聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディアの作品情報・感想・評価

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア2017年製作の映画)

The Killing of a Sacred Deer

上映日:2018年03月03日

製作国:

上映時間:121分

ジャンル:

3.7

あらすじ

「聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

不気味だ…。カメラワークと音がすごい不安になる。マーティンがとにかく不気味で、動きが子供っぽいのに表情は全然それに伴っていなくて、どこかちぐはぐな感じがとても怖い。ゾッとした。マーティンの役者さんすごい。
こういう類の話だとだいたいペットが最初に殺されたりするのでハラハラしてたけど、犬が最後まで無事で良かった。
パパはあれで代償を払ったことになるんだろうか…。私は全然そうは思えないけれど。
小森

小森の感想・評価

-
いや〜な気持ちになる映画。父親から糞ガキへ支配者が変わっていく気まずさと生き延びる為に媚びる嫁や子供たちの気持ち悪さが観てる側の居心地を悪くさせる。足が動かなくなるのは新しい支配者にひれ伏すことのメタファー?そうだとしたら最後までこうべを垂れなかったアイツが〇〇のは必然だったと思う。
サイコにしか見えない表情の糞ガキが良かった。デトロイトの白人警官と組んで世界征服する映画が見たい。
naonyan

naonyanの感想・評価

3.3
カメラワーク、音楽、台詞回し、三拍子揃って薄気味悪い。極め付きがマーティン。めちゃくちゃ気味が悪い。怪演。
最後まで息を潜めて観てしまった。ある意味面白い。神話の元ネタを知らなかったのでよくわからず。
sa

saの感想・評価

3.5
不穏、不気味。それがずーっと淡々と進む。淡々と進んでいくのがなんとも不気味。会話のぎこちなさも不気味。常にすぐにでも雨が降ってきそうなのに降ってこないみたいな時の雲のような空気が流れています(笑)

なんというか。とにかく解釈が難しい、しにくいですね。調べて色んな方々の解釈や感想を拝読しましたが、よく分かるなあ(書かれている方々も調べたそうですが)。それが正解とは限りませんが、確かにこれはある程度の知識が必要かもしれませんね。
怖い。ずっと不穏で異質な2時間、怖かったー。カメラワークもかなり異質。抑揚なく坦々と喋るひとしかいない異常さ。でもなによりバリーコーガンの存在!なにあの絶妙な顔と体型。
心配してたほど難解すぎるわけでもなく観やすかった。いやぁ面白いの観たなぁ。
うらら

うららの感想・評価

3.6
不条理、不気味、不愉快
三拍子揃った映画
人にはおすすめしにくい
難しい
理屈で考えちゃダメねー
全てが薄気味悪いだがそれがいい
ポール

ポールの感想・評価

3.7
マーティンがパスタの食べ方について語るシーン、秀逸。
最後まで無駄がない作りの映画、必見。
塩

塩の感想・評価

3.0
これは賛否がかなり分かれる作品だと思う。ジャンルで分け難い独特な作品。

全編どの登場人物も無感情で、みんなメトロノームのテンポに合わせて喋っているような感じ。カメラワークの不自然さも相まって妙な不気味さを際立たせている。
そんな不気味さも不安感も最初から最後まで常に一定で、雰囲気を大事にしている映画だなと思った。(BGMの大きさは気になったが)
男の子とファレルの関係はすぐに察しがついたし、さほど複雑な話ではない。が、感情がうまく掴めないので、先は読めなかった。

絶対コリン・ファレルじゃなきゃいけないような配役には思えなかったので、そこは残念だが、空気感は嫌いじゃなかった。
おっぐ

おっぐの感想・評価

3.5
元ネタのギリシャ神話を知らずに視聴したので、解説を読むまでは疑問の多い作品でした
等価で償うといったテーマなのかな?
なぜ子供たちを病気にできたのかが未だに謎です

登場人物が軒並みサイコパスなので感情移入しずらく、それが余計に作品の不気味さを惹き起こしている感じがあります
>|