聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

熊平

熊平の感想・評価

3.0
聖なる鹿、で観てみました。

原題も「The Killing of a Sacred Deer」でまんま「聖なる鹿殺し」です

魔少年ビーティーに出てきそうな感じ悪い少年に家族をぐちゃぐちゃにされる心臓外科医のお話です。ビーティーも鹿も出てきませんがとても面白かったです。

一歩間違えると爆笑シーンになりそうな感じや、よく考えると無理やりで納得いかないことが多いですが、そうならないのは役者の力量によるところが大きいのでしょうか。監督の手腕でしょうか。
シバ

シバの感想・評価

4.0
不思議な世界観

意味不明にも思えるけど、何故かすんなりと受け入れられる
細かい映像の表現や行動の描写を考えるさせられる場面も多いけど、不思議と違和感は感じられなくて、考える事は無意味にも感じた。
TOKO

TOKOの感想・評価

3.8
最初から心をざわつかせる効果音(BGM?)が、最後まで断続的に続き、不穏な空気が流れていた。映像もうんと引いてみたり、びっくりするほどの大きな音楽が流れたり、不気味な作品だった。観ているこっちが追い詰められそうだった。
orangeloop

orangeloopの感想・評価

3.6
亡くした父親とスティーブン
重ねているような仕草
纏わりつくマーティンは
少しだけ会いたいとか
決して悪意を感じさせない
普通の会話過ぎて
うっかり気を許してしまう

マーティンの
反らさない不気味な目線

何かが命令してくる
押し寄せる危険に
急激な胸騒ぎ

まだ幼い息子ボブの足が動かない

西洋医学では説明できない
黒魔術でもない
固く溶けない呪い

究極の決断を迫られて
身が裂かれるような苦悩

マーティンが神様の言葉のように言う
真実に近づきつつある

虚しく鳴り響く銃声
回るロシアンルーレット

復讐だけが慰めとなる
幸せを取り戻したい

「籠の中の乙女」と同じで
強力なアイロニー
壮重な音楽がスティーブンの
命を扱う軽薄さを感じさせるようで

ラストの怨んだ者と
怨まれた者たちが通った闇
少しだけ挿しこんだ灯りの
間を交差する

その静寂は忘れられないかも
マーティンもマーティンの母親も思考から何までキモくて良かった
hine

hineの感想・評価

3.0
SEが過剰のように感じてあんまり集中出来なかった、故の感想は、胸糞悪さはすごいけど、呪いのような不可視のものの介入の描き方に少しずつ無理があるような気がした。何かベースになってる寓話的なのがあるのかも?調べようと思う。
Michael

Michaelの感想・評価

3.4
色々理解できなかった!笑
バリーコーガンは素晴らしかった(故にイライラした笑)
すごく好きな胸糞の悪さ。バリー・コーガンがとにかくうまい。コリン・ファレルを電話で呼びつけるときの話通じなそうなやばい感じが怖くてよかった。
歪んで揺れている

映像も音も心も、狂気そのもの。
究極の選択を迫られると人間はおかしくなっちゃうんだよ

胸がキリキリして痛い
るな

るなの感想・評価

4.0
邦題というか日本版タイトルロゴ「聖なる"鹿殺し"」になってるじゃんだめじゃん
考察サイトとか見てたら監督が「この映画はコメディ」って言ってた記事があった 嘘つくな~
>|

あなたにおすすめの記事