聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

GreenT

GreenTの感想・評価

4.0
とにかく、「不協和音みたいな嫌~な音楽」「登場人物のモノトーンな喋り方」「異常な性描写」そして登場人物の気持ち悪さが印象に残る映画だった。「なんなの、この人たち?!」「なんなの、コレ?!」と連発してしまったくらい、気持ち悪くて後味の悪い映画だったが、多分それが製作者が観客に期待する反応なのだろうと思った。
LUKEN

LUKENの感想・評価

4.3
主人公は心臓外科医。
過去に患者を助けられなかった自責の念から、その患者の息子マーティンに施しを与えていた。
しかしそのマーティン、言ってることはまともでも表情がなくどこか異様な雰囲気。
次第に距離が縮まり、ある日家に招くが...


知人に「後味の悪い胸糞映画」教えて で、返ってきたこの映画。

冒頭から「今からとんでもないの始まるから覚悟しとけ」と言わんばかりの映像と音楽でボルテージMAX!

マーティン、ただならぬ空気感漂わせながらめっちゃグイグイくるやん!!
さらっととんでもないこと言うやん!w

そこから幸せそうな主人公の家庭がひっちゃかめっちゃかに。
というか、元々繕っていたものが露わになった?
のちに家族の利己的な、人間の汚い心情もみれました。

マーティンはもらったらあげる、したらされる、されたらするの同等な考えだから意外とまとも?なのかもしれない。

ネタバレなしなのでふわーっと書いてますが、とにかく考察しがいのある気持ち悪いのが気持ちいい映画でした。

個人的にどストライクだったので、ヨルゴス・ランティモス監督の作品もっと観ていきたいと思います!
NORIDAR

NORIDARの感想・評価

3.6
ここまで居心地の悪い作品も珍しい。
映画的(作り物)とは言えないリアルで生々しい心臓の鼓動を長々と見せられるオープニングから物語が動き出す出来事が起きるまでシンメトリックなカメラアングルも相まってとにかく居心地が悪すぎる…

でも正直爆笑どころも凄いあるという変な映画。笑笑

僕の3倍生えた脇毛を見せて下さいのくだり、マーティンママとの気まず過ぎる空間、そして最後のぐるぐるバットまでホント笑わされる。多分ミュートでみたらコメディ映画になんじゃねーかな。w

ファニーゲームくらい地獄やないかと思ったらただのファニーゲームだった爆
凄い極悪な内容なのに笑い要素も盛り沢山なところも似てる。
ただ今作極端に無秩序で無慈悲なファニーゲームと比べて自業自得も入り、更には家族全員が我が身可愛さに媚びへつらいまくるので より一層救いのない作りというか、全員に引いてしまう。

監督の他の作品も観たくなる一本!




思わずスーサイドしたくなっちゃうビルマーレイ映画を見せてくるマーティン君、なんて陰湿なやつだ!
gnsp

gnspの感想・評価

4.0
ヤバイな。本当に性格悪いわランディモス。
これからの出来事がはっきりしている「呪い」よりも、その存在への畏怖で制御不能になっていく人間の方が怖い。ラストなんかもう酷すぎる。最悪。
最高に不快にさせられる最悪の音楽使いも素晴らしかった。
しかしマーティンは至って冷静かつ邪気を感じられないのが良い。だってあの澄んだ青い眼を見てくださいよ、あれを持つ人が嘘つけるわけないじゃないですか。

このレビューはネタバレを含みます

少年マーティンを招き入れたことにより息子と娘は歩けなくなり、食欲は失せ、目から血が溢れ、数時間後に死ぬ。それを回避するためには家族の1人を殺さなければならない。但し選択権のある主人公スティーブンが死ぬことはない。
ギリシア悲劇と類似する点があるものの、一言で言ってしまえば主人公の執刀ミスにより父を亡くした少年の報復の話。家族の命を奪われたからこっちも家族の命を奪ってやる、ということ。

人生で重大な決断を求められるとき、人は心の底では答えが決まっているんだと思う。誰を殺すか、つまり誰を生贄にするかは心の中で決めていた。
ギリシア悲劇の『アウリスのイピゲネイア』では怒った女神に娘を殺せと命じられた父が娘を生贄にするが、最終的に女神によって娘は助かり、代わりに鹿が殺される。(いろんな結末があるのだけど私はこれが一番しっくりくる)
息子は鹿のように殺されてしまったんだと思う。

マーティンはスティーブンが家族の中で一番偉い存在なのが気に食わないように見えた。マーティンは常に物事を対等で考えていて、もてなされたら相手をもてなし、相手が自らの腕を噛むと自分も腕を噛む。相手のせいで自分の家族が亡くなった場合、自分のせいで相手の家族を殺す。
人は同じように与えられ、同じように奪われるべきだと。
スティーブンの行った手術により父の命が亡くなるということは父の命はスティーブンが握っていたわけで、今度は自分が家族の命を握る番なんだと、そのように解釈した。
少年マーティンは何者か?という点はさほど物語で重要ではなく、いわば“支配する者” “支配される者”についての話。スティーブンが支配者だった家族の世界で、マーティンが支配者になった。
が、ただ1人誰にも支配されなかった者がいて、それが息子ボブ。なのでボブはスティーブンにとってもマーティンにとっても殺されるにはちょうど良かったのかもしれない。
しかしこの結末を許せないのが娘キム。
目には目を、歯には歯を、報復には報復を。
きっと彼女はここで終わらせない。
やっと観た!ヨルゴスランティモスの新作。

