シャトーブリアンからの手紙の作品情報・感想・評価・動画配信

「シャトーブリアンからの手紙」に投稿された感想・評価

MITM

MITMの感想・評価

2.7
処刑のシーン、手が震えたー

ナチスの支配下にあったフランスは、政治家も軍人も民間人も、" 考えること" すら許されず従うことしかできなかった時代。

抵抗することもなく、脱走することもなく、家族に手紙を書いて理由もなく処刑される無実の人たちの心情って。。。

" 死に直面した時
その人間の偉大さがわかる "
ねぎお

ねぎおの感想・評価

4.0
フォルカー・シュレンドルフ監督2011年製作のドイツ=フランス映画です。
舞台は1941年のフランス シャトーブリアン郡の政治犯収容所。
収容されている中で最も若い17歳のギィが主人公と言っていいのかな。

ナチスの支配下にあるフランスで、レジスタンスがナチス将校を射殺する事件が発生。
当時、軍人が殺されたら報復で3人処刑という運用だったそうです。
ただこれは将校だということでヒトラーは150人の処刑を命じます。
その命令を巡り、様々な人物が思惑を持ちながら右往左往。そして・・。

****

フォルカー・シュレンドルフはドイツのニュージャーマンシネマを代表する監督であるんですが、そもそもフランスのヌーヴェルバーグを受けてのムーブメント、ニュージャーマンシネマはちょっと時代が後ろなんですよね。
芸術性に重きを置いた作風が特徴です
そして残念ながらこの波はうまく後世に引き継がれていないという、日本の映画業界の断絶と似た状況にあります。
他だとヴィム・ヴェンダースね。

****

ドイツと日本は敗戦国。
さらにドイツは第一次大戦でも負けて補償でボロボロ。周辺の地続きの国々に迷惑かけてますからね。向き合わざるを得ない・・。


実はこの次に製作の「パリよ、永遠に」も観ているのですけど、エンタメで誤魔化さないんです、この方。
おそらくドイツは悪いことした。しかしそこには理由や人々の揺らぎなどもあった。その普遍性をじっくりと表現するんですね。

一緒に組むスタッフは作品ごと違うようです。
映像的な諸々というよりも、本と情感と演技が、シュレンドルフの演出なんだと思います。
と言いつつ41分ぐらいのイマジナリーライン越えが面白かったですね。役者の動きと相まって計算されたカメラワーク。
しばふ

しばふの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ナチス兵に占領されたフランスシャトーブリアン郡の収容所で27人の政治犯が射殺された実話に基づく話。
共産党員がドイツ将校を暗殺する。
その報復として収容所の27人のフランス人の銃殺を命令する。
その中には殺される日に釈放予定だった少年(奥さんが前日に面会にも来ているし、銃殺される当日も最後の別れの面会もする。辛すぎる…)や、もう1人若い少年ギィもいる。

ギィは会話を聞いていて、収容所の人が銃殺されると分かっていた。
名前を呼ばれるのを待って、自分は呼ばれなかったと安堵した瞬間に呼ばれて1番その中で若くして銃殺される。

銃殺される場所へ行く前の手紙を書くシーンや、車に乗って運ばれるシーンも凄く悲しい。

連れて行かれた先では、一人一人丸太に縛って、ドイツ兵が3人で1人に銃を向ける。弾が入っていない兵もいる。誰が打った球で亡くなったのか分からないようにする為かな…
心臓に×印のシールが貼られていてそこを狙うようになっている。
全員銃殺される。打たれて地面に倒れているのにトドメを刺すためなのか(多分頭を狙って)もう一度全員打つ。
残された女の子が手紙を読んで終わる。
この映画が出来た頃は残された女の子は80代になっていて、まだ存命だったようだけど今はどうなのかな…終わった後しばらく泣いてた。
ほだ

ほだの感想・評価

3.0
実話に基づく重い作品。最後の銃殺のシーンでは、自分があの場に立ったらどんな気分だろうと感情を移入しようと試みたが難しかった。なぜ取り乱すことなく処刑台に立つのか。当時の時代背景の勉強不足が原因であるが、銃殺される27人の生い立ちの描写などがあればもっと深い作品になっただろう。淡々とした記録映画に留まったように思う。
リサ

リサの感想・評価

3.3
ユンガー役、ヒトラー最期の12日間でゲッベルスやってた一度見たら忘れない顔の人でゲッベルスとしか思えん。文人ってとこでは共通点……?
タンタンかっこいい。
淡々と進む。淡々。
Ray

Rayの感想・評価

3.1
お肉食べたい🥓

とても淡々と進む映画でした。

2020_35
やみー

やみーの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

なんとも後味の悪い作品。でも見て良かった。戦争は無駄に殺される。殺される直前の手紙を書くシーンは、知覧の特攻隊記念館で見た特攻隊員たちの手紙を思い出した。
ナチスドイツ占領下のフランスを描いた実話を基にした作品。

メルヴィルの『ベニート・セレノ(幽霊船/漂流船)』に出てくる黒人を乗せた奴隷船のスペイン人船長を指しているのであろう「幽霊船の白人船長になった気分」というフレーズが印象的だった。

傀儡政権に見放された共産主義者達、上層部からの圧迫と市民達の反乱を恐れるフランス駐在のドイツ軍司令部、暗殺を行った共産党員達、ナチスドイツの指令に反感を抱きながらも命令に従うフランス当局、命令内容に疑問を抱くドイツ兵。それぞれの視点を交えながら暗殺から処刑までの短い期間が描かれていく。

91分という短い時間で台詞が一言あるかないかのキャラクターも印象に残る描き方ができるのは監督の手腕だと思った。
yumi

yumiの感想・評価

3.2
生きたいという想い、命の尊さが伝わってくる。


*メモ
1940年、ナントはナチス・ドイツに占領された。1941年、ドイツ軍士官フリッツ・ホッツの殺害事件が起こり、その報復として48人の市民が処刑された。1943年8月16日と23日の2度に渡って、イギリス空軍の激しい空爆が行われた。1944年、アメリカ軍がナントを解放した(wiki)
カフェ

カフェの感想・評価

3.5
ユンガー役の人ヒトラー最期の12日間にゲッベルス役としてでてた人やん。


国防軍とSSの関係性が垣間見えたりと色々と勉強になった。


フランス人警官?看守?は何を思ったか、、、。

色々と辛い
>|