夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

のんの

のんのの感想・評価

4.2
音楽の使い方と、湯浅監督の良いところが沢山出てて常に興奮してながら観た
色使いと描写の独特な表現がとても好み
ちょめ

ちょめの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映像表現がカラフルでぷりぷりしてて気持ちが良い!
どこまでも優しくて清々しい、温かい物語でした。

登場人物もみんな可愛いし
歌うたいのバラッドが主題歌なのがたまらない!
ところどころグッとくるシーンがあったけど、
タコ婆とお爺ちゃんが大切な人に再会するシーンは号泣…
あとワン魚可愛すぎて一緒に泳ぎたい
夜は短し歩けよ乙女で好きになった湯浅監督。

なんだかポニョの世界と似ているけれど、そんなの関係ないと思わせてくれる可愛い映画だった。

千鳥の2人が声優してたみたいだけど、気付かなかった。

さすが島人!違和感なかった。

カイくんが歌う「歌うたいのバラッド」特別歌が上手いわけじゃないのに、心に響く、人を惹きつける歌声。

そこに掛け合わせるように、傘がパッパッパッと開いて行くシーンに自然と涙が出た。

これがアニメ映画の不思議な力だと思う。
おーば

おーばの感想・評価

4.0
夏のノスタルジーを感じるけど、どうしても自分の夏思い出と重ねちゃうんすよなぁ。泣けるわ


Yuiも和義もよすぎる。
最後カイが歌ってた時僕も口ずさんでたや。
のりP

のりPの感想・評価

3.5
お客さん自分含めて2人やったけど笑いあり涙ありでよかったと思う。
昔のディズニーのような動作・足さばきのダンスシーンが観てて気持ちよかった
人魚はいい生き物だと説きながらも、恐るべき側面(活き絞めとか、噛んだら…のところ)は恐ろしく、薄気味悪く描いていて、本当に共存できるの?という疑いを観ながら持つことができて、その感覚がとても良かった
Leo

Leoの感想・評価

3.9
ディズニーのリトル・マーメイドや、
ジブリの崖の上のポニョが浮かんだ。

監督なりに先の作品に何かを感じて、
オマージュしていたのかもしれない、
と僕は都合良く解釈してしまうのだが。

少年とルーが初めて出会うシーンは、
唄に導かれた先で彼女を見つけてたし、
ルーの少年への愛情表現もそう思えた。

湯浅政明監督のアニメーションには、
日本離れしている感覚もある気がして、
それが僕の目には新鮮に映って見える。

夜明け告げるルーのうたはやや子供、
夜は短し歩けよ乙女は大人向けの印象。
とろろ

とろろの感想・評価

4.7
公開劇場も期間も少なくて見ることが出来なかったけど劇場で見たかった作品。
相変わらず私の大好きな色使いと抜群のセンスがたまらない。ワン魚可愛すぎる。
気持ちいいほどのスピード感も最高。
ストーリーもキャラもかわいいのに、目を覆いたくなるくらい残酷な無知と純粋さとエゴと悪意が鋭くて心抉られた。
歌うたいのバラッドが懐かしい。
日の光で消えていく名もない影がつらくて、前向きで明るいのに切ない。
全体に広がる懐かしさは手塚治虫っぽい絵柄のためかしら。とにかく自由で楽しくて、物理的な細かい矛盾なんて不問にさせる力はフリーダムなアニメ表現ならでは。キャラクターに影をつけないのは見やすくするためかしら。
伏線はキッチリ回収してるし「歌うたい〜」はチートレベルに泣かせるしタコ婆の台詞も刺さった。父ちゃんは連れていかれたんだね…。翌日まぶたが腫れて困ったっつーの😭
人魚に悪意は無いのかも知れんが、恐がられるのも仕方ないだけの能力よね
人魚版ポニョって感じ。ポニョよりあんまり可愛げがないなと思ったけど、見てるうちに可愛らしく思えてきた。

しかし後半の展開がカオスすぎてちょっとついていけなかった。

'夜は短し恋せよ乙女'と同じ監督だと知って、自分のレビューを見返してみたら、同じようなこと書いてるしスコアも同じ。作風が苦手なのかもなぁ、、