Et la lumiere fut(原題)の作品情報・感想・評価

Et la lumiere fut(原題)1989年製作の映画)

Et la lumière fut

製作国:

上映時間:105分

3.5

「Et la lumiere fut(原題)」に投稿された感想・評価

邦題「そして光ありき」
これは戸惑った…セネガル現地の小さな村の群像劇なんだけど、現地語で語られる言葉に字幕は入らない。観客は時々フランス語で差し込まれる状況説明の言葉と映像だけで物語を追うことになる。映像編集力に対するすごい自信だが、顔も区別がつかないし誰が誰かの説明も少ないしかなり混乱する。そして、あっけらかんとした村人たちと進んでいく森林伐採の対比が怖い。イオセリアーニ特集上映で観た中でも一番不穏な作品かもしれない。
村人のケンカのもととなる、車のタイヤが陸から河まで転がっていくシーンが好き。あと木のドラムで会話する場面がすごくいい。