ヒトラー暗殺、13分の誤算の作品情報・感想・評価・動画配信

『ヒトラー暗殺、13分の誤算』に投稿された感想・評価

けん

けんの感想・評価

2.8
たまたまNHKでやっていたので見た。歴史の闇の部分を知る上では非常に良い映画だとは思うが、あまりにもしんどかった。
三四郎

三四郎の感想・評価

1.0

主人公ゲオルク・エルザーに全然共感できない!
ただの女たらしで特に共鳴しているわけでもないのに故郷の友人たちと同様に「赤色戦線戦士同盟」(共産党の戦闘部隊)に入隊。ドイツの労働者階級では普通のことな…

>>続きを読む

タイトル通りにヒトラー暗殺を目論んだが、13分のためだけに失敗してしまう。
それを冒頭に提示し、なぜこうなったのかが語られていく。

この構成は正しいと思う。
というのもヒトラーが自殺したというのは…

>>続きを読む
ここ

ここの感想・評価

2.9
当時のドイツ国内でのストーリーがよかった。ユダヤ人視点が多いので、
終戦間際に処刑されるなんて、あまりにも惨すぎた。
ナチスは悪だが、共産主義も悪、どちらも個人崇拝で権力が集中すれば、ろくなことがない。
今のナカ国、日本共産党を見れば一目瞭然だ。
Nihura

Nihuraの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

映画的にはちょっと退屈。
けどその分盛り過ぎてなくて良いのかも。

なぜネーベが処刑されたか分からず、
「シュタウフェンベルク大佐」でググりました。
映画的に盛るとしたら、エルザーに感化された描写を…

>>続きを読む
siyo

siyoの感想・評価

-
【映画で戦争を知ろう】サスペンススリラー風な邦題だけど、実際は反体制のひとりの男の人生譚。拷問シーンもあるのでなかなかヘビーです。
Ryan

Ryanの感想・評価

3.6

13分の誤算



ストーリー
あと13分演説を続けていれば、ヒトラーは殺され、世界は変わった。暗殺者の正体はただの平凡な家具職人だった。動機は? 黒幕は? なぜヒトラーは彼を生かし続けドイツ国家は…

>>続きを読む
回想シーンが好きだった。それと拷問されているシーンの落差が大きくてやられてしまった。主人公ゲオルクの自由を奪うものと戦う様子が良かった。
nya

nyaの感想・評価

-

「日常」が壊されていく描写が辛かった。技術が発達して「日常」が充実していったと言われても、それは「彼にとっての日常」を破壊されていたんだなって。「全部ヒトラーのおかげ」だった時に、「日常」と「自由」…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事