彼の作品は出るたびに俳優が豪華になっていく。笑
「ダンケルク」で一躍有名になったバリー・ゴーガン、いい不気味さを出している。

物語はコリン・ファレルの演じる医者とその家族、そして彼の手術の失態により父親を失った少年とで構成される。
医者を付きまとう少年。家族の身に異変が起こり始める。

そこに愛は描かれない。
感情でさえ、どれも狂気じみている。

ヨルゴスランティモス作品には本当に病みつきだ。
籠の中の乙女、ロブスター、それらの映画はどれも、中毒性のある、魅惑的な狂気に包まれている。何かが変。それが癖になる。

2月には監督最新作「女王陛下のお気に入り」が公開を控えているとのこと!楽しみにしております!!!
2018 12・16 観賞
ランティモス作品は凄く好きです❗
この作品は最後まで気が抜けない、
どうなるんやねん?
あーそうなるの、で納豆食う、Oops!
納得。マーティン怖いわ。
ジーナ

ジーナの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

男の子の呪い(?)に翻弄される家族の物語。

夫は実は酔った状態で手術をしていたなど明かされる秘密。
負い目を感じつつ、夫婦は自分達は生きたいと切に願う。
その為に子供を生贄に捧げようとする。
子供のために親が自らを犠牲にするって展開はドラマチックだけども綺麗事に感じてしまう。
だから、こんな家族があってもおかしくないし、むしろリアリティがあってニヤついてしまった。

本作のロシアン・ルーレットはアレですね、ソナチネ並に語り継がれそうな名場面だと思う。
主人公は目隠ししてたけど、実は見えてたんじゃないか?って説にはゾッとした。ありそうだけど。

結局、あの男の子と娘はどうなったか?
男の子は好きなものは最後に食べると言ってポテトを残してましたが、最後のレストランのテーブルの上には娘の食べかけポテトが・・・

これはギリシャの伝記も元になっているということで、予習・復習すると尚更楽しめそう!
ラウぺ

ラウぺの感想・評価

3.8
「ロブスター」で不条理かつ胸糞悪い思いをした人には必見の映画。(笑
この映画について語るのはちょっと難しい、というのも、何も知らずに観た方が、初見のインパクトは大きいのですが、振り落とされる可能性も高く、また根幹をなす主題もよくわからずに終わる可能性が高いと思われるからです。
私も観た後からこの物語の下敷きにギリシャ悲劇「アウリスのイピゲネイア」があるのを知りました。
調べてみると、なるほど、ストーリーの根幹はこの悲劇を元にしていることが分かります。(ストーリーそのものがこの作品と同じ、というわけではありませんが)
とはいえ、これは筋書きのネタバレに繋がるので、事前に調べずに先に映画を観た方がよいのではないかと思います。そうすると、観終わってからイマイチ煮え切らない感が残る・・・
一般教養としてギリシャ悲劇に精通している西欧の人なら問題にならないのかもしれませんが、私たち日本人にはちょっと縁遠いところがあると感じます。

外科医の主人公は娘と息子、眼科医の奥さんと幸せな生活を送っていたが、主人公はある事情から謎めいた少年の面倒をみており、少年との関わりが次第に大きくなるにつれて悲劇に巻き込まれることになる・・・物話としては非常にシンプル。
やがて訪れる悲劇についても物語の推移についてだけなら、非常に分かりやすいのですが、映画が終わったときに、これでお終いなのか?といった印象を持つ可能性は大いにあると思います。
具体的には書きませんが、途中で起きる事象のあれやこれやはどうやったらああなるのか?といった説明がなされていない、ということがいくつかあります。
基本的にそうしたことは映画の本筋からは枝葉末節で、回答を要する必要がない、と考えるべきなのですが、明確な理由付けがないと映画が閉じた気がしない、という人向けでないことは確かでしょう。
あれこれ想像をめぐらして、自分なりに解釈をするのも楽しみの一つではあります。
それに、この映画は、物語の終わりよりも、そのプロセスが進行している最中に起きるあれこれが重要なので、結末がどう転ぼうと、それはさほど重要ではないと考えられます。
そうした点に留意すれば、実に丁寧に作られた脚本と、緻密な映像、それと抜群の選曲センスを堪能することができます。

病院内を移動する主人公を後から追う長回しのカット、部屋の内部を移すのに広角レンズを多用して全体を映すアングル、クルマの移動シーンを上空から撮影するところ、リゲティのチェロ協奏曲など現代音楽を多用しつつ緊張感を増幅させる音響・・・etc. これは「シャイニング」でみられるスタンリー・キューブリックの手法のオマージュなのではないかと思います。

映画を十二分に堪能するにはいろいろスキルを求められる、という作品かと思いますが、ある意味では攻め甲斐のある作品だともいえるかもしれません。
がい

がいの感想・評価

2.5
なんじゃこりゃ。。。
監督作品の中に「ロブスター」
あ〜〜なんか納得
ワタシとは合わない監督みたい
>|