ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のネタバレレビュー・内容・結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿されたネタバレ・内容・結末

ナチに占領されたチェコにおいて愛国者によるナチの重鎮ハイドリヒの暗殺までの切ないストーリー!
当たり前すぎて気づかない自由。
権力者にすべてを委ねたら、いつのまにか自分たちの都合のいい法律で我々を監視される社会にならないように考えさせられるお薦めの作品だ。
318(55)

ウゥ………すごく辛い……
暗殺直前に4人がバラバラになってからハイドリヒが現れるまでの緊迫感がすごい。
そして後半は涙が止まらなかった…


「戦争を題材にした映画の邦題は信用してはいけない」とゆう教訓が自分の中にあって、今回はまぁハイドリヒを撃て、までは別にいいんだけど(もちろん原題が一番)、最後のビックリマーク!がいらなかった……そんなテンションではない……「撃て!」って勢い持って熱い心で言える程彼らだって強くはないんだよね…祖国の為未来の為自分の命を賭して戦いに来てるけど出来る事なら避けたい選択肢だってあるし、愛する人を失うのは辛いし、死ぬのも怖い。それでも最後まで戦わないといけない、そうゆう人間的な部分を「!」がぶち壊してる気がする。


拷問描写が目を背けたくなるくらいに残虐非道だったけど、フィクションでも脚色でもなく実際に行われてたってゆうのが恐ろしくて仕方ない。それでもレジスタンスの為に口を割らなかった隠れ家の奥さんの最期が本当に辛かった。そして息子のアタ…彼に至っては年齢的にも母親の立場的にも、祖国のためにどう生きるかを自分で決める選択肢すら無かったんじゃないかなと思う……ヴァイオリンを練習してるアタの姿を思い出すとまた泣けてくる……
もちろんドイツ軍に屈しなかった人達は本当に勇ましいと思うんだけど、でもハイドリヒ暗殺に猛反対してた人も作戦に来なかった彼も、消して弱い訳ではないんだよね……地図から祖国が消えるって想像もつかないくらい恐ろしいし、作戦に来なかった彼がレジスタンスを裏切ったのも家族と自分を守る為だし…しかもそのせいで元の仲間とその協力者達が殺されていく様を目の当たりにしたらまともな精神では生きていけなさそう……


そしてヨゼフとヤン……
彼らがチェコに来るまでの経歴が劇中では全くわからないんだけど、ハイドリヒ暗殺の前夜に不安で動揺してしまうヤンをヨゼフが落ち着かせる様とか(この時ヨゼフにしてもらった事を後になって若い軍人にも同じ事してたのが、あの時ヨゼフにかなり救われたんだろうなってわかってかなり良かった。)レンカの訃報を聞いて取り乱したヨゼフをヤンが抱きしめる様とか、きっとこの2人はお互いがお互いの精神安定剤だったんじゃないかって気がする。だから教会でヨゼフがヤンの身を案じて姿の見えないヤンの名前を叫んだ時はもうね……そして銃撃戦が止んだ時の全てを悟ったかのようなヨゼフの表情……号泣ですよね…………

あとキリアンがめちゃめちゃめちゃめちゃ美しくて、それ故に余計胸がえぐらた……
ラストシーンのキリアンの青い瞳が頭から離れない。ハイドリヒの前に立ちはだかった時のキリアンの表情、最高にかっこよかった…………
実際に起こった出来事も勉強したし、Lidiceにも暗殺部隊が最後にこもった教会にも行ったけど、やっぱり彼らが歴史上の人物じゃなくて実際に生きた人間だってことが映画だと実感できた
バイオリン少年の拷問シーンがとても辛かった
苦しく辛くなる映画だとわかっていたけれど…覚悟を決めて観た。「手紙は憶えている」を観たときも心底打ちのめされたが、その時はDVDだったからまだ耐えられたのかも。今回は映画館で観たので、あまりの恐ろしさ惨たらしさに耐え切れず目を覆うシーンがいくつかあった…。
ラストシーン…レンカが光の中から現れた時の胸に迫る美しさ。私は涙を抑えることができなかった。まるでお伽話に出てくる美しい女神様が湖から現れるかのような、異次元空間…。
見るに耐えない残酷なシーンが容赦なく続くけれどそれが現実。そして現実はさらに酷いんだ。生きている人間が一番怖ろしいって真実だ。
この映画を作ってくれたことに感謝します。
マリー役の役者さん、ウィノナ・ライダーにそっくりでびっくり。
それにしても、この邦題はひどすぎる。これ決めた人、本当に観たの?
映画館で観れて良かった!
第二次世界大戦、ナチス占領下のチェコプラハでナチス第3の男、ハインリヒの暗殺計画を実行しようとする男達と、それを支えていた人達の実話に基づく話。
暗殺計画実行へ向かう前の葛藤や心情をリアルに描きながら、常に密告や正体がバレるのではないかという緊張感と裏切り者がいるのではないかという不安感を煽りつつ、そこに男女の恋愛要素を加えることでよりドラマティックな仕上がりになっていた。
そして暗殺計画実行後の怒涛の展開には目を背けたくとも背けられず、圧倒された。
観終わって改めてナチスの残忍さに戦慄し、あまりの犠牲の多さに本当にこの計画をやるべきだったのか…疑問に思うところもあったが、もし無かったらより多くの犠牲者が出ていたかもしれない。彼らの犠牲が意味のあるものであったと思いたい。
高校生の私には難しかったです。
ハイドリヒを暗殺する為に主役の2人を匿った家族がめちゃくちゃ可愛そうでした。

