夜明け告げるルーのうたの作品情報・感想・評価 - 4ページ目

夜明け告げるルーのうた2017年製作の映画)

上映日:2017年05月19日

製作国:

上映時間:113分

3.9

あらすじ

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に…

寂れた漁港の町・日無町(ひなしちょう)に住む中学生の少年・カイは、父親と日傘職人の祖父との3人で暮らしている。もともとは東京に住んでいたが、両親の離婚によって父と母の故郷である日無町に居を移したのだ。父や母に対する複雑な想いを口にできず、鬱屈した気持ちを抱えたまま学校生活にも後ろ向きのカイ。唯一の心の拠り所は、自ら作曲した音楽をネットにアップすることだった。 ある日、クラスメイトの国男と遊歩に、彼らが組んでいるバンド「セイレーン」に入らないかと誘われる。しぶしぶ練習場所である人魚島に行くと、人魚の少女・ルーが3人の前に現れた。楽しそうに歌い、無邪気に踊るルー。カイは、そんなルーと日々行動を共にすることで、少しずつ自分の気持ちを口に出せるようになっていく。しかし、古来より日無町では、人魚は災いをもたらす存在。ふとしたことから、ルーと町の住人たちとの間に大きな溝が生まれてしまう。そして訪れる町の危機。カイは心からの叫びで町を救うことができるのだろうか?

「夜明け告げるルーのうた」に投稿された感想・評価

みんな大好きジブリも終わり,モロに衝撃を受けた大友克洋からの知らせも途絶え,自分のアイデンティティのような存在だった今敏もいなくなってしまった。もう残されているのは恐らく湯浅政明だけみたいだ。

そこで愛が待つ故に。
めくるめくイマジネーションと、どこか不思議でおかしな世界で繰り広げられる少年の成長記。なんじゃこりゃ、と思いながら、いつしかその世界に釘付けになっていた。最後には目に涙をたくさん溜めながら観た。
映画を思い返すと、「いったいあれはなんだったんだろう?でも楽しかったな」、と思えるような不思議な夢を見たような気分に。いろんなアニメのエッセンスの調和も面白かった。
途中ディズニーのアニメーション、ファンタジアみたいな動きが出てきたのでオスカーフィッシンガーのことを思い出した。前にICCでやってた「みえないちから」展のテキストがいいので丸っと引用しておこう。湯浅監督はマインドゲームでもそうだったけどすごく音楽的な人なんだろうなと思った。

ドイツのアニメーション作家であり,音楽映画の名作として知られるウォルト・ディズニーのアニメーション作品《ファンタジア》(1940)の制作初期の段階に協力したオスカー・フィッシンガー(1900–67)は,「すべてのものに精霊が宿っている」と言い,その精霊を解き放つためには「そのものを響かせればよい」と言いました.この言葉は,アニメーションの語源が「アニマ(生命を吹き込むこと)」であることを想起させるとも言えますが,それ以上に,あらゆる物質がその中にエネルギーを宿しているということをほのめかす言葉だと言えるでしょう.

アメリカの作曲家ジョン・ケージは,このフィッシンガーの言葉にインスピレーションを得て以来,物質の中に宿る音を探求し,見えないものや聴こえないものの中から音を引き出そうと試みます.それはある「もの」を叩くことによってではなく,「もの」に内在するエネルギーを聴こうとすることへと深化していきました.

音や光といったものは振動現象の一種であることはよく知られていますが,わたしたちは,たとえば人間どうしの関係性の中からも,わたしたちの知覚を超え,物理的な振動としては知覚しえない,エネルギーの交感のようなものを感じとることもあります.この展覧会では,そのようなさまざまなエネルギーや現象としての振動をめぐる多様に解釈されうる「みえないちから」を表現する作品を紹介します.
最初はポニョじゃねぇか!と思ったしストーリーはどこかで見たことがあるようなものだけど、それをどう描くかというところでどこを切り取っても表現力がすごくてエモい。
やっぱ湯浅監督の映画は楽しい。今年のアニメ作品は断トツで監督作がトップ2です。(夜は短しとコレ)
Taul

Taulの感想・評価

3.0
湯浅監督の長編は初。人魚との交流と少年の成長かと思いきや、ポスト311色が強くなり、様々な愛と生と死を謳い上げる一大スペクタクルがやってくる。自由に弾けるアニメの力と歌の魅力。祖父の邂逅には泣いた。ただ詰め込み過ぎとキャラの破綻は惜しい感じも残る。
現代のジュブナイル。出会いと別れは切ないが、素敵な恋物語になっている。ポップでドリーミーなアニメーションでずっと観ていられる。
SK

SKの感想・評価

3.7

このレビューはネタバレを含みます

2017年11月27日

小さな視点で語れば、心を閉ざした男の子が人魚という他者とのつながりを経て、変化していく話。

大きな視点で語れば、東日本大震災を模倣しつつ、町の再生を描いた話。
たぶんこの作品が海外で賞をとったのも、震災を経て町がどう変化していくかという、日本ならではの問題を展開しているからじゃないか。海で溺れた人間が人魚になるというくだりには、津波被害者との関係性が感じられる。

ラストシーンの「日の当たる町になったね」というセリフは、冒頭の日陰に覆われた暗い町から変化が起こったことに気づかせてくれる。こういうの好き。

作品としてのメッセージはとても前向き。人は死なないし、クライマックスでは音楽(現実の震災時には自粛されがちだった表現活動)によって、人魚が、町が、活力を取り戻していく。でも、こんなに前向きでいいのか。いいのかもしれない。わからない。
この作品が被災者に、今の日本人に、どう受け止められるのだろうか。
とてもカラフルなタッチとイラスト、音楽
とで不思議な世界のアニメ映画。
個人的には好きですが、一つ気になるとしたらストーリー。
詰め込んで過ぎてか説明不足で物足りない感が残りました。
でも最後の方とても引き込まれました。
サトシ

サトシの感想・評価

3.6
音楽は最高。
サウンドステレオをつないでみることをお勧め。
斉藤和義の『歌うたいのバラッド』も、YUIの『fight』もなんのご縁か、凄く自分に関わり深いものだったので感情移入がしやすかったです。
オリジナルソングも明るく素敵な歌でしたね。

ストーリーは明るくてそれでもちょっとほろ苦い感じ。支離滅裂でハチャメチャだったけど…。
カイのおじいちゃんのエピソードだけはちょっぴり泣けたかな。

作画と音楽だけを楽しみにみる映画ですね。
『崖の上のポニョ』のような水の表現…凄く好きです。
絵柄も色合い共に参考にさせていたあだきます。

んー。でも、キャラクター設定が徹底していなかった気がします。
ルーだけはちゃんとしてたかな?
カイも、イクオも、ユウホも、ちゃんと愛してあげれば、もっとキャラが引き立ったかも。

ストーリーのおざなり感はあったけど、作画と音楽でだいぶカバーされてて…
最終的に良い映画だったような気がします。(笑)