truth 〜姦しき弔いの果て〜の作品情報・感想・評価・動画配信

「truth 〜姦しき弔いの果て〜」に投稿された感想・評価

Yuya

Yuyaの感想・評価

3.8
佐藤二朗は James Dean じゃない!

なぜに女3人は死後のアレが欲しい?

…とりあえず 写真と喘ぎ声だけでも
佐藤二朗は 十分に面白いとわかった

慈しみよりも 笑いが勝ち
痛快さよりも 卑猥が目立つ
この不謹慎なアングラ感こそが
ヒットメイカーに落ち着きたくない
堤幸彦の中での 静かな抵抗かなぁ

男って こんくらい自分勝手でって
愛って こんくらい自己満足でって
そんなんをクールに否定する女に
土下座してる自分を想像する愉快さ

ぶっちゃけ これを大女優でやって
むちゃくちゃに酷評されてほしい!
中谷美紀 仲間由紀恵 篠原涼子あたりで…
自分は絶対に観るし もう満点に決めるけど
てぃと

てぃとの感想・評価

4.0
14:00

三年付き合っていた彼が亡くなった。葬儀の後に彼との逢瀬の場所へと行くと そこには同じく彼女と主張する女が…
ワンシチュエーションで繰り広げられる女同士の壮絶な争い、マウント。最後にはお互いに通じ合う様。楽しめました♪
Q10太

Q10太の感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

コロナ禍に仕事がなくなった女優さんが発案した堤幸彦監督のインディーズ作品って事が胸熱で見ました。

ワンシュエーションなのですが、勢いある展開と全力の演技で面白かった!

ノーブルな魅力の河野知美さんのモノマネといきなり体張るとこ最高。

佐藤二郎さんの声と写真出演なのも爆笑と変な説得力。

女の性の色んなバージョンが見れたし(映画的な面白さにしてくれてる)ラストの注射器のシーンは美しくて好き!女優さんが並んだあのカット

自分だったら〜と考えたら、すごく感情移入してノリノリで注射器打とうとしてその瞬間に「やっぱ無理!」って叩き割って帰りそうだなーなんて考えるのも楽しかった。
紫式部

紫式部の感想・評価

3.3
舞台を観ているようだった

一人の男の死と、彼に纏わる3人の女性の痴話喧嘩だけど、佐藤二郎じゃあ説得力ないわ😓
桃龍

桃龍の感想・評価

4.5
女性3人での『キサラギ』からの、ある意味しあわせな展開。
ネタバレ厳禁だけど、アイデアや脚本が素晴らしい。
3人のキャスティングも演出も演技も素晴らしい。
さすが名古屋の至宝・堤幸彦監督の50作目。佐藤二朗も素晴らしい。

以上が観賞直後の感想。以下は舞台挨拶後の感想。
キャスティングというのは正確ではない。出演してる女性3人がプロデューサーだから。武漢ウィルスで仕事がなくなった3人が文化庁の助成金700万円の〆切当日の朝に決心し、申請が通らなければ借金を抱えるハメになるのに見切り発車した度胸にスコア0.5プラス。
2022-01-16記。
tarch

tarchの感想・評価

-
堤幸彦監督。インディーズで迎える映画50作品目ってところがカッコいい!(コロナでたまたまか?笑)コメディ要素は堤監督らしさ全開⁉︎笑。ひとつの空間で完結する演劇的とも言える映画。(2022.108本目、映画館41本目)
堤幸彦監督、プロデュース&主演の広山詞葉さん、生島ヒロシの息子でダンサーの生島翔さんらのトークショー&サイン会で鑑賞。

この作品、3人の女性+佐藤二郎(写真と声のみ)のみ主演で部屋の一室しか出ないんですが、めちゃくちゃ面白かった‼️
しかもたった2日で作ったらしい。
事故死した男性の彼女だという3人の女性の会話劇で、かなりキワドイ会話が繰り広げられます。恋人や家族で観に行くとかなり気まずくなりますよ笑
写真しか出ないのに笑いを拐う佐藤二郎はさすが!です(映画のビジュアルの後ろに写ってるんですよ、気がつきました?)
女性の一人、福宮あやのさんは撮影時妊娠5ヶ月だったって驚き!

バラエティ番組出身だからか堤監督のトークショー司会ぶりはめちゃくちゃ面白く、会場は大盛り上がり!
文化庁に助成金申請するのにかなり苦労してたプロデュースもした広山詞葉さんに”申請女優”と呼んだり、テトラポッドで転んで血みどろになりながら撮影していた話など…笑
あと堤監督の一番お気に入り「慶応とか…慶応とか」笑

Filmarksには登録されてないのですが、『Trinity』というダンスを中心にした映画も上映され、生島翔さんらの前衛的なダンスが凄かった。裸で踊るシーンも多く「こんな天気がいい昼下がりにお尻を見せてすいません。」って謝ってました笑

インディーズなので、パンフレットも自ら作り上げたようで、そのパンフレットへのサイン会でも少しお話できて充実した時間でした😊
スパイダーマンを明日にして #映画truth を観てきた。

はっきり言って最高だった。出演者は3名の女優のみ。各々の素晴らしい演技に、お笑い要素がてんこ盛り。これこそ、まさに喜劇!

コロナ禍で生まれた演出が、かえってわかりやすく海外で多くの賞をとったのも納得。

3人の女優魂、ぜひ劇場で。
miyabi

miyabiの感想・評価

4.0
凄い。完全に 舞台劇。それを 映画で。

1人の男が 死んだ。
そして、葬儀の夜、その男の部屋に 喪服の3人の女が。
それぞれの 思惑を持って。
3股。お互いを 当然 知らずに。
モテる男だ❗
写真見て ビックリ‼️
佐藤二朗だぜ⁉️
笑っちゃった。
3股だよ⁉️
モテるんだよ⁉️
中年って 凄い。
試写会!週2で堤監督のお顔見た
全編ほぼ1つのセット

こんなに人のこと好きになれるの素敵カッコいい羨ましい わたしにはまだ分からないネーーーとなった
>|

あなたにおすすめの記事