聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

心臓外科医スティーブンは、美しい妻と健康な二人の子供に恵まれ郊外の豪邸に暮らしていた。しかし、彼らの特権的な生活は、ある少年を家に招き入れたときから奇妙なことが起こり始める。子供たちは突然歩けなくなり、目から赤い血を流す。そしてスティーブンはついに容赦ない選択を迫られることになる…。

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

azzu

azzuの感想・評価

4.0
ロブスターが好きで、籠の中の乙女が苦手で、今回はどうかなって思ったけど、好きな方だった。
人間の本性がそれぞれの形で現れてて、ぐさぐさくる。責めるような見透かすような目の少年と言い訳するかのような視線のやりとり、飽きなかった。
コリンファレル相性良すぎじゃないか。
jaja

jajaの感想・評価

-
これはなかなか他にみられない。オリジナリティがある。▼オープニングのグロテスクとも思える心臓が鼓動する映像はともかく、しばらく経っても穏やかな会話をよそにどこか不安な心持ち、不穏な空気が漂う。少し引いたカメラワークから、揺れる映像から、耳障りな音響から。▼その理由は最初は何となく想像され、そして次第にその通りだと明らかになる。恐らくこれはまんまとマーティンの術中にハマってしまったスティーブンの自己暗示なのだ。でも一体どうやって…?そして弾丸は保身を図った妻や長女ではなく、無垢な息子に当たる。
りた

りたの感想・評価

3.5
前回RAWとか見てたので食欲がありませんでした。(飲み物すら飲めなかった)
これは大丈夫やろと思ってマクド食べながら鑑賞開始したら初っ端から心臓笑

バリー君の演技すごかったです。バリー・コーガンではなくマーティンそのものなんじゃないかって思うくらい。
じゃく

じゃくの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます



◾︎演技 0.8
マーティンの気持ち悪いこと気持ち悪いこと!
あらすじ読まず、前情報入れず見たにも関わらず、一発で「うわこいつ無理」って思わせるその力よ。
顔がビートたけしに似てない?

◾︎ストーリー 0.8
この監督の作品の中で一番好きだった。
「籠の中の乙女」「ロブスター」どちらも見てるけど、実は二本とも、映画の雰囲気的にもお話的にも好きじゃなく、かつ毎度なんとなく期待はずれだったけど(なのにどちらも観ていて、新作も楽しみにしていた)、今回は当たり!

◾︎演出 0.9
映画館で観れなかったことが悔やまれる。
あの音や不気味な絵作りを、一心に受けたかった…。
なるべく雰囲気出すために夜一人で見ました。

◾︎気づき 0.7
「子どもを殺しても、また次産めばいいじゃない(だから私を殺さないで)」という母親の発想。
旦那はこの台詞に対してなにも返答してなかったけど、この夫婦が、いかに子どもを自分の所有物・支配下のものとして見ているか。その子自体の人生に興味がないのか。
こんな死の間際まで見捨てられるほどではないだろうけど、誰かの子どもという立場になった時に、つまり親の前に子どもとして立った時に、こうやってないがしろにされている人は多そう。

◾︎個人的な思い入れ 0.7
新作が公開されたら、必ず観る監督。

合計 ★3.9

◾︎感想
今回はとても分かりやすく、かつ解釈に幅のある比喩とストーリーで、見ていてとても楽しめた。
息子のボブが死んだのは、偶然ではなく主人公の選択かなと。だからこそ、あの選択は主人公にとっても最良かつ納得のいくものだっただろうし、主人公がそう思っていること自体が、これからのあの一家にとっての悲劇に他ならないような。
だってどう考えても、妻と娘は後々主人公を、マーティンが関係してるしてないに関わらず、どんな形であれ裏切るでしょ。
息子はもっと、純粋に父親のことを好いていたように見えました。
マーティンは、主人公の選択とその後起こるであろう悲劇まで織り込み済みで、あの呪いをかけたのかな。
珍しく私は怒ってます!タイトルにです😡💢

悪なる鹿は殺していいけど
聖なる鹿は殺したらイケません!!
もし本当に映画内で聖なる鹿を殺してる描写があるようならば動物愛護団体に訴える覚悟で、本作を鑑賞しました😡💢

良かったです鹿は殺されませんでした😌💖
でも怖かった……
ミステリーかサスペンスかホラーかジャンルを特定するのが難しい謎のオーラに包まれた深い映画のような気がします。破壊的であり自滅的でもあるしエロチックでもあります。

でも、まだ私は怒っています😡💢
タイトルの「聖なる鹿殺し」……
なんとかギリギリセーフで許せる範囲だけど、
これが「猫殺し」とか「犬殺し」だったら…?
想像するだけで涙が出てきそうです😢

猫と犬を殺したらイケないのです!!
猫と犬は私の友達なのです🐱🐶👧💖
GS

GSの感想・評価

4.5
ひえ〜よくもまあこんなもの考えましたな〜
狂気とか変態とか言うのは簡単だから差し控えるとしても、すごくてときどき笑えてくる
ゆか

ゆかの感想・評価

3.8
ずっと漂う不安な映像と音楽。疫病神のような男の子のスパゲッティーの食べ方のシーンが1番苦手。よくある普通の映画ではなくて良かった。好きな映画のジャンルがB級でグロいor王道映画が嫌いな人にオススメしたい。
不条理でよくわからなかった。これって時の音楽が大袈裟だし。ずっと気持ち悪いまま見終わった。
Lieechan

Lieechanの感想・評価

3.0
何ともレビューに困る作品。
やっぱりこの監督の作品は私には合わない。

何度も睡魔に襲われる。
Ukosaaan

Ukosaaanの感想・評価

3.7
ロシアンスイカ割りか!!
ギリシャ悲劇を元にしてるそうで、不条理で不気味で難解。ランティモス好きな方も意見がわかれそう。
不気味な中にあるシニカルな表現は健在で、それがなんとなく松本人志っぽいなと腑に落ちた。
しかしマーティン気味悪かったなー、彼のやり口が種明かしされない謎の恐怖に最後踊らされる。
>|