ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:110分
    監督
    オリヴァー・ヒルシュビーゲル
    脚本
    レオニー=クレア・ブライナースドーファー
    フレート・ブライナースドーファー
    キャスト
    クリスティアン・フリーデル
    カタリーナ・シュットラー
    ブルクハルト・クラウスナー
    あらすじ
    あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

    「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・レビュー

    おば
    おばの感想・レビュー
    6時間
    3.0
    観たかったのと、少し違ったので退屈に感じました。
    この映画は暗殺劇を描くのではなく、暗殺しようとした人は、このような人です。といった感じの映画でした。

    少し退屈です。
    Tetsuya
    Tetsuyaの感想・レビュー
    3日
    2.0
    邦題から誤算した13分間のストーリーが細かくスリリングに描かれると思っていたが
    逆に冒頭の13分程度でその描写は終わってしまい
    その後はエルザーの心象の変化が展開されるが
    それも薄っすらとぼやけたものに感じてしまう
    HIDESHI
    HIDESHIの感想・レビュー
    3日
    -
    ヒトラーが最も恐れた暗殺者は、平凡な家具職人だった。
    miyu
    miyuの感想・レビュー
    4日
    3.7
    凄い事だと思った。
    この当時のドイツにいて、プロバガンダに侵されず、全体主義の波に飲み込まれ事なく、自分だけで考えて実行した事に、驚いた。。。

    本当にこの事実は、衝撃だった!
    KENTA
    KENTAの感想・レビュー
    6日
    1.7
    実話を元にしており、現実味があった。
    marumame
    marumameの感想・レビュー
    2017/05/18
    3.5
    単独犯とは思えない爆弾の威力と計画性に自白しても信じてもらえず拷問がひどくなるのは見るに耐えなかった。
    この時ヒトラーが暗殺されていたら歴史は変わったんですかね……。
    俺は悪いことをした…正しいことをしていたなら成功していたはずだ…ゲオルク・エルザーの言葉がとてもやるせない。
    べらし
    べらしの感想・レビュー
    2017/05/16
    2.9
    「属性やイデオロギーで人を定義してくるナチズムに対して主人公がそれらを超越し真の自由な一個人として正義に目覚める過程」を描きたかったんだろうけどその過程の説得力が弱く、イデオロギーに絡めとられている人に見えてしまった



    映画としてこれはかなり苦しいのでは
    露草
    露草の感想・レビュー
    2017/05/16
    3.7
    残酷
    この一言。希望は見えても見せるだけ、それは手に入らず手に入れさせない。
    正義とは何か…答えの出ない答えを探してしまう本作
    apomelvie
    apomelvieの感想・レビュー
    2017/05/14
    2.0
    良さが全くわからなかった.....
    ABB
    ABBの感想・レビュー
    2017/05/13
    4.0
    実話が元になってるから、映画全体が超絶リアル。
    >|