ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツの作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」に投稿された感想・評価

shinnaoki

shinnaokiの感想・評価

3.5
マクドナルドがどのように全米に広がっていったか。
驚いたのは、創業者はかなり保守的で、1人のセールスマンの勇気ある行動が会社を変えたと言うこと。乗っ取りも含めて。

すごい面白い。
rainer1978

rainer1978の感想・評価

3.6
機内で吹き替えでの鑑賞ではあったが、面白かった。マイケル・キートンいいよね。
『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』にも似た「欲望」の物語を実話ベースで描く。しかも天下のマクドナルド様についての話だから余計面白い。

マクドナルドの創立者をネットで調べると、レイ・クロックという人物が出てくる。あれ、マクドナルドさんじゃないんだ、って驚きがまずありますよね。その彼が主人公だ。
「なぜレイ・クロックの作ったチェーン店はマクドナルドという名前になったのか?」というのが明らかになるシーンがやっぱり最大の盛り上がり。マイケル・キートンの演技はやっぱ最高だな。この映画のせいでバードマンを再鑑賞しました。

話が平坦なところはあるんだけど、実話だからしょうがないんじゃないかな。結構面白いと思います。最後レイ・クロック本人が出てくるとこ好き。最高な見た目してるじゃねえか。
かーし

かーしの感想・評価

3.5
優秀なCEOにはサイコパスが多いらしい。
イーロンマスクやスティーブジョブズと同じくマクドナルドの”創業者”もその類なのだろう。
本当の創業者を札束で買い叩いたシーンで”創業者”の冷酷さと資本主義パワーを感じた。

話には聞いたことがあったがやっぱりマクドナルドは不動産屋なんですね。
土地を抑えて支配力を得るなんてよく考えるもんだなあと感心する。
”銀と金”で”土地は王様”というセリフがあった。
金も影響力も生むし僕に土地くり~。
es

esの感想・評価

-
その本質を理解していない者ほど、「愛」や「家族」という言葉をよく使う傾向があることを思い出した。
マイケル・キートンは本当にこういう役が上手い。
レイの言葉巧みに人を惹きつける様は期待と希望に溢れている。

だがマクドナルドは誰が考えたのか?
オリジナルを超えて新たに構想を練り実現したレイは正しいのか?

微笑ましく見ていられるの初めだけ。
怖い映画
最後までレイ・クロックは好きになれなかったけどマック食べたくなった
ちろー

ちろーの感想・評価

4.0
面白かったすごく面白かった。でもマクドナルド兄弟のことを考えるとなかなかない胸糞映画...。シェイクがアイスクリーム入りに戻ってよかった。
ははは

はははの感想・評価

4.0
予想してたよりもかなり面白かった。
欲しいと思ったら何でもする執念
余計なものは切り捨ててく。
なんて男だコイツはって感じ。
野心のある人間が上に立つのかー。
ただこの展開は好みだし
単純にこの時代のアメリカ雰囲気が好き。
yy22

yy22の感想・評価

-
2018 WOWOW
世界的ファストフードチェーン“マクドナルド”が誕生するまでの十数年間、創業者(ファウンダー)たちが繰り広げた苦闘を実話に基づいて描いた作品。