ヒトラー暗殺、13分の誤算の作品情報・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:

上映時間:110分

3.4

あらすじ

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限…

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・評価

atom

atomの感想・評価

3.7
タイトルに興味を持って鑑賞。たった13分の誤算で1人の青年の人生が大きく変わったのが描かれていた。拷問のシーンが見ていられないほど辛かった。
タイトルほどじゃない。
普通に暗殺に失敗しただけ。
ミドル

ミドルの感想・評価

3.9
あの時代、ヒトラーに抵抗するには、あまりにも敵が多すぎた。
もし、計画が成功していたら世界はどう変わったのか?
第2次世界大戦は、それでも起こったのか…?
DVDで。

拷問がある現在パートと暗殺計画に至るまでの過去パートが交互にくる構成は見やすかった。

ひとりで起爆装置作れるのすごいな。
拷問シーン痛そう 13分の誤算がなぜ生まれたか的な映画やと思って見たけど、13分の誤算でヒトラー暗殺を失敗した人の一生の
話やった まあ映画っぽくておもしろい
Yasu

Yasuの感想・評価

4.0
実話に基づいた映画です。ヒトラーの暗殺を綿密な計画を立て一人で実行した以上に世間の風潮に迎合せず自身の考えを信じて行動した主人公のエルザーに敬服です。良い映画でした。
Oliver

Oliverの感想・評価

3.7
同胞であっても自分の信念を曲げずに、命を賭けて間違ったことを食い止めようとしたある家具職人。彼の勇気ある行動により、ヒトラーのいない世界に変えることができたかもしれないと思うと、運命とは残酷な気がした。

何故その想いに至ったのか、彼の生い立ちを振り返りながら少しずつパズルのピースがはまっていくようだった。
abemathy

abemathyの感想・評価

3.5
食べ物や映画で甘く誘っては民衆を絡めとり、従わない者は暴力で制する。そうやって独裁政権が戦争へと進む様子が苦しかった。
暗殺は褒められたことではないけれど、自分の信念に従って生きる主人公の姿に考えさせられるものがあった。
Yuya

Yuyaの感想・評価

2.8
やっちまった…
忙しなさに引きずり回されーの
辛うじて映画観賞に漕ぎ着く日々を繰り返しーの
レビューが滞りに滞りーの
タイトルと内容の認識の不一致によりーの
久々に"二度観"の悪癖が再発ってなオチ!
"忘備録"としてこそが このアプリ利用の唯一の理由だってのにさ…

八つ当たりさせてもらえるなら
大体さ ナチス関連の映画ちょっと多過ぎちゃうの?そりゃ大事な教訓ではあるんだけどさ
"ハーケンクロイツ"のジャケットが多過ぎて 観た事あんのかないのか いっつも混乱するんだよね

まぁ 内容はこれもまた歴史に埋もれていた新たな英雄の物語なのかもしれないけど ただ自由を尊び ただ間違いを否定するだけの勇気が こんなにも蔑ろにされていた時代では どれだけの名も無き有志が命を落としていったか 想像もつかないし きっと今日も世界のどっかでは起きている事実なのかもしれない…

回想場面を交互に切り取る事で 革命家のそれとは違う あまりにも普通の青年としての側面が垣間見える事に 一層の無念さを覚えてしまったなぁ
言ってしまえば 歴史なんて数多の誤算が重なり合って 色濃くなった部分だけが後世に語られるものなんだろうね
きょん

きょんの感想・評価

3.4
ヒトラー暗殺を企てた家具職人であるゲオルク・エルザーに焦点を当てた作品。
計画をし爆弾を作り仕掛け爆発させるという作業をたった一人でやったというその事実に驚く。
捕まり拷問されるシーンと過去の日々が明と暗で繰り返し映し出され、ゲオルクの心情が痛いほど伝わってくる。
事実だから仕方ないけれど、拷問シーンを始め最後まで暗く辛い。
>|