ジェーン・ドウの解剖の作品情報・感想・評価 - 66ページ目

ジェーン・ドウの解剖2016年製作の映画)

The Autopsy of Jane Doe

上映日:2017年05月20日

製作国:

上映時間:86分

3.6

あらすじ

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中…

バージニア州の田舎町に住む経験豊富な検死官・トミーは、息子のオースティンと共に遺体安置所と火葬場を経営している。ある夜、地元の保安官から緊急の検死依頼が入る。それは、3人が惨殺された家屋の地下から裸で見つかった身元不明の美女“ジェーン・ドウ”の検死であった。いつも通りの検死だと思われたが、解剖を進めていくと、その遺体に隠された"戦慄の事実′′が判明し、怪奇現象が次々に発生!外では嵐が吹き荒れる中、遺体安置所という閉ざされた空間で、逃げ場のない恐怖がはじまろうとしていた......。

「ジェーン・ドウの解剖」に投稿された感想・評価

ローガンはちと後回しでファーストデーはとりあえずこれにしました。

検死官の親父と息子がメインってのがホラーとしてなかなかイイね〜ギャーギャーうるさいギャルも出てこないし落ち着きがあるwけどしっかり怖くて面白かったです!

身元不明遺体ジェーン・ドウの解剖にあたる熟練の検死官とまだまだ未熟やけど父を支える良い息子。いつも通り二人で手順を踏んでの解剖やったけどあれ〜この遺体なんか変やで〜から始まり、なんじゃこりゃ〜になってくやつ。熟練パパのうわ〜な表情がめちゃ説得力あるもんで落ち着きあるパパが乱れた時の絶望感は観ててゾワゾワwそこから明かされる遺体の謎も安くない。

解剖シーンもなかなかグロいけど親子にとってはいつもの事でその落ち着きや遺体の美しさに引き込まれます。そこからの超ホラー展開もシンプルやけど良かった。
グログロびっくり系ホラーの系統。

ぞっとするシーンもビクッと跳ね上がるシーンもグログロなシーンも観れてお得な一本。ちりーん。
こう

こうの感想・評価

3.7
6/1 シネマカリテ スクリーン1

なんで足の指4本しかないの?

鈴リンリンしてるやつ活躍しすぎ、もっと遠慮してよ

やっぱホラー苦手ですw
同監督のトロール・ハンターが意外と良かったので、こちらも楽しみにしていた作品。
オーソドックスだけど期待とおりなホラー。
ジェーン・ドウの死体がとっても美しい。お父さんあんな痛い思いして生贄になったのに、息子助からないなんてやっぱ悪魔はひどいな。
怖がりすぎました😭

2017/06/01
シネマカリテにて鑑賞

何の前知識もなく観たらガッツリホラーでした。

運び込まれた謎の遺体
解剖を進めるうちに不可思議な事が起こり始める

いわるゆシチュエーションホラーだけれども良作でした

恐らくハリウッドにしては超低予算作品だけど、そこまでチープさは出ていない

変なギミックや一見凝ってる風なカメラアングル、ワークに頼る事なくしっかり観せてくれる。

解剖もリアル?にやってるししっかり見せてたし

なにより遺体が芝居するんだよ!
遺体とのカットバック、インサート、全て効果的

遺体だから動かないんだけど、あんなに意味を持たせられるのもすごいなーと

途中からオカルト要素も含んでくるけど、それはまあしゃあない、想定内の範疇です

ブライアンコックス、いいねぇ。
tan

tanの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

妻の死とジェーン・ドウの解剖という行為は対応してるのかな
心(身体)を開いて
状況の割にはみんなヒステリックにならないからイライラしない
nikegm

nikegmの感想・評価

3.5
遺体安置所でのリアルな解剖シーンが、この映画における日常描写。あとはホラー。観客も登場人物たち同様、逃げ場がない。
でも、こういう「いったいどれだけおぞましい行為かあったのか」と観客が勝手に想像力を働かせて怖がるタイプの脚本や演出はけっこう好き。
オープニング、星なのか、草むらなのか、その時点では何か特定出来ない画をバックにタイトル。
警察が踏み入れた家屋には、一家の斬殺死体が美しいライティングに照らし出され横たわる。
そして、地下室に半身埋まったこの世のものとは思えない美しい死体。
他殺の様子は見られず、ミステリーが提示される。

素晴らしいイントロダクションに続き、死体安置所のリズミカルな解剖シーンへ。
物語の導入、謎の提示、今作の舞台への移行が、コンパクトかつ鮮やかで、グイグイと物語に引き込まれる演出に舌を巻く。

根本が解決されない限り、際限なく続く問題と憎悪。
悔いるべき過去と解決すべきこの瞬間。
自己犠牲を厭わない親子の愛。

現代が抱える捉えどころのない不安や解決に至らない問題の複雑さなどを、分かりやすいホラー的表現や回答ありきの伏線回収のエンタメ要素に逃げず、じっくりと見せる構成に作り手の強い意思を感じた。

続編や序章と続いていくのか。
とにかく今作のバランスの良さには心地良さすら憶えた。

父親が愛猫スタンリーを愛おしく抱えるシーンの哀しみに深く心を動かされる。

ジェーンドゥとは、向こう版「名無しの権兵衛」との事。

ホラーと童歌の親和性にニヤリ。

マイナスポイントは、パンフがなかったこと!

2017劇場観賞57本目
解剖シーンがあまりリアルに感じなかったので実際の解剖ビデオを見たくなった。しかし解剖シーンがいちばん面白くて、そのあとはそうでもなかった。