ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦のネタバレレビュー・内容・結末

ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦2016年製作の映画)

Anthropoid

上映日:2017年08月12日

製作国:

上映時間:120分

3.9

あらすじ

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハ…

第二次世界大戦直下、ナチスはヨーロッパのほぼ全土に占拠地域を広げていた。ヒトラーの後継者と呼ばれ、ナチス第三の実力者であるラインハルト・ハイドリヒは、ユダヤ人大量虐殺の実権を握っていた。イギリス政府とチェコスロバキア亡命政府はハイドリヒ暗殺計画を企て、ヨゼフ(キリアン・マーフィ)、ヤン(ジェイミー・ドーナン)ら七人の兵士の暗殺部隊を、パラシュートによってチェコ領内に送り込む。ヨゼフとヤンはプラハの反ナチス組織や家族と接触し、暗殺計画を進めていく。ついに無謀なミッションは実行されるが、ハイドリヒ襲撃に憤慨したナチスは常軌を逸する残虐な報復を始める―。

「ハイドリヒを撃て!「ナチの野獣」暗殺作戦」に投稿されたネタバレ・内容・結末

最後の、キリアン・マーフィの青い瞳が忘れられない。戦った7人に思いを馳せる一方で、それでもエンドクレジットの5000人という表記に統計的な感慨しか浮かばない自分が悔しかった。

『ハイドリヒを撃て!』とか『ヒトラーの忘れもの』とかさあ、よくまあそんないい加減なタイトルが毎度思い付きますよねと感服してる。こんな切実な作品に対して、センスがないなんて次元ではなく、失礼だと思うんですけど。
とても良かった

役者さんそれぞれ個性があり最後本当に自殺してほしくないと思いながら観れました

ハイドリヒを撃てと言う題名なので暗殺して終わりかと思いましたが、そこから暗殺した関係者や本人達がどのような結末を迎えるのかまで描いており、なかだおれせず鑑賞することができました
最後の銃撃戦が本当に辛かった。良い意味でもう見たくない笑 1番最後のキリアンズルくないですか?白い光が差し込んだ時に映る青い目が綺麗すぎて余計に悲しかった。ジェイミードーナンは文句なしのかっこよさ。
ただ、拷問シーンがエグくて苦手な私はずっと目つぶって下向いてた。
ラストに向けての緊迫感。
例えNo.3と言えども、1人倒すための代償デカすぎないか?と思いながら見ていた。

追い詰められる中、観ていてこちらも身体がこわばってしまった。

一度見放してパラシュート部隊と5000人以上もの人の死をもって再び振り向いたイギリスっていったい。。。
 ナチスナンバー3の高官を暗殺を計画実行する人たちの話。

 ナチスに立ち向かった決死部隊の人たちの活躍を描いていてクライマックスの銃撃戦の迫力も緊迫感いっぱいで凄かったです。ハイドリヒを暗殺しようとする計画やその実行、またその後の非情な運命など歴史の勉強としても良い映画だったと思いました。

 映画自体はやたらと静かで暗い作風なのと主人公2人くらいしか判別できずにクライマックスで1人また1人とやられていっても正直誰が誰だかわからず、エンタメ映画としての面白さがイマイチ感じられなかったです。クライマックスの銃撃戦も重装備のナチスがばかの一つ覚えのバンザイアタックの繰り返しで、わらわらと撃たれていくだけでナチスってこんな特攻精神の持ち主なのかなと疑問に感じてしまう銃撃戦でした。あとは、目的であるハイドリヒ自体が最初のテロップだけで全くと言っていいほど描かれないので歴史的背景がわからないとどれだけ大変でどれだけ憎むべき人物なのかがわからないのもカタルシスが得られにくいのも個人的には乗り切れなかったです。

 1人の高官を暗殺することがはたして正しいことなのかというのを映画の後半を見て考えてしまう映画で勉強になりました。
好きなシーン
・レジスタンスの母親の最期
・息子への拷問
・教会での銃撃戦
壮絶でした!
ナチス占領下のチェコ。
そこに降り立つ任務を受けたパラシュート部隊。
周りはナチスばかり。
チェコ人もナチスがかけた賞金で誰が敵になるかわからない。
そんな緊迫感のあるシチュエーションが前半続いていく!

キリアン・マーフィ演じるヨゼフは冷静に任務を進めていこうとし、ジェイミー・ドーナン演じるヤンは少し甘く人間くささを感じるのだが、現地での恋愛を通じてヨゼフもだんだんと甘さや人間くささが出てくる。
恋愛の話はつけた話かもしれないけど、上手くその辺の描写を作れた設定だなと思えた^_^

そして、暗殺決行!
まさかの銃不発(゚o゚;;
これ、完全に面白くする演出やと思ったんですが、事実通りらしい( ゚д゚)

そして、様々な人が彼らをかくまいながら死んでいく(T-T)
捕まった人々の拷問シーンはかなりひどいことをしていたのだと目を背けたくなる。

そして、ラストの銃撃戦!
かなり長い銃撃戦だがかなり見応えがあった!
事実では6時間も続いたというからびっくり!

