夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

4.0

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

湯浅監督のオリジナルアニメ✖️斉藤和義の「歌うたいのバラッド」これだけで見る価値がある映画。

湯浅監督作品のタッチは本作でも遺憾無く発揮されている。見ていてとても爽快感があるし、クスリと笑ってしまう場面も多い。

この映画は、塞ぎ込んでる少年が人魚ルーと出会うことで変わっていくという物語。
これを見ると、好きなものを好きって言えることの素晴らしさを心の底から感じる。

何より歌うたいのバラッドが名曲である上に、素直でありのままの気持ちを歌っているこの歌詞と、物語のテーマがとてもマッチしている。

つらつらとかいたけど、言いたいことは、「自分はこの映画が好き。」
はるな

はるなの感想・評価

3.5
私は湯浅さんの過去作のサイケデリックさが大好きだが、本人はそのサイケデリックさでマニアックなアニメになるようでは嫌だ、皆んなに受け入れられなくては意味がないと言ってた事を思い出した。

ダンスシーンは湯浅さんしかできない絵なんだろうな〜
描いた絵が活き活きとして躍動するというのがこんなにも楽しいのか、というアニメーション表現の楽しさの源流を改めて楽しむことができた。
夜は短し歩けよ乙女でもそうだったけど、キャラクターや背景を抽象化した絵を動かすことで、想像の先にリアリティを感じさせるのが実に巧み。

こんなに素晴らしい作品を封切り時にスルーしてしまったことを後悔すると共に、再上映を企画して映画館で観る機会を再び作ってくれた劇場に感謝します。


神奈川ではイオンシネマ港北で見逃し
池袋ヒューマックスが関東で最後だったけど見逃し・・・
縁が無かったんだな~って思ってたら
横浜で公開された!’`,、(’∀`) ’`,、

チャンスとばかりに行ってみた
(๑•̀ㅂ•́)و✧

「夜は短し~・・・」は原作が好きだったので
やや違和感あったけど
監督特有のパースの感じとか
本作のような独創性の高い作品でこそ活かされるんだと
改めて感じる良い作品。

こんな街に住みたいもんだ。

終始ワクワクする
音、音楽と動きが楽し過ぎる!!
劇場観賞で正解。

まだ拡散するかもしれないので
出会ったら劇場観賞を薦めます。
2回も観た上にBD予約したのに記録してなかった!
大好きな夏の気分と音楽の力が凝縮されている
自分から、色んなものを少しづつ削ぎ落としても、最後にこれだけは残るだろうなってもので出来ているので好き以上の思い入れがある映画です
最近アニメ映画見るたびに方言少女が登校の途中で商店街のおっちゃんおばちゃんと挨拶しあうみたいな導入シークエンス見かける気がする
軟体類みたいなディフォルメいつまで経っても慣れないな私
早くスタジオ地図ほど広告費かけれるようになってほしいです

3.11で最後まで防災無線で避難勧告をしていた彼女をはじめとした色んな方々が、永遠になりました
IITOMO

IITOMOの感想・評価

5.0
個人的にお話のディテールにこだわっちゃう方なのですが、後半につれて世界観にどっぷりハマって全く気になりませんでした。
街や人が浸水していく様をちゃんと観せたこと、視覚芸術史上、とても重要だと思いました。すごくギリギリだけど、ちゃんとあの時の記憶を塗り替えてくれました。

このレビューはネタバレを含みます

お母さんは映画内に写されてないけど、そういう要素があった方が想像できて面白い


最後、お母さんに会いに行くことに決めたり、田舎の町にも興味をもったけど山向こうの高校に行くことを決めたりというシーンに
主人公の自立を感じれてグッときた


41
miru

miruの感想・評価

4.0
歌うたいのバラッドが身体中に染み渡っていった