ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

緑青

緑青の感想・評価

3.9
キリアン・マーフィが出ているし、『ワルキューレ』と同じくナチスの暗殺ものだというのでいい繋がりだなと思って視聴。最後の瞳と表情が頭に焼き付いて離れない。キリアンありきの演出ですよねあれは。凄まじかった。本当に凄まじかった。
チェコってこんなことになっていたのか。私がいかに無知であったかがよくわかった。『ワルキューレ』でもあったように、「チェコはナチスに抵抗しているのだと示さなければならない」という決意に胸が締め付けられる思いがした。近代国家ってなんなんだろう。あと、彼らはロンドンの亡命政府から任務を命じられた一介の「兵士」に過ぎないという点も心に重くのしかかってくる。上層部の顔が一切見えない演出は効いていますね。現場と上層部との乖離はあったのだろうと思う。それでもなお「命じた」上層部の必死さもわからなくはないけど、これがどれほど危険で確率の低い賭けで、彼らの命がその後どうなるかは予測できたことだっただろうし、それを保護しなかったのだから、見殺しにしたも同然だろう。もとよりそのつもりで命じていたのかもしれんな。
暗殺を実行したらそれで終わりではなく、そのあとの方がずっとずっと大変だということがガッツリ描かれるのは、「歴史」「史実」をもとにする作品の最大の価値であり強みであると思います。
あと、拷問シーンが匂わせとかじゃなくえぐめに描かれていたのが辛かったんですけど、その拷問された子が潜伏先を明かす展開になって、「あぁ、観客への弁明のためにそんな痛ましい場面を長めに撮って…要らんよそんなの…責めないよその人のこと…」と更に辛くなるなどしました。一方でキリアンの相手役としてレンカの役者さんが若すぎなくて、良心のある映画だと思った。レンカさんとても好きだった。とても。

かなり忘れ難い映画になりました。映画館で見たかったです。
Alicia

Aliciaの感想・評価

4.5
戦争って人を駆り立てるのか犠牲者の数にゾッとする

終盤のシーン、キリアンの瞳が本当に綺麗…
街全体が世界遺産の古都プラハ。いつかは訪れたいと思う場所なのに、なぜ大戦の空爆を免れ中世の街並みが残っているのかも知らなかった。
鑑賞後、かつてのチェコスロバキアをお勉強するハメに。(ハイドリヒの弟がなかなか興味深い人物、いつか映画化希望)

チェコ亡命政府とイギリスにより計画されたラインハルト・ハイドリヒの暗殺計画(エンスラポイド作戦)をチェコ兵士側から描いている。
史実を丁寧になぞり、抑制の利いたトーンで物語は進んでいく。教会上部の銃撃戦は激しく、一転して納骨堂では無音に。虚無感だけが残るラストの演出が巧みだった。

ナチズムの暗部を担った重要人物を撃った功績は大きいが、報復が凄まじく代償は余りに大きい。狂気の嵐が吹き荒れた時代に、ただ溜息。
若武者

若武者の感想・評価

3.4
東欧訛り英語、強そうでカッコいい。
巨人→横浜のラミレスのユーチューブをみたら、彼のスパニッシュ訛り英語もカッコいい。トゥモローイズアナザーデイ!ゲッツ!ヨロコンデー!
アジア訛りの英語も、アルファベット読みそのままだから聞き取りやすい。みんなアジア訛りの発音で話してほしい。アジア訛りがカッコいい流行みたいの出来ないかな。カン?ハン?流も流行っているし。
というか、原題のエンスラポイドに対して、なんて情けない邦題なんだ。こんなんだと、アジア英語は流行らないぞ!配給会社よ頑張ってくれ!
Maoryu002

Maoryu002の感想・評価

3.8
第二次世界大戦中、ドイツ占領下のプラハでナチス幹部のラインハルト・ハイドリヒを暗殺しようとする人々を描いた映画。

終盤はかなり派手な銃撃戦が繰り広げられるが、全体的には抑えのきいたじっくりとした作りのせいか、異様にリアルで緊迫感のある内容だった。
戦争の恐ろしさ、悲しさ、惨さ、どの言葉でも足りない、人を悲しませる映像が後を引いた。

若い隊員のヤンが無邪気にレジスタンスの女の子との結婚をみんなに報告するも、明日をも知れない状況を理解しているみんなは誰も素直には喜べない。そんな細かな表情の一つ一つが悲壮感を高める。

そして、珍しく(?)キリアン・マーフィーが貫禄の演技を見せているのが良かった。ずっと、頼りない役が多いが、この映画ではしっかりとまわりをリードする役をこなしてたのが印象的だった。

道具や乗り物、武器など、ディテールと狭い空間での映像にこだわってるなー、と思ったら、監督はフローズン・タイムのショーン・エリスだった。なんかビックリ。こんな映画も撮るんだ。

最後に。レジスタンスのキーマンを演じるトビー・ジョーンズがいい味出してる。どうしても「小物」のイメージが強いけど、この映画では個性を最大限に魅せている。
2021-03-08 ぽすれん
舞台はプラハだが、みな英語でしゃべる
yukko

yukkoの感想・評価

3.6
フォロワーさんじゃないレビュアーさんのレビューで激推ししてたので鑑賞。
わざわざレンタルした甲斐があった。
凄まじい攻防戦。目が離せない。
気づけば凄い体勢で観ていて体中痛いよ😩💧

『誰がため』に似てた。
難儀な時代だな。関係ない人達の犬死に感😢犠牲者の驚くべき数。

死ぬ覚悟決めたレジスタンスは全うして死ねるからいいよ。本望でしょ。
でも巻き込まれた人達は?
怒りがこみ上げるな…
第二次世界大戦。ナチスドイツが占領したチェコでの実話。
報復は報復を生む。戦争に勝者はない。
邦題やジャケットから、よくある戦争アクション映画と思いきや、濃厚な戦争ドラマにびっくり。
amin

aminの感想・評価

3.9
暗殺シーン、教会立て篭もりシーン、それぞれとてもリアリティがあって良かった。渋い作品で目立ってないけど、良作です。
TJ

TJの感想・評価

4.0
邦題ははB級っぽいけど、とんでもなく良い映画
たったの7人で、国がなくなるかもといった恐怖の中、戦った人たち
どのシーンにも緊張感があって良かった
>|