そして光ありきの作品情報・感想・評価

そして光ありき1989年製作の映画)

Et la lumière fut

上映日:2023年03月01日

製作国:

上映時間:105分

4.0

『そして光ありき』に投稿された感想・評価

TenKasS

TenKasSの感想・評価

5.0

映画のないところにカメラを持ち込み、映画的なものを発生させるあるいは発見するまたは後から作り出すって感じでサイレント映画的なものへの回帰のフロンティアを異国に見出してる感が強かった。制作風景が気にな…

>>続きを読む
Momo

Momoの感想・評価

-

どんぶらこ、と川に流される食材。太鼓を使って会話をする長距離伝達、シンプルな内容かと思いきや意外と複雑な話もしており、いろんなレイヤーで音の響きを捉え、音楽と言語要素が混同することはないのかなという…

>>続きを読む

女が狩りをして、男が洗濯をするという固定観念の反転と資本主義の流入という現実。
そして落ちてくる果実しか手をつけないどこにも属さない人間の存在。

時折挟まれる字幕以外の言語は説明されないため、サイ…

>>続きを読む
gu

guの感想・評価

5.0

どうやって撮影したのか気になることだらけだ(出演者をどうやって集めたのか?乗ってたのは本物のワニ?)。冒頭から首を切断された青年がしれっと生き返り、神像に祈って雨を降らせ、怒りを込めて息を吹けば強風…

>>続きを読む
生首をくっつけると蘇る人間。
フーと吹くと人が吹っ飛ぶ。
祈ると雨が降る。
マジックリアリズム。

大木を切り落とす。自然破壊。

文明批判らしいが、退屈。

イオセリアーニやっぱりだめです。もう見ません。
イメージフォーラム
ドキュメンタリーかと思ってたけど、むしろファンタジー。
ファンタジーだけでは終わらない文明の影もありで面白かった。

冒頭の切り離された首をくっつけ蘇らせるシーンや、演者達のセリフに字幕が無いにも関わらず感情や状況が伝わるのが「これぞ映画」といった感じで最高だった。
女性陣のスタイルが良過ぎる。最後の方に出てきたロ…

>>続きを読む
zhenli13

zhenli13の感想・評価

4.2

圧倒された。セネガルの部族というモチーフをよくぞ思いついたというくらいイオセリアーニ寓話との親和性が高い。台詞に字幕が無くローマ数字付きの中間字幕が時々現れさながらサウンド版サイレント映画。多くの人…

>>続きを読む

登録忘れ。謎めいた首の縫合と蘇生に映画の奇跡を見る。
ルノワールというよりフラハティを思わせる民族的な美学へ介入してくる文明が彼らの生活を脅かし、争いの種であった(この空間には不相応な)タイヤはひと…

>>続きを読む
yuu

yuuの感想・評価

-
日頃の疲れから最後ちょっと眠ってしまいましたが、とってもおもしろかった!!
食べて眠るだけの男の登場を恋人とずっと待ってた🛌
>|

あなたにおすすめの記事