連合艦隊の作品情報・感想・評価

「連合艦隊」に投稿された感想・評価

今の私達と変わらない人々が戦争に巻き込まれて行ったということ。
歴史に学んで平和な世界を目指したい。
戦争を始めるのも難しいが、終わらすのはもっと難しい……



松林宗恵 監督、中野昭慶 特技監督 1981年製作
主演 永島敏行、財津一郎、丹波哲郎


勝手にお知らせシリーズ「今日は何の日」
本日、4月7日は太平洋戦争において「戦艦大和」が撃沈した日なんですよ。なので、この映画をレビューします。「連合艦隊」( •̀ω•́ )و✧


開戦直前から大和沈没までの5年間を余すところなく描いた本作。涙なくして観れません(T_T)



昭和15年、太平洋戦争開戦直前の日本
開戦が避けられない状況の中、戦争が回避出来ないのなら、せめて短期決戦で戦争を終結させる道を模索し、山本五十六連合艦隊司令長官は機動部隊によるハワイ真珠湾攻撃を立案する。


そして、
昭和16年12月8日、ハワイの真珠湾に機動部隊による奇襲攻撃をかける

それと時期を同じくして完成した「戦艦大和」
世界は航空機時代を迎えながら、日本は未だ大艦巨砲主義により迷走を続けるのです。

12月17日、当時、世界最大の巨艦、戦艦大和が就航

翌昭和17年2月連合艦隊の旗艦となる


昭和17年6月6日、「ミッドウェイ海戦」で歴史的敗戦。この敗戦により、日本の命運は大きく変わってしまった。


同じく、昭和17年の8月以降、ガダルカナル島での戦いでの敗戦で、日本はジリ貧の長期戦を余儀なくされた。海軍はこの戦いの中で空母の瑞鶴、翔鶴が被弾し、戦列を離れ、この後の戦いに影響が出ることに……。


昭和18年4月
山本五十六連合艦隊司令長官がブーゲンビル島で死亡


昭和19年6月からのマリアナ沖海戦では「マリアナの七面鳥撃ち」と言われるほどの大敗北を喫する。



昭和20年4月7日、沖縄に向かう途中、387機ものアメリカ航空機の攻撃に晒され、大和沈没

戦争オタクならもっと上手に解説してくれるんでしょうが、僕はあまり詳しくないので、こんなざっくりで申し訳ない。映画に出てくるところをチョイスしました。実際はもっとドラマがあるよねぇ。



はぁ、辛い(T_T)

本当に日本のオールスターキャストと言えるスケールの大作映画でした。どの出演者も素晴らしい存在感を発揮していました( ˘ ˘ )ウンウン
みんな語りたくなりますよね。

古手川祐子さん、可愛かったですね~
そして、切なかった。


また、最後に流れる谷村新司さんの「群青」がたまらなく切なくて、日本映画らしく、うまく叙情を出していましたね……。こりゃ、泣くわ。

大和の最期をしっかりと見届けました(`・ ω・´)ゞビシッ!!
劇場七本目、企画上映にて20数年前に地上波鑑賞以来の再鑑賞。
思い出しながらの鑑賞だったが名場面とか名台詞とか大体覚えてた。この映画は「二百三高地」ばりに丹波さんが勇ましくて格好良いんですよね、、、
【あらすじ】
1940年、日独伊三国同盟が締結。ここから約5年に渡る日本海軍の興亡が幕を開けた…。

本日3/17は京都みなみ会館最後の特撮オールナイト! ラインナップは『連合艦隊』『ゴジラ(1984)』『シン・ゴジラ』の3作品! さらにゲストで中野昭慶監督と樋口真嗣監督のトークショー付き! 開始はもうすぐ、23時から。じゃあ何で上映の1時間前にレビューしてるのかって?

行けなかったんです…。チケットが完売してました。わざわざ1ヶ月ほど前に往復千円以上もかけてチケット買いに行ったのに、「立ち見も含めて全て売り切れです」と言われた時は膝から崩れ落ちそうになった…。と言うわけで、今回は未練タラタラの追っかけレビュー。3日に分けて3作品を投稿します。

日本特撮ここにあり! この映画の最大の魅力は特撮だろう。特に戦艦大和の迫力は凄まじい。真珠湾攻撃や大和撃沈の際に見せる大きな水柱。そして、画面一杯に映し出される大和の姿の圧倒的迫力! そして艦首に輝く菊花紋章にぶつかる波しぶきが美しい。特撮で最も難しいとされる水の表現を非常に上手くこなしている。
しかしながら話は流石に詰め込みすぎている。真珠湾攻撃、ミッドウェー海戦、レイテ沖海戦、坊ノ岬沖海戦…。5,6本映画が作れるほどの題材を、たった2時間25分に凝縮したため、展開がメチャクチャ早い。早すぎる。物語全体の戦況に関する描写は、まるで中学の教科書のような淡白さがある。
このような重厚な特撮と薄味な歴史描写のアンバランスさを、「さぁ泣いてくれ」と言わんばかりの人間ドラマで上手く繋ぎ合わせたのは中々に面白い。淡々と進む中にも、しっかりと泣き所が用意されているのが良い。中井貴一の最期とバックに流れる谷村新司の『群青』は、何度観ても泣ける。
劇場で観たかったなぁ
電球色

電球色の感想・評価

3.1
東宝映画の中でも屈指の名作であると言える『連合艦隊』
熱い演出、素晴らしい映像
どれを取ってもレベルの高い作品である
Jeffrey

Jeffreyの感想・評価

4.0
‪「連合艦隊」‬
‪松林宗恵が描く戦争スペクタクル超大作を初BDで再鑑したが最高だ。もーね戦艦大和がスクリーンいっぱいに出現した時の感動は忘れられない。本作は太平洋戦争開戦から大和の最期を連合艦隊を軸に描き、その時代に生きた人々の心情の描写と歴史背景、迫力ある主砲発射には感動の極みだ…。‬
坂

坂の感想・評価

3.8
対米戦4年間のダイジェストであるため、一つ一つのエピソードは短い。他の映画も観ないと物足りないだろう。
主題歌の群青は大変な名曲。
瑞鶴、好きだったなぁ。
戦闘シーンはミニチュアによる特撮で今の目からみると・・・
先日「トラトラトラ!」の本物を見てしまった後では仕方ないか。
しかし、この映画は戦争がもたらす不幸を描いて、
松林和尚の確かなメッセージが伝わってきます。
100年もたたない昔は、国体とか民族的尊厳とかいう観念に命を上回る価値を見ていた日本人がいた、というのが不思議な感覚。これは美点であると同時に、弾圧や玉砕、特攻を招いたものでもある。ともかく死に過ぎである。
☆☆☆★★

2017年8月2日 国立近代美術館フィルムセンター大ホール
>|