gifted/ギフテッドの作品情報・感想・評価

gifted/ギフテッド2017年製作の映画)

Gifted

上映日:2017年11月23日

製作国:

上映時間:101分

ジャンル:

4.1

あらすじ

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにと…

フロリダの小さな町で生意気ざかりの7歳の姪メアリー、片目の猫フレッドとささやかに暮らしている独身男のフランク。その小さな幸せは、メアリーの天才的な才能が明らかになることで揺らぎ始める。メアリーの特別扱いを頑なに拒むフランクだったが、そこにフランクの母エブリンが現れ、孫のメアリーに英才教育を施すためにフランクからの引き離しを図ります。フランクには亡き姉から託されたある秘密がありました。メアリーにとっての本当の幸せはどこにあるのか、そして、フランクとメアリーはこのまま離れ離れになってしまうのか・・・?

「gifted/ギフテッド」に投稿された感想・評価

ayame

ayameの感想・評価

3.8
子供っぽくて生意気で
メアリーがとっても可愛い

結局どっちが幸せだったのか、
答え合わせは大人にならなきゃ
分からないけど、
今のメアリーが幸せそうでよかった
天才的数学の才能を持つ主人公の少女、を演じる子役のマッケナ・グレイスちゃんがすごい。
動きやら喋りやらが本物の天才少女に見えるうえに、ちゃんと子供らしさも残しつつ……の塩梅がすごい。こんな難役を完璧に演じきる子役がいるなんて!

ここまでの天才オーラ出しときながら、素のグレイスちゃんがとんでもないアホな子だったらどうしよう。勝手に気になり彼女のインスタを見てみたところ、日本が大好きだということがわかった。来日した際には〝ロボットレストランに行ったり、神社で絵馬を奉納した〟とのこと。これではアホかどうか判断しかねる。ロボットレストランはアホの象徴そのものだが、子供が観光で〝絵馬奉納〟をチョイスするあたりに知性を感じるのからねぇ(適当)。とりあえず、ピカチューのぬいぐるみ抱いてる写真が、So cute極まりない。

そんなグレイスちゃん演じる天才少女メアリーと心を通わせるのが、お父さん、、ではなく叔父さんで、親権を争うのがお母さん、、ではなくおばあちゃんという構図がいい。そこには「パパとママどっちと暮らしたいか選びなさい」的重々しさがない。ビミョーに外野だからこそ生まれる独特な〝距離感〟にグッとくる。きっとラストの感動は「親父のつもりだけど俺は叔父さん」と「孫に娘を投影するおばあちゃん」の狭間で起こるもんだと思う。いい映画!
さと

さとの感想・評価

3.8
天才でも子供ならなおさら普通のこともしたいよねって凡人の自分でもそんなふうに想像した。

女の子の拗ねた号泣とフレッドの愛ある決断に涙が出た
並男

並男の感想・評価

4.1
子育ては親のエゴ。一番大事なのは子供が何をしたいかなんじゃないのかなぁ。
心が温まる。
クリス&マッケンナちゃん本当に親子に見えた!!
マッケンナちゃん演技が凄い!将来に期待!
天才もいろいろと苦労しそう、自殺した母親を誰も責めれないと思う。

暇だからみたこの映画に心癒された。
キャプテンアメリカのイメージが強い役者さんが姉の娘(つまり姪っ子)の父親代わりとなって終始葛藤する叔父さんと姪っ子の絆映画です。

亡くなった母親から譲られた天才的な数学の知能を持つ姪。
その才能を持った子どもをどういう環境で育てるのがいいのかを問われているのが話のミソです。

どんなに人より優れた才能を当人が持っていたとしても、その才能を活かすことが当人の幸せに繋がるとは限らないのです。
大人も子どもも本人の意思が一番尊重されるべきですね。
才能が活かされなくても当人がそれでいて幸せだったらそれでいいです。
親は子どもにとって一番の幸せは何かを考えます。
けれどそれを自分や周囲の考えで決して押し付けてはいけないですね。

姪っ子役の子が可愛い、娘ってこどもって可愛いですね〜
亡くなった母親の死の理由については深く掘り下げられませんでしたね。
もうちょっと深い話があるのかなと思っていましたが事なきを経て落ち着くところに落ち着き平和に終わる映画でした。
少々物足りない感はありましたが、子を持つ親として考えさせられるテーマの作品でした。
dameyaji

dameyajiの感想・評価

4.2
「本当の親でなくても家族になれる」

とても温かくて優しい作品だった。

最近ではもっぱらキャプテン・アメリカとしての印象が強いクリス・エヴァンスの本作での少し影のある独身男性フランク役がとても◎。

そして、まだ7歳にして数学に関して天才的な才能を持って生まれたフランクの亡き姉の娘メアリーとのまるで本当の親子のような関係の描き方も実に優しくて◎。

本当の親子ではないこの二人の絆がとても優しく描かれていて途中何度も目頭が熱くなってしまった。

特に、フランクが産婦人科の病院にメアリーを連れて行った行ったあのシーンは思わず涙が溢れた。

「ここで泣かすぞ」的な強引な演出ではなく、自然な描写で涙を誘うこのような優しい演出が出来るマーク・ウェブ監督って監督自身がとても優しい方なんでしょうね。
(ブルーレイの特典映像で監督のインタビューを見ててもそんな感じがします)

あと、フランクの隣人で親友のあの黒人さん(オクタヴィア・スペンサー)。
最近の作品だと「シェイプ・オブ・ウォーター」にも出てましたが、彼女の存在感っていいですよね。
(本作ではメアリーと二人でカラオケ歌うシーンが大好き♡)


「500日のサマー」も好きですが、マーク・ウェブ監督はアメスパみたいな派手な作品よりもこういった地味で優しい作品を作ってくれた方が好きかも。

何度も同じ単語を使ってしまいましたが、この作品は…優しくてとっても好きです。
その子に最善だと思っていても、その子自身にとっては分からない。
黒猫

黒猫の感想・評価

4.0
フランクとメアリーが海辺で戯れるシーンや病院でのシーンで垣間見れる二人の関係性が心に沁みた。

頭脳の面では天才なメアリーが、ネコのフレッドについて語る場面が、子どもらしくて、かわいらしい。

フランクがメアリーを、メアリーがフランクを思う姿に心打たれた。
John26

John26の感想・評価

3.6
マッケナ・グレイスもキュートだったが、片目の猫のフレッドが可愛すぎた。

クリスエヴァンスの子供に対するスタンスはとても共感できるが、それならそれで働き方とかもう少し考えたらとか思ってしまった。

ラストは、んーあんまり好みでない。収まるところに綺麗に収まった感じ。
>|