夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

素晴らしい

ありがとう湯浅監督

感想は後程
自分が好きなものを素直に好きだと叫ぶ。すごく単純なことなんだけど簡単にはできないんだよね。好きなものを好きと言い、自らの人生は自分で決める。そんな人間になれたらいいな。

夜が明け街を陽が照らしたとき、それまでの何気ない日常がすごく輝いて見えた。
naoshi

naoshiの感想・評価

4.7
ブランコが揺れて天地がひっくり返った原風景を観るにつけ、本当に溜息がでた。見事なり!今年観た中で一番泣いたかも。
アニメーションは素晴らしいのだけれど、お話がそんなにいいと思えなかった…
ポニョとトトロを足したような…
notitle

notitleの感想・評価

3.4
指パッチンから始まる、素敵な入り、ワクワク心踊るオープニングクレジット。ニヤニヤして、気持ちが最高潮に。そう、多分個人的にはここが一番のハイライト。割と尖ることなく、話が進んでいった印象。普通、といってしまうと余りにも雑だけれども。
ちょいちょいぐっと来る所あり。カイが徐々に心を開いていく感じと閉ざす感じが思春期らしい。

そしてやっぱり歌うたいのバラッドが最高。
Ren

Renの感想・評価

3.9
個性的としか形容できないOPタイトルから、とにかくヘン。
ディズニー映画のごとく滑らかにステップを踏むダンスシーンや、回想・空想シーン、いすレース選手権、そしてルーのパパ(cv.篠原信一)…
などなど、ほんとにヘン。

ただ、見世物や観光資源として人魚を利用していく人間の汚い姿を見せながらも希望のある終盤にテーマ性を感じた。

何度も流れるけど使い方の上手さと曲自体の良さからしつこさを一切感じない「歌うたいのバラッド」と、YUIの「fight」が素晴らしかった。

かなりヘンだけど、ちゃんと主人公と周囲の人々のひと夏の成長物語になってるし、めちゃくちゃ爽やかな青春映画だった!
初めてルーの歌を聞いてからタイトルまでのあの感じに一瞬で好きなやつだなと思った!!
いい意味でツッコミどころいっぱいというか、こんなの知らなかったな。
歌もいいし、一人一人のキャラもいい、と思ったら ねむようこさん関わっててテンション上がった。
湯浅監督の作品初めて見たけど、他のも見よう、!
〈/それぞれの夜明け/〉

【Review】
やっぱり映画と音楽との関係は密接なのです。
素晴らしい音楽が流れる映画はそれだけで観客を感動させる力を持っているのです。
もう...ただただ好きです。
......好きすぎて僕の《ナーンモカケナクナル症候群》が発症したので今回はこれでご勘弁を。。
ひまり

ひまりの感想・評価

3.8
躍動感のある絵とリズムがマッチしていて良かった。オープニングの入りは心を惹きつけられる。歌うたいのバラッドももとから好きな歌だったが、映画内に上手く取り入れられていてさらに好きになった。
そしてなんと言ってもキャラクターに愛嬌があってかわいい。ルーを筆頭にルーパパや犬魚?、歩く骨の魚などすごくかわいい。
見てて元気になれる映画だった。