ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦の作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿された感想・評価

アトミックブロンドとぶっ続けで見てしまったのでドイツ飽きしてしまった…

良い映画だとは思うがレジスタンスの思想に同調出来ず全く感情移入しないまま見てしまったので、リアリティに全振りしたムードに退屈さを感じた。
つらかった………
事実を元にした作品なのでより一層辛いですね……
邦題が覚えやすいっちゃ覚えやすいんですが、内容の雰囲気と噛み合ってないのが残念です

恋愛要素がちょくちょく不自然にはいって、ん?となった部分もありますが、恋人を思って乱れるキリアンの様子は良かったです

ラストの銃撃戦はとにかくドキドキしました
キリアンのかっこよさを味わうのによい作品だと思います。
ダサい邦題で見逃していた。

史実を知っていても手に汗握り、成功を願うばかり。
悪の凡庸さに飲み込まれていく人が多い中、どの時代、どの国にも正気を保つ人はいて、7人の死が無駄ならないように私もそうでありたい。
この時代にそんな事を強く思うとは。それも重ねてつらい。
この緊張感は良い。なかなか丁寧に描かれているのも好感が持てる。
これが史実だと考えるとだいぶ来るものあるけどな。
Taul

Taulの感想・評価

3.0
『ハイドリヒを撃て!』
『暁の七人』でも有名なエンスラポイド作戦の顛末。観客への情報は少なく裏切りもありこちらの頭と感覚もフル回転。当時のプラハにいるような緊張感。最小限で状況や気持ちを伝える演出が渋い。監督が撮影も行い手ブレはややうるさいがショットに強い意志や敬意を感じた。
Iri17

Iri17の感想・評価

2.5
全体的に単調だったのは否めないし、薄味な映画だった印象。この話は本かネットで読んで知っていたけど、本かネットで読んだ時の方が感動しましたよ。

キリアン・マーフィーとトビー・ジョーンズは安定の安心感。
ゆうき

ゆうきの感想・評価

4.0
戦争映画観るとだいたい眠くなっちゃうんだけど、ちょっと眠かったけど、キリアンやばくて寝てる場合じゃなかった。初っ端から瀕死のキリアン、安定のキリアン。てゆーか、キリアンとジェイミーの距離近過ぎない?????やばくない?????
戦争映画と言っても会話劇的な印象が強い。肝心のハイドリヒを撃つところはわりとあっさり。むしろじっくり描かれるその暗殺前と暗殺後の現実感の落差がね、とてもつらい…
ヴヴヴヴヴヴーーー
って感想しかない。
光を浴びて涙するキリアン・マーフィが神々しく美しくて余計にヴヴヴヴヴヴーーー
銃撃戦に差し込まれる乳母車の破壊力凄いよねえ
秋野

秋野の感想・評価

3.8
暗いしモヤモヤするけどそこが良い映画です

ヨゼフとヤンの関係性が好き

キリアンマーフィー凄いです
戦争映画には他の映画では出せない何かがあるといつも思う。戦争によってネジが外れた社会か、狂っていく人間か…常識を超えた史実に圧倒されるばかり。
今作『ハイドリヒを撃て!』はハイドリヒの暗殺について詳しいことはほとんど知らない頭で鑑賞。鑑賞中は身震いが止まらなかった。ナチスの行為の全てに疑問を感じたし、目をつむりたくなるようなシーンもあったけどこれが過去に実際にあったと考えるとどんなホラー映画より怖い。戦時中の愛国という言葉の怖さを思い知った。劇中にジュリアスシーザーが出るのも納得。戦争からは何も生まれないな……
>|