夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

 漁港の街に住む中学生たちが人魚と出会って、人魚を利用しようとする悪い大人たちとかと対立する話。

 人魚のルーのキャラクターが面白くて主人公たちとルーの出会いから交流の前半部は湯浅監督作品らしい独特のポップでシュールな映像も効果的で面白く見ることができました。ルーが歌うと勝手に踊りだしてしまうとか素直に楽しいシーンでした。

 ただ中盤の人魚の存在に大人たちが気づいてそれでお金儲けをしようとして、主人公はそれに反対するけどその流れに逆らえず…。案の定、ルーが嫌いなライトを浴びせられたりして疲れちゃったりして人間社会との軋轢が発生して、ルーを救おうとする主人公たちの活劇。という流れは何百回と見てきたような展開でどんどんと退屈に感じてしまいました。人魚に恨みを持つおじいさんおばあさんとかとの対決があったりして、人魚は怖いと思っていたら実は優しい…。というのも面白くもなんともなかったです。むしろ人魚に愛する人を殺されたと思っていたおばあちゃんの前に人魚になった愛する人が現れたりしましたが、どうして何十年も姿を現さなかったんだろうか。そして有無を言わさずおばあちゃんも人魚化させられたりして問答無用に仲間にされてヴァンパイアみたいな人魚たちでした。主人公自身もずっとうじうじしていて最後にやる気をだすだけにしか見えず面白みに欠ける主人公なのも痛かったです。

 ルーを恐れる割にはルーのお父さんは明らかに異質な存在なのに街の人たちは受け入れて役場みたいなところで働いてたりして、どういうリアリティラインなのか戸惑う描写もありました。

 とはいえ、斉藤和義さんの歌がめちゃ良いというのは再確認できる映画でした。
作品の雰囲気がねむようこ感すごかったなー。
どうでもいいけどあんなに畳水浸しになったら激おこだろうなぁ。
Miyuu

Miyuuの感想・評価

4.2
自分がどうなろうと愛する人の元に行きたいその気持ちに最後涙した。

そして歌うたいのバラッドが更に感情を高めてくれた結果、号泣www

初め絵がタイプじゃないなとか思ったけどそんなもんすぐ慣れたわw
ストーリーがまたほんとよかったなぁ。
素敵な作品でした🙏🙏🙏
きよ

きよの感想・評価

4.5
ルーはポニョみたいな声で
最後らへんもポニョみたいな展開だった。
歌うたいのバラッドが最高によかった
最初からケツまでずっと面白い。ラストの怒涛の展開は圧巻。泣かせるのに笑わせるバランスが天才的。湯浅監督にしてか出来ない芸当だと思う。
たっぽ

たっぽの感想・評価

4.0
細かいことは置いといて、ラストの歌うたいのバラッドが沁みた。
ふるた

ふるたの感想・評価

3.4
生活レベルでの快楽と、
ファンタジーの快楽を混ぜたような
快楽主義者のための映画。

メッセージ性とか、意味が生まれないように
ストーリーの配分をギリギリにしてる感じが絶妙。

関係ないけど、
アイドルとノイズが合体した理由が
分かったような気がした。
aoi

aoiの感想・評価

2.5
アニメーションはすごく面白いんだけど、世界観と内容について行くのが難しかった、、、うーん、、、
kaname

kanameの感想・評価

4.5
予想を遥かに超えてきたとんでもない作品!ずっと引き込まれっぱなしで見た後の満足感はすごい(>_<)
監督はジブリ好きを公言しているが、その愛がそこら中に詰まっている!
だが全然違う。
低迷しっぱなしのジブリ、もしこれがジブリだったら…宮崎駿を受け継ぎながらも新時代への突入のような感じで、改めてジブリの偉大さを感じられたと思うが…

映画が始まった瞬間はこのイラストが自分の趣味み合うかな…と思ったがグイグイ世界観に吸い込まれて、終わった後にはあいつらにまた会いたい。と思うほど!

一緒に見た子ども達も大満足の様子♬
子どもにもオススメの作品!

こちらの監督の「夜は短し歩けよ乙女」も見てみたい。
この監督の世界観が気になる♬
やんぬ

やんぬの感想・評価

3.0
残業・休日出勤なしで作ったと言う偏りまくった知識で観た笑

ラスト20分の流れが好き
犬かわいいー
JPOP分からなさすぎて、多分本当の意味で楽しめてない笑