ヒトラー暗殺、13分の誤算の作品情報・感想・評価

ヒトラー暗殺、13分の誤算2015年製作の映画)

Elser/13 Minutes

上映日:2015年10月16日

製作国:

上映時間:110分

3.4

あらすじ

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限…

あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった― 暗殺者の正体は、ただの平凡な家具職人だった。 動機は?黒幕は?なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は真実を封印したのか? 今、明かされる<普通の男>の生きざまに魂が震える感動実話。 1939年11月8日、ミュンヘンのビアホールで恒例の記念演説を行っていたヒトラーは、いつもより早く切り上げた。その直後、ホールに仕掛けられていた時限爆弾が爆発、ヒトラーが退席して13分後のことだった。 その日のヒトラーの予定を徹底的に調べあげた計画は緻密かつ大胆、時限装置付の爆弾は精密かつ確実だった。ゲシュタポ(秘密警察)の推理は単独犯はありえない、イギリスの諜報員の仕業だと睨んだが、逮捕されたのは、ゲオルク・エルザー36歳、スパイどころか田舎に住むただの家具職人の単独犯行だとわかった。にわかには信じられない彼の供述―それを知ったヒトラーは、決行日までの彼の人生を徹底的に調べるよう命じる・・・。

「ヒトラー暗殺、13分の誤算」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

一般人によるヒトラー暗殺
結局未遂になんだけど…。

拷問と過去の行ったり来たり

射殺される少し前にゆっくり歌うあのシーン。
今までは感情があまりこもっていなく淡々と進んでいったけど、あのシーンは…。
誤算ってのはよくわからなかったけど、あの時代に自分がおかしいと思うことを壊そうとした人がいたんだって知った
平凡な男がなぜ ヒトラーを暗殺しようと考えたのか 、、、
拷問シーンが過激(><)
切身

切身の感想・評価

3.5
やはり、13分の誤算ってあたりが素人なんだろう。

しかしまぁすごい職人だ。
ここまでの技術と人を愛せる力があれば、時代が異なっていればちがう意味で活躍できたろうに…。
めぐ

めぐの感想・評価

3.6
13分のズレが無かったらどうなってたかは誰にも分からんけど、本当に違う世界になってたんやろうな…
kohei

koheiの感想・評価

3.0
普通。

主人公のすごさをあまり感じない。
KICCO

KICCOの感想・評価

3.0
色んな苦しさがあるよね
しゅう

しゅうの感想・評価

3.4
時代背景からゲオルクの生活と、考え方は推察できるものの、いまひとつ暗殺の動機が伝わらなかった。
愛する人や家族もいたのに、危険をおかしてまで暗殺の計画を立て、それを実行したのか、その理由がとても大事なだけに、残念だった。

あと、13分の誤算もよく分からなかった。
何の計算違いで、13分ずれたのか、そこもまた重要なのに、焦点が当てられずじまいで、色々と腑に落ちない点が多かった。

んーむずかしい
もこ

もこの感想・評価

3.7
あと13分早ければ歴史は違ってた
>|