聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価(ネタバレなし)

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

ナツキ

ナツキの感想・評価

3.6
スパゲティを食べるシーンが見たくて、やっぱりそこに良さが詰まってた。後味悪くて好き。
不穏な雰囲気ではじまり不穏なまま終わっていく作品。鹿殺しってそういうことか…救われないし、マーティンは一体何者?

それでも映像はすごく好きだった。裕福な家庭が舞台ゆえに、住居やインテリアも洗練されているし、青い目やそばかすなどナチュラルな雰囲気で美しい子どもたち。その洗練さの中に流れる不協和音の音楽。そのギャップが美しかった。

ちょっと冗長だけど、不思議な魅力があった。
H

Hの感想・評価

-
2回ぐらい見たはずだけどマークしてないってことは最後まで見切れてないのかもしれない。一応記録
misato

misatoの感想・評価

3.3
家族にもマーティンにも全然謝らない父、
歩けなくなってるのに泣いたりしない子供、
子供はまた産めるし、死んでも仕方ないよねっていう母、

ぜんぶ不気味でした笑
mitugu

mituguの感想・評価

3.5
バリー・コーガン演技うますぎ。。。
あんな気持ち悪い役演じれるんだね。
そして君は何をしてがしたの?
方法が謎。。。

奥さんの一言も恐怖だったな。
私たちならまた子供を産める。
seuyu

seuyuの感想・評価

-
・生贄の選択
・「聖なる鹿」、アウリスのイピゲネイア、なるほど(メモ)
・繰り返される悲劇。終わりのない悲劇。
・空気感(美しい)
・徐々に追い詰められていくあの感じ、いいね。
・気色悪いしぞっとするものだね(人間とは)
・大体みんな問題があるものだよ(人間だからね)
窓

窓の感想・評価

3.6
怪演がすぎる、、

観た直後の第一印象は、で?、という感じ
よくよく考えてみるととても気持ちの悪い映画
そしてあまり腑に落ちない

私を選ぶな、と媚びる姿は本当に見苦しい
でも、常に漂う気持ち悪さ、不幸さはとても好き
違和感を、違和感と自然に感じてしまうカメラワークと演出がさすがだなぁと思う

この家族にはまだなにか起こりそう、、
mizuho

mizuhoの感想・評価

4.0
ずっとヒリヒリするような画面が続いて、台風の夜に鳴る風のような音がぐるぐる追いかけてくる。不穏で、冷たくて、痛くて、恐ろしい。なにこれ。2時間ずっと恐ろしい。何か怖いのか分からないのが一番恐ろしい。
2MO

2MOの感想・評価

3.7
人間のグロテスクな本性と、世の不条理の条理をまるで無感情に鳥瞰する神の視点。あるいは悪魔の冷徹な眼差しに平伏す人々の異様な、滑稽な。しかし全く笑えない薄ら寒さが終始、画面を支配し続ける。

「イピゲネイアの悲劇」をモチーフに、その“メタファー”によってのみ構築されるストーリーテリング。
神話的な整合性の元に閉じられた不条理劇の、西洋的な、それこそ父権的な“正義”の論理に窒息しそうなほどの。
よ

よの感想・評価

3.5
臓器スタートは思わず二度見した。
映像と不穏な音楽が相まって、映画全体がとにかく不気味に仕上がっていた。
スパゲッティの食べ方……🍝

視聴を終えて考察サイトなどを見に行ったが、なるほど面白い。
初見では普通のホラー映画として楽しめて、背景を知った2度目はより深く楽しめるだろう。
>|