ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のネタバレレビュー・内容・結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿されたネタバレ・内容・結末

壮絶でした!
ナチス占領下のチェコ。
そこに降り立つ任務を受けたパラシュート部隊。
周りはナチスばかり。
チェコ人もナチスがかけた賞金で誰が敵になるかわからない。
そんな緊迫感のあるシチュエーションが前半続いていく!

キリアン・マーフィ演じるヨゼフは冷静に任務を進めていこうとし、ジェイミー・ドーナン演じるヤンは少し甘く人間くささを感じるのだが、現地での恋愛を通じてヨゼフもだんだんと甘さや人間くささが出てくる。
恋愛の話はつけた話かもしれないけど、上手くその辺の描写を作れた設定だなと思えた^_^

そして、暗殺決行!
まさかの銃不発(゚o゚;;
これ、完全に面白くする演出やと思ったんですが、事実通りらしい( ゚д゚)

そして、様々な人が彼らをかくまいながら死んでいく(T-T)
捕まった人々の拷問シーンはかなりひどいことをしていたのだと目を背けたくなる。

そして、ラストの銃撃戦!
かなり長い銃撃戦だがかなり見応えがあった!
事実では6時間も続いたというからびっくり!

事実であるのが驚きの映画でした!
とにかくこの映画を見ると戦争は絶対ダメだと改めて思います!
こういう作品て軽々しく面白かったとか好きだったとか言えない。

いや すごく好きだったんだけど、いわゆる「戦争を知らない世代」である私は、戦争を描いた映画を楽しむことに対してとても複雑な気持ちになってしまう。

始まり方も最後の教会での攻防、自決のシーンも演出がエモーショナル。光と影が美しい。キリアン・マーフィーの研ぎ澄まされた彫刻のような横顔に目が奪われる。

彼らの目的は大量虐殺者を倒すことなのに、その正義のために大量に人の命を奪わなければならなくて、なんというか、月並みな感想だけど 戦争は誰も幸せにしないんだなと思った。


あと個人的な話だけど 最近好きな作品にばかりあたって採点が甘くなってる気がする…
映画と思えない緊迫感があります。ラスト30分、「自分のために1発とっとけ!」この台詞に泣けました。
円盤が届いたので久しぶりに観た!
ずっと美しいキリアンマーフィーに人間味あふれるジェイミードーナン。やはりこの映画、素晴らしすぎる!
というわけで、2回目観た時の記録引っ張り出してきたので載せときます。

------------

この映画で唯一ほっこりしたところが任務後にキリアンが走ったところ!走れないって散々ネットでバカにされてたけど走ってたよ!!おねえさんかわいかったよう。

予告見直しててすごいイケメンがいるって!思ったらオパルカだった。オパルカさんのことちゃんと認識して見てたらめちゃくちゃイケメンの上官だった。最期のシーンがたぶん1番衝撃的な人。演じてるハリーロイドは博士と彼女のセオリーにも出てたらしい。ホゲェ。また見なきゃだ〜。

