上がっていく描写をしっかり描けている。悪い奴なのになんでこんなに魅力的なんだろう。そんなマイケル・キートンの怪演が目立っている。とにかくサイコパスの人の演技が上手い。
主人公に気付きを与えるシーンの自然さが素晴らしい。それってすごく嘘くさいものになりがちだけど、この作品は自然だった。

[気になったところ]
結構サーっと端折ったが、自分がやっていることは不動産業であると気付かされた後の快進撃はもう少し詳しく出来なかったのだろうか。数値を入れて説明して欲しかった。
みか

みかの感想・評価

3.9
えげつないねぇ…。
でもそれくらいだから成功するのね。

日本マクドナルドのサイトのQ&Aに
「Q 世界の1号店を教えてほしい。

A アメリカのイリノイ州シカゴ郊外、デスプレーンズに1955年に開店しました。」
って書いてあったわ。創業者!