最後にみんな自決する為に青酸カリを飲んで死んでゆく所が胸が痛いです。
ヨゼフ役のキリアン・マーフィとヤン役のジェイミー・ドーナン、2人ともとっても素敵なんですけどとっても素敵でした♡なんて感想書けるような優しい映画ではないです。

誰がためを観た時にも思いましたが、彼らは決して冷淡な暗殺者ではないんですよね。人を殺すことに葛藤を抱いている。
息が早くなるし、手だって震える。撃たなきゃいけない、それでも撃てなかったりもする。
それぞれにプラハでレンカ、マリーという美しい女性と出会い惹かれていく様子や、かつて一緒に訓練を受けた仲間や同じ便で来た同志との再会に表情が和らぐシーンに彼らの人間味を感じます。そんな彼らの幸せを思わず祈ってしまいますが、タイトルの通りハイドリヒを撃ちに行く2人。

ヨゼフとヤンの暗殺は失敗したかに思われました。しかし搬送された病院でハイドリヒは死亡します。でもハイドリヒ暗殺の成功を誰一人喜ばない。何故ならすでにナチによるチェコへの恐ろしい報復が始まっていたから。
人質にされそうになったレンカは殺され、小さな村がひとつレジスタンスを匿ったからと消され、プラハでヨゼフとヤンを匿ってくれていた家族が襲われる。ここの家族の息子であるアタの拷問シーンが本当に辛くて…肉体的な拷問の辛さも勿論ですがヴァイオリニストを目指していた彼の指を潰したり、自殺した母の生首を見せつけられたり、精神的にもかなり辛い。このシーンが観ていて一番辛かったです。

ヨゼフとヤンは他のパラシュート隊と一緒に教会に逃げ込むのですが、ナチはここに攻め込んできます。
見張りに立っていたヤン達がナチに気づいた頃には遅く、地下に隠れていたヨゼフ達に知らせることなく見張りの3人だけで抵抗します。
その銃撃戦を地下で聞くことしかできないヨゼフ。銃撃が止み、ヤン達が死んだことを悟ります。ここでナチは引き返すのかと思いきや、暗殺実行犯のヨゼフがいないことに気付き地下にホースで大量の水を注ぎます。更に地下への道をこじ開け地下へと侵攻。

最後の水浸しになりながら銃を頭に当てようとするヨゼフが本当に美しくて、キリアン・マーフィのあの美しい瞳を最大限に生かしたシーンだと思うんですけど、ただそんなこと言ってられないくらい重く苦しいものを胸に残す映画でした。
キリアン目当てで。
概ね実話通りで初めから悲劇的な結末が見えているうえに、予想以上にナチスの報復パートが長くて、キリアンに見とれてなければ最後まで見届けるのがしんどかった…逆に言うと美しい人は存在だけで残酷なものに目を向けさせてしまうのですごいと思いました(感想が小学生)
キリアンの佇まいや抑制の効いた演技や品のある物腰はプラハの石造りの古い街並みに似合いすぎて本当に本当に様になるし、プラハの街を見下ろすたくさんの聖像たちは出来事の顛末の無慈悲さを煽る救わない神でしかなく、悲しさと美しさの同居する作品でした。
第二次世界大戦下、チェコスロバキアを守るべく奮闘するスパイ達を描いた物語です。冒頭の「この作品は実話である」という文が印象的で妙に心に残っています。
印象的なシーンはラストのハイドリッヒの暗殺に成功した主人公一行が教会に立てこもり、最後の抵抗を試みる場面です。ドイツ軍の水責めにより命は尽きてしまうものの彼らの業績はチェコの自由化に直結し、歴史の裏舞台でこんなエピソードが展開していたと思うと鳥肌が立ちます...!
モタモタ感がある暗殺シーンはキリアン・マーフィーのキャラクターに合ってる。

あと、あのヴァイオリンくんはリトル・ランボーズのあの子だよなぁ
大きくなったなぁ