任務に失敗して雨に打たれてチュルダに問い詰めるシーンぐらいからヨゼフの任務第一主義がガラガラと崩れていく感じがする。終わったらのことも無理やり考えんようにしてたけど失敗して終わってしまって生きている自分はこれからドイツからの報復に立ち向かわなければならない。もうどうにもならんからどうにでもなれって感じの笑い顔を作るようになるんですよね。服装もキチッとしたスーツからゆるっとしたシャツとニットのアウターになって。その服装が本当に好きなんですけども。レンカが殺されたってのを聞いてより虚無の部分が深くなって言われるがままただ逃げるヨゼフの後ろ姿が辛い。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
2回目見終わってからwikiのエンスラポイド作戦のページを何回も何回も読み直してた。すごく史実に忠実に作られてる。理解が深まる感じが好き。
結局アタとアタパパがどうなったかがどこにも書いてなくて、気になって調べたけど全然出てこない。でもたぶん収容所か処刑やったんかなあ。結局ハイドリヒが死んで解決したことは何もなかった感じやからな〜。
あとヤンとブフリークとオパルカが上で攻防のち殺されたって書いてたねんけど映画では自決しててどっちがほんまなんかな。上の攻防でヤンがブブリークのことを落ち着かせようとする姿ウワアアってなるねん。ここまで一緒にやってきたヨゼフと最後一緒に戦えない、自分がしっかりせんとって姿がぐうううってくる。
教会での攻防て実際は6時間あったらしくて30分でも息詰まってるのに6時間て!!無理だ…ヨゼフの気持ちを考えてわたしが死ぬ。ヤンが自決するために弾をこめるところで手があんまり震えてないってのがもう息が止まる。
ㅤㅤ
ヤンが自決した瞬間のヨゼフ、というかキリアンの目ががほんまにすきで。任務とか兵士とかチェコ人とか全部どっか行ってて、ヨゼフ自身が感じてる何か重くて暗くて絶望感に満ちているものがみてる側までスーーッと染み込んでくる。キリアンの顔にだけちょっとだけ光が当たってて光とは対局にあるものがそこにはあって。この映画で1番好きなところ。というか、(そこまで数多くないけど)今まで観た映画の中でもっともすきなシーンと言ってもいいかも。ここの場面のために2時間見てる感ある。
ずっと続いてた銃声が止んで、自分は地下でその瞬間を待つしかなくて、音が止むってことは戦いが終わったってことで、戦いが終わったってことは仲間がみんな死んだってことで。すぐに全部を悟るけどそれでも何か落ちてくる音があるかもしれないと耳をひそめるけどあの小さく乾いた銃声以降聞こえてくる音は何もなくて、それでもとなにかを拾おうとする。けど追いついてくるのは現実ばかり。
初めは声荒げて加勢してドイツ兵と戦う!!って言ってたそんな強い気持ちなんかもうどっかいっててあぁ…終わってしまった…ってそれだけなんですよね。そっから最後までほぼキリアンの独壇場なんですけどはやく終わって欲しいけどずっとキリアンのこと見ていたくてでも苦しんで姿見たくなくて見たいけど見たくないシーン。ここほんま延々語れる。チェコ行ってこの教会見に行きたい。空気感とか自分で体感してみたい。

ハイドリヒを撃てはダンケルクと違って人に焦点を当てた映画。ドイツ兵もバンバン出てくる。ドイツ兵が死ぬことなんて何でもないことかのように戦地に入ってくるのってすごくチェコ側からの見方だなあっていう発見。突撃することに躊躇いがないし撃たれたらまた躊躇いなく次が入ってくる。でもドイツ兵だって人間だからいろいろ葛藤あったんだろうなぁ。ハクソーリッジで日本兵がバイオハザードのゾンビみたいって思ったを思い出した。あれは特に敵側が日本やったから気づけたこと。連合国側からみた戦争映画を見ることが多いから枢軸国からのもちゃんとみたい。
☆2017-105

2017.11.26 劇場:字幕

ハイドリヒ暗殺の史実に基づく映画。構想15年で挑んだ作品。

鑑賞直後は放心状態。暗殺作戦自体よりも、作戦決行のその後のナチスの報復の方がかなり壮絶で、直視できませんでした。

生々しい拷問シーン、壮絶な籠城戦。生きて最後まで戦うと軍人の使命を全うし自決していく姿を見るのは本当に辛かったです。

月並みな表現ですが、多くの犠牲の上に今の平和があることを痛感する作品でした。
観てから「この邦題で良いのか!?」となった作品。原題通り「Anthropoid」で良かっただろうと思う。なんというか、失礼かとは思うけれど感嘆符付ける作品では無い印象。

「愛国者なら国のために命を落とす覚悟が必要だ」と言い、ヤンの婚約にも冷たく反応するヨゼフには「仕事人だな〜」とか思っていたけれど、ヤンが怯えた時は宥めて勇気付けてくれたり、レンカの死に叫んだりとどうやっても普通の人である面があって切なくなる。
それにしてもヨゼフに励まされたヤンが逆にヨゼフを励まし、またヤンは共に闘う仲間をヨゼフが自分にやったように支えてたのが胸熱 彼らの過去は分からないけれど、仲間同士支え合ってるのが心にくる

「息子は関係ないと伝えて」と言うモラヴェツ夫人の愛、それが通らない社会の厳しさ。この家族のシーンが一番精神的にキツい。
それとアタの拷問場面が史実通りってのもショックで、しかもこういった拷問はこの時代世界各地で普通に行われていたかもしれない、というのも心苦しい。当たり前の幸せすら奇蹟に等しい、そんな時代の上に今の時代はあるんだなあ

参戦も出来ないまま、地下で仲間の死を悟ったヨゼフの頬を涙が伝うシーンの美しさ、いっとう穏やかな表情で銃を構えるヨゼフの瞳の美しさ…
どのシーンも美しかったけれど作戦決行時に車の前に立った姿は時間が止まったと感じたぐらい衝撃的。キリアン・マーフィーが好きで本当に良かった。
ナチに占領されたチェコにおいて愛国者によるナチの重鎮ハイドリヒの暗殺までの切ないストーリー!
当たり前すぎて気づかない自由。
権力者にすべてを委ねたら、いつのまにか自分たちの都合のいい法律で我々を監視される社会にならないように考えさせられるお薦めの作品だ。
318(55)

