シャトーブリアンからの手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

「シャトーブリアンからの手紙」に投稿された感想・評価

ku

kuの感想・評価

3.7
国民も兵士もみんな人間。

内容は、1941年10月19日、ドイツ占領下のフランスシャトーブリアン郡ショワゼル収容所には、政治犯や共産主義者たちが収容されていた。17歳の少年ギィ・モケは、映画館でドイツ占領に反対するビラ配りをして捕らえられる。彼は塀の向こう側の女子収容所にいる少女オデットに恋心を抱いていたが……というもの。

ドイツ軍兵士1人が暗殺された報復に、収容所から30人選んで銃殺するという命令を出すヒトラー。その収容所に囚われているメンバーの話。これは重い。銃殺されるターゲットに子供も大人も関係ないという怖さ。そして、自分の人生がもうすぐ終わると知った人たちのリアクションをみて胸が苦しくなった。

また、この映画はドイツ軍全員を絶体的な悪というよう描き方はしていない。人を殺すことに抵抗のあるドイツ軍兵士、平和的な解決を望むドイツ軍幹部もいて、結局は人間なんだなと。

国や上司の命令に逆らえないだけで、本心は殺し合いなんてしたくないと考える兵士は多いのではないかと思いましたね😌
Hiro

Hiroの感想・評価

3.5
「シャトーブリアンからの手紙/La mer à l’aube」
ナチ占領下のフランスで、ある1人のドイツ人将校が殺された。ヒトラーは、その代償としてフランス人150人を殺害する事を要求する。その人質の中には、当時まだ17歳だった少年もいた。

何処かで、止める手立てがあったのではないかと、そう思わざるを得ませんでした。人間が、単なる数字としてしか数えられることもなく、1人の人間として生きてきたことは全て無かったかのようにされる。それが、戦争であったのだと思いました。

かなり淡々と、事実だけを描いていくので、盛り上がりとかは何も無いのですが、それが一番良かったです。変に感動させようとか、そういうものがなくて。

ドイツ人全員が、ヒトラーを崇拝していた訳ではないし、ドイツ人以外は滅べば良いと思っていた訳ではない。それでも、「何かが違う」と思いながら、正す事も、引き返すことも出来ず、ただ傍観するしかない。そんな彼らは、加害者であると同時に被害者だったのかもしれない。

「文字が書けるのなら、引き金を引ける」という台詞にゾッとしてしまった。ペンは剣よりも強し、なんて言葉があるけれど、戦場の真っ只中で何よりも強いのは、銃でしかないのかもしれない。

1人が死んだ、のと、100人が死んだ、のではどうして1人が死んだ方が身近に感じられてしまうのだろう、と思ったけれど、100人は自分に置き換えられないからなのだろうと思いました。

彼らは死んでいったのではなく、殺された。そこには、150通りの人生と、それ以上の悲しみがあった。それを思い出させてくれるのが、文学であり映画なのだと改めて実感しました。
norisuke

norisukeの感想・評価

4.5
「自分が加担していることになぜ気づかない」
「銃殺が暗殺を、暗殺はさらなる銃殺を生み、報復の連鎖にしかならない」
「あなたは何に従う?命令の奴隷になるな。良心に従え」

ドイツ将校が暗殺されたことに対する報復として、処刑されることになった27人の政治犯。彼らのもとへと訪れた神父が、処刑を命じたフランス人の役人に突きつける言葉。観る側としてこのやりとりを見守っていた私の胸にも鋭く衝き刺さる。

報復処刑という理不尽な死へと向かう人々が、最後に愛する家族や恋人に宛てて書き記す手紙の文章は、どれも気高く、美しく、心揺さぶられる。

たった4日間の出来事が、息つく間もなくスリリングに展開していく。あまりにも横暴な処刑を止めることが出来ずに、実行していくドイツ人とフランス人。新たに部隊に加わったドイツ兵が、上官から「考えることは禁止だ」と怒鳴られる。「私が大切にしていることは軍服を汚さないこと」「歴史を変えることよりも、観察者でいたい」と語るドイツ軍大尉。

シュレンドルフ監督と長く婚姻関係にあった、マルガレーテ・フォン・トロッタ監督が同じ年に発表した「ハンナ・アーレント」と主題が共通している。命令に抗えず、思考を停止し、良心の所在を見失った人々。他方、良心に従って死へと向かう政治犯が対照的に描かれる。

しかし決して過度に感傷的になることなく、淡々とした描写に徹することにより、かえって「凡庸な悪」の根深さを強烈に印象づけ、観る側の心に重くのしかかってくる。

わずか17歳で処刑されたギイ・モケが、神格化されて、フランス政治の中で象徴的に利用されているということも今回初めて知った。
若い人が生まれた時代に翻弄され、悲劇的な最期を迎えるのは見るに堪えない。
JohnNY

JohnNYの感想・評価

3.4
3.4 A
ナチス幹部の暗殺の報復として150人のフランス人が処刑されるまでの物語。それぞれの立場で葛藤があり、特にドイツに支配されているフランスの官僚や官憲たちの苦しみが強調されている。受刑者の書いた手紙が連続的に流される演出は胸を打つ。
んの

んのの感想・評価

3.5
まるで射撃訓練を楽しんでる様に!1人の代償に150人とは!
事実だけに残酷さが胸を打つ!
久しぶりにナチ関連作品。
ドイツ占領下でのフランスのお話で興味深い。

いつの時代も組織の中にも反対派はやっぱいるんだね。
…何人もの人をこんな惨虐してしまうヒトラーは異常過ぎる。頭の中や性格はどうなってしまっているんだ??
ナチス・ドイツ占領下のフランスの収容所で、見返りの処刑を受けたレジスタンスたちの悲劇を実話に基づいて描いた作品。不条理の死を迎えざるを得なかった人たちの姿が淡々と描かれていた。

殺害されたひとりである最年少の青年ギィ・モケ、フランスでは彼の悲劇的・英雄的な死は神話化されていると鑑賞後に調べて知る。その彼の処刑シーンも淡々と描かれていて、そのあっさり具合が逆に重たく、史実の目撃者にされたようで胸が締め付けられた。

「命令の奴隷になるな」

ナチス/ホロコースト関連64
ドイツ軍のすべてが絶対悪ではないという描き方。
NaThaRita

NaThaRitaの感想・評価

3.0
自首しようとした青年はどうなったん?とか
いろいろ中途半端に感じた。
つくりが雑だと伝わるものも中途半端になる。
やられたらやり返す
ヒトラーの異常で残酷な人間性が出ている

特にスリルとかは無く淡々としてる実話ベースの映画
>|

あなたにおすすめの記事