夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

YUI「Fight」
斉藤和義「歌うたいのバラッド」
↑劇中歌

全体的に良かったからこそ嫌な部分も目立った。

・序盤の主人公のボソボソ声の演技が聞き取り辛い。
(人魚の伝説の話などが聞き取りづらかった。)
・ジャンルが似てるから仕方ないけど所々ポニョみたいに感じてしまった。
登場人物の顔もたまにジブリみたいになってたから余計に見えた。

でも今まで見たアニメの中で一番人間の一つ一つの動作が細かく描かれていた。
人の動きがヌルヌル動いて見ていて気持ちよかった。

特に最後のカイが歌う「歌うたいのバラッド」を歌い上げるシーンのカメラアングルは凄いなって感心した。

映画の所々で色んなアレンジのされた歌うたいのバラッドが流れて心地良かったので音楽アニメ映画としては最高だと思います。

展開は割と早いけど、その割には映画の尺は長いから、もっと掘り下げるべき所に尺を使うべきだと思った。

PS.千鳥の二人が声優で出てるのはなんか嬉しかった。
なるほどポニョと比較されるよね。
どちらもファンタジー満載の人魚をテーマにしたアニメーションなのに受ける印象は全然違う。
ポニョは背筋が寒くなるような視点から見えるのに、ルーは底抜けに明るい。邪気が無いような。
見てて楽しいだけでなく、いっぱい泣かされた。怒りの表現が力強くて観ているこっちまで力が入る。
犬を保健所から逃がすところがとても好き。
ひとつだけ心残りは、子役が苦手な私には谷花音ちゃんの声がきつい。
michiru

michiruの感想・評価

4.2
めちゃくちゃ粗っぽい作品に、とういかそう思わせる不思議な魅力に、愛すべき音楽、人、人魚、犬、ダンス たくさんおりました。
歌下手!と思いつつ、それでも泣く‼
それほど全部が「まる好きー」くらい良い。父さんのカセット良い(おそらく同年代かその上くらい)。
タコ婆のあたりから、捨てられた犬がアホな飼い主助けるとこ、傘とじぃちゃんとお母さんのとこ、そして『歌うたいのバラッド』は最強。(私が一番本気で歌われたら即死するやつで、20年前に鼻声フェチになった一曲)

社長がチョーさんだと知ったエンドロール、あんなにムカついてたのに少し和らいだ。
アヌシー国際アニメーション映画祭2017 クリスタル賞作品。湯浅政明監督の自由なアニメーション。サイエンスSARUのアニメーションが世界に認められた瞬間である。
meco

mecoの感想・評価

5.0
似ているあのアニメより、断然こっちの方が好き!!
キャラクターが愛らしすぎる。ルーの髪の毛に魚が泳いでいるところとか、わんちゃん達の表情とか、私にはツボでした。
現実ではあり得ないことばかりおきたけど、そもそも人魚の話だし、はちゃめちゃ感はあっていいのでは?
Kiki

Kikiの感想・評価

3.6
ポニョであり君の名はであり。ルーかわいいし、アニメーションも相変わらず独特で面白いけど、ストーリーがもひとつ。
ゆみ

ゆみの感想・評価

3.5
爺ちゃんの話聞きたかったー
海だけど、黄色のイメージカラーを感じる映画
Iri17

Iri17の感想・評価

2.0
ポニョじゃないか。ひいてはタルコフスキーじゃないか。

ある一定の所属に責任を押し付け、憎悪を持ち迫害する。ナチスのユダヤ人迫害から日本の在特会にまで至る差別と迫害の歴史を人魚と田舎町に置き換えるというのは非常に上手いと思った。

しかし、面白くなかった。主人公の中二病感とか、女の子の自己中感がムカつく。まあ人間そんなもんだよって言われたらそれまでだけど、イライラしちゃった。

それにすごいポニョ感が強いのでなんか引いた。あと個人的に湯浅監督の絵があまり好きでないので世界観に入り込めず。

それと、音楽が物語のキーになっているのに、その音楽がビミョー。音楽自体も音楽描写もすごいビミョーで、これも残念でした。

個人的には残念な作品でした。
あぶ

あぶの感想・評価

4.4

このレビューはネタバレを含みます

先生の犬がね……先生が捨てた犬が先生を助けた後に手をふるシーンが一番好きです、あそこ泣き始めて傘のシーンでもう嗚咽ですよ。

湯浅監督らしいキャラクターの動かし方も大好きで歌うたいのバラッドもサイコーだし、鈴村健一パパのテープがRCサクセクションやハイロウズ、奥田民生でこれまたサイコーなのに何故かスマホ世代の今時の女子高生が好きな曲がYUIなのだけは納得出来なかった。
主題歌の「歌うたいのバラッド」がちょいちょい泣かせにかかってくる。ストーリーは雑だし目新しさは無いけど、アニメでしか表現できない良さを染々と感じる。そしてその見せ方が上手い。傘、ヤバい。