聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価・動画配信

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

curvedair

curvedairの感想・評価

3.8
怖すぎる。罪には必ず罰が与えられるっていう。。まぁカルマですね。凄く内容はよかったが、音楽はもう少し頑張れた気が。。
★家族のうち、誰か一人を殺さないと全員死ぬ!

#監督何か嫌なことあった?

#ただもう胸糞悪い。なんで?とかどうやって?とか説明もない。最近ストレス溜まってもやもやするからホラー映画を観て嫌な気分になりたいっていう人におすすめ

#不協和音で怖がらせるのやめてください!

#出だしからブラクラもやめてください!

#父親が青少年に悪戯するの大好きなタイプかと思ってハラハラした

#この子にスーパーパワーがあるとか、怪しい儀式をしていたとか、一切説明がないことが怖い

#全身麻酔のふりした女で性的に興奮するの、だいぶ歪んでいる

#病院の廊下、とにかく長い

#同僚のおっさんもろくでもないな……これやられても何にも嬉しくなくない……?

#父親に同情の余地はないってことが段々わかってくるの嫌だわ

#ニコール・キッドマンはいくつになっても美しい

#その後マーティンの母親が一切出てこない感じも不気味

#息子を投げないで、パパ

#血の涙の出方が嫌すぎる

#これ正解は自殺なの?

#生贄の選び方がマリオパーティーみたいでちょっと笑ってしまったし、最後出来レースで不快

#え??娘、未だにそうなの???お馬鹿さんか???

#何なんだこれは……。

#胸糞の悪さをぶん投げたまま去らないでくれ、暴力反対
徹頭徹尾、不穏な空気感を絶やすことなく紡ぐ演出力に脱帽。
不思議な設定ながら、人間を真正面から描き切る怪作。
saki

sakiの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

すき!!!!!クラシック不協和音劇伴が物凄く効果的、無駄な音楽は何ひとつなくて(無音が一番怖い)、大事な場面でここぞと不協和音。ホラーありがちの「何か来るぞ………」ではなくて、「きました❗️」と言わんばかりの答え合わせ感、良い〜
何よりやばいのはバリーコーガン!!!!!何あの演技力、元からサイコなん?て思ってしまうほど自然なサイコ!見入ってしまうよ
カメラワークも意味ありげで(勝手個人的意見)良い、全てが良かった、元になった神話読んでみたい
とてつもなく気持ち悪い
幸せなんて一瞬で消えて、自分の保身ばかり
そんな嫌な気持ちになりたい人にはオススメの傑作。

始終抑揚の少ない話し方の演者たち、
不気味な背景の音楽、
違和感あるカメラワーク、
全部が混ざって気持ち悪さ増し増し。

今まで観てきた映画の中でも随一の名言が母親の口から飛び出てきたのが印象的でした。
tk

tkの感想・評価

4.3
ほんとね、バリーコーガンに尽きるよね笑
もうそういう人にしか見えないもん

このレビューはネタバレを含みます

結局あの病気はなんだったんだろう…?
キムは事態の全貌を把握してそうな雰囲気があったけど、終始種明かしはされないせいでオチも相まって後味は二重に悪い

マーティンの飄々としてて底の知れない不気味さと、子役2人の何を考えてるのか読めない表情がいい塩梅に不安を助長してくれてて、常に1歩引いたような無機質なカメラワークと合わせて気分が悪くなった
ロ角

ロ角の感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

可視化された呪いから、逃れることはできない。誰かが見つめているようなカメラワーク、不穏なBGM。とにかく厭な気持ちになる。息が詰まるようなラストシーン。たった一言で家族を壊した、少年の復讐劇。
ゆゆゆ

ゆゆゆの感想・評価

3.5
音もカメラワークも結局自分が可愛い人間味がある登場人物達も不気味で気色悪くて良かった。
ninomi

ninomiの感想・評価

3.2
後味の悪い胸糞映画とは、この事か!と言うような映画でした。

あの奇病は一体何?どんな仕掛け?とか考えちゃう私のような人には合わないかな?
実際最後まで???が頭に飛び交い、最後の最後まで種明かしを待っていたから。

不思議な家族。そして被害者の息子。一度しか出てこなかったマーティンの母親。意味がありそうで、深い意味はなかった。

やたら手作りレモネードが出てきてから、アレが答えかと思っていたよ。そんなことじゃなかった笑

不思議な世界観を、丸ごと受け止めなきゃ楽しめない映画ってことでした。
>|

あなたにおすすめの記事