ラスト、コーションの作品情報・感想・評価

「ラスト、コーション」に投稿された感想・評価

ツカダ

ツカダの感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

過激なセックスシーン!みたいな売られ方しているイメージだけど、そんなでもない。もちろん官能的ではあるけど。ストーリー自体もオーソドックスだし、かなり見やすい、と言ったら表現がおかしいけれど、万人ウケする作品ではないかと。トニーレオンのかっこよさも万人に伝わるはず。

宝石店でのシーンは直球に2人の愛が観客に伝わってくる唯一のシーンで、流石にじんときた。でもやっぱり何より、貴方は孤独な人なのね、と言われて、だからこそ生き延びてこれた(台詞の詳細は曖昧)と返したイーが、生き延びはするものの、心を許す唯一の存在である女性を失って、結局孤独に戻っていったのだということを意識させるラストシーンが1番美しい。

あとから思い出したんですが、採掘場でのクァンの笑みも印象深い。チアチーのせいで計画は失敗、仲間は全員"処理"という運命を辿るわけで、誰も彼も嘆きの表情を浮かべているのにクァンだけはチアチーに向かって笑みを浮かべる。彼はチアチーにどうやらずっと好意を抱いていたらしいが、3年前に煮えきらない態度をとった結果、チアチーはイーに愛情を抱いてしまう。好意を抱いていた分、そして作戦中、仲間内ではもっともチアチーの近くにいた分、彼にはチアチーの葛藤とイーに対する抑えられない愛が伝わったのかなあ、と。だからこその最期の瞬間も笑みだったのかなあ、と勝手に想像してやるせなくなりました。
hepcat

hepcatの感想・評価

-
二時間半とかいう決して短くはない映画だけど、全ての時間にドキドキした
この映画見終わって、はぁ〜負けたなぁと思った
中国がこんなにも素晴らしい映画を作るなんて
21世紀のアジアを代表する映画だと思う

太平洋戦争時の抗日映画だから日本人としては少し見方に少し困るが、、、

エロいという一言で終わらせたくはない
まぁ18禁で確かにエロいんだけど、表現として正解なのは官能的である
ヒロインのタンウェイが艶っぽすぎる
まだ青くカップにつく紅
タバコの吸い方
走り方に仕草
この時代にそれをどこで身につけたんだろう

さすがはトニーレオン
この時代を演じたらハズレはなし

太平洋戦争時、上海、香港でも、親日派と反日派に分かれて水面下で政治活動が行われていた。
政権側のトニーレオンは、反日派から命を常に狙われており、かなり慎重な男であった。
中国が日本の統治下にあった為に、政権は親日派になっていたが、兄を日本兵に殺された大学の劇団員の友人は、抗日の演劇で反日活動をするのであった。

最初はうまくいっていたが、政治はもっと深いところで行われており、人を信じないトニーレオンには色恋で信用させ、暗殺する計画をたてるのであった。
巨大な組織に入り、タンウェイはより身も心もトニーレオンに預けることになった。

セックスを通じ互いの立場が変わっていくのも見ものである。

女は愛のために生きるのか。

チャイナドレスも素敵だった!
日本もこんな映画撮ってくれよ〜(T-T)

唯一嫌だったのが、中国の女性は腋毛を剃らないんだったね笑
これはお勧め ストーリーもいいエロさもいい
中國もこんなレベルの作品を創るのかとびっくりの作品
ほかにもいいのがたくさんあるけど
中国映画は相当ハイレベル仮想敵国やるな~って感じ
もう一度見たい 昔はこんなレベルはなかった
LaserCats

LaserCatsの感想・評価

3.8
トニー・レオンの真顔が怖いという印象が強かったような…
暗殺計画のために敵の愛人となったのに、憎むべき相手から誰よりも信じられると言われてしまう状況がとても切ない。この時代のこの立場でなかったら…と思わずにはいられないが、この状況で出会わなかったらこれほど惹かれ合うこともなかったのかもしれない。
タン・ウェイ演じるヒロインの見た目が過去と現在でガラリと変わるので、後戻りできない道に足を踏み入れてしまった彼女の運命の残酷さが強調されてあまりにも切ない。
AKOchan

AKOchanの感想・評価

4.0
エロすぎると中国で怒られていたがそうでもない。ただただ美しいエロス。スパイ悲恋物であることが更に色気を増長させている気がする。王力宏の美青年ぶりが素晴らしい。
ストーリーだけとると、なんてことはないというか、ステレオタイプな女スパイの一生って感じだけれど、映像美と主演2人の圧倒的な演技にもっていかれる。まさに魂と魂のぶつかり合いのようなシーンの連続。妖しくも哀しい2人の末路。よかった。‬
あやこ

あやこの感想・評価

3.8
どんどん作品に見入ってしまって、長い時間を感じさせない。
とにかく切ない。
愛とは何か、考えさせられる。
良い映画すぎてびっくり。
ワンの隠しきれないウブさを見抜きつつ、可愛いなぁと心を許してしまうイーの感じ、工作員として身体を張って、心を氷のようにしてるようでイーに情が移っちゃうワンの感じ、
無理いいいわかるううういや政界の要人にも工作員にもなったことないからわかるわけないんだけどわかるって思わせてくるうう

辛いこの映画

コーヒーカップとかに口紅つけちゃうそのシロウト感を観てる側にもわからせようとするとこすごいし、
壁にかかってたり衣装棚についている鏡によるカットが良かったし、セックスめちゃ激しいし、

最後の指輪のシーン、めっちゃ泣けた。ワンに感情移入しちゃってめっちゃ泣けた。イーが、ごく普通の男に見えたよね、愛情を感じちゃったよね。
イー、時計の音で自分の身を切ったね。切るどころじゃないよね。きっとあのイーでも心の一部が死んだね。辛かった。辛かったよおおおお
31monks

31monksの感想・評価

3.2
原作が先でしたが、宝石店からラストまでのくだりは良さを全く損なわず、それに至るまでの表情劇も良かったです。
夏帆

夏帆の感想・評価

3.8
これで、トニー・レオン好きになった。
最後なんともいえない切なすぎた。
>|