ROMA/ローマの作品情報・感想・評価・動画配信

ROMA/ローマ2018年製作の映画)

Roma

上映日:2019年03月09日

製作国:

上映時間:135分

3.9

あらすじ

「ROMA/ローマ」に投稿された感想・評価

イタリアのローマだと思ってた。調べたらMexicoのローマ地区の話。メキシコの歴史を覚えていなかったから勉強しようと思った。良くも悪くも平坦(?)な感じ。しかも白黒だからちょっと苦手。
ちさと

ちさとの感想・評価

4.1
モノクロなのに映像美が凄かった
色彩を感じられるのがすごく不思議〜!
家政婦の日常がとても愛に溢れていて、うまく言葉に出来ないけど心に響いた
ちー

ちーの感想・評価

2.8
静かなんだけどじんわり心があったまる。
主人公と家族の絆が素敵。
くらった
広角に背景の中で生きる人を撮ってる、出産のシーンではリアルを追求したものが全て出てる。本物の医者本物の涙 乾きと潤い

「撮りたい画から物語を決めた」これに尽きる

映画館でゼログラビティしててわろたほんで次男はなにもん?
SORA

SORAの感想・評価

3.5
特に何が起こるわけでもないけど、ノスタルジックで美しい映像に見入ってしまった。
ほぼFIX +長回しのシーンが多くて、語り口も叙事的だからほんとに実在してる家族を俯瞰してるみたいでリアルだった。子役の演技も凄い。酷い男が二人出てくるけど、ラストが前向きなのは女性の強さを表してるのかな。

武術の件とか火事の件とかはよくわからん。
尺長すぎるけどノスタルジーに浸りたい人はぜひ。
さや

さやの感想・評価

3.8
劇的な出来事で溢れてるいるのに穏やかに流れていく時間が印象的だった。
モノクロなのが効果的だった。
タイトルにはどんな意味があるんだろう。
男はいつの時代もみんなクソって感じですね()
Mizuki

Mizukiの感想・評価

-
緩やかなストーリー展開に白黒の映像が加わると個人的にどうしても慣れなくて、、、途中でリタイアしてしまいました

でも生活感や会話の間がすごくリアルで映像が綺麗だった!
mmk

mmkの感想・評価

-
記憶の中の断面。ラストの海辺でのシーンが全てを物語っているような。降り注ぐ光が綺麗で美しい。
女性は強い。母親はもっと強い。
モノクロで真に魅せたい画を抽出した映像美、
無音という最強のBGM、
女性陣の感情を裸で表現させる残酷なストーリー。
全部の要素がこの作品の味方をしてた。

「これもまた冒険、みんなで支え合いましょう」
父親がいなくなり、悲しみ泣く子供たちを励ます。
でも、1番ボロボロなのも、1番泣いたのも彼女だったんだ。母親の強さを心で感じた。
そして、家政婦の彼女を包んだ愛。
男なんて生き物が分からなくなり、身篭った赤ん坊に後悔さえ感じていた。そんな自分が嫌いだった。
でも、あの海辺で、彼女を抱きしめて愛してると言ったこの家族の愛だけは本物だった。
波の中、子供たちを助けに進んだ彼女の愛も本物だった。

最初と最後の飛行機の見せ方。
(上から下or横移動)廊下をつたい排水溝へ流れ落ちる水から反射して見える冒頭の飛行機。
(下から上へのパン)階段を登るクリオを追う様にして向かった先に飛んでいる飛行機。風景描写への心理状態や展開の反映が素敵。
そして、静かにもあれほど恐ろしく、それでいて美しくも感じた波。モノクロで、自然音のみだから為せた表現だと思います。

また、キリスト宗教的な連想に繋がる構図でも作品を支えている事にも驚き。これは観賞後にレビューサイトを見て知りましたが、自身の思い出を当時そのままに再現し、当時以上に鮮やかに描く監督のこだわりや作品の作り込みにただただ感動しました。
mei

meiの感想・評価

4.0
アカデミー賞のときに観ようと思いつつ、中途半端で終わってしまってた『ローマ』、やっとちゃんと観ました。

静かに、じわじわと心に広がっていく作品。

不思議と目が離せないオープニングとエンディング、飛行機が飛ぶのも良かったなあ。
>|