夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

ChieKojima

ChieKojimaの感想・評価

3.6
ストーリーはいろんなものの詰め合わせのような既視感あるストーリーだったものの、湯浅監督の脳内はどうなっているのな、と思う色使いと動きの展開が見ていて楽しい。クリエイターは見たら絶対刺激を受けると思う。
ねむようこさんのキャラデザ可愛い。
脚本も吉田玲子さんで好きな方。
歌うたいのバラッドいい曲ですよね。
「歌うたいのバラッド」はズルい。

ポニョ顔の魚と中学生が主役の劇場版アニメの主題歌としてアレンジは少しポップに変えてあるが、昔っからこの歌はなぜか私の涙腺を確実に刺激してきてた。序盤にこの歌のイントロが出た瞬間から画面が霞んでた。本作で使われていることを知ってて見たらなんぼか印象が違ったかもね。

田舎の閉塞感、両親の離婚や環境の変化に置いてけぼりな心。そこを癒し潤すのに音楽はむしろ鉄板。その鉄板を担うにはこのくらいドラマチックで誰の心も揺さぶる歌をということなのだろう。

この歌が、手を変え品を変えこの作品中に散りばめられる。本作のクライマックスで主人公カイが人魚たちにあててウクレレ?ギター?1本携えて披露するのもこの歌だ。それで人魚たちは一度は疲れ果てた体を奮い立たせ人間たちを水難(=お陰様のたたり)から守ろうと力を振り絞る。大切な人を海で亡くした人々は再会を果たし、守られた人間は丘の上に無事上陸する。お互いに二度と会えなくなることも知らず…
本作が持つどことなく緩くのんびりした空気によって、大切なシーンでありながら走馬灯のように夢の中のように描かれることで、押し付けがましくなく胸に迫り訴えかけてきた。さらに涙でぼやけるとこの映像、本当にキラキラと輝いてあまりに美しくてさらに泣くんである。アニメで見る価値があったなあ…

そんな訳で「歌うたいのバラッド」は、作品がそのズルさを乗り越えてしまったので、むしろポップでライトなアレンジが小気味よく、泣きはらしたまんまではなく私を笑顔で帰してくれたのでありました。
Railgun

Railgunの感想・評価

4.5

このレビューはネタバレを含みます

今日突然母に誘われて初めて行った映画館での鑑賞。私があまり普段外に出ないのと、知識が全くないものの映画を見る気になれない私が少々興味を唆られたので見る事になりました。

まず最初に出てきた映像は、風景やキャラクターの絵の雰囲気や描かれ方がバケモノの子っぽいなーということ。足元君の通学中の歩いてる姿は青年の九太っぽいし、ルーにボートごと持ち上げられた3人が見た上からの景色は夜のバケモノの世界っぽかった(ような気がする)。ただ、ルーの描かれ方は…髪の毛(?)はぷるぷる、これ以上ないほどのくりくりぱっちり目、そして魚の足。更に海水を操る(?)能力や噛んだものを人魚化させる能力。それらはなんかジブリっぽいような気がしました。なので…(ジブリ+アニメ)÷2=この作品なのかなぁと思ってます。

全体としては良かった。足元君や周りの子は中3の設定だったので、自分が中3の時はどうだったっけ?と記憶を辿りながら楽しめました。ルー可愛かった。片言なのも能力使うとこも。

あと、疑問点。
ルーの母親は「食べられた」と言ってますが…捕らえられて燃やされた人魚って、その人だったりするんですかね?だから、お陰様の祟りで浸水した時親子二人で対処したから死傷者を一人も出さずに終わった…とかって、ないですかね?よく分からないですけども。

ルーの父親、普通に街歩いてましたけど…人魚が陽に当たると燃えてしまうってのは、肌が直接陽に当たったらってことなんですかね?服着てたから燃やされず普通に街を歩けたってことなのかな。

足元君の祖父は結局死んだ事になってますけど…あれ、死んだんですか?人魚になって今も生きてるって訳じゃないんですかね?ルーを捕まえようとしてた婆さんみたいに。

ルーを捕まえようとしてた婆さんの夫は若い時の姿のままでしたけど…人魚って、陽に当たらなければ不老不死なんですか??それなりに何十年も経ってるはずなのにあの姿で居続けられるってまぁありえませんからね…。

最後、ルーが来なくなったのは…人魚岩がなくなったからなんですかね?そこら辺よくわからなくて…でもなんかちゃんと飛び跳ねてたし来れそうな気もするんですけど…。

ルー達人魚は、今回はバンドでしたけど、どんな音楽でも弾けば来てくれるんですかね?クラシックとか、ボカロとかでも。でもルーみたいにあんなにノリノリになれそうなのはバンドの曲やリズム、音なのかな…?


初見なのでこのくらいですかね…見れたらまた見たいですが、上映してる映画館が自分一人じゃ行けない所なので…レンタルで見るかな…。またあれば書き足します。
前半部分はとても楽しく観れました。タイトルインからしてもう最高です。途中から不穏な空気が漂って、シリアスな展開を迎えてからは滅入ってしまいました。ルーとカイにかなり入れ込んで観てしまってたんだと思います。ライブシーンのルーが怯えるシーンが可哀想で仕方なかった、その後の展開も。
クライマックスのうたうたいのバラッドは稚拙ながらキャラクターの感情がこもっててグッときました。
湯浅監督の独特なアニメーション表現がいかんなく発揮されててよかったです。
eoma

eomaの感想・評価

4.0
マインドゲームと二本立てで見ました。
あっちのほうがヤバかったけどこっちのほうが好きだな。
音楽の表現が今までにない楽しさ。王道っぽいストーリーでありつつ、独特のキテレツ感があり、ところどころのジブリなんかにはない「そうきたかw」が面白かった。
かげ

かげの感想・評価

3.9
湯浅監督の作品はテレビアニメ四畳半神話大系(森登美彦原作)しか見たことなく、凝ってはいるけど、映像への興味というよりはストーリーやセリフが好きだった。

一方今回は劇場オリジナル作品ということもあってかこれが湯浅政明だ!って感じで凄かった。脈絡無くぶっこまれるOP他、何度かやってくるの現実→異世界へのドライヴはあまりにもパワフルで何度か置いてけぼりを食らいそうな程だ。

ユーモアのセンスも独特で活き締めのくだりは可笑しくてしょうがなかった。

あとは生まれて初めてちょっとだけ日傘が欲しくなった( ; ; )
ミ

ミの感想・評価

3.5
うたうたいのバラッド で助けられた感があるが、最後見てよかったとはなった
あ

あの感想・評価

5.0
久しぶりにアニメでわくわくして号泣した。画面の疾走感と音とリンクしてる楽しさ、アニメーションの魅力満載で感動した。歌うたいのバラッドで盛り上がるところは新海誠に似てるかも。
イモリ

イモリの感想・評価

3.5
生死をはじめとした色々な境界を取り払い、みんなどこかにいる、どこかで幸せしてる、どこかで幸せになれるよっていう、優しさの映画
やすす

やすすの感想・評価

4.0
ものすごいよかった
当然なんだけど、歌シーンが多くてあぁ…ってなった