ハレルヤの作品情報・感想・評価

「ハレルヤ」に投稿された感想・評価

ものすごいヴァンプっぷりがおがめる。
『雨』のテイストが混じってるけど信仰と本能の在り方としてはこっちの方が好きだ。
ヴィダーの描く女性像は壮絶なのが多い。

伝説的な汽車とタップのコラボも凄まじい音楽映画だが、
湿原やら川をがむしゃらに走っていくシーンが地味にスゴい。
アルバ

アルバの感想・評価

3.4
ジークがチックに誘われるシーンはまるで悪魔に誘われているよう
ジークが再び同じ状況に陥ったら、再度欲望に負ける気がする。
戦前の『ワイルド・スタイル』か!?と思いきや徐々になんか趣がかなり違ってくる
rico

ricoの感想・評価

4.2
この映画には色々な驚きが詰まっている。
後年の黒人が出てくるような映画よりも、よっぽど黒人たちの文化表現がリアルで、お母さんが歌う子守唄すらブルースのよう。
話は道徳的な故に、多少プロットに難があれども、29年にオール黒人キャストのミュージカルを作っただけでも物凄いことだと思うし、そして見たらきっと、驚くようなショットが一つはあると思う。
(トーキーオール黒人もの同時期で少し早い「ディキシー歌舞曲」もぜひみたい)

DVDには短編2本と音声解説つき。
映画「HALLELUJAH」レンタルで鑑賞。ゴスペルの原形ということで観てみました。出演者は全て黒人で、迫害シーンはありません。ミュージカルっぽいので、演技がオーバーです(笑)何度失敗しても、神さまに立ち返ることが大事ですね。