お米とおっぱい。の作品情報・感想・評価

「お米とおっぱい。」に投稿された感想・評価

寸pyong

寸pyongの感想・評価

2.4
小劇場での演劇を意識して撮った?

邦画お決まりの台詞が聞き取りにくいところと、やはりちょっと長く感じましたね
観劇ならば面白かったかもと思ってみたり

上田監督はショートムービーがお得意のようですし、そんな作りだと気に入ったかな
他のもDVD化されそうだから気長に待つとします
カメラを止めるな!の上田慎一郎監督、
「12人の優しい日本人」テイスト、
お米とおっぱい。とゆうタイトル。

この要素で面白そうと思ったんだけど、
これは期待ハズレだったかな。

カメラを止めるな!は他に代わる物が無い映画だったけど、
これを観るなら「12人の優しい日本人」を観た方が満足感がある。
似たようなシーンとセリフがたくさんあるのにそれに見合う名シーンが無い。

カメラを揺らしてたのと、藤村俊二の偽物みたいな人が気になった。

終盤の「ルールは1つ…」の所は良かった。
まちゃ

まちゃの感想・評価

2.9
彼女と観た。

話し合いましょうと言ってる人が自分の意見変える気ないのがすごくフラストレーションたまる笑
みーく

みーくの感想・評価

2.5
生まれて最初に口にするのはおっぱい

それ以外はほぇーて感じだった
彼氏とみました。
まぁ

まぁの感想・評価

3.5
「カメラを止めるな!」の上田監督作品…♬…長編デビュー作…ですね…♡
ずっと観たいと思っていて…1週間レンタル可になったので…早速…♬

「明日、お米とおっぱい、どちらか一つがこの世からなくなるとしたら……どちらを残すか」…を
議論しあう5人の男性…(笑)
…全員の意見が一致したら、終わり…(笑)
(しかも、10万円の報酬つき…笑)

くだらない〜(笑)
本当に…くだらない〜(笑)

最初の方は…クスクス、クスクス…(笑)
…でも…議論がどんどんヒートアップしていき…
同時に、5人それぞれの「心情」「事情」が分かるにつれ…
笑えなくなってきた…(笑)

最終的な答えは……劇中のようになるだろう…と…予想出来たけれど…(笑)

「お米とおっぱい」で……ここまで「熱く」……語れる「男性」は…凄いな…と思う…(笑)

…女性は…考えない…よ…(笑)
(おち◯ち◯とお米…なんて…笑)

でも…たまには…
「くだらない」事を考えたり…
議論する事も…大切かもしれないな…って
思った…(笑)

ほぼ「密室」の「会話劇」…
鑑賞し終えた今は…少し「疲労感」…(笑)

男性の皆さん…
「どっちを残す?」…(笑)
しゅん

しゅんの感想・評価

2.5
【ある一室に集められた丸眼鏡の男ら5人の男達。帰るにはお米とおっぱいこの世で1つだけ残すならどちらかを議論し全員の答えを一致させなければいけないコメディ映画】

[土俵違いの激論]
上田慎一郎監督長編デビュー作。
傑作『十二人の怒れる男』を思わせる作風。議題が議題なので同作ほどではないにしろしっかりと議論になっている。
議論シーンはユルいコメディ描写や長回し等撮影の工夫もありなかなか楽しいが収束と比例して目新しさに欠けてしまいもったいなかったかなと。

そのままラストもありがちな内容にまとまってしまっていてもっと突き抜けても良かったかな。
議論の結果とは別にストーリーが進むにつれそれぞれのプライベートな部分が明らかになっていく楽しさもあるがここも爆発力が足りなかった。
伏線はちょこちょこ張られていて『カメラを止めるな!』の片鱗が。

個人的にはおっぱい残したいな。米の代用品はすぐ開発されそう。
すげーくだらねえ議題を大の大人達がお金の為にそれぞれの思いを持って
それぞれの為に話し合うコメディー映画

それなのになぜか最後まで見たくなる。
途中で飽きかけてきたりもしたが、
それぞれのキャラクター、心情、事情等様々が混ざり合って結果気になって最後まで見たくなる。

場所もほぼほぼ一ヶ所で撮影してるから低予算で抑えられていたが良かった。
DVDで鑑賞!(12/13) 「カメ止め」の上田慎一郎監督の長編デビュー作品ですね~ タイトルもかなり微妙ですが、内容もかなり微妙… お米とおっぱいを比較して議論するという話、あまりにも無理がありすぎて、見ていて疲れちゃった…(笑えるところも、思ったより少ない…) ま、個人的には、お米の代わりはあるけど、おっぱいの代わりになるものはないだろうと思うんだけど、どうでしょ…
ピッピ

ピッピの感想・評価

2.9
こういうくだらないテーマ大好きやけど、映画として観る必要あるか言われたらウ〜ン🍚🤔🍼
ksm

ksmの感想・評価

4.1
この世から無くなるとしたらどちらを残すかを考える話

冒頭の
「おっぱいって呼称は議論向きじゃないから、乳房と呼ぼう」
「いやいや、乳首あってのおっぱいなんだから、それじゃダメだ」
このくだらないけど、おっぱい派閥には重要なくだりでつかみはバッチリでした…

こういう、もし議論って大好きで、6人目の参加者として仲間に入りたかったな

それぞれ参加者の背景とか絡めて意外にもドラマっぽさあり。
演技が舞台っぽかったりもっと議論を白熱させて欲しかったりと気になる部分は多いけど楽しかった!
>|