ヒトラー暗殺、13分の誤算(2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:
  • ドイツ
  • / 上映時間:110分
    監督
    オリヴァー・ヒルシュビーゲル
    脚本
    レオニー=クレア・ブライナースドーファー
    フレート・ブライナースドーファー
    キャスト
    クリスティアン・フリーデル
    カタリーナ・シュットラー
    ブルクハルト・クラウスナー
    あらすじ
    あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

    「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・レビュー

    李嬢
    李嬢の感想・レビュー
    9時間
    4.1

    うわぁ…ってなるよーな拷問
    あと13分早かったらほんと色々変わってたんやろなー

    信念のある強い人
    ip
    ipの感想・レビュー
    10時間
    4.0
    大胆かつ信じられない犯行に及ぶ人はごく普通の、あるいはむしろよくできた人だったりする。

    彼のやったことは目的は未達成だったとはいえ多くの人命を奪ったテロ行為。しかし彼の精神だけは、今や英雄である。
    体制に反発すればいいってものじゃないけど、異常なものは疑問に思える少数派であることは勇気がいる。時代に悪と扱われてしまうから。

    半世紀遅れで愚かな歴史を繰り返そうとする国にも、現代のエルザーがいると思いたい。
    カワニシ
    カワニシの感想・レビュー
    1日
    3.6
    集団心理の恐ろしさを感じた。
    近代史の実話は個人的に惹かれる。
    邹启文
    邹启文の感想・レビュー
    3日
    3.7
    シーンのつなぎ、上手、教科書みたいなつなぎ、つまり新しさがない
    RAN
    RANの感想・レビュー
    4日
    -
    邦題にしては珍しくタイトル訳が良いのでは。
    はりぼー
    はりぼーの感想・レビュー
    2017/03/17
    3.3
    記録
    totoya
    totoyaの感想・レビュー
    2017/03/16
    3.0
    これは、歴史に興味がない人は寝てしまうであろう作品…
    NoMoviesNoLife
    NoMoviesNoLifeの感想・レビュー
    2017/03/15
    1.5
    あと13分早ければヒトラーが暗殺されてたかもしれないのに………
    ユダヤ人は大量虐殺されずに済んだかもしれないのに………

    実話をもとにした題材で面白いんだけど、尋問と平凡な日常の繰り返しだけで退屈。
    jj
    jjの感想・レビュー
    2017/03/13
    3.7
    暗殺失敗により尋問を受ける主人公がそれに至るまでの回想を挟みながら描かれる。黒幕の存在を疑うゲシュタポは単独犯行であることを信じない…

    主人公は自由に生きたかった。
    愛する人と一緒に。

    人種、思想、宗教の差別
    戦争に突入しようとしているドイツが間違った方向に向かってることに危機感を抱く主人公にナチスは被害妄想と一蹴することに唖然とする
    ぉぬ
    ぉぬの感想・レビュー
    2017/03/12
    -
    想像してたテイストと違ったせいか、物語の情緒についていけなくて、なんとも...。
    まずドイツ映画なんだ!ってことを強く意識してみるべきだったかも。
    主人公の印象と性格(行動)が自分の中で合致しなくて戸惑った。
    >|