事実であるのが驚きの映画でした!
とにかくこの映画を見ると戦争は絶対ダメだと改めて思います!
こういう作品て軽々しく面白かったとか好きだったとか言えない。

いや すごく好きだったんだけど、いわゆる「戦争を知らない世代」である私は、戦争を描いた映画を楽しむことに対してとても複雑な気持ちになってしまう。

始まり方も最後の教会での攻防、自決のシーンも演出がエモーショナル。光と影が美しい。キリアン・マーフィーの研ぎ澄まされた彫刻のような横顔に目が奪われる。

彼らの目的は大量虐殺者を倒すことなのに、その正義のために大量に人の命を奪わなければならなくて、なんというか、月並みな感想だけど 戦争は誰も幸せにしないんだなと思った。


あと個人的な話だけど 最近好きな作品にばかりあたって採点が甘くなってる気がする…
映画と思えない緊迫感があります。ラスト30分、「自分のために1発とっとけ!」この台詞に泣けました。
円盤が届いたので久しぶりに観た!
ずっと美しいキリアンマーフィーに人間味あふれるジェイミードーナン。やはりこの映画、素晴らしすぎる!
というわけで、2回目観た時の記録引っ張り出してきたので載せときます。

------------

この映画で唯一ほっこりしたところが任務後にキリアンが走ったところ!走れないって散々ネットでバカにされてたけど走ってたよ!!おねえさんかわいかったよう。

予告見直しててすごいイケメンがいるって!思ったらオパルカだった。オパルカさんのことちゃんと認識して見てたらめちゃくちゃイケメンの上官だった。最期のシーンがたぶん1番衝撃的な人。演じてるハリーロイドは博士と彼女のセオリーにも出てたらしい。ホゲェ。また見なきゃだ〜。

任務に失敗して雨に打たれてチュルダに問い詰めるシーンぐらいからヨゼフの任務第一主義がガラガラと崩れていく感じがする。終わったらのことも無理やり考えんようにしてたけど失敗して終わってしまって生きている自分はこれからドイツからの報復に立ち向かわなければならない。もうどうにもならんからどうにでもなれって感じの笑い顔を作るようになるんですよね。服装もキチッとしたスーツからゆるっとしたシャツとニットのアウターになって。その服装が本当に好きなんですけども。レンカが殺されたってのを聞いてより虚無の部分が深くなって言われるがままただ逃げるヨゼフの後ろ姿が辛い。
ㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤㅤ
2回目見終わってからwikiのエンスラポイド作戦のページを何回も何回も読み直してた。すごく史実に忠実に作られてる。理解が深まる感じが好き。
結局アタとアタパパがどうなったかがどこにも書いてなくて、気になって調べたけど全然出てこない。でもたぶん収容所か処刑やったんかなあ。結局ハイドリヒが死んで解決したことは何もなかった感じやからな〜。
あとヤンとブフリークとオパルカが上で攻防のち殺されたって書いてたねんけど映画では自決しててどっちがほんまなんかな。上の攻防でヤンがブブリークのことを落ち着かせようとする姿ウワアアってなるねん。ここまで一緒にやってきたヨゼフと最後一緒に戦えない、自分がしっかりせんとって姿がぐうううってくる。
教会での攻防て実際は6時間あったらしくて30分でも息詰まってるのに6時間て!!無理だ…ヨゼフの気持ちを考えてわたしが死ぬ。ヤンが自決するために弾をこめるところで手があんまり震えてないってのがもう息が止まる。
ㅤㅤ
ヤンが自決した瞬間のヨゼフ、というかキリアンの目ががほんまにすきで。任務とか兵士とかチェコ人とか全部どっか行ってて、ヨゼフ自身が感じてる何か重くて暗くて絶望感に満ちているものがみてる側までスーーッと染み込んでくる。キリアンの顔にだけちょっとだけ光が当たってて光とは対局にあるものがそこにはあって。この映画で1番好きなところ。というか、(そこまで数多くないけど)今まで観た映画の中でもっともすきなシーンと言ってもいいかも。ここの場面のために2時間見てる感ある。
ずっと続いてた銃声が止んで、自分は地下でその瞬間を待つしかなくて、音が止むってことは戦いが終わったってことで、戦いが終わったってことは仲間がみんな死んだってことで。すぐに全部を悟るけどそれでも何か落ちてくる音があるかもしれないと耳をひそめるけどあの小さく乾いた銃声以降聞こえてくる音は何もなくて、それでもとなにかを拾おうとする。けど追いついてくるのは現実ばかり。
初めは声荒げて加勢してドイツ兵と戦う!!って言ってたそんな強い気持ちなんかもうどっかいっててあぁ…終わってしまった…ってそれだけなんですよね。そっから最後までほぼキリアンの独壇場なんですけどはやく終わって欲しいけどずっとキリアンのこと見ていたくてでも苦しんで姿見たくなくて見たいけど見たくないシーン。ここほんま延々語れる。チェコ行ってこの教会見に行きたい。空気感とか自分で体感してみたい。

ハイドリヒを撃てはダンケルクと違って人に焦点を当てた映画。ドイツ兵もバンバン出てくる。ドイツ兵が死ぬことなんて何でもないことかのように戦地に入ってくるのってすごくチェコ側からの見方だなあっていう発見。突撃することに躊躇いがないし撃たれたらまた躊躇いなく次が入ってくる。でもドイツ兵だって人間だからいろいろ葛藤あったんだろうなぁ。ハクソーリッジで日本兵がバイオハザードのゾンビみたいって思ったを思い出した。あれは特に敵側が日本やったから気づけたこと。連合国側からみた戦争映画を見ることが多いから枢軸国からのもちゃんとみたい。
>|