ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:110分
    監督
    オリヴァー・ヒルシュビーゲル
    脚本
    レオニー=クレア・ブライナースドーファー
    フレート・ブライナースドーファー
    キャスト
    クリスティアン・フリーデル
    カタリーナ・シュットラー
    ブルクハルト・クラウスナー
    あらすじ
    あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

    「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・評価

    Guy
    -
    ナチに立ち向かう闘志
    自白剤を摂取させるシーンがやばいです
    hiroki
    -
    エルザーは本心かは分からないが拷問尋問の果てにナチスを受け入れ自らの処刑を望む。オーウェルの1984そのまんまだ
    Naok
    3.7
    WOWOWにて。
    nonta
    5.0
    ゲオルクの生き方、考え方が好きすぎる。

    こんな時代に生まれてしまったことを呪うしかない。
    でも、神はなぜ、この人を産み落としたのか。
    なんとなく分かる気がする。

    魂の次元が違う。
    結局正しい人は辛い目に合うよなぁ
    拷問がとてつもなく痛々しかった
    ユダヤ人の話とかヒトラーの話とか薄い知識しかないけれど充分わかった
    蟻
    3.0
    家具職人がヒトラー暗殺を企てる話。

    実話系。ヒトラー自身はほとんど出番がなく、ヒトラーを取り巻く環境をうまく作品にしてる。
    主人公がエルザーでヒロインがエルサってややこしいんじゃ。
    田中元
    3.3
    『ワルキューレ』なんかよりよほど真摯な作りでナチ政権下の雰囲気を感じられますが(まだ深刻に受け止められてない感じも含め)、タイトルはこれじゃないと思う。
    TSUTAYAで借りたDVDで観賞。

    【あらすじ】
    1939年、ヒトラー暗殺未遂事件が発生。実行犯として捕らえられたのは家具職人ゲオルク・エルザーだった…。

    題材は良いのだが、人妻好きで赤色戦線戦士同盟に入隊していている主人公を平凡な一般人とは思えず、なかなか共感できなかった。
    暗殺の動機が曖昧だったのが残念。時代背景も簡単な台詞でしか説明されていないので、歴史の知識が無いと難しいかも。
    >|