聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な二人の子供に恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。しかし、彼らの特権的な生活は、ある少年を家に招き入れたときから奇妙なことが起こり始める。子供たちは突然歩けなくなり、目から赤い血を流す。そしてスティーブンはついに容赦ない選択を迫られることになる…。

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

shuwaach

shuwaachの感想・評価

3.0
気持ち悪い、帰りたい、そんな性癖あるんかい以外の感情がなくなる
sena

senaの感想・評価

-
目には目を、歯には歯を。
支配するものと、支配されるもの。

元々ちょっと苦手なバリーコーガン君の顔が余計に苦手になった・・
kaede

kaedeの感想・評価

3.5
サイテー最悪、、こんな気分が悪くなるような映画を見たのは初めて。不気味な雰囲気を独特なカメラワークと音楽で誇張していて見終えた後は本当に疲れた。でもここまで人の気持ちを揺さぶれる映画はすごい!!ストーリーとしては人間の汚い部分がドロドロと出てきて最悪なんだろうけど、映画としてはたぶんもう見ることはないけど、素晴らしい!!演出がとっても好きでした。
3

3の感想・評価

3.8
始まった瞬間からマジもんのドックンドックンしてる剥き出しの心臓であまりに生々しすぎて目覆っちゃったんだけどそこから始まった二時間ずっと釘付け
心臓外科医という絶対の神様みたいな職業のくせになんだか軽薄な主人公
娘に冷たい母親、息子に冷たい父親、犬の視線から媚びへつらった末に殺される、しかもたぶん贄は最初から決められてた
大量の精液にビビって逃げた話を勝手に自白して終わっただけになっちゃったの笑っちゃったんだけどよく考えると二人とも性的トラウマを抱えてるんだな
何回でも観直したいので早くDVDになってほしい
この監督の映画は自分の中で「笑ったらいけない」みたいなスイッチ入れたら爆笑してしまいそうなシーンを絶妙なバランスでもって最高に気持ち悪く不穏に見せてくれて凄い 大好き
籠の中の乙女、ロブスターと違ってゴリゴリにサイコホラーという感じだったけど面白かった
あとクソ真面目な翻訳が気持ち悪さ助長してよかった
riku

rikuの感想・評価

4.5
個人的には好きな部類。が、とことん見ている側を厭な気持ちにさせるサイコスリラー。監督は『ロブスター』のヨルゴス・ランティモス。主演はコリン・ファレル。

ファレル演じる外科医家族は幸福な日々を送っていたが、ある少年の介入がその日常を破壊していく。

息子が歩行困難になり、さらには摂食障害。原因を調べるファレルと妻のニコール・キッドマン。しかし、ふたりを嘲笑うかのごとく娘にまで同じ症状が。その背後にファレルが「ある理由」から気遣う少年の影がチラつく。

古代アテナイのギリシア悲劇の三大詩人、エウリピデスの『アウリスのイピゲネイア』を基に物語を構築。ディストピア映画『ロブスター』を撮った監督がさらにその先に進んで家庭内ディストピア映画を放った感じ。「愛」を追求したのが『ロブスター』であれば、本作は「生」を意識した流れになっている。そのために生贄を捧げることが代償となるのだが。

ファレルの「瞳」の演技も素晴らしいが、キッドマンの「瞳」もまた後半から変貌し、印象深い。また、娘の初潮や少年の喫煙などが「大人」というパーツになっており、おかげで出てくる大人はみんな揃ってクズである。

困惑、嫌悪感の上に荒唐無稽な話とも捉えがちな内容だが、冒頭から息を殺して見ることになる緊張感がたまらない。
背骨

背骨の感想・評価

4.2
序盤から始まる「なんか変だ」が徐々にストーリー全体に蔓延し、いつの間にか出来上がる不条理な世界観。

とても信じる事も受け入れる事も出来ないものに少しずつ侵され洗脳されていく一家。

1番まともだと思っていた人が、実は知らぬ間に権力者に精神を完全に支配されていたという感じが堪りません。
「全身麻酔(というマニアプレイ)」
「跪いて足の甲へキス」

《この世で最も美しい命乞い》

最後に残るのは理性ではなく、生への渇望とその状況から逃げ出したいという本能だった。

人間の本能。それも誰もが心の奥底に抱えているであろう負の部分ばかりが剥き出しにされる人間の本質を抉りにくる傑作。

近年では最高のニコール・キッドマンが見れて幸せだった。
そしてなにより彼女の鍛え抜いた腹筋と広背筋をご堪能下さい。
4343

4343の感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

どえらいものをみた。
もう初っ端から不穏。
マーティンとスティーブとの会話にまず違和感があって2人とも、特にマーティンの表情の動きの少なさ。役者のせいか?とも思ったのだけど、それが嫌に不気味で。見ていくうちにこの演技わざとだ……と気付いてゾッとした。
音楽の流し方も怖すぎて。カメラワークも効果的にこちらの不安を煽る。

内容はなんか腑に落ちない。
ええ~結局そうなるの? みたいな。
それも含めていい感じに不快になって、どえらい映画だな、という感想。

突如始まったドキドキ!スティーブンのデスルーレットにはめちゃくちゃ笑ってしまった。
haru

haruの感想・評価

3.5
2018/5/17 観賞。
塚口サンサン劇場にてリバイバル上映を観賞。
興味があり、チェックを入れていたがタイミングが合わず観れなかったがリバイバル情報を掴み観賞。ウ~ン、最初から最後まで不快な空気ハンパない😱見終わった時にはグッタリする😅結果な作品でした‼️
hontochi

hontochiの感想・評価

3.4
カメラワークと音楽の入れ方がキューブリック作品のように感じるところがあった。気味の悪さが際立つ。
竹犬

竹犬の感想・評価

3.8
娘と息子、美しい妻の心臓外科医スティーブン
ある日マーティンを家庭に招いた後から息子が歩行不可となり摂食障害になり娘も…というホラーもの

話は静かに展開していくのだけど映像も音楽も不穏でとても不快。
観ていて全然落ち着かない。まぁ、そういうジャンルの映画だけど。
マーティンがどのような方法で呪い(?)をかけてるのかは一切不明。
助かりたい一心でスティーブンに取り入ろうとする妻も娘も息子も、とても浅ましく人間らしいと思ったし。逃げた後のキムのあれもターゲット回避のためなのだろうなぁ、うーんスティーブンは誰を選ぶのかと思っていたのけど、スティーブンの決断能力の低さにはがっかり。
あの決め方ってお前さぁ…
責任回避?免罪?

麻酔医への報酬が「ええ?それでええの?」と心の中で突っ込んだ。

いろんなことが暗喩されていてるはずなんだけど、難しい!
>|