聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価・動画配信

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

あらすじ

みんなの反応
  • 不気味で恐ろしい家族の物語
  • ヨルゴス・ランティモス監督の不条理で不穏な作品
  • バリー・コーガンの天才的な演技
  • 効果音的に不協和音のような音楽が使用されている
  • 不気味で気持ち悪いが、面白い作品
この情報はユーザーの感想を元に自動生成しています

『聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア』に投稿された感想・評価

BGMうるさすぎ、先行しすぎで押し付けがましい不安描写。

ストーリーも好みではなかった。
あじぽ

あじぽの感想・評価

2.0

映画観るコンディション整えてからじゃないと観れない予感がしてたから、万全に整えてから観たつもりだったけど、意味があるようなないようなやりとりが多くて、集中力途切れた。二時間がだるい。ぐるぐるばーん、…

>>続きを読む

あるギリシャ神話をベースにしているという。最初から気持ち悪い映画。
終盤のぐるぐるどっかん、彼は狙って撃ったのではと思わせる。

次のランティモスは「籠の中の乙女」いってみようと思う。

2024,…

>>続きを読む
はじめからマーティンの顔がなんか不気味で不吉だ大丈夫かいなと思って観てたら、マーティンが1番ホラーな映画でした。
ニコKは不幸な妻役が似合うの〜(^^)

この映画
ホラーそしてミステリーとしては
TOPなんじゃないかと思う((*゚Д゚)ゞデシ!
冒頭ゴットハンドと呼ばれるコリン・ファレルの外科医の心臓🫀手術のシーンリアル過ぎる
その外科医はある人物…

>>続きを読む
koyo

koyoの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

ヨルゴスとバリーコーガン合う〜〜〜

目には目を歯には歯を、ハンムラビ法典の縮図。「あなたは僕の父を殺したから、あなたの家族を1人殺さなければならない。選ばなければ自分以外の家族全員が死ぬ。」さあ、…

>>続きを読む
ずっと気持ち悪い。
音楽も不穏。
バリーコーガンの絶妙な気味の悪さ。
この気持ち悪さがくせになる。
おもぢ

おもぢの感想・評価

3.0
何にも解決しない映画
主人公サイドを狂わせる加害者の少年、てな感じで見えるけど、全部主人公の自業自得なんよな
邂

邂の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

OPから強烈
「ベルトは皮より金属を使え、皮より金属の方が優れている」
「好きな物は最後に残しておく」

演技が淡々としてて自然
場面が急に変わる切り替わるの良い
性描写多め(全身麻酔プレイ…)
イ…

>>続きを読む

うーんむ
不気味で薄気味悪い映画でした。

個人的には
ボブの顔が
シャイニングのダニーっぽく感じたし、
ニコールキッドマンのあの雰囲気は
アイズワイドシャットの奥さんぽいし、
不穏な音楽の雰囲気も…

>>続きを読む
>|

あなたにおすすめの記事