ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 54ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

何度も目をおおる怖さがある
キャスティングや設定が絶妙で
待たせて驚かせる往年のオカルト映画を思いだす…

しかしさ ~(≧∇≦)

ローガンも終わったし
最後のナイフは、、
アダマンチウムで出来てるのか⁈
博士さん(笑)
久々のホラー鑑賞。
舞台が検死官である主人公親子の自宅地下の遺体安置所兼火葬場なのだけど、アメリカってそうなの?自宅とかなの?という驚き。
シチュエーションがあまり共感できないくらいがちょうどいいという怖さでした。。。身近な感じだと眠れなくなるから。
解剖を進めるごとに迫ってくるヤバイよ感が効いてる!怖いポイントは王道。
ジェーンドウ役はずっと死体の体だけど結構難しかったんじゃないかと思う。超美女。
美しいホラーでした♥
Kaito

Kaitoの感想・評価

4.0
解剖シーンはSAW 4並のリアル路線だが、演出が上手で科学的興味で盛り上げるのは正反対。「鈴」等の小物の使い方も上手く、オチも秀逸で拾い物でした
hsn

hsnの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

えー……もう、なんの知識もなく見に行ったのが間違えだった……ホラー映画です。こわい、というか、恐怖が剥がれない。
洋画のホラーなのに、逃げ場がない。呪いってなんだよ……ふざけるなよ!怖すぎるんだよ!!!!
希望がない。絶望しかない。
内容にところどころおかしな点があるから、そこを見つけると更にぞわぞわする。
例えば、「外はすごい嵐。外に出るのは無理」とラジオで言ってるのに、彼女がこれるとか、
地下から上がろうとすると蓋に木が倒れて開かない。←少し開いたときに雨粒など入ってこない。
映画館出た後も落ち着かなかった、まじ怖笑
父息子仲良いな!ホラーだけでなく親子愛映画でもある。しかし検死解剖ってあんな一軒家でやるもんなの?検死解剖って個人経営なの?
主人公親子同様「怖い!暗い!ここから出たい!…でもジェーン・ドウが気になって仕方ない!」と思いつつ薄暗い映画館でビクビクしながらなんとか最後まで鑑賞いたしました。「男は女性を大切にしないといけないな!」と強く感じ、嫁さん孝行をしようと思ってます!…思ってはいます!
asatian

asatianの感想・評価

2.5
ジェーンドゥとは、身元不明の女性を指す。ちなみに、身元不明の男性なら、ジョンドゥ。名無しの権兵衛ということね。

密室のような邸宅に、複数の惨殺死体。その地下室で、全裸のまま半身だけ土に埋められていた身元不明の女性が発見される。
検視官を家業にしているトニーとオースティン親子に、解剖依頼が来る。

しかし、解剖した遺体には、どうやってつけられたのかわからないような無数の負傷の痕があった。あまりに謎めいた死体をいぶかる親子だったが、解剖室は次々と異常な現象に見舞われるようになり……。

前半はミステリアスで、隅々まで真相を知りたいと思うような魅惑的な謎がこれでもかと続く。しかし、後半になると、ただ見る者を怖がらせるため、センセーショナルに煽るためだけに、物語のつじつま合わせが始まる。

科学的に説明されるのかと思いきや、「え、そういうオチなの?」と尻すぼみ感は拭えません。

怖がらせるタイミングや画作りはとてもよかった。それだけに、もう少し遺体をめぐる物語に深みが欲しかったな。
なかなかの怖さでした~
まず音。結構ビビらされます(笑)
そしてグロ。遺体の解剖なんで淡々とはしてるけど、そこそこグロいです。

後半はオカルトになっちゃうけど、密室劇としてのハラハラ感もあるし、短くまとまっててわりと好き。
merry

merryの感想・評価

4.0
今までにない怖さ…
そしてグロい…
シチュエーションは遺体安置所…

間違いなくコワイ…

今までにない恐怖感を感じながら、
そして終始手に汗握りながら、
見届けました…

こんなのよく考えるよなぁ〜

なんといっても、あの、
ジェームズ・ワンが嫉妬するくらい
よく出来た作品だとか⁉︎

そして更に製作には、ジャンル違うけど「ラ・ラ・ランド」の方が手掛けてるとか…

内容はネタバレしそうなのでやめておきます‼︎

ガーディアンズに出てた女の子も出てたぁ♪( ´▽`)