ウゥ………すごく辛い……
暗殺直前に4人がバラバラになってからハイドリヒが現れるまでの緊迫感がすごい。
そして後半は涙が止まらなかった…


「戦争を題材にした映画の邦題は信用してはいけない」とゆう教訓が自分の中にあって、今回はまぁハイドリヒを撃て、までは別にいいんだけど(もちろん原題が一番)、最後のビックリマーク!がいらなかった……そんなテンションではない……「撃て!」って勢い持って熱い心で言える程彼らだって強くはないんだよね…祖国の為未来の為自分の命を賭して戦いに来てるけど出来る事なら避けたい選択肢だってあるし、愛する人を失うのは辛いし、死ぬのも怖い。それでも最後まで戦わないといけない、そうゆう人間的な部分を「!」がぶち壊してる気がする。


拷問描写が目を背けたくなるくらいに残虐非道だったけど、フィクションでも脚色でもなく実際に行われてたってゆうのが恐ろしくて仕方ない。それでもレジスタンスの為に口を割らなかった隠れ家の奥さんの最期が本当に辛かった。そして息子のアタ…彼に至っては年齢的にも母親の立場的にも、祖国のためにどう生きるかを自分で決める選択肢すら無かったんじゃないかなと思う……ヴァイオリンを練習してるアタの姿を思い出すとまた泣けてくる……
もちろんドイツ軍に屈しなかった人達は本当に勇ましいと思うんだけど、でもハイドリヒ暗殺に猛反対してた人も作戦に来なかった彼も、消して弱い訳ではないんだよね……地図から祖国が消えるって想像もつかないくらい恐ろしいし、作戦に来なかった彼がレジスタンスを裏切ったのも家族と自分を守る為だし…しかもそのせいで元の仲間とその協力者達が殺されていく様を目の当たりにしたらまともな精神では生きていけなさそう……


そしてヨゼフとヤン……
彼らがチェコに来るまでの経歴が劇中では全くわからないんだけど、ハイドリヒ暗殺の前夜に不安で動揺してしまうヤンをヨゼフが落ち着かせる様とか(この時ヨゼフにしてもらった事を後になって若い軍人にも同じ事してたのが、あの時ヨゼフにかなり救われたんだろうなってわかってかなり良かった。)レンカの訃報を聞いて取り乱したヨゼフをヤンが抱きしめる様とか、きっとこの2人はお互いがお互いの精神安定剤だったんじゃないかって気がする。だから教会でヨゼフがヤンの身を案じて姿の見えないヤンの名前を叫んだ時はもうね……そして銃撃戦が止んだ時の全てを悟ったかのようなヨゼフの表情……号泣ですよね…………

あとキリアンがめちゃめちゃめちゃめちゃ美しくて、それ故に余計胸がえぐらた……
ラストシーンのキリアンの青い瞳が頭から離れない。ハイドリヒの前に立ちはだかった時のキリアンの表情、最高にかっこよかった…………
実際に起こった出来事も勉強したし、Lidiceにも暗殺部隊が最後にこもった教会にも行ったけど、やっぱり彼らが歴史上の人物じゃなくて実際に生きた人間だってことが映画だと実感できた
バイオリン少年の拷問シーンがとても辛かった
苦しく辛くなる映画だとわかっていたけれど…覚悟を決めて観た。「手紙は憶えている」を観たときも心底打ちのめされたが、その時はDVDだったからまだ耐えられたのかも。今回は映画館で観たので、あまりの恐ろしさ惨たらしさに耐え切れず目を覆うシーンがいくつかあった…。
ラストシーン…レンカが光の中から現れた時の胸に迫る美しさ。私は涙を抑えることができなかった。まるでお伽話に出てくる美しい女神様が湖から現れるかのような、異次元空間…。
見るに耐えない残酷なシーンが容赦なく続くけれどそれが現実。そして現実はさらに酷いんだ。幽霊より化け物より生きている人間が一番怖ろしいって真実だ。
この映画を作ってくれたことに感謝します。
マリー役の役者さん、ウィノナ・ライダーにそっくりでびっくり。
それにしても、この邦題はひどすぎる。これ決めた人、本当に観たの?
#Filmarks2017