ムーンライトの作品情報・感想・評価 - 1033ページ目

ムーンライト2016年製作の映画)

Moonlight

上映日:2017年03月31日

製作国:

上映時間:111分

ジャンル:

3.6

あらすじ

「ムーンライト」に投稿された感想・評価

rrr

rrrの感想・評価

3.2
試写会にて鑑賞。
今の世界だからこそ表現できた作品。
肌にうつるブルーがとても綺麗でカラーリングの素晴らしさを感じる。
たかち

たかちの感想・評価

4.0
物語が淡々と静かに流れていくところがすごくリアルでした。黒人が映えるような映像の撮り方がとても美しかったです。音楽の使い方も素晴らしかったです。サントラ欲しい。
オカマってどういう意味?
って聞いたときのアドバイス。
これだけで助演男優賞あげたくなる衝撃だった。

言いたいけど言えない気持ちは男も女も同じですね。
Komi

Komiの感想・評価

3.6
まず、これがアカデミー作品賞取ったということは、やっぱりなんか時代が変わったのかな、って感じ。

本当に黒人しか出てこないんだけど、何故だろう、白人しか出てこない、グザヴィエ・ドランの映画とどこか重なる。

派手な事件や世界情勢や社会問題を扱うイベントのような内容ではなく、どこにでも誰にでもありそうな日常の切り取りみたいな内容。それでいてここまで時間を感じさせることなく、ひきつけられるところに、作り手の才能を感じます。


マハーシャラが助演男優賞?え?あれだけなのに?
という印象はある。
でも確かに悪くはなかった。

大人になった金歯のシャロンが時々見せてしまう、傷つきやすそうな表情に、愛おしさを感じました。

あえてシンプルに作られてるため?いろんな見方感じ方が後から後から湧いてきて、語りきれないなー。
本当に綺麗な映画でした。
前情報から難しい映画と思いましたが、王道のストーリーが大筋としてあり、その上で伝えてくる深い味わい。腹八分のちょうどいい満足感。
俳優陣の演技はムーンライトの世界観に引き込んでくれました。演技力とかに注目する人にはオススメできる。
見終わった後の感覚は劇場で体感して欲しい。ポスターを見ると気持ちが湧き出ます。
トータルで見ると良い作品ですが、最後まで見てやっとじわっと感じるので人を選びますね。
kazu

kazuの感想・評価

3.6
3/23試写会にて。

大きな事件や奇跡など何も起きない、何の変哲もない私たちの人生そのものに近い、本当にシンプルな映画。
ピュアすぎるラブストーリーだった。

「あんな頃もあったな」とうらやましさすら覚えるシャロンのピュアっぷりがスゴイ。
年齢毎の3部構成になっており、シャロンも各部違う俳優が演じているが、
みんな本当に澄んだ目をしている。

また、シャロン役の俳優陣はもちろん、ナオミハリスらのリアリティ溢れる演技が素晴らしい!

あと、フアンの死やシャロンが逮捕されたあとなど、
所謂見せ場(?)となるシーンを幕間に持ってきていた点も印象的だった。

差別やドラッグ、LGBT等色々な要素が含まれているものの
世の中に何かを強く訴求するような映画ではないので、
なぜアカデミー賞を受賞したのか?と思う人も多そう。

一個人の感想としては、ただただ純粋でピュアに恋していたあの頃に戻りたくなるようなそんな気持ちにさせられる映画だった。
ho

hoの感想・評価

3.8
物凄くシンプルな映画だった。劇的なシーンは驚くほど無かった。だからこそリアリティが非常に増したのだと思う。じわじわ来る映画。
アビー

アビーの感想・評価

4.5
ラ・ラ・ランドに思い入れがありましたが、観て納得。受賞するわと。


シンプルで生々しくて、美しい


マハーシャラ・アリが泳ぎを教えるシーンが本当に美しい

このレビューはネタバレを含みます

シンプルで静かな映画だった。

主人公はあまり喋らないまま、
3つの時代が淡々と進んでいく。

肝心な部分をカットした大胆な構成。

終わり方も“王道”のハッピーエンドではなく、その環境に染まっていく主人公がリアルに表現されていた。

視覚や音響の効果、カメラワーク、全てが印象的で、忘れられない。

映画館で観て欲しい作品!
Alex

Alexの感想・評価

4.8
ひとりの少年、シャロンの成長と自分自身を見つめる物語。映像美、音楽、そしてリアリティ溢れる俳優たちの演技はどれも素晴らしく、鳥肌もの。人とは違う、自分自身がわからないなどどいったシャロンの苦しみや孤独が胸に刺さって、見終わった後にも余韻が残る。まさに傑作。