ミラクル・ワールド/ブッシュマンの作品情報・感想・評価

ミラクル・ワールド/ブッシュマン1981年製作の映画)

THE GODS MUST BE CRAZY

製作国:

上映時間:109分

ジャンル:

3.2

「ミラクル・ワールド/ブッシュマン」に投稿された感想・評価

filmTK

filmTKの感想・評価

3.0
サン族と呼ばれる<人間だけど"いわゆる人間"とはかけ離れている>民族の住む地に突然コーラ瓶が降ってきた。
サン族は神からの授かりものだと最初は思いそれを崇めたんだけど、その瓶が原因で今まで喧嘩という概念すらなかった民族がその瓶を奪い合い喧嘩をする。
そしてこの瓶は不吉なものとして恐れられてしまう。

この辺りのストーリーは現代社会をコミカルに皮肉していてすごくよかった。

その後の流れも悪くはないがあまり印象には残らなかった。
Bigs

Bigsの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

よくできたコメディで面白かったです!

①ニカウさんの話、②動物の研究者の話、③武装勢力の話がそれぞれコメディとして面白く作られており、常に飽きずに見れました。

ただ終盤はサン族の力を過信して、若干キコに無茶させ過ぎな気も。
ブッシュマンいいなぁ
おもろいよ あいやいやい

なんだっけ 授業で見たんだっけ?なんで知ってるんだっけ
好き!
ホンマにこういう生活してる民族が今現在おることにびっくり!
当初の題名は『ブッシュマン』だったのが、差別的だってことで『コイサンマン』に改題された作品。
冒頭で白人が捨てたコーラの瓶がコイサン族のニカウさんが拾い上げ持ち帰る。その不思議な神からの贈り物にはじめは皆感謝したが、独占欲に惑わされるものが現れ同じ部族のなかで争いが起きてしまう。そこで、ニカウさんがその瓶を地の果てに捨てに旅に出るというおはなし。
最初は異文化学習ビデオのような感じだが、途中からカルチャーギャップコメディに転換。ニカウさんの演技がコミカルで面白い。
先住民族の社会に現代文明の技術や文化が入ってきたら彼等の生活はどのように変容するかの事例として、コンパスを手に入れたことで受け継がれてきた天体観測の知恵を失ってしまった部族であるとか、時間は神から与えられたものなのだから人間がそれを刻むなどもっての他だと時計を拒絶し続けた部族の話を思い出した。
のん

のんの感想・評価

3.0

過去鑑賞記録。

当時大ブームになってテレビで観た記憶。凄い有名だったけど、タイトルに「ミラクルワールド」ってついてたの知らなかった。
ワン

ワンの感想・評価

3.0
カラハリ砂漠の上空から投げ捨てられコーラの瓶がニカウさんの住む集落の近くに落ちてきた。

神様からの贈り物と思い喜ぶニカウさんたちだったが、たった一つしかないため集落では争いの元となってしまいけんかが起こり始める。

事態を重く観たニカウさんはコーラの瓶を捨てるため遠くに旅立つ。ニカウさん版『指輪物語』。

ニカウさんの地の果てへの冒険に加えて、おっちょこちょいの動物学者、反政府ゲリラがコメディタッチで絡む。

反政府のゲリラのせいで人は結構死んだりしているのにコミカル。妙な早回しが物凄く多い。いつの時代だよ。女性を前にしてあり得ないレベルのおっちょこちょいを連発する動物学者もかなりのもの。

来日した時、ニカウさんは高見恭子に似ていると当時話題になったら気がする。
dramatsu

dramatsuの感想・評価

2.2
ニカウさん、相当前に亡くなられたそうで!知らなかった。
草原に出たきり自然死だったという。
なんて幸せな!
差別的な!なんて批判もある作品ではありますが個人的には上品なコメディだと思います。
女性の前で極端に不器用になる男と、カルチャーギャップという二つの王道コメディラインが面白い。普通に吹き出してしまうシーンもちらほら

それがまた上品なんですよね。
どう上品かってバナナの皮でこけるんですよ。それが普通に笑えちゃうんです。
そもそもコーラの瓶を捨てに行くなんて話の目的に気品があります!!
ラストのめっちゃ面白いドタバタからのキスは本当に良いシーンです。

しかしテロリストのくだりは全体的に結構退屈だったりします。
カードゲーム好きの2人は初登場から、すぐさまカードしちゃうのが楽しかったです。

あと、動物好き必見の超アニマル映画でもありますね!!!
キリンが見てる!!
面白いのは最初の20分だけでかなり残念。冒頭20分は皮肉が効いててかなり面白かったのに、そっからはほぼ蛇足。でも日本でブームになるのはなんとなく分からなくもない。コーラ瓶をオナホ代わりに使う奴が誰も現れないのが都市で暮らす現代人との大きな違いだと思った(超適当)。