ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のネタバレレビュー・内容・結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿されたネタバレ・内容・結末

見にいくつもりはなかったんですが、いい評判を聞きつけて。
キリアンマーフィー演じるヨゼフの儚くて憂いのある表情が終始グッとくる。レンカを亡くし、マリーと抱き合いながら「大丈夫」と声をかけているときの泣き顔とか、終盤に追い込まれて自決を漂わす、何とも言えない表情とか。顔の造形ももちろん美しいけど、なんでこんなに表情や所作がセクシーなのかと、本筋とは違うところで頭を抱えた。
元仲間がチクってからはつらいの連続で、教会の立てこもりのシーンは息がしづらかった。決行の日の前日、緊張でパニックになるヤンをヨゼフが宥めたように、今度はヤンが別の仲間を同じやり方で落ち着かせたシーンがよかった。
全体的にどうしても暗く、ラストは自決のオンパレードでつらいけど、最後までブレのない、いい作品でした。
壮絶な暗殺作戦だった。
決行されたことによって犠牲になった人達の数が多すぎて絶望した。
しかし、もし仮に作戦が決行されなかったとしても、きっと誰か実行に移す人は後に出てきただろうし、誰かがやらねばならなかったことなのだと思う。
それでも、作戦に踏み切ったことが結果的に良かったのか、悪かったのか、判断ができない。
ヒーローはどこにも居ないと思った。

ヨゼフが自決を図る前に、レンカの幻を見たあのシーンが忘れられない。
ただただ苦しくて、辛くて、でもこれでヨゼフ達は解放されるんだと思ったら涙が止まらなかった。

これは本当にあったことで、我々は絶対に忘れてはならないし、もっと学ばなくてはならない。
良作な戦争映画だった。

ヨゼフを演じたキリアン・マーフィーの演技はさすがで、もっと彼を好きになった。
彼の流す涙はどうしてこんなに胸にグサグサ来るんだろう?
チェコは美しい街。起死回生の救出劇もないまま、淡々とした史実の映像。その人の生き様に胸をうたれた。
タイトルがだせえ。40年前のセンス。そしてハイドリヒの暗殺そのものは前振りで、どちらかというとその後の方がメイン。
逃げられない、勝てない、の状況でも戦う滅びの美学が好きな人にはたまらないと思う。たまらなかった。
アクションシーンも多くてダレずにみれた。
また、史実としてこの暗殺が歴史の礎になったことがある種の希望に感じられる。
チャーチル!チャーチル!
エンスラポイド(類人猿)作戦の見所は、ハイドリッヒ暗殺までの細かい駆け引きや人間関係の緊張感にあると思ってるけど、そこを時短ににしてしまって最後の教会での銃撃戦に重きを置きすぎて安っぽいアクション映画みたいに終わる。エンドロールも取って付けたようで、チェコの英雄に対する尊敬が全く感じられない。戦争映画はデリケートに。
字幕版を鑑賞。

前半では、重大な任務を帯びている工作員が協力者の女性達と暢気にいちゃついている等なんだか緩い雰囲気。そもそもドイツ人達はドイツ語喋っているのに、チェコ人達はみんな英語というのにも違和感があって、なんだか「チャイルド44」のような残念な映画になりそうな予感が。

ところがこの映画は、核心であるハイドリヒ暗殺計画が実行された後に、グッとテンションがあがり出す。

ナチスの反撃は、チェコのレジスタンス組織(の目線にいる我々観客)の想像を遥かに超える激烈振りで、逃亡犯がいるという噂一つでその村丸ごと消滅させるレベル。

そのあまりの苛烈さに追い詰められていくレジスタンス達には、もはや暗殺成功の達成感や高揚感も無い。

そして、終盤の教会での篭城戦における史実ならではの絶望感あふれる闘いには痺れた。
史実を元にした作品。
それだけに、最後まで救いがほとんどなく終わるし、暗殺成功もやってやった感がない。
祖国を思う気持ち、裏切り、拷問による白状と様々な人の様々な心が映し出される。
最期のシャワーシーンが美しかった。
公開前からダンケルクが注目を集めていますが、この映画も実話を基に描かれており
おすすめの1本です。

第二次世界大戦を描いた映画やヒトラーを描いた映画はこれまでにも様々観てきたが、チェコスロバキアが舞台の映画は初めてです。
知ったようでまだまだ知らなかった史実。
映画を通してまた一つ学んだ。

同盟国から見捨てられ、占拠地では殺される。レジスタンスを始め国民はもはや逃げ場がないのと同じ。
この映画ではそれぞれの‘‘覚悟’’が表情や台詞から読み取れる。
生き残れるとは多分考えていないと思う。

ついにハイドリヒを死に至らす事に成功したものの虐殺や報復は増していく。
とても虚しく本当に人間てどこまで醜い生き物なんだろうと思い知らされました。

ただ彼らレジスタンスの、犠牲となった国民の信念や命尽きるまで戦った事実は変わらない。これからも後者に伝えなければならない史実であると思う。

Twitterで見かけた投稿でバイオリン奏者の音楽に注目してる方がいて、なるほど!そんな効果もあったのか!って思った。音楽に詳しくないから映画を観ているときは、バイオリンの音色と映画の映像がどう効果を表しているのか分からなかったが、その人の感想読んで、次観るときはここも是非注目したいなって思った。

大好きなキリアンがかっこよすぎた。
カメラと人物の距離近く、見てる側がそこにいる感をすごく感じました。
そのせいで、とにかく銃がめちゃくちゃ恐い、拷問もめちゃくちゃ恐い、戦争ほんと恐いと。

チェコ、ドイツのどの立場でも、戦争は始まると、ほんと止める方に向かうの難しくて、誰も止められなくて、行くとこまで行ってしまうんだと思わされた。

暗殺成功しても、逆に大勢の人殺されるけど(ジュリアスシーザー)、でも暗殺したから同盟国に入れたことになるから意味あったとも言える話になってて、戦争になったら全員にとっても良い選択なんてないんだと、戦争始めたら終わりなんだなと。
これはホントに観てよかった…。

ナチスのナンバー3、ハイドリヒの暗殺作戦。占領下にあるチェコでの7人の兵士の計画実行とその後。チェコやポーランドは受難の国…とは知ってたけれど、史実の詳細は知らずで、余計に祈るような気持ちで鑑賞。

序盤から、あれ?英語だ、ドイツ語でもチェコ語でもない?と思ったんですが、もしかしてチェコ語は禁じられていたのでは、と思い当たってなんとも言えない気持ちに。

ヨゼフとヤンが絵になる俳優さんなのもあって、ホントに入り込んでしまった。息を潜めて観ていたし、終盤はずっと泣く寸前みたいなへんな呼吸になりました…。

こんなに胸が苦しくなる重たい「Good Luck」聞くことある?という感じだし、「自分用に1つ残しておけ」も泣きそうだった。
拷問シーンは直視できないので、目を伏せましたね…

ハイドリヒが即死でなく病院で亡くなったのは、知らなくて、せめてヨゼフが少し救われた気持ちになったのならいいな、と思いました。

あの教会で散った7名を思うと、いろいろ勉強したくなったな。

あと、どうでもいいことだけど、ヤンとヨゼフって名前多いんですね、て静寂なエンドロールみながらふと思ったり…。
>|