gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価 - 691ページ目

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

素麺

素麺の感想・評価

5.0
台詞のひとつひとつからノートの隅々に至るまで、大人も子どもも関係ない人生の苦悩も喜びも愛も葛藤も、みんな“当たり前に”経験する全てを重くなりすぎず丁寧に描いている映画だった。

何気ない台詞に込められた強い皮肉と優しい思いやりのバランスが素晴らしい。
特に、赤ん坊の頃のメアリーの成長を指してフランクが使う「個性を爆発させる」という表現が印象的だった。
「特別な才能」も「普通のこと」も「個性」のひとつであり、生き方を縛るものじゃない。
観ている間、「ドリーム」の別の側面のように感じる傍ら、「ゲット・アウト」に通じる部分も感じて尚のこと面白かった。

それにしても、「ドリーム」「ゴッホ」「KUBO」「Gifted」と人生を丁寧に描いた映画を立て続けに得ることが出来て幸せです。
Misamisa

Misamisaの感想・評価

3.3
メアリー可愛すぎ!!!
数学は未知の世界だわ〜
足し算ぐらいがちょーどいい🤭
and

andの感想・評価

4.1
途中からうるうる。


"愛情"

素敵でした:*:・(*´ω`pq゛


どんなに優れていても
まだまだ子供なんです。

ほんまに、人間らしいドラマを観させてもらったなぁ。
メアリー役のマッケンナ・グレイスの演技力は素晴らしく、キャプテンではない叔父のクリス・エヴァンスにやられました。

祖母も叔父もメアリーの幸せを心から思う気持ちにウソはなく、どうするべきかを真剣に考えているからこそ、争い、悩む。
思いが伝わらないことあるよね。
見方をかえれば、皆、愛にあふれてる人達。

ただ、やはり叔父とメアリーのシーンに何度も涙し、最後は号泣してしまいました。
ほんと、素敵な映画でした。
せつ子

せつ子の感想・評価

4.8
大好きな500日のサマーのマークウェブ監督だったので観た。

物語は能力を生かすべきか?普通に育てるべきか?で揺れ動くが、本当は答えはもっとシンプルで、自分の「好き」を大事にして生きたらいい、ということなんじゃないかなと感じた。それはきっと、メアリーだけじゃなくてフランクもだし、お母さんやお姉ちゃんもそうだったんじゃないかなぁ。

メアリー役のマッケナグレイスがとってもキュートで、不満げでふてぶてしかったかと思えば無邪気に笑ったり、表情がコロコロ変わって悩殺されてしまう!

フランクの子育てと、メアリーの育ち方が清々しい。音楽もいい。

さりげない描写の中でもキャラクターのバックグラウンドがしっかり描かれていて、対立する母親も悪役というよりはバックボーンを持ったひとりの女性として、その人の人生と人格形成を想像する余地があって良かった。
ケンゴ

ケンゴの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

片目であることも、数学の才があるようにギフテッドなのかもしれない
ハナレグミ、というか永積さんの歌が頭の中をずっと流れてた。

こんなのセコイよ
って思うくらいツボを押さえつつなんだか新しさもあって良かった。
予告編で見た時は女の子ウザそうって思ってしまったけど映画観たらめちゃくちゃ愛せる女の子で、大変失礼ぶっこいた。

とりあえずSOMEWHERE好きには堪らん。天才スピヴェットとか都会のアリスとはまた違って面白い。

とにかく面白良かった。
久々にヒューマンストーリー系を映画館の大画面で鑑賞してしまったが、アメリカらしい露骨な争いとギフトを授かった女の子をどの環境で過ごさせていくのがベストなのかを主人公のクリス・エヴァンスが必死に考える姿に最後は連れと泣いてしまった。メアリー役の子役の子の大人びたマセガキの演技が素晴らしくて心持ってかれた。色々思い出深い作品となりました....
TomoHojo

TomoHojoの感想・評価

3.6
「片目のフレッドとハリウッド版芦田愛菜いや安達祐実?の大活躍!」

お母さんはちっとも悪くないよ。
ちょっとだけ親子のズレが生じただけなのさ。。。

それよりも家族の感動ものに水をさすアメリカの親権裁判制度のエグさがモロに露呈していて恐怖すら感じた。あれで和解はないだろうに!と思わず心で叫んでしまった。

印象的なシーンも沢山あった。夕陽をバックの肩車、上級生から友達を守るシーン。そして、何よりも病院へ連れて行って出産の現場へ立ち会わせる所など。

クリス・エヴァンスは元々現代劇向けだと思っていたので良い味出してて良かったと思いますね。

周りの女性客は号泣してたが、自分的には総合的に適度な笑いあり感動ありな佳作かな。。。
きぃこ

きぃこの感想・評価

5.0
肉親、家族、教師、隣人、専門家、法律……一体誰が子どもの「最善の利益」を守るのか。どの子どもにも、誰にでも関わる根本的な問いだからこそ、すべての立場の言動から目が離せませんでした。ギフテッドという言葉がいい意味で使われなくなることが、次の一歩なのかもしれません。