夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

犀

犀の感想・評価

4.4
観終わって題名が胸をぎゅっと掴む ルーにもう会えないかもしれないけど、音楽があればいつでもそばにいるよね
サッ

サッの感想・評価

3.7
ポニョっぽいのか?と思ったがそんなにポニョっぽくなかった
ルーは素直でかわいい
真名菊

真名菊の感想・評価

3.5
湯浅監督らしさバリバリの映画でしたが、
最後のオチがちょっと「ん?」てなるところがあったのがもったいない。
けど、海の街並みとか犬魚とか人魚パパとか可愛かったので、
わりとキャラ萌えなところもある映画でした。
ほぴの

ほぴのの感想・評価

3.5
ポニョと秒速5センチを足して÷3してルミネの広告混ぜた感じの映画
人形が声もポニョみたいだった。
主人公カイの声がプロの声優かと思うくらいうまかったし、少年のあどけなさも感じられる。『くちびるに歌声を』準主役で出演していた子なのは納得。声変わりはしちゃってるけど。

音楽をしなくなった主人公がルーを通じて音楽をまた楽しむようになり、笑顔を見せるようになるのは見てみてほっこりする。
少年の歌うシーンもプロ並みではなくちょっと歌のうまい感じが味が出て良い。
『夜は短し歩けよ乙女』と同じ監督だけあって、作画もCGではないのだがヌルヌルと動き、キャラクターの表情の変化も面白い。
Uske

Uskeの感想・評価

4.0
おそらく天才肌の人達が作った作品。強烈な味付けのシンプルな焼き魚を食べた感じ。

得るものとか感動とか突破してて、むしろそう言う集団の作品鑑賞をしたような、させられたような気分。

ディズニーやらジブリやらの大成功なんてきっと狙ってなかっただろう。
この先もそんなに思い出すこともないと思う。

でも人が自分を表現し尽くした時にこうなるのかなと思った。

若干飛んでるが、ひと一人の生き様だけ伝わった。
つじむ

つじむの感想・評価

4.0
ああ、ルーがかわいい。まっすぐな思いが人の気持ちを変えていくんだね
ペニー

ペニーの感想・評価

3.9
個性的で、カラフルで、鮮烈。
ルーがかわいい。
涙で前が見えない。

なんて純粋で、シンプルで、素晴らしいんだろう。

話自体はとても単純。

自分でも説明がつかない涙がたくさん出てきた。
古き良きものと、古き悪しきものと、新しい風が素晴らしい。

すごくよかった。
mogi

mogiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

全然ポニョと似てなかった!!
比べられると分かっててなぜポニョ設定にしてしまったんだろう。。

沖に流されたひとりひとりを陸へ届ける。
あの「早く、やさしく、」な、動作は
東日本大震災以来、ずっと見たくて叶わなかった映像で、
涙が止まらなかった。

主題歌・挿入歌の「歌うたいのバラッド」をgoogle Playから購入できるようにしてほしい。
湯浅監督の表現は柔らかくて温かくて好きです。独特の色、動き、表情が素晴らしい。ルーが可愛い!時々ジブリっぽい表現になる事もありますが、もっとファンタスティックですね。音楽に合わせて踊るところとか、海の人たちがたくさん出てくるとこは思わず童心に返って笑ってしまいました。スプラッシュとかシェイプオブウォーターとか人魚物は名作になりますね。寂れた街の描写とか町おこしの会議が何気にリアル。あと何気に東日本大震災や最近の水害に対する追悼的な描写があったのも良かったです。