夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.8

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

湯浅監督の世界観。
シリアスな展開は作画に合わないんじゃないかなと思ったけど、
違和感ない展開でした。
もも

ももの感想・評価

4.2
圧巻。。。こんな素敵なアニメ今まで見てなかったのか、、、、、、と驚いた。
他に一つもない世界観が、音楽が、踊りが、そして何よりアニメーションが、素晴らしすぎて、最後までドキドキしてた。海が、音楽が、全部キラキラして映画の中に入ってて、最高だった。
監督が好きで見ましたが今回はあまり自分の好みにはまり込まなかったかなぁ。挿入歌のシーンとおじいさんの母親との回想シーンにジンときました。
フラッシュで果たしてどこまでやってくださるのか、次回作にも期待してます。
ラン

ランの感想・評価

4.5
湯浅政明さんの作画が好きなのでなんの先入観もなく鑑賞しました。

結論から言うととても感動しました。
可愛らしいところもあるし、友情や家族愛、恋愛も少し入ってたりして心が温まります。
人ってこうあるべきだなと考えさせられました。

1番良かったのは、音楽。恐れ多くも何気なく聞いて何となく知ってた音楽だったのですが、この作品を見て再度聴き直し、こんなにもいい歌だったのかと再確認しました。

何気ない日常であったり、何気ない音楽をもっと心で聴こうと思いました。

キャッチコピーの「君の"好き"は僕を変える」、改めて最高です。
Japo

Japoの感想・評価

4.1
おしゃれな世界観。
絵のタッチ。
音楽。

すごく好きな映画です。

借りぐらしのアリエッティや、崖の上のポニョのおしゃれ感が好きな方はどうぞ。
門崎

門崎の感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

湯浅監督作品の映像が好き。
森見×湯浅だけじゃなくてオリジナルでも好きだなあと改めて感じた。
朝日が昇り始めたときみんなが傘をさすシーン ああいう団結感が好き。
人魚反対派筆頭のおじいちゃん たこばあの大事な人がそれぞれ人魚になっていたってとこ 良い。
ゆみこ

ゆみこの感想・評価

4.2
自分の好きなものや自分が好きな人にきちんと”好き”と言おうと思った。

ルーの眩しいくらいの素直さに心打たれた。これはカイをはじめルーと関わった人物全てそうであったはず。だからこそその実直さを利用する人々に心苦しさと怒りを感じた。

湯浅ワールド全開、絶好調のこの作品は夏の夜に見る夢のような幻想的かつ刹那的な作品。好きなシーンを論ったらキリがない。
オープニングのタイトルバックからかなり惹きつけられるものがあったし、魅せ方の多様さに胸が踊った。

また、個人的な意見だけどユウホのツンデレうざったかった。アニメ作品のツンデレキャラってただただ腹立たしいしなんか苦手。
そして、カイがはちゃめちゃにタイプ。私的アニメ映画好きな男キャラランキング作ったら5位以内には入る。不安定な歌声がたまらん。好き。
あと、ワン魚!かわいすぎる。好き。
illマン

illマンの感想・評価

4.1
斉藤和義だった

ノブっぽい声と大悟っぽい声の人おると思ったら本人やった
『夜明け告げるルーのうた』のタイトルとポスターがいいなって公開時に思って密かに気になっていた作品。


"ワン魚"(犬魚)やべぇぇぇぇぇ!!!wwwww
キモい?かわいい?どっちだよ!!(笑)

ルーとカイの関係って兄妹みたいなものだと思っていたんだけど、見ていたらどうやらそうじゃないみたいで、少し失望してしまった。いや、ルーのキスはすごく可愛いんだけど「あ、そっちなのね…」って知ったときの喪失感。あの歳の差なら兄妹でいいじゃん!私はむしろ兄妹の関係を望んでいたよ!ありきたりなLOVEのほうじゃなくてさ!
カイは一人っ子だから目の前に小さな可愛い女の子が現れたら妹にしたくなると思ったんだけど…。私自身が一人っ子だからカイ目線でルーを見ていて自然とそういう気持ちになった。でも、カイがルーにキスをしてもらったときの表情を見た瞬間、気持ちが離れてしまった。
たぶんここが最初のつまらなくなったきっかけ。

キャラクターも魅力的…なようでどこかで見たことがあるかんじ。この既視感が原因で上手く作品に入り込めなかった。
あと、主人公が暗い人間である必要はなかったと思う。ルーの存在がカイの性格にもたらした変化が微妙だったし、どちらかというと、カイが顔を下げて暗いかと思えば急に顔を上げて明るくなるのを見ると、単なる気分屋みたいに思えた。お母さんの件もあまり話に絡んでこなかったのもあって、もっとストーリーに影響させていたのならカイの性格に反映していたのに納得できたと思うんだよね。(『思い出のマーニー』の杏奈みたいに。)
ルーの喋り方もポニョみたいにじゃなくて、もっと普通に喋っていても良かった。あと、ルーが登場したときは大騒ぎだったのに、ルーのパパが登場したときは全然そうじゃなかったのも違和感。ぜっったいパパのほうが見た目がヤバイ。そもそもパパが何をしたかったのかすらよく分からない。
この映画の中では先輩が好きだったかな!湯浅監督作品の女性の先輩っていいよね。

ストーリーも途中で間延びしていると感じてちょっと退屈になった。もう少し完結にまとめてくれたら良かったのにな~。脚色は珍しくても根っこはどこかで聞いたことがあるようなお話で新鮮味に欠けていたし。他にもいろいろ矛盾を感じたところがあったんだよね。書いたらキリがなくなりそう。

それと、これを言ったら本当に申し訳ないんだけど主人公の歌が下手…だった。これはもう歌自体の好みもあると思う!こういう歌にはこういう歌い方が良いんだよね、きっと!

私は今まで湯浅監督作品を見てきて、監督らしい世界観が気に入っていたんだけど、今回はその"らしさ"をあまり感じることができなかった。

結論としては、物足りなさが残る映画でした。なんだか批判ばっかりになってしまいすみません。
でも、お爺さんの傘がいくつかの小さな伏線になっているのは良かった。ラストの商店街のカラフルな傘はとても綺麗だった。
あと、タイトルとポスターはめっちゃ好きです…!

最後はあそこまで言ったんだから…ねぇ!ねぇ!ねぇ!?
SuzukaArai

SuzukaAraiの感想・評価

4.6
『好き』と思ったことを素直に伝えることができているか?

そんな疑問からこの映画がつくられたんだって。

アニメーションも曲もキャラクターもどれも好きだ。